/

カプースチンに会ってきました!
昨日は朝早くにアルバート通りのマクドナルドで朝食をとり(私たちには珍しく!?)、午前10時半を目指してカプースチンの自宅を訪ねるべくホテルからタクシーを予約しました。



なんとそこで意外なことが!
ホテルの正面玄関を出ると、そこにあの高沖氏が三脚を立てて大きなテレビカメラを私たちに向けて回しているではないですか!(えーっ!?)
高沖さんと言えば、カプースチンにあの名曲『ピアノソナタ第12番』を献呈された人でもあります。なぜここにいるのか??
本当に彼の行動は昔から読めなかったのですが、私がこの日にカプースチンを訪ねることを知っていて、直前のこの瞬間に合流するスケジュールを最初から立てていたのか…それとも?? それは現在のところ謎ですが、そんなことはもうどうでも良い、とにかく私たち夫婦と高沖氏の3人で今回はカプースチンを訪ねることになりました。

もちろんカプースチン夫妻も11年ぶりに訪ねてきた高沖氏にはビックリしていたようですが、でもとても喜んでいましたね。

今回は、私がカプースチンの幻の名作『ピアノ協奏曲第3番』を彼の前で全曲を弾いてコメントをもらったり質問に答えてもらったりするのが一つの目的でした。この曲は作曲から30年以上、まだ世界の誰にも演奏されていない難曲であり傑作なのです。私はこの曲の初演になんとか漕ぎ着けたいと思っているところなのです。





いやもうとにかくカプースチンとのセッションは楽しく貴重な体験で、その後の食事を囲んでのお喋りも夢のようでした。詳しくはまた書きたいと思います。


忙しいスケジュールを縫ってモスクワまで足を運んでくれた(もう本当にビックリした!)高沖氏には早くもここでお別れの時間。

夜は私たちはまた知人と会って、ウクライナ料理のレストランで食事をしました。


これはデザートではありません。赤カブと人参とポテトとニシンのサラダですが、とても美味しかった!

昨日は、時差ボケのため深夜0時に起きたので、ほぼ24時間連続起きていたことになりますね。明日からはもう少し規則正しい睡眠をとりたいです…。

| カプースチン |
| 05:13 PM | comments (x) | trackback (x) |

カプースチンの「作品86」
今日の午前中、今ちょうどベルギーから来日している友人でヴァイオリンのダニエル・ルビンシュタイン氏とコンサートの打ち合わせをしてきたのですが、彼がアンサンブル・メンデルスゾーンで一緒に活動しているチェリストのニコラ・デルタイユ氏もちょうど来日中ということで一緒に会って来ました。

それで分かったのですが、ニコラ・デルタイユ氏は日本人のフルーティスト神田望美さんとピアノの長浜恵子さんと「東京ブリュッセルトリオ」を組んでいてその演奏会シリーズの真最中。現在4回中2回の演奏会が終わったところのようですが、プログラムにカプースチンのトリオOp.86が入っていると言うのです!「一昨日、弾いてきたよ」とか言って。
チラシを見たら本当でした。以下、チラシ(PDF)です↓
http://www.tokyo-bruxelles-trio.com/affiche/2016-JAPAN.pdf

知らないところで、この曲はこんなにもひんぱんに、しかも身近で演奏されているので驚きました。もちろんデルタイユ氏も、昨年私が演奏したこのトリオの演奏をYoutubeで観たとか言っていましたので笑ってしまいました。今日会えたのは本当に偶然だったのですが。

しかもおまけに、彼らと別れたあと大学ヘレッスンに戻ったのですが、とても珍しいことに今日はカプースチンが大好きという佐々木君がフルートとチェロの共演者を連れてカプースチンのトリオOp.86をレッスンに持って来ました。(笑)
一体、なんという日だろうか。(でもとてもよく練習していました。笑)

| カプースチン |
| 07:56 PM | comments (x) | trackback (x) |

『カプースチン祭り2016』チケット発売開始!
5月3日(火・祝)に開催する『カプースチン祭り』の第二部・第三部演奏会のチケットがカンフェティwww.confetti-web.com/で3月3日から発売開始になります。(第一部コンサートは無料!)
カプースチン協会ページからもチケット申し込みができます。また、出演者等からも購入することができると思います。

バラエティに富んだ第一部コンサートのプログラムをここに紹介します!

◎第一部13:00開演
■シンフォニエッタ Op.49より 第1楽章「序曲」(牧野 美智代&小原睦子)
■ 8つの演奏会用エチュードOp.40より 第5番「冗談」、24のプレリュード Op.53より 第24番(紀平 凱成)
■10のインヴェンション Op.73より 第10番 ヴィヴァーチェ(嶋村 等)
■ピアノ・ソナタ第1番 Op.39より 第1楽章、8つの演奏会用エチュードOp.40より第8番「フィナーレ」(澁谷 愛理)
■ピアノ・ソナタ第1番 Op.39より 第3楽章(百々 直子)
■アンダンテ Op.58(宮尾 幹成)
■変奏曲 Op.41(横井 彩乃)
■ 8つの演奏会用エチュードOp.40より 第7番「間奏曲」、24のプレリュード Op.53より 第14番(白井 貴光)
■ピアノ・ソナタ第13番 Op.110より 第4楽章(黒岩 白雪)
■シンフォニエッタ Op.49より 第1楽章「序曲」(Rhythm trick)
■シンフォニエッタ Op.49より 第4楽章「ロンド」(重谷 萌瑠&小新田 銀河)
■8つの演奏会用エチュードOp.40より 第1番「プレリュード」、第2番「夢」(齊藤 珠乃)
■ピアノ・ソナタ第12番 Op.102より 第2楽章(辻 陽介)
■夜明け Op.26、ドゥヴォイリンの主題によるパラフレーズ Op.108(松井 春樹)
■8つの演奏会用エチュードOp.40より 第3番「トッカティーナ」(鈴木 晴子)
■8つの演奏会用エチュードOp.40より 第6曲「パストラール」 第8曲「フィナーレ」(伊石 有里)
■3つの即興曲 Op.66より 第3番(佐々木 大智)
■ピアノ・ソナタ第14番 Op.120より 第2楽章(貝賀 直樹)
■ピアノ・ソナタ第14番 Op.120より 第1楽章、第3楽章(植松 洋史)

◎第二部16:00開演
第二部では、「カプースチン・ヒストリー」と題して、日本にカプースチンが広まる最初のきっかけを作った濱川礼氏、カプースチンに作曲へのさまざまな動機を与え続けた等の功績を誇る高沖秀明氏のお二人を迎えて、これまであまり知られることのなかったカプースチンとの接触やいきさつ、またここで初めて公開する映像やお話を交えて、カプースチンの人間像と音楽の秘密に迫ります。

イベント最後を締めくくるのは第三部のコンサートです。
下に第三部スペシャル・コンサートのプログラムを紹介します。

◎第三部18:00開演
■夜明け Op26、アリー・バロッソのブラジルの水彩画によるパラフレーズ Op118 ---松本伸章
■10のバガテルop.59より ---江本純子
■子守歌 op.65 ---森 浩司
■変奏曲 op.41 ---米津真浩
■デイジー・ガレスピーの”マンテカ”によるパラフレーズop.129 (連弾) ---森浩司&米津真浩
■異なる音程による5つの練習曲op.68 No.3,5 ---金子 泉
■24のプレリュード op.53 No.7,12,17,18 ---脇 絢乃
■ピアノ・ソナタ第8番 op.77 ---西本夏生
■シンフォニエッタop.39より第1楽章、第4楽章 ---近藤 由貴&川上 昌裕

このイベントの情報、チラシの内容その他の詳細はカプースチン協会のサイトでご覧になれます。
カプースチン協会

カプースチンをまだあまり聴いたことがない人にとっても、きっと素晴らしい出会いの日になることでしょう!
多くの方々のご来場をお待ちしています。

※今日知ったのですが、すでに発売になっている「モーストリー・クラシック4月号」に私が3月に共演するフルートの大塚茜さんの大きなインタビュー記事があって(p.111)、カプースチンの「2本のフルートとチェロとピアノのための~」を初演するコンサートだから、もちろんカプースチンのことも大きく取り上げられていました。嬉しかったです!

| カプースチン |
| 06:59 PM | comments (x) | trackback (x) |

カプースチン祭り出演者すべて決定!
ここのところ忙しすぎて、もう2月になってしまいました。
5/3(火・祝)のカプースチン祭りの第一部には、もう1月20日頃にはエントリーの応募が一杯になって出演者が埋まりました。曲目もバラエティに富んだものになり、とても楽しいコンサートになりそうです。
また、第三部の出演者&曲目もほぼ決定していますが、こちらも期待大です。モスクワのカプースチン本人も楽しみにしているようです。もっとも彼は生演奏を聴けないので、あとで録音(録画)を送って聴いてもらうことになります。作曲者自身は、自分の曲は世界のあちこちでよく演奏されている曲よりも、まだあまり演奏されていない曲のほうに興味があるようです。でもその意味においても、今回もまた貴重な演奏が数多く聴けそうです。また、定番曲であってもいろんな奏者によって演奏されるのはとても面白く、今回もイベント丸ごと聴き逃せないクオリティになりそうな予感です。(ファンたちにとっては特に。)

このイベントのチケット発売は、おそらく2月末頃になりそうです。
近いうちに、今年の「カプースチン祭り」の出演者と曲目をここにも公開したいと思っています。

| カプースチン |
| 07:46 PM | comments (x) | trackback (x) |

カプースチン祭り2016開催!
遅くなりましたが、皆さま明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、昨年の第1回『カプースチン祭り2015』が大盛況でしたので、今年も同じ5月の連休中(5月3日(火・祝))に第2回目の『カプースチン祭り2016』を開催することになりました。
今年の開催場所は、昨年秋オープンしたばかりの豊洲文化センターホールです。昨年よりステージも客席も大きな会場となっています。

イベントは前回と同様に三部構成で行なう予定で、第1部の演奏会出演者のエントリーをすでに開始しています。私が知る数日前の情報では、現在すでに11名(11組)の申し込みが入っているようで、あと5~6組まで大丈夫なようです。カプースチン演奏に力を入れている人は、どうぞカプースチン協会ホームページより早めにご応募ください。

→カプースチン協会のサイト

当日はお昼過ぎから夜にかけて約7時間にわたって、カプースチンの素晴らしい音楽と仲間たちと過ごせる充実した時間を創り出したいと主催側も意気込んでおります。カプースチンの音楽は新発想に満ち満ちていて、一つ一つの作品がそれぞれ違った個性を放っていると感じます。作曲家によっては似たような曲も多いなと感じることもある中、カプースチンの音楽は作品によって本当に多様です!私などは、新曲を練習していると、今でもこの作曲家の汲めども尽きない発想に感嘆しています。「まだこんな音楽の可能性があったのか!」という発見です。
昨年も第1部の多くの人たちの演奏の中にも驚くべき感動がたくさんありましたし、第3部の演奏家たちの演奏や、音楽そのものに惹かれた方も多かったと思います。また、今年の『カプースチン祭り』の第2部では、今回しか観ることができない映像やお話、あるいはゲストにも登場していただき、カプースチンファンならずとも興味が沸いてくる内容にしたいと考えています。

この生み出された作品数から見る限り、今後カプースチンはピアノレパートリーには必須になってくる時代が来ると思います。そのための良い勉強の機会にもしたいし、新しい音楽へのアクセスの場になればと思っています。興味のあるピアノファンの皆さま、ぜひ多数聴きにお越しください!

| カプースチン |
| 11:38 AM | comments (x) | trackback (x) |

カプースチン演奏の動画
かなり報告が遅れましたが、先日15日(日)のカプースチンの公開録音コンサートは無事に多くのお客さんに囲まれて終了。私は当日は司会進行役で参加しました!


打ち上げの席での1枚

ピティナでは公開録音コンサートとして、このシリーズの演奏会を機縁として多くの動画をアップしています。たくさんの演奏家によるクラシック作品の演奏が聴けることも嬉しいですが、珍しい作品を聴くことができるのも大きな点であり貴重な情報源にもなっています。特に、カプースチンの曲はどの曲も作品の完成度が高いし、技巧的難易度も高いので、動画で演奏が聴けるのはとても貴重だと思います。

例えば、このシリーズで9月25日に行われた近藤由貴さんのリサイタルに私は行けなかったのですが、その日は珍しいカプースチン作品も弾かれていて、すでにYoutubeにアップされています。この日に演奏された中でも特に「スケルツォ」Op.95はおそらく初演でしょうか。これが聴けるのはカプースチンファンにはとても嬉しいでしょう。またOp.122の「2つの装身具のようなエチュード」も演奏されていてこれも聴けます。この曲が弾かれるのはかなり珍しいでしょう。この曲は、Etude-like Trinketsというのがタイトルなので、「エチュードのような小品(小さな装飾的作品)」というのが本来的な意味です。この曲は、実は私が2006年にサントリーホール(ブルーローズホール)で世界初演をしました。その時には、そのようなタイトルに訳してプログラムに載せました。おそらく作曲者はこの英語のTrinketをロシア語のБезделушка("小さな飾り物"の意)を想定して付けたと思うのですが、きっと「バガテル」と同じような意味合いを持たせたかったのだけれどもすでに「バガテル」という作品はある(「10のバガテル」作品59)ので、あるいはバガテルと言ってしまうほど小品ではない?という意図もこめて付けたのではないかと私は考えています。もっとも、カプースチンの「10のバガテル」は先日江本純子さんも演奏しましたが、決して「取るに足らない小さな曲」というものではなく、これはカプースチン独特の謙虚な言い方で、十分に1曲1曲が内容も濃いし難易度も高い曲に仕上がっています。Op.122の2曲のTrinketsは、たしかにそれよりももう少しだけ作品の規模は大きいと考えても良いかもしれません。

説明が長くなってしまいましたが、とにかく貴重な作品がアップされているので嬉しいです。近藤さんのカプースチンの演奏も素晴らしいものだと思います。実は彼女と今年初めて東京でお会いしたのですが、その時に前述した私の2006年のサントリーホールでの世界初のオール・カプースチン・プログラムのリサイタルに当時芸大生だった彼女が聴きに来ていたということを聞き知りました。これには私はびっくり(ぎっくり?笑)しましたが嬉しいことですね。その頃からつながっているということです。

それ以外にも、カプースチンを演奏している動画はもちろん国内・海外を問わず数えきれないほど増えています。先週15日の公開録音コンサートの演奏もそろそろ公開されて観ることができるでしょう。カプースチン作品を通じて、多くの人との出会いも増えてきました。これも嬉しいことですね。ここまで大きく広がったので、近い将来、世界のカプースチン情報をきちんと整理したものにまとめる必要が出てきたように思っています。

| カプースチン |
| 11:29 AM | comments (x) | trackback (x) |

本日、東音ホールにて公開録音コンサート
気がついたら、今日は午後2時から巣鴨の東音ホールにてオール・カプースチンのプログラムによるコンサートの日でした。私自身は演奏しない予定ですが、もちろん行くつもりでスケジュールを空けています。



多くのコンサートの中でも、カプースチンの作品のみのプログラムというのはまだ珍しい機会だと思いますし、今日は7人の演奏家による演奏が聴けるので楽しみな機会です。

カプースチンという作曲家が日本で知られるようになってから、私はこの15年ほどずっとこの作曲家の作品普及に努めてきましたが、ようやく定着してきた感があります。無謀にも、一人でオール・カプースチンのリサイタルを2005年あたりからやり始めたり、まだ出版されていなかった楽譜をずいぶん普及させたりしてきましたが、今や、私自身は他の演奏家を紹介するだけの役割(本日のコンサートなども)でイベントが成り立つというか、それで十分にカプースチンを広める仕事になってきたというのは嬉しいですね。

現在少し残念なのは、日本でカプースチンの楽譜が手に入りにくくなったことです。私が過去に校訂・編集した全音やプリズム、ヤマハ刊で出した十数点のカプースチンの楽譜は絶版になっているそうです。あれだけ苦労して作り上げたのに、出版事情というのは難しいものなのですね。最近すごく多くの人から問い合わせがあるので少し調べてみると、例えば一番人気の『8つの演奏会用エチュードOp.40』などはもう店頭では手に入らず、Amazonでチェックすると、全音版(2004年刊、定価=2,100円+税)が中古で2点出ていましたが、1冊は43,280円、もう1冊が59,983円という値段がついていました。カプースチンの人気が今後まだ高まっていくのは間違いないとすれば、楽譜がこのように手に入りにくいというのはまずいですね。今後またいろんな方の協力を得てなんとかしていきたいと思っています。

| カプースチン |
| 09:07 AM | comments (x) | trackback (x) |

11/15にカプースチン公開録音コンサート
昨日は、カプースチン関連の仲間たちと会いました。

アメリカから一昨日に来日したばかりのピアニスト、ラフィ・べサリアンさんとは昨日初めてお会いできました。11/15に企画されている東音ホールでのオール・カプースチン・プログラムの公開録音コンサート第2弾に今回出演してくれるということが決まっています。



ラフィは現在はジョージア州立大学で教えており、アトランタ在住だそうです。今回は日本にコンクールの審査員として来日したようですが、11月の演奏会前に一度お会いすることができ本当に良かったです。やはりこの演奏会で弾く予定の江本純子さんとモスクワで知り合った関係が良き縁になりました。昨日は皆でカプースチンを弾き合いながら、カプースチンの話題で大いに盛り上がりました。





演奏会は11月15日(日)14時から開演。
昨年に続いて、今回もカプースチンのスタンダードなレパートリーから新しいものまで、盛りだくさんのプログラムが個性的な演奏者たちによって繰り広げられます!
ピアノファン、カプースチンファンの方々には、ぜひ楽しんでいただければと思います。私は今回は演奏メンバーに加わってはいませんが、もちろん応援に駆けつける予定です。

| カプースチン |
| 12:21 PM | comments (x) | trackback (x) |

カプースチン・コンサート
昨日は、銀座のヤマハホールにてカプースチンのコンサートを終えてきました。


実はこのホールの音響の良さは知っていたので、個人的には演奏するのを非常に楽しみにしていました。実際、ピアノも弦楽器もフルートも美しく響いていたのではないかと思います。
上の写真はリハーサル(フルートソナタ)の様子。

昨日のコンサートでは、前半と後半でメンバーの音の出し方も曲の内容も全然違うので、ステージ上のピアノの位置をリハーサル時になかなか決まらず苦労しました。


おそらく冒頭のご挨拶トーク?


こちらは、本番中の私がこのメンバーの中でマイクを持っているので、最後のアンコール直前のトークでしょうか。


昨日の共演者。
唐沢さん、鎌田さん、大塚さん、金子さん、素晴らしい演奏を本当にありがとうございました。


前半のお二人と共演したカプースチンのトリオOp.86は、私が今すべての曲の中で一番好きな曲かもしれません。あれだけの熱演(自分で言うのもなんですが)をさせてもらえる機会は滅多にないので、本当に本当に楽しい時間でした。

そういえば、終演後のサイン会の時にカプースチンのピアノソナタ第13番の楽譜を買って持ってきた人もいました。そのようなコアなカプースチン・ファンも相当混じっていたし、初めてカプースチンを聴いたという人もたくさんいたようです。ヤマハ7階はお客さんがロビーに溢れかえっていたので、会えなかった知り合いの方がたくさんいたのが心残りです。

とにかく演奏会は無事に終了しました。
みなさん、本当にありがとうございました。

| カプースチン |
| 08:33 PM | comments (x) | trackback (x) |

前日になりました
気がついたら1ヶ月以上もブログを更新していなくて、もう演奏会前日になってしまいました!何と忙しい日々であろうか。
今ようやく自分の時間ができて、これから練習です。今日は大学を休ませていただきました。私がこのように本番前日などに休講にするのはかなり異例ですが(通常は休まない)、どうぞお許しください。

今日の午後には大塚茜さん、金子鈴太郎さんとの最後の合わせがあります。明日のオープニング曲はこの二人に演奏していただきます!



カプースチン、本当に素晴らしいです。今回のようにメンバーも曲もバラエティに富んでいるような演奏会では、頭をあちこちにフルに働かせなければなりません。と同時に、演奏中は一点集中するエネルギーも必要です。この兼ね合いがとても難しいです。

とにかく、明日は楽しい気持ちで演奏できるよう万全に準備したいと思います。
では明日お会いできる人には再会を楽しみにしています!

| カプースチン |
| 08:15 AM | comments (x) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑


新・ピアノ弾きの休憩室 /ピアニスト川上昌裕のブログ。音楽の話題、ピアノ学習へのヒント、日常生活の舞台裏を気まぐれに綴る。