Main
何でも弾けるようになるために

 前回書いたようなハノンの練習を毎日続けていると、本当に難しい曲でも何でも楽に弾けるようになってきます。自分の実感としては、文字通り「魔法がかかった」ように弾けるようになってきました。ハノンや練習曲を何も弾かずに、曲だけを練習して(部分練習はする)弾けてしまうピアニストもいるようですが、私にはちょっと信じられない感じがします。そういう人は、たぶん若い頃に基礎作りができていて、演奏会をこなすために今も忙しく毎日8~10時間くらいは練習を続けているようなピアニストだと思います。

 さて、ハノンを使う効果に話を戻しますが、どんどん弾けるようになってくる理由は、実は「これだけ毎日やっている」という“裏付け”が、とても大きな自信になるからなのです。つまり、「必要な基礎練習は毎日欠かさずやっているのだから、自分に弾けない曲などないのだ」と確信できることなのです。普通は、あるパッセージが弾けない時には、「自分にはテクニックがないのでもうお手上げ」と思ってあきらめるものです。又は、今日はすぐに弾けないけどいつか弾けるようになるだろう、と思ってだらだらやっていて、結局納得のいかないうちに本番の日が来てしまったりします。しかし、テクニック面に関して実力が上がってくると、絶対に自分には不可能なパッセージだと思われていた箇所が、なんと簡単に弾けるようになったりします。その時、音楽の景色がすっかり変わってしまいます。この感動は、体験しないと分からないと思います。弾けることがはっきりしたら、もう余計なことに気を使わずに済み、純粋に音楽のことに集中できるのです。

 もし、上のことを実行して、それでも本当に弾けない箇所がある場合は、ほかのところに問題が存在することが確信できるので、冷静に対処できます。つまり、この場合は、問題の本質が次の3つのうちのどれかなのです。つまり、そのパッセージにおいて、1)指使いが良くない、2)テンポが速すぎる、3)“指”以外のところに問題がある。この3点です。

 まず1)ですが、指使いが悪ければ、いくらさらってもダメです。(笑) ほかの指使いを考えるしか方法はありません。届かないところは、両手で取る方法を考えたり、スケールのようなパッセージでも、音楽の流れにどうしても合わない指使いだといくら練習してもダメなこともあります。運指のセンスを磨くにも時間がかかりますが、とにかく研究すること、理想的な指を立ち止まって考えることが大事です。

 2)については、そのパッセージにおいて、どうしても一定以上の速いテンポでは不可能、ということもありますし、現在の自分の“筋力”では、「これ以上速いと無理」ということが判明したら、その部分は意図的にテンポを落とすようにコントロールするのです。テンポというのは相対的なもので、聴いている人にとっては、少しぐらい遅くともあまり分からないものです。全体のテンポ設定を下げるということもありますが、曲によっては、聴いている人に分からないように、ある部分だけ落とすことができる場合も多いです。上手いピアニストは全員、これをやっております。(テンポが落ちていることがたとえわかったとしても、音楽全体に影響がなければ良いのです。)

 3)の“指”以外、というのは、手の使い方(手の角度・力の感じ方等)とか、腕とかの力加減のことが問題になっている場合です。無意識に手に力を入れすぎていると、そのために弾けないことがあります。手や腕をどのように使って、素早く次の鍵盤に準備するか、というようなことを技術的に知っていることもけっこう大事なのです。そのほかに、大きな意味での運指に入るかもしれませんが、手全体の使い方のコツのようなものもあります。また、楽譜に書いてある指番号のみの情報ではよくわからないこともあり、奏法上の工夫の余地がある場合もあります。


ピアノ練習のヒント : 20:10 : comments (x) : trackback (x)
ハノンを効果的に使う

 演奏レヴェルが中級以上になってくると、表現においていろんなノウハウはもちろんあるけれども、やはりまずは強い指(手や腕を含めて)を作ることが必要だと思います。鍵盤が重かろうと、そんなことおかまいなしに弾けるだけの手の強度を持っていないといけないのです。そのために、ハノンの練習曲ような教材があると思います。

 ピアノを習う人は、小学校低学年ぐらいからハノンを使う人も多いでしょうが、ある程度自分で意識的に使えるようになってから本格的に始めるのも良いと思います。大学生から始めても全然遅くはありません。まあ“ハノン”と言うと、多くの人は1~30番まで、あるいは「スケール全調」のことなどを思い浮かべるでしょうが、私が言っているのは、60曲すべてを通す、あるいは、「スケール」と、その後の分散和音、重音、オクターヴ、及びトレモロを含む練習曲の重要性についてです。

 私自身の経験として、大学生時代に60曲全部をかなり長期間にわたって毎日通して弾いた時期があり、この期間に恐ろしいほどテクニックが上達しました。(私の場合、全曲を通すと所要時間はきっかり1時間25分。)その上達が、やがて自他ともにはっきり認められるほどになり、学内でちょっとした話題にもなりました。(私の演奏レヴェルの変貌に、「ハノンの効果」について皆(教授の先生方)が語り始めたのです!それほど、私は入学時はピアノが下手だったのでしょうか(;_;)。)その時期を経ているので、現在でもハノン1冊をすべて暗譜していて、いつでも必要な時に必要なものを取り出して効果的に使っております。正しい使い方を知っていれば、いつでも練習することができます。上手くプログラミングして20分ほどもやれば、曲の中の部分練習を2~3時間やるよりも大きな効果が得られる実感があります。だから、これを知ってしまうとやめられなくなります。ただし、そこまでいくには、60番を全曲通して弾いた経験があることが前提となるかもしれませんし、人前で常に演奏をする人は、本当にこれを毎日続ける必要があります。(その根気があなたにあるかどうか…。)まあ、たいへん時間のかかる仕事ではあるけれども、テクニックを持続するためには、こういうことを毎日続けていなければ、指は本当に思うように動かないのです。

 練習の仕方ですが、テンポは自分が楽だと感じる速さでかまわないのです。できれば、いろんなことを確かめながら弾くことのできる「おそめのテンポ」が理想です。一番大切なことは、まず弾いている時の「手と指の形」なのです。これは、ちょっと文章では書くのは難しいですが、「良くない形」というのがあって、これを極力取り除かなければなりません。初心者には難しいですが、指先の角度やら、力をかける方向やら力の抜き方(抜く方向・タイミング等)など、気をつけなければいけないことが実にたくさんあります。あまり気をつけすぎると、今度は腕や身体全体が堅くなってしまったりして、けっこうこれが難しいのですね。身につけるまでは、少しばかり時間が必要です。それは、ハノンや理想的な奏法をよく理解している先生に数回チェックしてもらえば、やがて自分で分かるようになってくるでしょう。このように、正しい形を保つことに気をつけながら練習を続けていると、次第に自分でも分かるほどの効果が出てくるようになってきます。


ピアノ練習のヒント : 20:09 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<  2003 - 09  >>
COUNTER
total:2337116
today:697
yesterday:1126
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX