/

カプースチンのピアノ協奏曲
カプースチンはもうすでに有名な作曲家と言って良いでしょうが、彼のピアノ協奏曲についてはまだあまり知られていません。先日5月3日のカプースチン祭りの第二部で、高沖氏とのトークで珍しくカプースチンの「ピアノ協奏曲」が中心的話題になったことを除けば、これまであまり多くは語られてこなかったと思います。

カプースチンの作品には、『コンサート・ラプソディ 作品25』などピアノとオーケストラが一緒に演奏する曲がいくつか存在しますが、この作曲家が「ピアノ協奏曲」と名付けた作品は全部で6曲です。1961年作曲のピアノ協奏曲第1番から1993年作曲の第6番まで、すべて20世紀中に書かれた作品ですが、これらはまだあまり頻繁に演奏されていません。

第2番Op.14(1972年作曲)は、カプースチン自身のソロによる録音(レコード)が存在したのでよく知られていると思います。
第4番Op.56(1989年作曲)は、L.アンゲロフが2008年に世界初演+放送録音を果たしています。
第5番(1993年作曲)は、N.ペトロフがモスクワで世界初演を含めて2回演奏していますが録音は残っていません。
一番新しい第6番(1993年作曲)は、私自身が2013年に東京・紀尾井ホールにて世界初演しました。

残る2曲のうち、第1番は1961年に作曲された作品ですが、2012年に作品147という番号が新たに振られて改定版が出ました。この曲は、どちらにしてもまだ知られていない作品ではないかと思います。
そして第3番(1985年作曲)ですが、これもまだ演奏されていないコンチェルトの一つです。曲の規模が大きく全部で三つの楽章からなり、編成はコンチェルトの中では一番大きく、オーケストラ+ビッグバンド(!)+ソロピアノというものです。弦楽器群を少なめに設定しても最低70人以上の演奏者が必要です。この曲は、作曲者自身によると「私の一番の傑作なのに、まだ誰も弾いてくれない…」ということです(笑)。この曲に関しては、作曲から30年以上が経ちますが、これまでまだ誰にも演奏されていないのです。

そして、このカプースチンの『ピアノ協奏曲第3番』の世界初演が、ようやく実現に向けて動き出しました。私にとっても大きな挑戦となりそうです。
このコンサートについては、今後さまざまに宣伝がなされていくことと思いますが、まずさっそくここに告知しておきたいと思います。

日時:2016年11月6日(日)14時開演(予定)
場所:東京音楽大学100周年記念ホール

今年度の東京音楽大学の芸術祭の最終日の「プレミアム・コンサート」のメインプログラムになります。学生たちが主体となって毎年オリジナル・イベント(コンサートを含め)を企画していますが、今年はカプースチンの協奏曲第3番がプログラムに加わることになりました。
私にとっても、カプースチンのピアノ協奏曲を演奏するのは4番、6番、3番ということでもう3曲目になります。東京音大の学生たちはおしなべて演奏レベルが高いですし、若い感性がみなぎっているのでもう本当に楽しみです!カプースチンの初演にまさにうってつけの環境が現れました。私自身にとっても、これまでの演奏活動の中でも大きな位置を占めるものとなりそうで、大きく宣伝したいと思っています。

このコンサートのチケット入手方法など、詳細はまた追って告知させていただきたいと思いますが、歴史的なイベントになるよう、私の努力としてはとにかく「練習あるのみ」…です。頑張ります。

| カプースチン |
| 08:06 PM | comments (x) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑


新・ピアノ弾きの休憩室 /ピアニスト川上昌裕のブログ。音楽の話題、ピアノ学習へのヒント、日常生活の舞台裏を気まぐれに綴る。