/

24のプレリュード解説仕上げ
ずっと準備してきていたカプースチン「24のプレリュード」新版の出版への作業もやっと今日、自分的にはひとまず一段落!とりあえず解説原稿を仕上げましたにぱっ 長かったー。明日あたりを締め切りと約束しているので、なんとか滑り込めそうな見込みです。明日いっぱいかけて全体を見直してなんとか入稿できそうです。

全音版が絶版になっていたので、新たに出さなくては市場的に困るということで、編者としては二度手間のようなことになってしまいましたが、プリズムから続けて出版されることになりました。カプースチンファンがすでに大勢いる現状では、やはり出版を止めることはできないということで私も頑張りました。でも、なぜ全音さんはいとも簡単にカプースチンの版権を手放してしまったのでしょうね。もったいないというか、せっかく良い楽譜を作ったのに…しくしく まあきっと理由はいろいろとあるのでしょうけれども。

「8つの演奏会用エチュード」もすでに先月には編集を完了していますので、私のところに定かに情報は届いていませんが、今月あたり発売となる頃でしょうか。
とにかく今は2冊の解説を書き終えてホッとしています。この2点の楽譜は全音版をもとに編集されていますが、解説はどちらも今回プリズム版用に書き替えました。特に、各曲解説部分は現時点の視点も入れて、新たに書き下ろしました。プレリュードのほうは、これから気の遠くなるような楽譜の校正作業もずっと続いていくのですが、数ヵ月後には店頭に並んでいることを期待したいと思います。

また皆さんからのご感想・ご要望をお待ちしています。

| カプースチン |
| 03:53 PM | comments (x) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑


新・ピアノ弾きの休憩室 /ピアニスト川上昌裕のブログ。音楽の話題、ピアノ学習へのヒント、日常生活の舞台裏を気まぐれに綴る。