/

昭和音大祭でオール・カプースチン
もう一つ、もう期日は明後日と迫っていますが、昭和音大の学園祭で行われるオール・カプースチンの演奏会の情報が入ってきたので紹介しておきます。



この時期、音大も文化祭の時期ですね。
学生たちが主体で考えるイベントも面白そうです。
ちなみに、音大の文化祭でオール・カプースチンの演奏会が行われたイベントとしては、かなり前ですが国立音大でもやっていたと思います。私もその時は聴きに行ったので思い出しましたが、調べてみるともう12年前のことでした(笑)。その時は、確か『24のプレリュード Op.53』を学生たち12人がそれぞれ2曲ずつ弾いて完奏するというもので、なかなか興味深かったです。その日は国立音大で偶然にジャズ・ピアニストの山下洋輔さんにお会いしてカプースチンの話を少し交わしたという記憶も蘇ってきました。

昭和音大祭でのこのコンサートは、オール・カプースチンでもピアノだけではなく、サックスやパーカッションなど他の楽器も含めた作品も演奏されるようで、これもありそうでなかなか珍しい機会かもしれません。聴きに行く価値はありそうですね。
この日ウォッカが振る舞われるのがどうかだけ少し気になります…。
まあタイトルとしてとても雰囲気があるので、それだけでも十分なのですが。(笑)

| カプースチン |
| 12:48 PM | comments (x) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑


新・ピアノ弾きの休憩室 /ピアニスト川上昌裕のブログ。音楽の話題、ピアノ学習へのヒント、日常生活の舞台裏を気まぐれに綴る。