/

「芸術祭プレミアム・オーケストラ(コンサート)」申し込み開始!
以前もブログで一度告知しましたが、今秋の東京音楽大学の芸術祭公式企画で、最終日の11月6日(日)にこれまで幻の作品だったカプースチンの『ピアノ協奏曲第3番』の世界初演が行われます。(作曲者本人をお呼びしたいところですが、さすがにそれは叶わない…。)



会場約900席の東京音楽大学ホールの座席は全席指定ですが、この演奏会は芸術祭企画のイベントであるため入場無料です。ただし決められた申込方法があって、上のチラシの現物を手に入れて、チラシの裏面に付いている用紙に必要事項を記入して往復ハガキに貼って出すと一人4枚までチケットがもらえるというシステムです。
カプースチン協会会員には随時チラシをお送りしているところです。興味のある方はぜひご連絡ください。

カプースチンのピアノ協奏曲は6曲存在しますが、この第3番はまだ世界に公開されていない作品でした。いや、公開されてはいたのですがまだ誰も演奏していないという作品で、今回初めて聴けることになります。オケ合わせはこれからで、このコンサートの指揮者には、私があの難曲「第6番」を演奏した時に共演していただいた曽我大介さんをお迎えしています。また、東京音大の学生・卒業生を中心にしたオケのメンバーも重要な楽器を中心に精鋭を集めてくれたようで、合わせの日が本当に待ち遠しいです。個人的には、第3楽章でソロピアノがほぼ常にドラムの16ビートと一緒に絡んでいなくてはいけないというのが私にとっても初めての経験で、カプースチンもよくもこんなことを考えたというか、こんなコンチェルトがあるというのもワクワクします。もしこの曲を前に知っていればあの第6番の演奏ももっと軽々とやれたのに…と今さらながら思いますが、こうやって一つ一つ新しい経験を積んでいくしかないのでしょう。振り返ってみると私のカプースチン演奏歴もかれこれ15年を超えており、いよいよ最終仕上げと言ったところでしょうか。力が入ります。

| カプースチン |
| 06:25 PM | comments (x) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑


新・ピアノ弾きの休憩室 /ピアニスト川上昌裕のブログ。音楽の話題、ピアノ学習へのヒント、日常生活の舞台裏を気まぐれに綴る。