/

カプースチン公開講座at山野楽器
今日は山野楽器本店での公開講座が無事に終わりました。



考えてみるとここの7階イベントホールで自分が何かをさせてもらうのは初めてだったような気もします。来たことは何度かあるはずなのですが、自分が聴衆ではなくステージ側に立ったのは初めてかもしれません。記憶が怪しいのですが…。そんなわけで、この銀座のど真ん中に、今日は人がどのくらい集まるのか、検討もつかず内心心配だったのですが、ありがたくも満席の聴衆に恵まれて楽しくカプースチン講座をやってまいりました。



これまでこういう形の講座は少なかったと思うのですが、この会場は長テーブルに3人ずつ座って楽譜を開いたりしながら聴講できるスタイルです。そして、今日は皆さんが本当に熱心な感じが伝わってきてびっくりしました。あまりギャグを言ってはいけないかな…という感じで(笑)。
なんと小学校6年生の男の子が一人で最前列の端の席に座って最後まで聴いてくれていました。私は通常このような場では大人に向けて話をするので、その小学生は私の話に退屈しなかっただろうか…と気がかりでしたが、その聡明そうな顔をした彼は、サイン会の時にどこかで待っていたらしいお母さんとともに私の所に満足げな表情をして来てくれたのでたぶん大丈夫だったのかな。



その他に、聴衆の中にはジャズにすごく詳しそうな方々(いつも一定数いらっしゃる)や、もちろん優秀なピアノの先生方、演奏する人、その他たくさんのカプースチンファンが来てくださったと思います。

私はカプースチンの話なら10時間でも喋り続けることができるのですが、毎回その中から2時間分くらい、その日の気分で喋ってしまうので、ひょっとしたら聴衆が求めているものを100%与えられていない可能性もあると思うのです。それで、いつも最後には質問コーナー的に聴衆との双方向のやり取りをするのですが、今日もある若い男の子(先ほどの小学生とは違います)が、現在練習しているという『ソナタ・ファンタジー』のペダリングなどについて質問してくれたりして嬉しかったです。

カプースチンの楽譜が今日はお店に山積みにされていましたが、楽譜もたくさん売れたようです。





サイン会では必ず新しい人と出会いますが、何度も来てくださっている顔見知りの方にも会えることがあります。嬉しいですね。

余談ですが、今日の聴衆の中には自分の生徒の中の一人が来ていて、最後になんと私に「誕生日おめでとうございます!」と言ってお菓子を渡してくれてから帰って行きました。自分のことなど忘れかけていたのでとても嬉しいサプライズでした。どうもありがとう!

| カプースチン |
| 10:21 PM | comments (x) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑


新・ピアノ弾きの休憩室 /ピアニスト川上昌裕のブログ。音楽の話題、ピアノ学習へのヒント、日常生活の舞台裏を気まぐれに綴る。