/

著書『カプースチン ピアノ音楽の新たな扉を開く』が発刊!
ほぼ1年がかりでようやく書き上げました!
作曲家ニコライ・カプースチンについての本です。すでにAmazonや他の多くのサイトで告知が始まっているようですので、まずは近刊のこの著書をブログでも紹介させていただきたいと思います。



200ページ強の本を1冊書き上げるのにずいぶん時間がかかりました。
本の表紙デザインはけっこう気に入っており、カプースチンの写真入りの帯を取り外すと、ピアノの鍵盤にゴールドのスポットライトが当たっているという仕掛けになっています。

実は、この本を書くためにカプースチン本人と過去にやり取りしたメールをすべて読み返していたのですが、なぜか読んでいて何度も涙が出てきました。その理由は、カプースチンの文章にあふれる優しさにあらためて触れたということもあるし、私のどんな面倒な質問にも丁寧に答えてくれて、作曲家カプースチンの人間的な面にあらためて感動したからでした。
また、自身の作品に関しての話や、彼の芸術観や作曲家あるいはピアニストとしての高い見識にも触れました。それは本当に勉強になることばかりでした。

カプースチンから学んだことのすべてを1冊の本に書くことは不可能でしたが、少しでも多くの人にカプースチンの音楽と人間の魅力とその秘密を伝えたいという願いをこめて書きました。カプースチンはすでに人気の現代作曲家ではありますが、この本が出ることでますますこの作曲家が音楽界に確固とした存在として認識されることと思います。

Amazonによると発売日は8月26日のようです。まだこの本が皆さんの手元へ届く日は少し先になりそうです。どうか楽しみにお待ちいただければと思います。

この本を書きながら、あらためてカプースチンと日本のつながりは深いなーと感じ入りました。カプースチンの音楽が世界に広がることに、日本人が果たした役割も相当大きかったかもしれないな、とも思います。

| カプースチン |
| 07:50 PM | comments (x) | trackback (x) |

カプースチン「ピアノ協奏曲第5番」のコンサート!
待ちに待った日本センチュリー交響楽団の「第230回定期演奏会」が告知されました。

チラシをご覧ください。





11月15日、大阪のザ・シンフォニーホールにて飯森範親さんの指揮でカプースチンの『ピアノ協奏曲第5番』をやります!

チケット申込みもようやく3日前から始まったようです。
チケットのオンライン申し込みは以下から可能なようです。

http://www.century-orchestra.jp/concert/no230/
日本センチュリー交響楽団のサイトから購入

https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1751580
チケットぴあのサイトから購入

オケの定期演奏会のプログラムにカプースチンのコンチェルトが入るのはおそらく初めてのことかと思います。ついにそういう時代になりました。この演奏会のプログラムはコンセプトも曲のバランスも、また作曲家をウクライナ、ロシアでまとめたあたりもなかなか素晴らしいのではないでしょうか。

カプースチンのピアノ協奏曲第5番は、何度か書いてきましたが、1995年にN.ペトロフがモスクワで初演して以来の23年ぶりとなることでしょう。こんな名曲が今まで埋もれていたとは信じられません。

カプースチンという作曲家は自己宣伝をしないので、傑作がまだ山ほど眠っているのです。
この5番のコンチェルトの音源は存在しませんが、私はすでに実際に練習したり自筆譜スコアをずいぶん読んでいるので曲はもうよく解っています。それだから言えるのですが、このコンチェルトにはカプースチンの音楽の魅力がたくさん詰まっています! コンセプトがすごいというか、アイデアが破格です。曲の構成力というか、私にはもう天才にしか思えません。

第3番コンチェルトが作曲から31年間も演奏されずに放っておかれたことも驚きでしたが、このコンチェルトも誰にも知られずに今まで時間が経過してきたことにも驚きを禁じえません。
この曲は、もう私の頭の中では何度も鳴らしていますが、それでも実際に音になることを考えると、もう今からワクワク感が止まりません。6曲のピアノ協奏曲の中で、意外にも第5番だけはドラムセットが入らない編成なのですが、第3番と同じように他の多くの打楽器やボンゴは加わります。

この曲は大阪で日本初演を迎えることになりましたが、東京や遠くから聴きに来られる人もいることでしょう。チケットはいつ売り切れになるか分かりませんが、とにかく興味のある人は早めに手配していただくのが良いかと思います。カプースチンを知っている人にも知らない人にも、楽しんでいただけるコンサートになるのではないかと思います。

| カプースチン |
| 07:21 PM | comments (x) | trackback (x) |

辻井伸行playsカプースチン!
昨日、たまたまロシアのニュースで辻井君のコンサートの模様が紹介された動画を見ていたら、次の動画にリヴァプールでのオーケストラとの共演後に弾いた辻井君のカプースチンのエチュードの演奏が飛び込んできました。すでに17000回以上聴かれているようでしたが、私はまだチェックしていなかったのでびっくりしました。
以下の映像です。
https://www.youtube.com/watch?v=RVFszGGFykQ

カプースチンの8つの演奏会用エチュードの1番『プレリュード』をアンコールで弾いていますが、やはり演奏後のお客さんの反応はすごいですね。会場が沸いています。先日私が聴いたウィーン楽友協会ホールでのアンコールの時もまさにこんな感じでした!

彼は、世界に向けて一気にカプースチンの音楽の価値を広めていってくれて嬉しい限りです。4日前のゲルギエフとのコンチェルト共演後もカプースチンのエチュードをアンコールで弾いたようです。ゲルギエフは、私が2年前に会った時もカプースチンの存在はすでによく知っていましたが、辻井君の生演奏でカプースチンを聴いたのはおそらく初めてでしょう。
今日はいよいよマリインスキー・コンサートホールでのリサイタル本番です。今日のプログラムで彼はもちろんショパン、ドビュッシー、ガーシュインなどに加えてカプースチンのエチュードも8曲全曲演奏します。この作品をもう日本、ロシア、オーストリア、イギリス、そしてこの夏はフランスとドイツでも演奏するのですから、もう彼は代表的なカプースチン伝道者と言って良いですね!

ヴァイオリンの三浦文彰さんもゲルギエフとの共演を22日に終えたようで、辻井君と彼はサンクト・ペテルブルクの白夜祭のコンサートで演奏した日本の二人の若手アーティストとして誇れる人材と言って良いと思います。そして彼らはこの夏と秋に日本でも数回新たなレパートリーで共演し、またCDレコーディングも予定しているようです。楽しみですね。

| カプースチン |
| 09:15 AM | comments (x) | trackback (x) |

公開講座2回行いました
ここのところ、カプースチンに関係する仕事が多かったです。
16日宮地楽器と19日ヤマハ名古屋店でのカプースチン公開講座を終えてきました。

名古屋のヤマハの店舗は昨年リニューアルしたばかりです。
昨日のカプースチン講座は4階のグランドピアノサロンで行ないました。





8階にもホールがありますが、4階のスペースも想像していたよりもかなり広くてとても気持ち良かったです。ヤマハ名古屋店はとても大きいということを知りました。置いてあるグランドピアノの数も国内の店舗ではすごく多いほうだと思いました。
カプースチンの講座は皆さんに熱心に聴いていただけて本当に良かったです。ただ、まだまだこの作曲家についてはこれから本当の意味で知られていくのだろうなとも感じました。

同じ4階のこのフロアで2日後にミロスラフ・クルティシェフが公開レッスンをするという情報をチラシで入手。彼はちょうど来週東京音大にも来るのでお会いできるなと思っていたところでした。

昨日のヤマハ名古屋店のスタッフはとても楽しい方ばかりで、初めて会った気がしないというか(実際、池袋や銀座ヤマハなどで何度もイベントでお世話になっていた親しい方もいらした)、ずいぶん楽しい話で盛り上がってしまい、あやうく帰りの新幹線に乗り遅れるところでした。(笑)


講座では大変お世話になりありがとうございました!
(お世話になったお三方と一緒に写真を撮りたかったのだけど、タクシーに飛び乗ってから気がついた。)

| カプースチン |
| 10:03 AM | comments (x) | trackback (x) |

明日、カプースチン公開講座
多くのピアノ学習者や愛好家たちにカプースチンが知られるようになり、演奏や指導への需要も高まっているようです。楽譜の出版状況もだんだん整ってきているしYoutube音源等もすごく多くなってきているので、カプースチンには10年前よりずいぶんアクセスしやすくなってきたと言えるでしょう。

さっそく明日は首都圏でカプースチン公開講座が一つあります。
場所は宮地楽器小金井店のさくらホール。
情報はこちらです→https://koganeishop.miyajimusic.jp/event/201804_kapustin/

同様の公開講座の予定は、今年決定しているものだけで4~5本入っていますので以下に書いておきます。興味を持っていらっしゃる方と時期と開催場所がうまく符合すると嬉しいのですが。

2018年
♪4月16日(月)10:30~12:30 宮地楽器 小金井店
♪4月19日(木)10:30~12:30 ヤマハグランドピアノサロン名古屋
♪7月2日(月)10:30~12:30 ヤマハ岡山店
♪9月27日(木)10:00~12:00 スガナミ楽器 経堂店
♪11月29日(木)10:30~12:30 伊藤楽器 松戸店

公開講座の内容は毎回少しずつ更新して、また場所によっては扱うテーマを微妙に変えたりしています。さて明日はどんな内容になるのか…。

| カプースチン |
| 06:38 PM | comments (x) | trackback (x) |

新しいカプースチンCD録音終了!
昨日までの3日間、埼玉県「キラリふじみ」でカプースチンの新たなCDのための録音セッションでした!



録音最終日の昨日は、関東圏今年一番の強風が長時間にわたって吹き荒れて、録音を中断せざるを得ないというハプニングもありました。つまり、ホールのステージに設置した高性能のマイクがホールの外の風の音を拾ってしまうのです。そのため、夕方になって風が少し弱くなってから夜にかけての時間に集中して収録したので体力がギリギリでした。

それにしても、ハプニングへの対処の仕方というか、こういう際にどのように録ればダメージを最小限に抑えられるかなど、工夫を凝らせば物事というのは意外に何とか乗り越えられるのだということが分かりました。もちろん優秀なレコーディング・スタッフたちであるからこそ出てくる知恵という部分もあったと思いますが。詳しくはテクニカルな話なのでこれはまた他の機会に。

とにかく昨日までの3日間、予定していたカプースチンの大量のプログラムを弾き切って無事に終了できたのは良かったです。新曲(難曲?!)も多かったので、それらの曲を自分のものにするためには思ったより多くの時間が必要でした。

今回収録した曲はカプースチン ピアノ作品全曲シリーズVol.2になるものですが、ピアノ・ソナタ第19番を含む4作品がCD録音としては世界初になることと思います。

とにかく昨日の夜遅くまで全力疾走したのでバテ気味ですが、無事に終わって一安心です。



オクタヴィア・レコードの素晴らしいメンバーと調律の足立脩さんに心から感謝です。本当にありがとうございました!!

| カプースチン |
| 08:59 AM | comments (x) | trackback (x) |

現代曲をCD録音すること
カプースチンのピアノ作品全曲録音と銘打って始めたCD録音のプロジェクトですが、やってみていろいろ感じることがあるものです。はっきり言えば「なかなか大変だな~」という感想になるわけですが、なぜそうなのかが解ってきました。

実は私自身、これまでカプースチンをいわゆる「現代曲」とは認識していなかったし、多くのカプースチンファンもそうは思っていなかったと思います。音楽はだいたいノリが良く、明るい曲想も多いし、ポピュラーミュージックのようなキャッチーな部分もあります。そしてもちろんジャズ的な要素も多いわけですが、それはカプースチンの音楽ではもう有名な話でしょう。そして多くの人が言うようにカプースチンは「難解」で「技巧的」という要素も確かにありますが、CD録音の準備をしていると、これは何よりも「正真正銘の現代曲であるな」というのが私の最近感じている率直な印象です。難解な現代曲を、しかも音源の存在しない新曲を高いクオリティで準備するというのはそれなりに大変なものを感じます。

考えてみれば、これまでセリー音楽や現代曲をいろいろ弾いてはきましたが、メシアンにしてもシェーンベルクにしても、あるいはリゲティを弾くにしても何らかの音源を参考にしてさらっていたことに気がつきました。なので、まったくのゼロから譜読みをし、自分で解釈を施し、新しい未知の音楽に取り組む機会というのはあまり多くはなかったかもしれません。例えば邦人作曲家の新作を初演で披露した経験などはありますが、カプースチンに匹敵するような内容を持った新しい作品を次々に仕上げるという経験はなかったと思います。また、CDに残すというのは大きな責任もありますので、1曲でもちゃんと仕上げるのは大変だなと私も感じているところです。

私自身は、いわゆる現代曲に関してそれほど広いレパートリーを誇るわけではありませんが、いくつかの他の近現代の作曲家の難解な作品に取り組んできたことは大いに役に立っていると感じます。やはり、ひととおり同時代の作曲家に至るまでのいろいろな作品に通じていることは大事なのではないでしょうか。音楽的経験が広ければ広いほど、カプースチンの曲を理解できる可能性も高くなると思います。それはジャンルを問いません。現代までのあらゆる音楽についての広い経験が役に立つと思います。なので、もちろん私が録音した後にも、また全然違う解釈でカプースチンの新しい作品を録音する人が出てくることが今から予想されますが、それらは将来とても貴重なアーカイブになっていくことでしょう。カプースチン作品は20曲のピアノ・ソナタに限らず、どの曲をとってもそれぞれ内容が深いもので、ただ楽譜が読めるというだけではとても弾けるものではないということがだんだんわかってきました。ジャズの要素を知るだけでもダメ、音楽的なセンスが良いだけでもダメ、総合的な音楽力というか、感性と知性の両方から深くアプローチしていかないと曲がそう簡単には仕上がらないというのがよくわかってきました。

話は全然変わりますが、この3月末でリサイタルの全国ツアーを終えたばかりの辻井伸行君は、今回弾いたカプースチンの『8つの演奏会用エチュード』全曲を含むリサイタル・プログラムを8月のドイツでも演奏するということが先ほどわかりました。これもなかなか大きなニュースですね!まだ生演奏でこのエチュードをリサイタルで弾く人は少ないのですから。

| カプースチン |
| 11:12 AM | comments (x) | trackback (x) |

カプースチン「ピアノ協奏曲第5番」のこと
今年は冒頭からカプースチンの話題を引きずっていますが、もう一つ新しい告知です。

先日の「カプースチン祭り」の時にも発表したのですが、この秋11月15日(木)に日本センチュリー交響楽団の第230回定期演奏会にて、カプースチンのピアノ協奏曲第5番を飯森範親さんの指揮で共演することが決まりました。この曲は作曲直後の1995年にピアニストのニコライ・ペトロフ(この曲は彼に献呈された)がモスクワで演奏して以来、23年ぶりの演奏の機会ということになろうかと思います。音源がまだ存在しないコンチェルトなので貴重な一夜になることでしょう。

詳細は日本センチュリー交響楽団のホームページ等をご覧ください。
http://www.century-orchestra.jp/2018program/

カプースチンの6つのピアノ協奏曲のうち、1番と5番はまだ世界の誰にも知られていないのです。5番にはカプースチンの新しい要素がてんこ盛りで、一続きの演奏時間20分強くらいの曲ですが、このコンチェルトもはっきり言って傑作です。少々難解ではありますが、聴けば聴くほど名曲だとわかる類の曲です。これまたピアノ音楽史と、ピアノ協奏曲の歴史を塗り替える曲の一つとなるでしょう。

私がこのコンチェルトのスコアをカプースチン本人からもらったのは、実は3番をもらったのよりも先だったのです。いつまで経っても私が5番を弾こうとする素振りを見せないので、先に3番を強く勧めた(カプースチンが)という経緯があったのかもしれません。あるいは3番のほうが巨大な曲なので、「もうどちらでもいいから早く弾いてくれ」という感じで大きい曲から勧めたのか…。

おそらく3番のほうが大衆的で5番は玄人好みと言えるかもしれません。ただ、5番にもカプースチンの魅力はふんだんに詰まっています。楽譜をよく読むと、曲全体の構成(モチーフの扱い方も)とアイデアが本当に素晴しいし、この曲を知って私は初めて「一体どこまでバラエティに富んだ発想力を持った作曲家なのだろう!」と思いました。現代作曲家たち(クラシック)のさまざまな音楽の要素が入っているようにも思えるし、ガーシュインを思わせるような部分もあります。でも、最後まで聴くと「やっぱりこれは正真正銘カプースチンだ!」と思えるのです。あるいは、人によっては「これは異色のカプースチンだな」と感じる人もいるかもしれません。私自身にもまだ不可解な部分が多くあります。この曲について語ろうとすれば、ピアノ曲はもちろん、おそらく古今のピアノ協奏曲やオーケストラ曲、そして現代曲全般に通じている人でなければ正しく解説することはできないのではないかと感じます。カプースチンがそれだけの勉強をしている作曲家であることがわかります。

今回は私も本気で取り組んでおり、すでに取り憑かれるほど始終この曲が頭の中に鳴っています(笑)。まだ誰にも認知されていない曲にこれほど取り憑かれているというのもかなり変人な気がしますが、でもカプースチンの新曲は本当に油断ができないので(難しい!ということ)、スコアをつぶさに研究しながら鋭意練習中です。

まだ演奏会はかなり先の話ですが(チケットもおそらく当日の4ヶ月前くらいから発売?)、少しだけ先走って語ってしまいました。

| カプースチン |
| 07:05 PM | comments (x) | trackback (x) |

カプースチン祭り2018大盛況にて終了!!
昨日、浦安音楽ホール(コンサートホール)にてカプースチン祭り2018が無事に終了しました。入場者数はこれまでのカプースチン祭りで一番多かったとのことです。関わってくださった皆さまに感謝です。

第1部から第3部まで演奏してくださった皆さま、本当に素晴らしい演奏をありがとうございました。そしてお疲れ様でした!

カプースチンはたった1曲でもステージ上で大勢の人の前で弾くのはなかなか大変なことではあるかと思います。昨日はそれぞれの演奏者の本気度が伝わってきました。ただ、私は残念ながら自分がプロデュースする第2部の準備があって第1部はまったく聴けなかったので、1日も早く収録した動画を拝見したいです。

今回初の試みとして、第2部は「川上昌裕と仲間たち」によるパフォーマンスとして、カプースチンの室内楽曲を中心に新しい企画を組み立てました。これはゲスト演奏者の方々の協力のお陰もあったと思いますが、昨日は第3部よりも若干入場者数が多かったということで、大変評判もよく、皆さん大満足してくださったということで本当に嬉しかったです。私は例によって企画・立案・プロデュース、当日のナヴィゲーター(トーク)、そしてもちろん演奏と一人何役もあって大変ではあるのですが、今回のように素晴しい「六重奏曲」の演奏(初演)が実現したり、カプースチンの知られていない世界をさまざまに紹介できる機会を提供できたことはとても良かったかなと思います。今後もまたそのような企画ができる可能性をぜひ考えていきたいと思っています。


昨日の「第2部」出演者たち
いやもう本当に素晴らしかったです!

「第3部」は全部聴きました。
皆さんの演奏に感動しましたが、『2台のピアノのためのマンテカ・パラフレーズ』を連弾で弾くというパフォーマンスを、素晴らしい演奏とともにやり遂げた江本純子さんと石井理恵さんのペアは印象的でした。


衣装を合わせたわけではないというのは本当の事のようです。驚きの一体感ですね(笑)

年々人気を増しているカプースチン。集まってくる人たちも多くなってまいりました。今後のイベントの作り方も真剣に考えていかなければいけなくなってきました。ぜひ今後とも皆さんの応援をよろしくお願いいたします。

とにかく昨日は演奏した皆さん、スタッフの皆さんは本当にお疲れ様でした。また、聴きに来てくださった皆さま、最初から最後まで約7時間にわたりお付き合いしてくださった方々も多数いらっしゃいました。本当にどうもありがとうございました!

| カプースチン |
| 12:16 PM | comments (x) | trackback (x) |

カプースチンのピアノ作品「全曲CD録音プロジェクト」始動!
皆さん、新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

新年早々で恐縮ですが、オクタヴィア・レコードからいよいよ私の新しいオール・カプースチン・プログラムのCDが1月24日にリリースされるのでお知らせいたします!



このたび私はカプースチンの『ピアノ作品全曲録音プロジェクト』を開始しました。これは自分にとっても本当に大きな挑戦となりそうです。総数161曲あるカプースチン全作品のうち、CDにするとおそらくピアノ曲だけで軽く10~15枚くらいにはなると思いますから、仮に4~6ヶ月に1枚ずつ出したとして5~6年はかかるかと思われます。

オクタヴィア・レコードOctavia records Inc.のサイトもご覧ください!
→オクタヴィア・レコードのトップページ
→カプースチンCD詳細情報

今回のCD第1弾にも「世界初録音」となる作品がいくつか含まれていますが、今後出していくCDにはどの1枚にもカプースチンの「①すでにポピュラーな作品」、「②初録音(新曲)を含むまだ知られていない作品」、「③全20曲のピアノ・ソナタ群から2曲ずつ」をバランス良く収録して「全曲録音」を完成させていこうと計画しています。(さあ一体どこまで行けるか…。)

ピアノ曲全曲録音シリーズVol.1の収録曲は以下のとおりです。
◯ ピアノのための6つの小品 作品133
◯ ピアノ・ソナタ第1番(ソナタ・ファンタジー) 作品39
◯ 小さいけれど超絶技巧のエチュード 作品149
◯ ワンダリング(さすらい)作品153
◯ スイート・イン・オールド・スタイル 作品28
◯ ピアノ・ソナタ第10番 作品81

私はこれまでにカプースチンの「ピアノ作品集」のCDを日本アコースティック・レコーズから3枚ほど出していますが、このオクタヴィア・レコードの新シリーズのCDタイトルには”Complete”(”全曲”)という語が入っていますので、少々紛らわしいかもしれませんがお間違えのないように。

今後1枚ずつ録っていくごとにさらにクオリティを上げていきたいと意気込んでいるところですが、第1弾からなかなか良い仕上がりになったのではないかと思います。高久 暁(たかくさとる)さんに書いていただいたライナーノートも内容が濃くて貴重です。今はまだ世間的にはカプースチンについてそれほど需要が少ないように見えるかもしれませんが、きっと5年後、10年後に価値はもっともっと上がってくると信じています。そのようなものを残していきたいと思っています。

大々的に告知しておきながらCDの発売はまだもう少々先になりますが、予約はAmazonやタワレコなど各販売サイトですでに始まっているようです。(1月8日の『カプースチン祭り』当日に先行発売できるかと思ったのですが残念ながら間に合わなさそうです!)

とりあえず告知第1弾でした。
私も発売日を心待ちにしています。

| カプースチン |
| 09:21 AM | comments (x) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑


新・ピアノ弾きの休憩室 /ピアニスト川上昌裕のブログ。音楽の話題、ピアノ学習へのヒント、日常生活の舞台裏を気まぐれに綴る。