Main
“語学の勉強”と“ピアノの練習”の関係

 このページは、『演奏のためのヒント』という名前ですが、今までのところ、『練習のためのヒント』に近い内容ばかりを書いているような気がします。いずれ、ちゃんとした演奏論を書かなければいけませんね。(^_^;)

 今日は外国語の勉強法との関係です。これはピアノの練習論ととても近いところにあると思うので、以前も書いたけれども少し考えてみたいと思います。英語の勉強で苦労している人は多いことと思いますから、皆さんも何か感じることがあるかもしれません。理想的な語学の習得法はないものかと、自分もけっこう時間をかけて考えてきましたが、外国語というものも工夫をすればなんとか独学できるもののように感じます。実際の手順はいろいろあるかと思いますが、一番重要なコツを一つだけ挙げるとすれば、「その時の自分の力より少しだけレヴェルの高い教材を使って勉強する」ということです。例えば、その言語で本や文章を読むなら、自分の知らない単語が適度に混じっているようなものを読むということ。新聞や興味の薄い本には、自分には難しすぎる単語が多かったりします。また、書いた人が凝った単語を多く使っていたり、専門用語ばかりが多いものもあります。反対に、初学者用に書かれたものは自分には簡単すぎると思われる教材もあります。どちらも不適当で、できれば自分に少しだけ難しいと感じるけれども、少し努力すれば読めるというもの、また、あまり努力せずとも興味を持って読める内容で、しかも簡単すぎないものを探すということです。これは、実はピアノの練習も同じで、突然難しい曲をやっても挫折するのと同じです。自分にとって、少しだけ挑戦かなと思われるものを常に選んでやっていけば、気がついたら信じられないほど高度な曲まで手が出るようになっていくわけです。

 外国語を独学する場合は、もちろんまず入門書を買うことから始まります。そしてこれはどの外国語にも言えますが、まず発音記号を正しく覚えることが私には最短のように思われます。そうすればどの単語も読めるようになりますから、あとは文法書と本などでどんどん勉強していくのです。発音はしゃべるためには絶対に必要なものですが、けっこう軽視している人も多いような気がします。ある外国語に特有の発音記号というのもありますが、それを完全に正しく理解して覚えることが大切で、もし自信がなければ、自分の耳が正しいかどうかを、ラジオ・テレビ・CDなどでネイティブの発音を聞いて常にチェックすれば良いのです。そして文法をマスターして、実際の例文を多く記憶していくことです。音楽も同じですが、楽譜の読み方の決まりがわかりさえすれば、誰でもその曲が弾けるのです。これが、基礎力というものの持つ効果です。物事を正しく理解して応用していくには、「基礎力」が本当に大切だと思います。あと大事なのは、「繰り返し」の効果でしょう。ピアノも語学の勉強も、常に繰り返してやっていないと一定の効果が出ない、という共通点があります。何日も、何ヶ月もかかるのです。それだけやって初めて、自分でもようやく成長を感じたりすることができるのですね。気の長い話ですが、実際そのとおりなのです。いかにも途中で挫折しやすいということでも共通しています。しかも、ピアノも語学も、せっかく長い間続けてやっても3日休めばただの人…とは言いませんが、そう言いたくなるくらい、一度身につけた技を確保し続けるのは努力を伴なうことなのです。


ピアノ練習のヒント : 20:14 : comments (x) : trackback (x)
ピアノの学習教材、どれが良いの?(1)

 ピアノの勉強のための楽譜は、現在も次々に出版されていますが、皆さんは何をお使いでしょうか。「これしかない」というものを探すのは、けっこう困難です。というよりも、習う人によってもいろいろなケースがあるので、あまり一つのパターンに決めない方が良いとも言えるかもしれません。私自身は、どの楽譜を与えるかを決める際に、一つの基準にしていることがあります。それは、まず、“古い”感じのする音楽は避けるということです。あくまでも曲の内容の問題です。バロック音楽が古いという意味ではありません。つまり、例えばもう250年も前に作曲されたバロックの作品であっても、良い音楽というのは今聴いても新鮮だし、新しく感じるものです。また、ポリフォニーを学ぶことも大切でしょう。ただ、バロック作品のすべてが傑作というわけではないでしょうし、けっこう同じような曲が多く、良い意味での刺激が少ないこともありますから、やはり全部をやるのではなく、その中からも選択する必要があるでしょう。その時に必要な感覚が“古い”か“今でも新しい”と感ずるか、そのどちらかという問題です。バロック作品には、“もう時代が違うのでは?”と思われるほど、古い感じがする曲もあります。

 逆に、新しい現代のレパートリーもどんどん出版されて増えています。これを使うときの基準も、同じように“ただ新しい”というだけでなく、曲の内容を見るようにします。曲に主張があるかどうか、曲の性格が分かりやすいか、子供にも音楽として理解しやすいかどうかがやはり決め手です。結局、子供にとっては、どのように弾いて良いかがわかれば結構すぐ弾けたりするのです。反対に、曲の性格がよく理解できないと、音符の数は少ないにもかかわらず、いつまでたっても上手く弾けないということがあります。

 子供用の曲には、名前の付いている曲が多いかと思いますが、これはイメージが持てるのでとても良いのです。名前が付いてない曲は、まずどんな気持ちで弾いて良いか、これが分からないのです。例えば、「インヴェンション」とか「ソナチネ」などはその良い例でしょう。曲の雰囲気がつかめないということがあります。先生は、そこのところを教えなければならないわけです。これが、「ぶんぶんぶん」とか、「ちょうちょ」だったら、具体的なイメージが分かるから、子供でも弾けるわけです。もちろん、音楽というものは、必ずしも何かを表わしたり、ある具体的な情景を描いているわけではありません。けれども、曲にタイトルがあると、少なくとも方向性が分かります(作曲家の意図が分かる)から、演奏する側にはイメージが浮かび上がってきます。心をどこに置くべきかということが、決められるわけです。曲というものは、必ず動機があって作曲されているのですから、その方向性が分からなければ演奏できないのは当然とも言えます。ところが、何も考えなくとも音符さえ読めれば一応音が並んでしまうわけで、心が“無”の状態でも音楽を奏でているように見えてしまうこともあるわけです。ここに大きな問題があるように思われます。


ピアノ練習のヒント : 20:13 : comments (x) : trackback (x)
効率良くさらうために必要な考え方

 練習をしなければいけないのに、気分が乗らない時というのがあります。また、体調が悪い時もあります。気分良くさらっている時と、気分が乗っていない時では、おそらく得られるものは10倍くらいの差がつくのではないかと感じます。特に、疲れているときは、たとえどんなに切羽詰っていても、ピアノに向わず休むのが一番です。そういう時は休んで良いのです。時間を惜しんでも練習したいという気になる人もいると思いますが(“練習病”保持者のみですが)、弾きたい気持ちになるまで休んだ方が良いのです。少し横になって疲れが取れたら、また弾きたくなる時が必ずくるのです。また、極度に眠い時もやっぱりダメですし、病気の時も練習はできません。精神も肉体もともに健康で、感覚がクリアーな状態でこそ練習がはかどるのです。身体とはそのように贅沢なものですから、そういう良い状態を意図的に作ることが大事です。

 まあそうは言っても、学校に通っている人たちは、そんなことは言っていられないかもしれません。拘束時間が多いですから、少なくとも自由になる時間は、すべて練習に当てないと練習時間が取れない人もいるかもしれません。確かに、若いうちは、がむしゃらにやっても体力は持つでしょうが、しかし能率を上げるためには、やはり頭は使う必要があります。自分にはテクニックをまだ磨く必要があると思う人は、毎日それなりに長い時間を練習に充てることは欠かせませんが、基礎的な手ができてくると、もう長時間さらう必要はないとも言えます。“練習時間を減らして弾ける方法”を考え出す必要があります。「長い時間さらえば安心」と思って、無駄に長時間練習している人は多いと思います。もちろん、プロのピアニストたちは、次から次へと大きなプログラムを準備しなければなりませんから、結果的に1日10時間の練習が必要になる場合もありますが、基本的にはピアニストの人たちは、「いかに短時間で密度の高い練習をするか」ということに心を砕いています。ピアノを本気で練習する人は、自分の“気分”と“体調”というものに、特に敏感でなければいけません。身体の状態の波みたいなものがあって、調子の良い時に集中して1~2時間さらえば、10時間分の練習に相当することもあります。また、逆に調子が悪い状態でやっても、得られるものがゼロのこともあります。特に、大学生以上になったらそういう考え方は必ず必要になってきますので、心に留めておいてください。(強靭な体力を持っている人には、まったく関係のない話かもしれませんが…。)

 もちろん、時間があり余っていて、1分でも長くピアノを弾いていたいという人は、以上の話は関係ありません。どうか、ピアノを心から楽しんでください。しかし、ときどきアマチュアの方でも、忙しい本業の合間に、ものすごく限られた練習時間でレヴェルの高い演奏をする人もいるのです。だから、譜読みが正確で早いことも貴重な能力です。譜読みが粗ければ、結局あとで余計に時間がかかってしまうのです。効率よくさらえば、それだけ短時間でレパートリーを増やすこともできます。まず、身体と頭脳の調子が良い時に集中して練習すること、そして実際に頭をよく働かせること、楽譜をいつも深く正しく読むこと、などいろんな工夫が練習の能率を上げると思います。


ピアノ練習のヒント : 20:13 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2003 - 12  >>
COUNTER
total:2511854
today:123
yesterday:830
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX