Main
楽曲分析はなぜ大切か

CDのブックレットには、収録されている曲の解説が書いてあります。作曲家に関する伝記的な記述や作品について、またその曲が作られた背景事情や収録曲の音楽的解釈や簡単なアナリーゼが書いてあることもあります。最後の、このアナリーゼ(楽曲分析)に関しては、普通はあまりCD解説などでは細かくは書かれず、せいぜい曲の“主題”やその展開、そのほか音楽的な要素を、いくつかの形容詞で修飾して、なにやら分かったような分からないような説明に終わっている場合も多いかもしれません。音楽を、客観的な形容詞で修飾することは、けっこう難しいものです。たまに、曲の分析をけっこう詳しく説明してある解説書もありますが、多くの人にとっては、楽曲分析はそれほど必要のないものに見えるかもしれません。ただ、自分の場合を考えてみると、子供の時にレコードの解説に詳しい曲の分析が載っていた場合は、それに取りつかれ、主題を追いながら音楽を聞くのがとても楽しかったのを覚えています。これは、大いに勉強になりましたし、作曲家の意図や音楽の持つ深さを理解できるきっかけになったことも確かです。

しかし、曲を技術的に分析することはそれほど重要なことなのでしょうか。音楽は、別に難しいことなど知らなくとも雰囲気で聴けばいいのではないか、良い音楽は、聴けば程度の差はあったとしても誰でも楽しめるはすだ、という意見もあるでしょう。それは、その通りだと思います。でも、簡単な楽曲分析ができれば、さらに音楽を深く楽しむことができることも間違いのないことです。
例えば、音大では「和声法」というのを学びます。すべてのハーモニーに、機能的観点からとらえた名前をつけることができるのです。ローマ数字と普通の数字の組み合わせで書いたりして、知らない人から見たらただの暗号に見えるものです。和声機能ともいいますが、これは仕組みが分かれば誰でも理解可能なものです。書き方は違いますが、“コード進行”も同じです。ある曲が作られた背景を知ることや作曲家について勉強することはもちろん大切ですが、一見技術的に見える、この「和声法」を知ることは、さらに音楽を深く知ることにつながります。なぜかというと、作曲家はすべてこれを知っていて作曲しているからです。また、和声法を理解していないと、基本的に即興演奏などをすることも不可能です。ジャズマンたちは、見かけは適当に演奏しているように見えても(笑)、本当はものすごく頭の良い人たちなのです。感情的に音楽に乗って弾いているだけでは、和声進行はできないのです。汚い音だけになってしまうはずです。
それから、曲の「形式」を知ることも助けになるでしょう。すべての曲が、そんなに縛られた形式に則って作られているわけではありませんが、テーマやその展開の仕方、構造的なことを知っていると音楽を深く理解できます。実際、演奏する段階においては、形式を細かく理解していると暗譜をするのも早くなるでしょう。

音楽を本格的に勉強している人ではなくとも、実際に楽譜を見て、テーマがどうなっているか、和声がどうなっているかを理解して、ちょっとピアノで弾いてみるだけで、その音楽がとてつもなく親近感の沸くものになると思います。ただ単に音楽を受身で聴くのとでは本当に雲泥の差がありますから、ぜひ試してみてほしいと思います。(もちろん、そんなことどうでも良いと言う人は、ただリラックスして音楽を聴いてくださいね(^^)。) そういうわけで、そんなこと面倒だと思う人のためにも、ひょっとしたら良い案があります。ちゃんと演奏のできる人が、もし曲のつくりなどを簡単に分かりやすく説明できれば、例えばラフマニノフやメトネルのコンチェルトのような難解な楽曲でも楽しんでもらえる可能性があるのではないか、と思うわけです。一回限りの音楽会では、聴きたいメロディーも一度で消えて行ってしまいます。おそらく、コンサートが終わったら普通は何も耳に残っていないことでしょう。しかし、CDなら自分の好きなところを何回も聴いてメロディーを覚えることもできます。録音をいつでも聴ける現代のような時代では、そういうようにして音楽の理解が早く進み、楽しめるということはあるでしょう。私などは、さらにピアノの演奏と曲の解説を伴なった実演によって、多くの人に自分たちが得ている素晴らしい感覚と同じものを伝えることができないか…、それを試みてみたいという欲求が沸いてくるのです。そういう形式では、大事なところだけを抜き出して何度も聴かせることができますし、分かりやすく説明することもできます。結局、ラフマニノフのコンチェルトなどの難しい曲に限らず、クラシック音楽全般において、理解を助けてくれるガイド役が必要だとも言えるでしょう。また、そういう場を作ることが音楽家の使命でもあるかもしれません。黙っていても、自分の足でCDを買いに行き、自分で演奏会へ行き、一度聴いただけでその音楽に深く傾倒して…という人は珍しいと思います。演奏会や教授法等の講座も現在盛んですが、上のような視点からクラシック音楽の素晴らしさを、多くの人に分かりやすく提供できる形の講座などができると良いかもしれませんね。



ピアノ練習のヒント : 19:06 : comments (x) : trackback (x)
コンクールを受ける側の立場

ピアノの世界では、コンクールというものへの賛否両論がずっと以前からあります。たいていは、問題点を感じる人の方が多いかと思いますが(入賞できない人のほうが数が多いから当然か)、コンクールはなくなるどころか、逆に増え続けているのが現実です。レヴェルも上がり続ければ、いろんな意味ですべてがエスカレートしていくのは無理もないことかもしれません。しかし、大きな国際コンクールに至るまで何年にもわたってコンクールを受けつづけ、もうそれが一つの呪縛となってしまうところまで行ってしまう人もあります。もちろん、大きなコンクールで成績を残すことは素晴らしいことですが、そのことだけに身も心もすべてを捕らわれてしまってはいけないかと思います。しかし、なぜか現在ではピアノの道を目指す人は、コンクールというものを避けて通ることが難しくなってきたという現状があることはあります。

では、コンクールを受ける人はどのような気持ちを持って受けたらいいのか。“コンクール”というと、競争の匂いが強く評判が悪いのですが、しかし、例えば“オーディション”などと名前が変わっても、ほかの名前でも、順位が出て勝つ人と負ける人が出てしまうものは、もうこれはどんなに隠しても一種の“競争”であることは事実です。それを知っていて受けるわけです。受ける人にしてみれば、人より上手く弾こうとか、ミスをしないようにとか、こういう態度を持つことは、ある程度本格的な演奏を求める人には大切なものではありますが、行きすぎてしまうと、これが音楽とは関係のない方向へ行ってしまうのが恐いと思います。本来、音楽は演奏する人が聴衆(聴く人)に向って発信するものなのに、審査員に裁かれる(とまではいかなくとも“点数をつけられる”)ために演奏するとは、これはもうまったく逆のベクトルになってしまうわけです。本来、演奏する人がお客さんを喜ばせるべきものが、お客さんの方が演奏者より高い位置に立って、いろいろな評価をする。これは、例えば普通の演奏会でも、ピアノを弾かない批評家の方が、なぜかピアニストをこきおろしたり、そういう訳のわからない行動が当たり前に行なわれている現状ともひょっとしたら結びついているかもしれません。(もちろん、立派な批評家の方もいらっしゃいます…念のため(^_^;)) 良い音楽(演奏)を聴かせる技術と才能を身につけることは、演奏者にとってはもちろん大切なこと、というより当然のことでしょうが、演奏する人が裁かれてしまうのでは、これは逆転現象だと思います。大人でさえ耐えられないのに、こんなことがコンクール等の影響で普通になってくると、善良なる才能ある若者たちは息が切れてしまう、又は、好きだったピアノが嫌いになってしまうかもしれません。

しかし、コンクールというものがある以上、どのような心の持ち方で参加するか、ということがとても大事でしょう。審査員にしても、フェアで、善良で、教養実力すべて備えた人格者たちの集まり(それが理想ではあるが)であれば、問題ないのかどうかわかりませんが、とにかく、審査をされるということは、それがある一部の限られた人間に点数をつけられたものだという認識は、受ける側はいつも持っておく必要があるでしょう。審査員は、神ではないのですから。(これに気がつくまでにも相当な時間がかかってしまうほど、私は若い頃、純粋な心を持っていた。) 大学(音大)入試でも、試験があるのはもちろん仕方がないことです。試験をしなければ入学者を選べないのですから、これは仕方がないでしょう。ただ、これも大学の先生方が審査をしているわけです。結果というものは、それが自分の人生のすべてと思うのではなくて、常に冷静に大きな見地から受け止めていくことが大事でしょう。コンクールの結果といっても、審査の先生方よりも演奏した自分自身の方が自分のことをよく分かっている(正しく判断している)ということはあリます。自分にとって、良い演奏ができたかどうか、自分が自分に課した課題がきちんと達成できたのかどうか、そちらの方がよほど重要なのです。それをよく分かっていれば、コンクールのみならず、他の演奏の場や勉強の場など、すべてが自分の糧になるはずです。自分を試す場として、何でも積極的に使っていけば良いのです。ただ、コンクールを主催する側には、より良いコンクールが実施できるよう、あらゆる努力をしていただきたいというのは受ける側の願望であることは確かかもしれません。



ピアノ練習のヒント : 22:07 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29       
<<  2004 - 02  >>
COUNTER
total:2386289
today:1113
yesterday:1011
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX