<< NEXT Main BACK >>
コンチェルト世界初演後の近況…

一連のカプースチンを含む演奏会を終えて、その後休む間もなく仕事に追われていました。今日も考えてみれば日曜日ですが、朝早くから大学で指定校推薦入試とAO入試関連その他の実技試験の審査にずっと入っておりましたので、ほぼそれだけで一日終わってしまいました…。結局先日の演奏会の後は、たった半日の自由時間はおろか、起きている間は数時間の空き時間さえ与えられないまま現在に至っています。あの日からもう2週間も経っていたのですね…。あまりの時間の速さに呆気にとられています。

ただ、つい数日前にレッスンの合間に嬉しい取材を一つ受けました。「音楽の友」と「ムジカノーヴァ」が、先日のカプースチンのピアノ協奏曲第3番の世界初演をレポートしてくださるということで、大学まで取材に来てくださったのです。おそらく12月20日頃発売の1月号に出ると思いますが、このインタビューには今回のコンサートの主役でもある学生たちの中から、プレミアムオーケストラをまとめる役目をしてくれたTb.小村さんと、コンマスを務めてくれたVn.佐々木大芽君も飛び入り参加してくれて、とても楽しい取材のひとときになりました。佐々木君も私も「未だにカプースチンの協奏曲が頭の中で鳴っているよね!」などと言い合っているのを取材班は呆れて見ていたと思います。(笑)

それにしても、あの日の演奏を自分でも早く聴き直してみたいと思うのですが、録った音源はまだ私の手元にも届いていません。「本当に早く聴きたいのだよ!(催促)(笑)」 あのボンゴが頭の中にまだ鳴り響いています。私以外の人たちもずいぶん待っているようです。CDは出ないのか?とか。(たぶん出しません。)動画は録ったのか?とか。もちろん撮っていただきました。外国からも問い合わせが来ていますが、まだ答えられない状況です。カプースチン本人にも。もうその前に3番のコンチェルトの再演プロジェクトを立ち上げたいくらいです。1回では本当にもったいなかった。

でも、あの1回きりの生演奏は今思えば本当に価値の高いものだったと感じます。多くの人に聴いてもらえて本当に良かったです。今回執筆してくださる(有名な)ライターさんもちゃんと聴きに来てくれていたことを知って本当に嬉しかったです。

まあこんな状況で、まだコンチェルト世界初演の余韻をだいぶ引きずっておりますが、そろそろ先に進まなければいけませんね。今後の良い活動につなげていきたいと思っております。


9日の演奏会より
アンサンブル・メンデルスゾーンとの本番直前のリハ風景


伸君からまさかこんな立派なお花が送られてくるとは!
こんなことは初めてだったかも…。
本当にありがとう。

雑記 : 21:38 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
<<  2017 - 02  >>
COUNTER
total:2265767
today:676
yesterday:1003
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX