Main BACK >>
ウラディーミル・トロップのリサイタル

もう3日後に迫りましたがこちらも銀座ヤマハホールでの演奏会。
チラシを載せておきます。





ウラディーミル・トロップと私は、実は作曲家のメトネルつながりでずいぶん親しくさせていただいておりました。ただ、考えてみると前回モスクワを訪れた際にお会いしてからもう10年も経っています。久しぶりに日本でまたお目にかかれるのが本当に楽しみです。

トロップ先生はもうかなり長い間グネーシン音楽学校(正式名称はもちろんもっと長いが)とモスクワ音楽院(こちらも同じ)で教鞭をとっておられますが、日本にもよく来ていました。音楽雑誌「ムジカノーヴァ」等にもよくチャイコフスキーの論考などで執筆されていましたし演奏会もよくされていました。また、メトネル(1880~1951)は最近ようやくメジャーな作曲家として認識され始めていますが、ロシア人でも好んで演奏するピアニストは長らく限られていました。そんな中で、メトネル作品を深く愛して広く世界に紹介された功績のある方です。そう言えばイリーナ・メジューエワさんの先生でもありました。もちろんロシア音楽全般に詳しいですし、ピアノを学ぶ人にとっては、彼はロシアの音楽事情にも詳しいし、話をしていると歴史的にもけっこう重要な話が頻繁に出てくるので聞き逃せません。

25日(水)のヤマハホールでの演奏会では、シューマンに加えてロシア作曲家のミニアチュア小宇宙ということでラフマニノフ、スクリャービン、チャイコフスキー、メトネルの小品が演奏されるという珍しいプログラムです。そして、演奏会の前にプレトークとして岡田敦子先生によるロシア音楽についてのお話も聴けるというので、これまた興味がある人にとっては非常に貴重な一度きりのコンサートになることと思います。開演は18:00です。
トロップ先生はこの11月に78歳になります。生演奏が聴けるのは本当に久しぶりのことでとても楽しみにしています。

この演奏会の公演情報はこちらです(ヤマハホール)↓
https://www.yamahaginza.com/hall/event/003012/

また、今回は岡田敦子先生が呼んでくださった経緯があって、東京音大では翌日に公開授業も行われ、さらに一部の学生はレッスンまで受けられるという恩恵にあずかります。
26日の公開授業の内容はトロップ先生が得意とするチャイコフスキーの『四季』についての演奏とレクチャーです。

台風の影響が出ないことを祈るばかりです。

雑記 : 08:41 : comments (x) : trackback (x)
ボルトキエヴィチ生誕140年記念コンサート

私が直接関わっているコンサートではないのですが、ピアノ曲のレパートリーとしては新しい曲の発掘の機会になるかもしれません。貴重な企画とも思えるので紹介します。

1877年ハリコフ(現ウクライナ)生まれのボルトキエヴィチという作曲家の作品のみによるプログラムのコンサートで、演奏家は4名の「ボルトキエヴィチ弾き」としても知られる女流ピアニストたち。下にチラシを載せます。





と言っても、このボルトキエヴィチという名前自体をまだあまり聞いたことがない人も多いでしょう。ピアノ作品をかなり多く残している作曲家ですが、二度の大戦を挟んで激動の時代を生きており、生前は客観的に見てもかなり苦労の多い人生を歩んだ作曲家のようです。晩年ウィーンでは認められるようになったものの、音楽自体はまだあまり知られていないと思います。日本では最近少しずつ弾く人が出てきました。まさにこのコンサートに出演する3人の日本人ピアニストを誰かが「ボルトキ三人娘」と命名していたのをどこかで聞いた気もするのですが(そこまで有名だったとは、笑)、私自身は3人とも個人的に知っています。

岩本きよらさんはボルトキエヴィチのCDを出しているということで、以前お会いした時にその話を聞いたことがありました。石岡千弘さんは現在東京音大でも教えていますが、博士課程でボルトキエヴィチについての論文を書きました。私も読ませていただいていますが、普通はなかなかここまで手が出ないと思います。上野優子さんは以前から存在はよく知っていましたが、バッハ・コンクールの審査員で先日ご一緒した時に初めてたくさんお話ししました。彼女がボルトキエヴィチを弾くことを個人的にはあまり詳しく知らなかったのですが、「ボルトキ三人娘」という言葉だけは頭にインプットされていたことを覚えていました(笑)。
この演奏会では、この3人に加えてこの作曲家の作品を得意とするというブルガリアのナデジダ・ヴラエヴァさんも加わります。面白い企画のコンサートであることは間違いないでしょう。

私自身はボルトキエヴィチを生演奏や音源で数曲聴いたことがあります。ロマン派のカテゴリーで考えて良いとは思いますが、リャードフの影響などが感じられる音楽という印象を持たれる人もいるかもしれません。ただ、この作曲家の本当の魅力はまだあまり多くの人に知られていないのではないかと思います。
そういう意味では、この演奏会はなかなか貴重な一回のコンサートだと思います。興味を持った方はぜひ(チケットぴあ、カンフェティなどで買えるようですので)アクセスしてみてください。

雑記 : 19:57 : comments (x) : trackback (x)
「カプースチン祭り2018」詳細!

来年1月8日(月・祝)に行なう「カプースチン・フェスティバル2018」のチラシが出来上がりましたので公開しておきます。




(画像はクリックすると大きくなります。)

この日は全国各地からカプースチン・ファンが数百人集まることと思います。とにかくカプースチンにいろんな角度から光を当てることのできる、おそらく唯一のイベントだと思います。また、多くの仲間たちに会える待ち遠しい機会にもなってきています。
もちろん、「カプースチンは初めて」という人にとってもきっと楽しめるコンサートになることは保証したいと思います。

今回はスペシャルな3つのコンサートから成り立っています。
第1部のコンサートでは、18人の演奏者がさまざまに自身の腕前を披露してくれます。第1部も毎回好評で、プログラムもポピュラーな作品から滅多に聴くことのできない作品まで含まれているようです。
一部、超絶技巧の方々も存在します。

第2部では、私が90分間の1ステージを任されたのでスペシャルな企画をしました。カプースチン作品でもかなり珍しい編成の室内楽作品「Intrada & Finale」(Op.79)を初演するとともに、そのためにこのコンサートに駆けつけてくれる5人の素晴しいゲストとともに、これまた貴重な機会となりそうな珍しい室内楽セッションを含むプログラムを用意しております。

第3部は毎回大好評のカプースチンのスペシャリストたち(今回は室内楽を含む11人!)が競演するコンサートです。もちろんここでもカプースチンのスタンダードなレパートリーも聴ければ、今回初めて耳にすることのできる作品もあるようです。

詳しくはチラシをご覧ください!
第2部、第3部はチケットが販売されます。ぜひ多くの皆さんに来ていただければ嬉しいです。カンフェティでも数日後に販売開始となるようです。ぜひチェックをよろしくお願いいたします。

カプースチン : 19:57 : comments (x) : trackback (x)
カプースチン、新たなCD録音プロジェクト!

実は今日までずっと緊張を強いられる張り詰めた日々を送っていました。
この3日間、埼玉県のホールで、CDレコーディングの収録があって体力のすべてを使い果たしました。





新たに始めたオール・カプースチンの作品のみのCDのプロジェクトで、まずは60分強のプログラムを本日録り終えました。世界初録音の楽曲を少なくとも3作品録りました!


左から調律の外山さん、オクタヴィア・レコードの社長江崎さん、私、オクタヴィアの皆川さんです。

いやー、収録には皆さんのプロフェッショナルな仕事にはすっかりお世話になりました。本当にお疲れさまでした。良いCDが出来上がることを祈っています。
とにかく、私自身少なくともこの1ヶ月以上にわたって、レッスンがない日は1日7~8時間はコンスタントに練習してきました。頑張れる時は1日9時間くらいも。こんなに練習したことは少なくとも数年ぶりではありましたが、このライフスタイルは今後も続けていきたいと思っています。
とにかく、カプースチンに関してはほかにも最新の情報がいろいろありますので、随時ブログでも更新していきたいと思います。

私もまた新しい未知の作品に取り組んだことでとても勉強になりました。今日は自分にも「お疲れさま」と言ってあげたい気分です。

カプースチン : 23:10 : comments (x) : trackback (x)
第20回ピアノ発表会終了

一昨日、無事に発表会が終了しました。
出演者の皆さまは本当にお疲れ様でした。皆さん素晴しい演奏でした。また、支えてくださった皆様、会場へお越しくださった方々にも感謝申し上げます。



これまでの発表会でも珍しい企画はいろいろありました。初期の頃には小学生だった辻井伸行君のミニ・コンサートなんていうのもやりましたし、そのプログラムもまだ残っています。また、カプースチンの『シンフォニエッタ』Op.49を私たち夫婦で初めて連弾で試演した(これが世界初演につながった!)のもこのピアノ発表会の場であったことを思い出しました。

今回は、マリンバのミニ・コンサートを聴くことができたのもけっこう聴衆にとっては珍しいことだったと思いますし、曲目としてはカプースチンの作品を弾く人が多かったので、第3部を「ミニ・カプースチンの祭典」と銘打ったのも初めての企画でした。


マリンバを演奏する永井理子さんとピアノの村本歩美さん

第3部プログラムの最後は黒岩白雪さんのカプースチンで、トッカティーナOp.40-3とソナタ・ファンタジーの終楽章を演奏していただきました。ものすごい迫力と安定感を持った熱演でした。カプースチンはもちろん皆さん素晴らしく、私も今日は時間が余ったら余興に何か弾こうかと思っていたのですが、なぜかその時までにかなり疲労しており(感動したためかもしれませんが)、「やっぱり今日は弾くのはやめよう」と決心して最後の挨拶のためにステージに出たまでは良かったのですが、優柔不断な性格のため、「やっぱり弾いてもいいかな」などと思ってしまいまして、結局『6つの小品Op.133』から2曲弾かせていただきました。(弾いた後にようやく指が温まってくるという始末でしたが。)

終演後は、おもにペルージャ音楽祭へ行ったつながりで仲良くなった人たちで同窓会のように集まって食事をしました。第1回発表会の時からの懐かしい写真とプログラムはこの内輪の会でのみ披露しました。



雑記 : 14:10 : comments (x) : trackback (x)
発表会プログラム

9月18日(月・祝)ピアノ発表会の演奏曲目の概要をお知らせします。プログラムは当日会場でもらえます。
18日の午後にはもう台風の影響はなさそうということで良かったです。

[プログラム]
・久石 譲/ハトと少年(「天空の城ラピュタ」より)(連弾)
・ハイドン/カドリーユ ハ長調
・高橋正夫/そよかぜ
・山の音楽家/田村信朗編曲(連弾)
・A.サラウエル/モラヴィアの歌(連弾)
・シューベルト/即興曲 作品90-3
・オッフェンバック/天国と地獄
・モーツァルト/ソナタ K521より 第2楽章(連弾)
・バッハ/半音階的幻想曲とフーガ
・ドビュッシー/喜びの島
・シューベルト/ピアノソナタ ニ長調 D850より 第4楽章
・リスト/タランテラ
・ラヴェル/水の戯れ
・ラヴェル/「クープランの墓」よりプレリュード、トッカータ

《マリンバ演奏》
・リムスキー=コルサコフ/熊蜂の飛行
・エリック/サミュ 4 Rotations pour MarimbaよりⅣ楽章
・ジョン・スローワー/True Colours for solo Marimba
・ポール・クレストン/マリンバ小協奏曲よりⅠ楽章

・ショパン/スケルツォ 第2番
・スクリャービン/プレリュード 作品11より
・プロコフィエフ/ピアノソナタ第4番より、第2,3楽章
・ショパン/序奏とロンド 作品16
・リスト/歌劇『ファウスト』のワルツ(グノー)
・ラフマニノフ/音の絵 作品39-1
・ブラームス/ピアノソナタ第3番より 第1楽章

[ミニ・カプースチン祭り]
・カプースチン/変奏曲 作品41
・カプースチン/シンフォニエッタ 作品49より 第1楽章
・カプースチン/Wandering(さすらい) 作品153
・カプースチン/トッカティーナ 作品40-3
・カプースチン/ソナタ・ファンタジーより 第4楽章
ほか

場所は「清瀬けやきホール」にて、第1部開演は16:30です。
皆さんの演奏を楽しみにしています。

雑記 : 08:20 : comments (x) : trackback (x)
カプースチン楽譜の校正~更新情報

7月5日のブログ記事で私が校正したショット社のカプースチンの楽譜について情報を載せましたが、その後さらに進みましたので更新情報を書いておきたいと思います。
それ以降の約2ヶ月間(7月~9月初)に私が新たに目を通して校正を施した作品は以下です。

♪ソナティナ Op.100(新版)
♪3つの即興曲 Op.66

[チェロ作品]
♪Elegy Op.96
♪Burlesque Op.97
♪Nearly Waltz Op.98

[ピアノソナタ]
♪ソナタ・ファンタジー(ピアノ・ソナタ第1番)Op.39(改版)
♪ピアノ・ソナタ第2番 Op.54
♪ピアノ・ソナタ第6番 Op.62
♪ピアノ・ソナタ第8番 Op.77

かなり仕事をしました。(笑)
もう作曲者本人は病気(?)を理由に校正作業などはしないと言っているので、カプースチン作品に関して私は大きな責任を感じながら校正作業をしています。もちろん自筆譜と音源のすべて、それに他の出版譜がある場合はそれもチェックしながらの細かい作業です。カプースチンの楽譜は今ショット社から矢継ぎ早に出されていますが、おそらくカプースチンの全作品を網羅するまでショットは出版し続けることと思いますので、私の仕事もまだまだ終わらないでしょう。

上記の作品についての詳細をいくつかお話しすると、『ソナティナOp.100』の新版はすでに発刊されたようです。カンディンスキーの絵が入ったカラーの表紙です。『ソナタ・ファンタジー Op.39』」は、ショットからの第一版は運指が入っていないものでしたが、今回の改版で指番号が全部入りました。ちなみに、この指使いはすべて私と作曲者本人の二人でもう10年以上も前にかなり苦労して施した運指です。実はこの運指はカプースチンの指使いが2割、私の指使いが8割といった割合ですが、これは弾く人にとってかなり理想的で有益なものになっていると思います。

上記のそれ以外の作品は、おそらく秋以降の出版になるでしょう。特にピアノ・ソナタの6番と8番は出版までにまだ少しかかると思われます。(8番の校正はけっこう苦労しました。)

カプースチン : 13:26 : comments (x) : trackback (x)
今年は「第20回ピアノ発表会」

私どもの「ピアノ発表会」も今年でちょうど20回目になります。
95年に帰国して以来、最初に住んだ場所からたまたま近いところにあった和光市のホール(サンアゼリア)で企画したところから始まりました。そしてもうその時から数えてもう20回目になるとは…。当時小学生だった辻井伸行君も出ていた発表会ですから、すでにそれなりに歴史を感じ始めています。

さて今年の発表会は9月18日(月・祝)です。場所は清瀬けやきホール。西武池袋線清瀬駅下車徒歩4分です。
第1部は16:30開演予定。入場無料ですので、遠い人もいらっしゃるかと思いますが、興味のある方はぜひ聴きにいらしてください。

今回は、第2部冒頭に「スペシャル・ミニコンサート」として尚美ミュージックカレッジ専門学校の優秀な学生でもある永井理子さんのマリンバのミニコンサートがあります。永井さんは、もともとピアノの生徒さんでしたが、中学生あたりからパーカッションの腕前も凄いことがわかり、私も彼女の学校の吹奏楽コンサートを聴きに行ったことがあるのですが、そのドラムの叩きっぷりの痛快さが忘れられません。その頃から、持って生まれたセンスが違うのだなと感じました。パーカッショニストとしては、太鼓系も鍵盤系も、今やどちらもプロフェッショナルです。今回は『熊蜂の飛行』など本格的な曲を4曲も演奏してくれる予定です。
また、第3部は「ミニ・カプースチンの祭典」として、オール・カプースチンでプログラムを固めました。カプースチンが(たぶん)好きでたまらない奏者たちが4~5人弾いてくれます。実は、ちょうど私自身も目下レコーディングの準備でカプースチン漬けになっているので、もし興が乗って時間に余裕があったら何か弾かせていただくかもしれません。

第2部は18:10開演、第3部は19:40開演の予定です。ただ、進行は少し早まる可能性もありますので、お越しになる方はお気をつけください。

雑記 : 17:00 : comments (x) : trackback (x)
三浦文彰✕辻井伸行の共演2017

昨日、某スタジオで三浦文彰(Vn.)✕辻井伸行(P.)の二人のフランクのヴァイオリン・ソナタのセッションに立ち会わせていただきました。合わせのクオリティはさすがに最前線で活躍している二人だけあって、これを聴いて本番に向けてさらに素晴しい音楽的内容を追求できることを確信しました。いや、何よりも三浦君の人柄が本当に素晴らしくて(さりげないやり取りの中にも)演奏とともに私はそれにも感動しました。
二人は技術力が高いのはもちろんですが、人間性がやはり音楽に大きなプラスの要素を加えていると感じました。この二人は最強のコンビになりそうな予感もします。

◎テレビ番組出演の情報が入ったのでお知らせしておきます。
三浦文彰さんは、来週8月27日(日)の23:00~『情熱大陸』に出演するようです。
また、辻井伸行君は実はちょうど今朝の『題名のない音楽会』にラン・ラン、ユンディ・リ、ファジル・サイとともに4人のスターピアニストの一人として出演していたのでした。告知するのを忘れていました。今日の番組で、辻井君はゲストの假屋崎省吾さんに「夢みる冒険者」と名付けられていましたね。(笑)

それぞれ活躍する二人ですが、二人が共演するコンサートが来週あります。まず八ヶ岳高原音楽堂で2回↓
http://www.yatsugatake.co.jp/event/concert/2017/0826/index.html

その後続けて軽井沢大賀ホールで本番です↓
http://www.ohgahall.or.jp/concert/details.php?cid=3031

さらにその後、二人は演奏会やレコーディングのためドイツへ直行です。今回もまた私はついて行けないのですが…。

雑記 : 20:26 : comments (x) : trackback (x)
カプースチンの最高傑作-ピアノ協奏曲第3番-

さて、昨年の世界初演からかれこれ9ヶ月ほど経ちましたが、カプースチンのピアノ協奏曲第3番のコンサートにいらした方はその余韻をまだときどき思い出してくださっている方もいらっしゃることと思います。

作曲されてから31年間も演奏されなかった幻のコンチェルトでしたが、当日の感想として「まさかこれほどの名曲だったとは!」という驚きは、演奏した私自身を含めて多くの人が感じられたことと思います。おそらくカプースチンの全作品中、もっとも重要で不滅の傑作かもしれないこの作品を演奏できた価値は計り知れません。そして、もう一度演奏したい!と思っても、あれだけ大規模なオーケストラ+ビッグバンドによる編成も簡単に実現できるものでもないことも事実。演奏者のクオリティも重要でしょう。だからたった一度きりだったけれども、あの誰も知らなかったコンチェルトを、あのメンバーでけっこう高いレベルの演奏ができたことは本当に良かったと思います。

それで、あの日のコンサートのライヴ録音は存在することはするのですが、その後「あの日の演奏はもう聴けないのですか?」という問い合わせがかなりあったにも関わらず長らく封印していました。その訳は、演奏にいくつかの不満を感じていた(自分の演奏にです)私一人の責任なのですが、やはりカプースチンの素晴らしさを知ってもらうためには、少々のミスや不満にはもうこだわらなくて良いかなと思えてきました。

というわけで、カプースチンに信頼厚いWebmasterが運営するカプースチンのファンサイトにて音源が公開されました。ここだけの話ですが、あの日の演奏、全楽章丸ごと聴くことができます!普通のブラウザにて、あるいはSoundcloudで試聴可能です。
この曲、一度聴くと「中毒」になるという意見で一致しています。(笑)

カプースチンのブログから「Aug.17」の記事をクリック!
http://nikolai-kapustin.blogspot.jp/

直接のリンクは以下から
http://www.nikolai-kapustin.info/misc_audio_others.html#PNC:323:3248:32LINK

特に第3楽章は、私自身もっとよく弾けたのにな~という反省が強いことは強いです。でも、あの超難曲をたった一回の本番でなんとか弾き通したのだからそこはお許しいただきたいと思います。実は、当日朝のゲネプロではもっと良い演奏ができたのです。リズムが完璧にハマったというか。でも、残念ながらそのゲネプロの録音は残っていません。もしあのコンサートをCD用に録音していたとしたら前日リハやゲネプロも録って編集できたと思いますが、あの演奏会の録音は当日の本番一発のみでしたから仕方ありません。次回のこのような重要な演奏会の際には、必ずCD化、あるいは放送用に録音を残してもらうべきだと強く感じました。
でもとりあえず楽しめる程度には聴くことができると思うし、あの日の興奮も少し蘇ってきます。これで世界にカプースチンファンが増えるというなら本望です。本当にあの日の演奏に加わってくださった皆さん全員に感謝の思いで一杯です。

自分自身の決意としては、今後はさらに演奏の機会が増えていくことが分かっているので、今までの生活スタイルを少し変えて(捨てるものは捨てて)、さらうこと(練習)にもっと時間を割こうと思っています。カプースチンに関してはもっともっと良い演奏ができるはずだし、それができなくてはダメだと思いました。

雑記 : 21:12 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<  2017 - 10  >>
COUNTER
total:2481029
today:468
yesterday:1133
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX