/

最近のカプースチン情報から
久しぶりの投稿です。1ヶ月以上もブログを更新しなかったことはあまりないのですが、あっという間に時間が経ってしまった感じです。相変わらず自分の時間がほとんどないので…。

私の生徒たちは現時点でインフルエンザにかかった人はゼロ、風邪も引かずレッスンを休む人もほぼ皆無です。すばらしい。私もお陰様で毎日フル回転です。

さて、カプースチンの新しい楽譜はその後売れ行きも好調のようで、さっそくカプースチン公開講座の依頼が入ってきました。今年は内容を刷新して展開したいと思っています。
3月30日の船橋の伊藤楽器のサロンでの講座を皮切りに、現時点ヤマハ横浜店、スガナミ楽器町田店などから依頼が入ってきたところです。新たにカプースチンを勉強したい人に向けて、演奏のコツ、必要不可欠の知識、そして最新の情報も盛り込まなくてはいけませんね。また、今年は他のカプースチン関連イベントも考えたいところです。

先日1月29日にはバルセロナで無事に西本夏生さんがカプースチンの6番のコンチェルトのスペイン初演を成し遂げたようで、これもカプースチン演奏史においては一つの快挙になるのではないかと思います。まだまだ前例が少ないですから。
特にピアノコンチェルトは録音(CDなど)を残さなければいけないとは思いつつも、演奏するためにはある程度大がかりな準備もいるので、何らかのプロジェクトとして立ち上げて企画しなければなかなか実現は難しいものがあります。

ところで、現在カプースチンについて知ることができるまとまった文献はまだ存在しないと言って良いでしょう。私が2004年頃から楽譜の編集時に執筆した彼のプロフィールや音楽の解説が未だに引用されたりしていることも多いと思います。ただ現在、朗報としてアメリカのウェストバージニア大学を卒業したロシア出身のヤーナ・テュルコヴァさんがカプースチンについての本を執筆中で、ロシア語と英語で同時に出版するべく奮闘中のようです。彼女は、ジャズシンガーでピアニストでもあり、カプースチン本人からはOp.157のソロ曲を献呈されている人です。2015年に大学院を卒業した年にすぐその曲を見事に弾いてすでにYoutubeにもアップされているので、その腕前は確かであることがわかります。2014年末に私がカプースチンを訪問した時にカプースチンはちょうどこの曲を仕上げたばかりで、献呈者の彼女のことは「友達だよ」と教えられ、CDで歌も聴かせてもらいましたが、素晴らしい音楽家でインテリであることは間違いないと思いました。


「Curiosity op.157」の楽譜とYanaさんのCD

おそらく彼女が今書いている本がカプースチンに関する包括的な情報を擁する最初の書籍になることでしょう。私も心待ちにしているところです。

| カプースチン |
| 06:47 PM | comments (x) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑


新・ピアノ弾きの休憩室 /ピアニスト川上昌裕のブログ。音楽の話題、ピアノ学習へのヒント、日常生活の舞台裏を気まぐれに綴る。