/

Kapustin氏の近況
またもやカプースチンの話題です。

ここのところ、カプースチンとメールのやりとりが頻繁なのです。
楽譜の校正がちょうど終わったところらしく、珍しく手が空いているのかすぐに返事をくれます。ここ数日、ピンポンのようにリズミカルにやりとりをしています。かなり良いリズムですが、どちらかと言えば、私が少し高めのボールを返しても全部スマッシュで返してくる感じです。向こうは自国語ですからね…。
つまり半日以内に返事が返ってくるので、私は1日か1日半くらいかけて次のメールの返事を考えて送信してから寝ると、深夜にはまたメールが入っているという間隔です。彼とのメールは、気の効いたやりとりを続けないと途切れてしまいます。私たちのやりとりに頻繁に出てくるパターンは、一つのメールの文章中の何かキーワードに引っ掛けてお互いの話題を提供していく、というやりとりです。

YouTubeの演奏を見たということで、世界のあちこちのピアニストから私に直接「“マンテカ”op.129の楽譜がほしい、どこで手に入るのですか?」などというメールがこれまでにも届いているのですが、「昨日も韓国のピアニストから熱烈にそんな申し出がありましたよ」とカプースチンに教えると、「私も韓国人から今日メールをもらった。Ahnトリオだけどね。彼女たちは、すでに私の新作ピアノトリオの練習に取りかかったとさ」などと返してきます。そしてそこから話が進んでいくという感じです。

とにかくカプースチンは元気なご様子。
第2作目のピアノトリオop.136は、予想していた以上に長い曲に仕上がった模様です。「大変だったから、もう委嘱の仕事は絶対に請けない」などと言っていますが、確か私に数年前にそう宣言してからもう数曲の委嘱作品を仕上げている気がするのですが…。作曲家の心理はきっと難しいのでしょう。天邪鬼なところもあると言えばあるのでしょうね。

| カプースチン |
| 08:26 PM | comments (x) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑


新・ピアノ弾きの休憩室 /ピアニスト川上昌裕のブログ。音楽の話題、ピアノ学習へのヒント、日常生活の舞台裏を気まぐれに綴る。