Main
バッハコンクール審査を終えて

昨日は日本バッハコンクールの全国大会の審査でHAKUJUホールへ行ってきました。私が審査したのは一般Aと一般B部門。この分類は、音楽の専門教育を受けていないか、あるいは受けたどうかを問わない、しかも学生ではない人たちの部門でした。他の学生たちの部門は同時進行で他会場で行われていたことと思います。曲はバッハなら何でも良い自由曲。つまり昨日は朝の9時過ぎから20時頃までかなり長丁場となるバッハで始まりバッハで終わる一日。「それは大変ですね」と思われるかもしれませんが、実際には終日まったくストレスを感じなかった審査会でした。審査員のメンバーにも恵まれていたのかもしれません。ちなみに私が昨日御一緒させていただいたのは(敬称略ですみません)秋山徹也、上野優子、大塚直哉、平井千絵の4名の先生方。たくさんお話もできました。



このコンクールはピティナ主導のコンクールで(東音企画)もう第7回目の開催となります。けっこう定着してきて参加者も多いようです。バッハだけを弾くコンクールで、目的は「音楽の原点を学ぶ」という位置づけで、「バロック期のポリフォニーの作品を学習することで、読譜力や演奏能力の向上を促し…云々」と要項には謳われていますが、実際にはそれ以上の大きな意味があるのではないかとコンクールを聴いていて感じました。

バッハの作品は、ただ楽譜を読んで演奏するだけでは曲にならないところがあります。もちろん背景の知識も必要だし、正しい奏法というような技術的な観点もあるでしょう。ただそれ以上に重要なのは、やはりバッハの精神を感得することができるか、あるいは、音楽の奥深くにあるものを掴んでそれを表現する能力が出せるか、というあたりにも重要な点があるのではないかという気がしました。ある音楽作品の中に、いかに本質的なものを見出して、あるいは曲の性格を理解したり解釈を加えたりして、自分の表現力を駆使して音楽の中の崇高な精神を紡ぎ出すか、というところが重要です。それを必ずしも理論からではなく直感的なもの、あるいは自身の感性やセンスを発揮して、見事に素晴らしい演奏を展開していた奏者もいました。

昨日は、私が大いなる美点を見出した奏者が必ずしも入賞できなかった例もあったことはありましたが、ちゃんと各審査員の評点とコメントが書かれた用紙が一人ひとりに配られるので、納得がいかなかった人もそれぞれの審査の先生が評価した点や感じたこと、アドバイスなどが正しく伝えられていることと思います。その意味でも、単なる順位を決めるコンクールというだけではなく、勉強の場として大きな役割を果たしていると感じるところです。ピティナは特に貢献されていると思いますが、やはり今の時代は人との出会いの場を提供したり、共に学び合える勉強の場を増やしていくことも大事だと思います。


きれいなクリアファイルでした

雑記 : 10:22 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2017 - 05  >>
COUNTER
total:2336489
today:70
yesterday:1126
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX