Main
ピティナ予選審査

久しぶりに地方へ出かけてのコンペティション予選審査へ、それも1日で140人(組)の参加者でしたから、朝8時半から夜8時半までの約12時間拘束でやってまいりました。ホールで朝からずっとピアノを聴き、コメントをせっせと書き続けるわけです。もちろん休憩は何度もありますが。ある先生に聞くところによると、他の地区では160人以上の参加者の審査をされたと言いますから、昨日はまだ良い方だったのかもしれません。

普段、鉛筆で大量に字を書くことはもうまったくと言っていいほどなくなったので、ちょっと一生懸命になると腱鞘炎にならないかと気になってしまいます。実際昨日は、最後から2番目のラウンドが終わったあとに、カバンを持ち上げると字を書いていた右手の指先から肩にかけて一瞬強いシビレが走ったので恐ろしくなりました。

さていつも特に予選の時に思うのですが、課題曲選定委員会とそれに関わっておられる先生方は本当にすごいなと思います。毎年毎年のことなのに、よくこれだけバラエティーに富んだ可能性があるものだと思います。何十人も同じものを続けて弾くのに、どの曲もなかなか飽きさせない名曲が多いです。ある意味、子供のためのピアノのレパートリーも進化を続けていますから、新しいものについても常に勉強を進めておかないと課題曲を広範なレパートリーから取り込むことができません。その意味でも、ピティナの課題曲選定に関わる先生方は進んだ意識を持っておられることは確かです。知られざる曲の出る幕は、カテゴリーでいえば「近・現代」に限られず、「バロック」や「ロマン」にさえも新たにスポットが当てられる曲が毎年必ず入ってくるというのもとても良いことです。

とはいえ、同じ曲を何人も続けて聴いていると、もちろん何度聴いても飽きない名曲もありますが、「耳について離れない」曲もあります。(笑) コンペティション終了後、夜中寝ている時も耳の中でずっと鳴っていた曲が昨日もいくつかありました。例えば、ハチャトゥリアンの「エチュード」の出だしとか…。もう鳴ってくれるな、と思うのですが、永久に頭の中をぐるぐる回り続けるのです。




雑記 : 19:01 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<  2017 - 12  >>
COUNTER
total:2533100
today:583
yesterday:901
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX