/

カプースチン訪問!
昨日は無事にカプースチンを訪問することができました。
数えてみるともう5回目になりますね。

私たち夫婦二人と金子泉さんの3人でお邪魔してきましたが、会う度に親交が深まっていくのを感じます。まずは日本から持ってきた大量のお土産を渡して(笑)、カプースチン夫妻にとても喜んでもらえました。
そしてそのあとはお決まりのコースですが、ピアノの部屋へ移動。実はカプースチンの家のグランドピアノの弦が(それもバスの音が!)2本も切れていたのですが、ちゃんと私たちが来るということで修理と調律を施してくれていました。申し訳なかったというか、カプースチンさん本当に有難うございます。
まず、金子さんがかなり新しい作品(Op.152)を含む2曲を弾いて聴かせたあとに、私もソナタの19番を全楽章弾いたり(作曲者本人を含め、まだ誰も聴いたことがない曲)、未出版の室内楽作品について細かく楽譜を見ながら教えてもらったりと有意義でした。また、私たち夫婦で初めて弾く連弾曲も聴いてもらいました。かなり有意義で感動的なやり取りがあったし、カプースチン本人に喜んでもらえたところも大きかったです。

そして食卓でも、またアッラさん(奥様)が作ってくださったお食事を戴きながら結局そこでもまた2時間近く5人で楽しく歓談し、これまで聞けなかったいろんなことを教えてもらうことができました。それにしても、今回はカプースチンが笑ってくれる瞬間が多かったのが嬉しかったです。3時間という予定だったのですが、結局また4時間半以上もお邪魔してしまいました。



大作曲家に出会えた感動は何にも代えがたいです。
いつまでもお元気で作曲を続けてほしい。そして、そのために役に立てることがあればもう何でもしたいという気持ちに今回もなりました。また絶対に会いに来たいです。

| カプースチン |
| 12:10 PM | comments (x) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑


新・ピアノ弾きの休憩室 /ピアニスト川上昌裕のブログ。音楽の話題、ピアノ学習へのヒント、日常生活の舞台裏を気まぐれに綴る。