Main
充実したコンサートでした!

23日の王子ホールのコンサートは無事に終了しました。
4人の演奏もこの日はまたとても充実したものとなり、当日は満員のお客様にも喜んでいただけたようで本当に良かったです。



私も銀座の王子ホールで弾くのは久しぶりでしたが、あらためて本当に響きの良いホールだということを感じました。ピアノの音も素晴らしい音色で響き、ピアノ弾きにとってもテンションが上がるホールです。通常はどんなホールでも演奏上少なからず何らかの制約があるもの(低音や高音の音量を抑えなければいけなかったり、全体に音が大きくなりすぎないように気をつけたり…etc.)ですが、ほとんど普通どおりに弾いて大丈夫な感じで(そんなことは本当に滅多にないのですが…)とてもリラックスして演奏できました。

今回のシリーズでは3会場すべてチケット完売でしたし、本当にたくさんの方々の協力があってコンサートが成功したのだと思います。
またプログラムにおいては、カプースチンの「2本のフルートと~」の曲が演奏できたことが大きかった(というより、この曲があったからこそ企画できたコンサートでもありました)ですが、全体のコンセプトを大塚茜さんとポールさんが中心になって、バロックから現代作曲家の曲、それにイギリスの作曲家から邦人作品まで、時間的にも空間的にも「Traverse(横断)する」というアイデアで素晴らしい内容を提案してくれたことも大きかったと思います。同じプログラムはもう二度とないと思うので、本当にこのメンバーでこの曲目というのも一度きりの貴重な体験だったと思います。私もアンディ・スコットという作曲家との出合いも嬉しかったですし、まだ今もあの「地の塩」という曲が頭の中に鳴り響いて離れません。(笑)

これまで何十年にわたっていろんなコンサートやイベントを経験してきましたが、今回の企画は私自身にも本当に大きな感動をもたらしてくれました。ポール氏にも感謝です。ポール・エドモンド=デイヴィス氏がどんなアーティストかあまり知らなかったのですが、会ってみると、意気投合してしまって(演奏も、人間も、音楽に対する考え方も…)、本当に彼とは共通する部分が多くて楽しかったです。大塚茜さんとそのご家族にも本当に感謝です。やはり人間として信頼関係を持って繋がるというのは本当に大事ですね。そういうものを大切にする感じというのも私たちの共通する感覚でした。本当に素晴らしいメンバーに恵まれました。大きな幸せを感じています。



また、この演奏会を支えてくださった多くの皆さま方には心より感謝いたします。本当にどうもありがとうございました!!



雑記 : 10:12 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<  2017 - 03  >>
COUNTER
total:2289302
today:437
yesterday:734
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX