Main
手に汗にぎる2

少しばかりハードな本番が終わり、楽しみながらピアノが練習できる気分になれた一日でした。これがいつまで続くかは保証の限りではないのですが。

さて、手に汗という話でしたが、もちろんいつも汗をかくわけではありません。しかし、ここぞというタイミングの悪い時がありました。
その一つはつい先日ヨーロッパから帰ってくる途中のことで、フランクフルトでトランジットをした時のこと。

その日はその前からハプニング続きではありました。ワルシャワを出る際に搭乗カウンターで、自分たちの行き先が成田ではなく大阪(航空券に確かNRTではなくKIXと書いてあった!)になっていたのを偶然私が発見した時には、すでに荷物の半分以上が大阪行きのタグを付けたまま流れて行ったあとだったりして、しかしこんなハプニングを乗り越えてなんとか日本に向かって我々一行(T親子と3人だった)は帰路を進めていました。フランクフルトで乗り換えで、時間がいくらかあったのでお茶をしたいと誰かが言い出した(私かな?)のがそもそもの始まりでした。

まったく広い空港で、歩けども歩けどもCAFEが見当たらない。そのうちに空港ロビーの一方の端の閑散としたカウンターまで来てしまいました。ここを出なければ先へ進めない。戻ろうか?しかし私はまったく焦りもせずに話しかける(なんたってここは長く住んだドイツ語圏なのだからと安心している)。「CAFEでお茶を飲みたいのです」と言うと、「外へ出て飲んできてまたそちらから入ればいいよ」と軽く言われたので、その通りにしたのですが、それはすなわちパスポートにスタンプを押されてドイツに入国することを意味していました。パスポートに判を押された直後にT親子が不安になり始め、もうお茶どころではない。ここまでスムーズに帰路を来ていながら、もしも何かトラブルがあったら…と私も気が気ではなくなってしまいました。考えてみれば時間もたっぷりとあるわけではなかったのです。

結局お茶を飲みには行ったものの数分で店を出て、すぐにさっきとは別の出国手続きの場所へいくと案の定ものすごい列が並んでいて一刻を争う感じに…。ここで私の手の汗は最高潮に達していたのでしょう。ギリギリ成田行きの便に間に合う時間に順番が回ってきたものの、私のパスポートを握る手の汗は尋常ではなかったようです。そして、私が並んでいた出国手続きのカウンターにはなぜか恐そうなお姉さんが…。私のパスポートを取るなり、「この汗は一体何です???」とにらみながら詰問するではありませんか!しかも私たちは短時間に意味不明の入国をしているわけでありました。(かなり不利な状況だ…。) 努めて冷静を装って説明する私の早口のドイツ語を無表情で聞き取ったあと、そのお姉さんは結局スタンプを押してはくれたのですけどね…。(あー、ホッとした。)

別に悪いことをしたわけでも何でもないのだけど、ああいうときはやっぱり汗をかきますよね。これは仕方ないと思うのですけど…。

長くなってしまったので、もう一つのエピソードはまた次の機会に。




雑記 : 23:09 : comments (x) : trackback (x)
手に汗にぎる

ブログは毎日更新しろという意見もありますが、練習時間とブログを書く時間の両方がない場合、もし時間ができた場合はどっちを優先するべきなのでしょうね。

昨日は少し遠出をしてやっと今日帰ってきました。
ピアノを弾く本番もやってきましたが、うっかり今日はステージ上のピアノの鍵盤を開演直前に拭くことを忘れてしまい、手の汗で滑る滑るという悲惨な状態(あくまで自分の中の精神状態が)が続きました。
ピアニストの人たちの中には、本番中に手に汗を大量にかきやすい人がいて、いろいろ皆さん工夫している人もいらっしゃるようですが、徹底的に学ぶ必要があるかも、と今日は思いました。

自分はかなり手に汗をかきやすい体質だと思うのですが、妻に言わせると、それは「北海道人だから」だと言うのです。「なぜ?(笑)」と思うのですが、説明を聞くとなるほどっていう感じもしましたが、相関関係は本当のところよくわかりません。

自分が手に汗をかきやすいという関連で、今年になって起こった面白い笑い話が二つほどあるのですが、それは次の機会に書くことにします。




雑記 : 20:15 : comments (x) : trackback (x)
いよいよやりますオール・カプースチン

昨年から今年にかけてニコライ・カプースチンのピアノ曲の楽譜出版に携わってきた関係で、振り返ってみると今年1年間その普及のための活動も多くしてきましたが、ついに来年4月23日(日)、サントリーホール(小)でオールカプースチンのプログラムでリサイタルをさせていただくことが決まりました。

演奏するプログラムには親しみやすい作品を多く取り上げ、しかもプログラムの半分以上を作品番号100番以降の最近作としました。ピアノソナタの12番と13番も弾きますが、もともとはこれらの傑作を多くの人に知ってほしいことも大きな動機となっています。「ソナタ形式」はベートーヴェンが発展させて完成させたと言われていますが、本当に完成させたのはカプースチンではないかと思うほど素晴らしい出来栄えなのです。ここへくると、すでに「ジャズの語法」などという言葉を使うことさえ無意味に思えてくるほどオリジナリティを完成させているし、結局、「ソナタ」というものは無駄が極力排除される形式だからカプースチンには一番得意の形式なのかもしれません。「ソナタ」の作曲は今現在も続いているのです。

というわけで、リサイタルの告知でした。
イープラスは今日から予約受付だそうです。皆様よろしくお願いいたします。

コンサートのページ




雑記 : 19:06 : comments (x) : trackback (x)
ロシア語の授業

今日はいつもどおり大学へ出勤でしたが、レッスンが一人分空いた時間にロシア語の授業へ顔を出しました。メトネルの歌曲を広めたかったのが主な動機ではあったのですが、コピーを取ったあと、学生になった気分で授業にお邪魔してしまいました。なにより感動したのは、うちの大学でロシア語を学んでいる学生がいて、みんながロシア語を勉強している姿がなぜか嬉しかったー。なぜ嬉しいのか自分でも分からないのですが。

ロシア語の講師はSablina先生という人で、私は何年か前にモスクワから成田への飛行機の中で座席が偶然彼女と隣りあったのが最初の出会い。これも不思議な縁でした。自分の教えている大学でロシア語を担当されていたとは、にわかには信じられませんでした。のちに大学で本当に会えたときは感動しました。

やはりロシア語を履修しているのは声楽科の学生さんが多いのですね。これからもときどき顔を出せる機会があると嬉しいです。今日は、先生に難しい質問(良い質問?)をして申し訳ありませんでした。あやうく話がどんどん盛り上がってしまうところでした。
あー、もう一度学生やりたい…。




雑記 : 22:00 : comments (x) : trackback (x)
練習はサボれない毎日

ブログというものは、毎日更新できる人が持つべきものなのでしょうね。同業者の方でも頑張っておられる人がたくさんいる中、私はだめそうです。なかなか続きません。

さて、先日は辻井君のリサイタルが終わり、これが私にもエネルギーの消費がけっこう激しかったのですが(ドビュッシーをも弾きたいと言うのだから!)、とにかくコンクール以来の疲れがどっと出ています。(私がです。) 頭痛と疲労の中、昨日は小曽根&塩谷のデュオを聴いてきて、少しだけパワーアップしました。しかし根本的にはボロボロの体調が続く中、とにもかくにも自分の空き時間はすべてピアノにへばりついていなければいけないという状況で、こんな生活いつ改善されるのか…、早いうちに改善しなければならないのですが。

頭痛だろうが肩こりだろうが、苦しみながらも弾いているうちに何度か小康状態はありました。ってかなり危ない体調のような気はしています(^_^.) 朦朧としながらもピアノにへばりついているうちに暗譜もできましたし。やはり諦めるものではないですね。




雑記 : 21:38 : comments (x) : trackback (x)
久々のカプースチン講座

今日の1日はけっこう激しかったです。
朝6時台に起きるのも最近はけっこう苦痛なのですが、頑張って起床。ちゃんと朝食を取ってから出ました。しかしそれより苦痛だったはラッシュ時の電車の中。これだから普段は絶対に乗らない時間帯なのです…。体をグシャグシャにされながらも、頭の中は今日の講座で考えている2時間の内容をさらっていました。久しぶりだし内容も一新しなければならないので、自分としてはそれだけでもけっこうな緊張でした。まあ本当の緊張は、2時間話して最後に演奏すること、それも「ブラジル」を弾くことだったりするのですけど…。
今日の会場は、もうこれで3回目だったのですが、毎回来てくださった方たちと良い交流ができるので嬉しく思っています。

ただ他人にはバレていないでしょうが、自分としては極度の疲労。しかし予定は変えられないので、終了後はいつも通りに大学へ。夜8時まで普通にレッスンをして帰ってきました。もっと言えば、「普通」ではなく、かなりハイテンションだったと思いますが。演奏会や講座などが終わったあとは、頭の中が極度にクリアーになり、エネルギーがどんどん出て行けモードになっているので、激しくなるのです。いくらやっても疲れないという感じです。こういう日は、一人一人のレッスン時間が短く感じます。

帰宅した後も何とまだ練習するエネルギーが残っていました。きっとこのペースでずっと仕事を続けられたら、体力も途切れないしけっこう理想的なのだろうと自分でも思います。ただ、ぶっ倒れて3〜4日ほどは結局どこかで眠らなければいけないのかもしれませんが。




雑記 : 22:21 : comments (x) : trackback (x)
どうしても弾けない箇所をどうする?

ピアノの練習の話ですが、自分にとって難しい曲になると、ある箇所がどうしたって何度練習したってきちんと弾けない場合があります。その場合は、そのパッセージがもう自分には弾けないと諦めるべきなのか。

弾けない理由は、おもに3つあると思います。
1 その箇所の音楽的要求がまだ足りない
2 ゆっくり練習していない
3 指が弱いため、文字通り指がついていけない

ショパンの大曲などには、ある程度はうまく弾けても、部分的にどうしてもうまく弾けない箇所があったりするものです。
1は、1音1音に込める気持ちが足りないという意味です。本当にすべての音に対して音色を要求して、歌っていれば弾けるはずという考え方。
2は、1音1音すべての音に頭で分析が入れられるほどゆっくり練習するということです。ただテンポを落としてゆっくり弾くだけではダメです。頭がよく分かっていないと、何度でもつっかえます。もし、ゆっくり何度弾いても良い癖がつかない場合は、指使いが理想的でない場合があります。
3は、根本的な問題で、ある程度毎日指を動かして訓練していないと、一定のテンポ以上では指が文字通り動かないこともあるということです。今日弾けても明日はまた弾けなくなっているという現象です。これも辛いですが、毎日の訓練が大切です。

ふと、苦しみから逃れたところで書いてみました。ちょっと苦しかったのです。いろいろ書こうと思えばまだ山ほど出てくるのですが…。

「ピアノ学習者へのヒント」は、これからもHP上ではときどき続けていこうと思っています。

HPのトップページには、サイト内検索のボックスを置きました。これで過去に書いた練習のヒント集の山からも、自分で何を書いたか思い出したくなったときには、「暗譜」とか「指使い」とか入れればすぐに引っ張り出せるから便利です。まだ試していないのですが…。(^_^.)




ピアノ練習のヒント : 19:29 : comments (x) : trackback (x)
今日は練習日

何日も更新できないときは何をやっているかと言うと、自分の場合は忙しいというよりも練習していることが多いような気がします。特に、暗譜に真剣になっている場合は、何日も同じ曲を持続して覚えていなければならないため意識が常に内に向いていき、自然に口数も少なくなってきます。喋ると全部中からこぼれて行ってしまう気がして…。(笑) そしてメールを書く頻度もだんだん少なくなっていきます。特に外国からのメールなど難しい返信が必要なものがたまってくると、すべて投げ出したくなります。やはり日本語の方が気軽にポンポン打てますよね。

ときには、“まるまる1日練習”という日を作らなければいけないのですが、今日は久しぶりに実現しました。何ヶ月ぶりだろう。身も心も完全にリラックスした状態で、エネルギーをどれだけ放出しても良い日です。普段は、エネルギーの配分を考えて生活しますから、時間だけが空いていても本気でさらうことができないのが常です。つまり、例えば午前中に本気でカプースチンをさらったとすると、午後のレッスンでつぶれることになるので、人に迷惑をかけてしまいます。逆に、午前中にレッスンでエネルギーを使いすぎると、夕方にはいくら時間があっても譜読みしか体力が残されていないこともあります。そんなふうにエネルギー配分を考えてしまいます。

自分の体力ってまだまだ弱いのだろうか。ときどきは超人ではないかと思うほどのスケジュールをこなせることもあるのですが…。とにかく今日は疲れ果てました。




雑記 : 22:23 : comments (x) : trackback (x)
昨日の「報道ステーション」

テレビ番組に辻井伸行くんが登場する場合、今までは親しい人や生徒さん関係にもあまり事前に知らせることはなかったのですが、これまでもう大きなニュース番組や生出演だけでも10回以上は出演しているのに、私の生徒でも一度も見たことがないとか、「教えてくださいよー」と言われることが多かったので今回は知らせてみました。すると今度は、番組が始まってから「まだですかぁ?」のメールが携帯にいくつも届くという事態が…。(笑) ニュース番組というのは、本当にいつ話題が変わるかわからないのでずっと見ていなければなりませんからね。ちょっと苦痛だったかもしれません。ゴメンなさい。

だからあまり知らせなかったというのは、テレビ番組の予定というのは、決まっていてもよく変更になるから確実なことは言えないという理由もあります。ニュース番組のような場合は、確実な時間はテレビ局の人も直前までわからないんです。

そんなわけで、何が放映されるのかについても私もあまり知らされていませんでしたが、ショパンコンクールの情景は思ったよりも長かったですね。昨日の番組はもちろん辻井君にスポットが当てられた内容だったわけですが、限られた時間ではうまく伝わらない部分があるのは仕方ありません。でも、それにしてはコンパクトによく描かれていたと思いました。いつもテレビのドキュメンタリーの出来上がりには感心してしまいます。

昨日の放映では、おそらく専門家の人が見ていたら「あれ?」思われるかもしれないところが2箇所ほどありました。
一般の人にとってはたいしたことではないかもしれませんが、彼が2次予選で「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ」を最後に弾いて拍手があったように描かれていましたが、あれは編集されていて、私が見てもわからないほどです。実際には、ポロネーズのあとに続けて4曲のマズルカを弾き、そのあとにソナタ3番という順番で演奏していて、最後の曲を弾き切るまで一度も拍手はありません。ショパンコンクールでは1次予選と2次予選で演奏する50〜60分のプログラムは切れ目なく演奏され、基本的に曲間には拍手はありません。昨日の放映では、辻井君のポロネーズのあとに拍手があったように編集されていましたが、実際にはソナタまで続けて弾き、見事に弾き切ってソナタの終楽章の最後の和音が鳴り止まないうちに割れんばかりの拍手があったというのが事実だったことを彼のために言っておきましょう。昨日の映像だと、ちょっと拍手は「パラパラ…」にも見えなくもなかったので「おかしいなー」と思っていました。だから、注意して映像をもう一度見てみると、途中のカーテンコールのところから拍手が突然強くなっていることがわかります。テレビの流れの中では特に不自然でないので誰も気がつかなかったでしょうが…。きっと、あのポロネーズには彼の特別の思い入れがあったということをディレクターの方が知っていてくださって、それを描きたかったということなのだと思います。

もう一つは、これもたいしたことではありませんが、Op.10-1のエチュードが難曲と紹介されていましたが、それを言ってくださるなら、彼がそのほかにあえて選んだもっと難しい2曲のエチュードOp.10-2といわゆる“三度のエチュード”Op.25-6のことも言ってほしいと専門家の人たちは思うのではないかと思いますが(笑)、まあそのあたりも番組の作り方というものがあるのでしょう、確かに10-1もコンクールでは大変難しい曲の一つでもありますから演奏者にとっての緊張は大きかったことは事実だと思います。

でも振り返ってみて、「本当に行ってきたんだなー」と今ごろ実感がこみ上げてきているところです。すごく大変でしたが、でも辻井君の様子もほとんどいつもと変わりなく屈託のない様子が描かれていましたね。




雑記 : 10:48 : comments (x) : trackback (x)
辻井伸行ショパンコンクール、明日TVで放映

テレビ朝日『ニュースステーション』の特集コーナーにこれまで4〜5回登場した辻井伸行。それらの放送には二度の生放送(=生演奏)もありました。

さて、明日の『報道ステーション』(予定より1日繰り上がって2日(水)の放映!)では、この9月に17歳になったばかりの彼が挑戦した第15回ショパンコンクールにまつわるドキュメンタリーが映し出されます。
皆様、チェックをよろしくお願いしますm(__)m

関連ページ 辻井伸行ホームページ




雑記 : 21:14 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<  2005 - 11  >>
COUNTER
total:2389993
today:247
yesterday:868
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX