Main
暗譜はどのようにするのが良い?

暗譜の話題については何度も取り上げていますが、ここでもう一度新しい考え方を書いてみたいと思います。早く正確に暗譜をするには、それなりの時間はどうしてもかかります。これを一足飛びに簡単にやってしまう方法というものはないということを、まず知ってください。その上で、これから書くことは一つの理想論です。実行不可能なわけではありませんが、すぐに理解して行なうのはひょっとしたら難しいかもしれません。

暗譜の仕方に、完璧な方法などあり得ないようにも思われますが、私の持論としては次のようになります。つまり、『頭』と『耳』で覚えることなのです。これに『指』とか『目』も動員させるという意見はよくありますが、これに反対するとまでは言わなくとも、大切なのはやはり『頭』と『耳』だと言えます。
まず『頭』で覚えるということは、その楽曲をよく理解するということです。先日から力説している「アナリーゼ」にも関係があると言えますが、すべての音符について意味を理解している、よく分からない部分がない、というところまでいけばベストでしょう。とは言っても、すべてを理解するためには作曲家と同じ考え方や感じ方ができなければならないわけですが、普通はとてもそこまでは求めることはできないでしょう。自分の理解と勉強の及ぶ範囲で良いと思います。
次に大事なのは、『耳』で覚えることです。意外にも、ピアノを弾く人には耳をよく働かせていない人が多いのです。信じられないことですが、自分で弾きながら音を聴いていないということがよくあります。極端に言えば、間違った音を弾いていても分からない人もいます。これは、楽譜を見ながら弾くことに慣れすぎてしまっているということに起因しているかもしれません。楽譜を目で追いながら安心してしまって、実際にどのキーを押さえているか分かっていない場合があります。音をよく聴くということは基本中の基本なのに、これがけっこう難しいことなのです。タッチや音色の勉強をしようと思ったときに初めて自分の音を聴くようになる人もいると思いますが、でもこれは本当は最初からやっていなければならないことです。

『頭』でちゃんとすべてを理解して、そして『耳』で音楽を追っていれば暗譜は恐くないはずなのです。『目』で覚える必要はないのです。楽譜は一度頭に入れたら、ある意味、忘れてしまうところまでいかないと、自然な音楽が出てこないということがあります。だから、あまり楽譜に頼りすぎてはいけないのです。また、楽譜の瑣末事に拘泥してしまう傾向があまり強くなってしまってもよくないでしょう。音楽はやはり『音』で覚えるべきだと思うのです。ある曲をさらい始めたらできるだけ早く楽譜をはずすことが大事です。(もちろん、楽譜に書いてあることをすべて勉強した後にですが。) それから、『指』(の運動)で覚えるというのも、もちろんそれが助けになることもありますが、やはり危険なのです。それは、一つの動きに凝り固まってしまうからです。演奏中にもし間違ったら、二度と元に戻れないということがあります。また、指使いにしても、練習中に常に理想的なものに変えていかなければならないのですが、これも融通がきかなくなってしまいます。音で覚えていれば、本当はそれも大丈夫なはずなのです。

そして、もう一つとても大事なことですが、曲をある程度長い間さらったら、なるべく早く、『楽譜』も『鍵盤』もどちらも見ないで練習するようにすることです。どちらを見てもいけないのです。この訓練をすると、当然ながら自分の音をよく聴いて演奏するようになると思いますし、また、身体の使い方や弾く時の姿勢も良くなっていくことでしょう。一歩ずつ着実に、立派な演奏家に近づいていくこと間違いなしです。

ピアノ練習のヒント : 20:16 : comments (x) : trackback (x)
効率よくさらうために必要な考え方(3)

先日私が書いた練習方法をさっそく実行しているという偉い方々がいらっしゃるらしいのです。このページがそれほどの影響力があるとは思っていませんでしたが、すでに数件の報告が入っています。あれほど「良い子は真似をしてはいけない」と言ったにもかかわらず…。「飲みたいビールも飲めずに練習室に入ってしまった人」、「突然、練習後の反省ノートをつけ始めて一日8時間もさらってしまった人」・・・などから、「どうしてくれるんだ」と苦情が寄せられています。(ちょっと偉すぎる人が多いんじゃないでしょうか?私も、良心の呵責から5日間ビールを抜いています(^_^;)。)

まあ真面目なことをもう少し書きつづけてみると、やっぱり一日にどれだけの練習ができたかを振り返ってみるのは、本当に大切なことだと思います。その日の練習によって何が成長したのか、これを書き出してみなければ良い練習をしているのかどうかが分からないのですね。一度にたくさんの曲を抱えている人は、どの曲のどの部分をどれだけさらったかだけでも毎日書いてみると良いでしょう。書いてみなければ、どれを練習したのか忘れてしまうこともあります。一つ一つ小さな部分でも確実に仕上がっていけば練習している実感が得られますし、逆に何も進んでいないように見えたら、それは練習の仕方に問題があるということに気がつきます。何日経っても同じ練習をしていたり、同じところをさまよっていたり(笑)するのは、極力避けたいものですが、ノートをつけているとそういうことも判ってきます。これは時間を大切にするということにつながっているのです。結局、時間を有効に使うということは、忙しくいろんなことをやって過ごすということではなく、逆なのです。頭を使わないで過ごしているほうが、ずいぶん無駄をやっていることがあります。何でも整理してみることは、余裕を生むことにつながるものです。私なども忙しそうに過ごしているように思われますが、実際は“ちょうど良い”くらいに過ごしていますし、こんな駄文をここに書いたりしているくらいの心の余裕はあるわけです。

自分の時間を把握するためには、やはりスケジュールをきっちり管理することだと思います。これは、スケジュール通りに忙しく分刻みで過ごさなければいけないという意味ではなく、自分の仕事をよく分かってやっているということが大切なのです。何か突然違う仕事が入ってきたり、いろんなハプニングも起きたりしますが、きちんと優先順位をつけて把握しているとすぐに対処できます。また、特に演奏家(ピアノ学習者)にとって大事なことは、自分がある曲を仕上げるのにどれくらいの時間の投入が必要なのか、ということを正確に知っておくことです。これは、経験を多く踏まないと分かってこないことではありますから、若いうちは失敗も多いものです。「あれでも練習が足りなかったのだな」とか、あとになってわかるのが常です。しかし、練習と訓練によって自分のこなせる仕事能力もだんだん上がってきますから、3年前にそうだったことが現在では違うということもあります。その都度、時間の使い方を正しく修正していく必要があるのです。

時間管理が上手くなると、忙しくせずとも仕事がたくさんこなせるようになりますよ。余裕が出てきたら、息抜きをする時間も出てきます。たまには飲みにも行きましょうね。私も誘ってください。(笑)



ピアノ練習のヒント : 20:05 : comments (x) : trackback (x)
効率よくさらうために必要な考え方(2)

以前も書きましたが、練習の能率をあげる方法を再びここに紹介してみましょう。ただ、今日書くことは、まったく手加減なしに本格的に日々の練習と戦っている人向け(?)のアドバイスになる予定で、前回(2003年12月6日)の内容とはかなり違う部分がありますから、とても真似のできない良い子の皆さんは、ただ話を聞いているだけにしてくださいね。

時間の足りない人への練習の仕方のポイントとして、3つ挙げてみたいと思います。

まず1番目は、先月(2月12日)書いたこととも関係がありますが、譜読みをする際に必ず深く楽曲分析をすることです。これは、決して和声記号をすべての小節に付けるという意味ではなく、音楽を理解するということです。とにかく、何も考えずに初見で弾きながら譜を読んでいく、そうしているうちに自然に弾けるようになっていく…、という練習方法を避けることです。これはただ時間を食ってしまうだけなのです。ある曲を勉強する時に、その作曲者と同じほど曲の細部まで理解することができれば、理想的に言うと、もうその時点で“弾ける”のと同じことになるのです。何度も言いますが、頭をよく使って練習するということです。そのためには、頭はクリアーでなければいけないし、精神的にも健康である必要があります。そのクリアーさの度合いが高ければ、とても複雑なポリフォニーなども理解することができるのです。研ぎ澄まされた練習をすることです。もちろん、楽曲を分析するためには、ある程度の専門的な知識があるに越したことはありません。(知識がなくても、本能的に音楽を理解する天性の才能を持った子供もいます。)

2番目には、一日にどんな練習ができたか、何がどれだけ進んだのかを明確にすることです。夜に練習が終わったら、振りかえってみて、結局その日の練習で何が得られたのかを反省してみて、できるならばそれを書き出せるほど自分で分かっているのが理想的です。ピアノの練習は、一日で突然上達するような手応えはないものですが、これを実行していくと、一日ごとに確かな成長が確認できるはずです。例として、「理想的な指使いを見出すことができた」、「つっかえていた箇所が弾けるようになった」、「テンポが上がった」などの確認を、曲ごと(あるいは、曲の中のセクションごと)に行なう、など。

3番目には、どんなに忙しくとも練習時間を確保し、たまたま他の用事が入ろうが体が疲れていようが、決めた時間は必ず練習することです。以前言ったことと逆になりますが、どうしてもやらなければならない人は、苦しくてもやらなければいけないのです。(笑) 私の場合は、外で仕事をしたりして家に帰ってきてすごく疲れていることがあります。(レッスンで疲れることは基本的にないのですが、知らず知らずに体からエネルギーがなくなってしまうことがある。)そういうときに、残りの一日を投げ出してビールなど飲まずに、さらには横になって寝てしまわずに、いくらかの食物エネルギーを摂ったらさっさとピアノの部屋に向うのです。極限に疲れている時に、「自分は疲れていない」と暗示をかけてさらに仕事を続けるのです。すると、不思議に続くものなのです。一度休んでしまったら、もうアウトなのですね。仕事を始めてしまえば、人間なんてすぐその気になって、その後、5時間も調子良く練習を続けることができたりするのです。

上に書いたアドバイスは、ピアノの練習に限ることではなく、他の勉強にも当てはまるでしょう。まず、「物事をよく理解しながら勉強するということ」が大事です。ただ長い時間、机の前に座っているだけでは勉強がはかどっていることにはならないでしょう。また、どの勉強を何時間やったかではなく、「勉強して何を覚えたのか」、「自分は、何が新しく分かるようになったのか」を振り返ってみることです。それから、「必ず時間を決めてやる」ことです。「今日はまあいいか」と考えないことです。今、やらなければいけないのです。これらを実行するだけで、きっと仕事も勉強も練習もすごく能率が上がると思いますよ。



ピアノ練習のヒント : 18:05 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2004 - 03  >>
COUNTER
total:2263726
today:553
yesterday:1255
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX