Main
オール・カプースチン

しばらく離れていましたが、久々にネットの世界に戻ってきました。(またすぐにいなくなるかもしれませんが…。)昨日の夜は、特に海外からのたまっていたメールに一気に返事を書きました。カプースチン関連のことで嬉しいメールをいろいろと頂くのですが、あいにく非常に忙しい時でも外国人は関係なく送ってきますから…。まあメールを頂くのは嬉しいのですけど。

昨日は、一人でフルプログラムのオール・カプースチンを弾くという、いうなれば初めての試みでありました。関係者の皆様、そして聴きに来てくださった皆様、本当にありがとうございました。遠方からもたくさんの方が来てくださいました。心より感謝いたします。

多くの方のご想像通り、今回のハードなプログラムのために私は4キロ、多めにみて5キロほど痩せました。これまでいろんな経験はしてきたものの、あのプログラムを弾きこなすのに、体力的に、また集中力の観点からどのように力配分を設定したら良いのか予測のつかない面があり、本当に消耗しました。特に思うのは、カプースチンの曲は頭でわかっていることと身体でできることを一致させるのが本当に難しいということです。これは今後の課題ですが、他の作曲家の曲を弾くためにもカプースチンは大変勉強になったと思います。

さて、昨日お客様たちに配られたプログラムを終演後に拝見しましたが、実はほかに今回カプースチン本人が書いてくださった各曲目への解説もあったのです。紙面の関係でプログラムにはカットされていたようですので、せっかく書いていただいたのにもったいないですからここに披露しておきたいと思います。

[以下、N.カプースチン氏による原文の翻訳]
コンサート・プログラムに寄せて

本日のプログラムで聴かれる10曲の作品中、私が川上の演奏で聴いたものは4曲だけです。それ以外の作品は、彼が自身の次のCDに入れるなどのチャンスがあれば聴くことができるでしょう。

Op.58 遅いテンポの純粋にジャズ的な作品

Op.118 & 123 ラテン・アメリカのリズムを1台のピアノによって表現しようとした試み

Op.108. この曲のテーマを作曲したポール・ドゥヴォイリン氏の依頼によって書いた曲

Op.110 一連の1曲ものの小曲として書き始めたが、ソナタの第1楽章にふさわしいことがわかり3つの楽章を追加した

Op.65 この曲も“アンダンテ”同様16年前に書いた作品。そういうわけで、これら2曲はきわめて古い作品

Op.122 二つの小さな、しかしなかなか骨の折れる(曲のタイトルに反して)エチュード

Op.53 これらプレリュードが今日のプログラム中で一番古い作品(1989年作曲)。スタイルは現在私が書くものとはいくぶん異なる。

Op.102 これは、私の作品中ただ1曲の2楽章形式ソナタ。まるで第3楽章メヌエットから始まるかのような体裁。確かに第1楽章は3/4拍子であるが、まったくメヌエットらしくはない。




カプースチン : 13:21 : comments (x) : trackback (x)
充実したアカデミーを終えて

セミナー中は、結局ブログを更新することができませんでした。けっこうなハードスケジュールでしたが、合宿は充実して楽しかったです。多くの出会いや語らいがあって素晴らしい経験でした。今もまだ余韻がありますが、やはりたまには環境の違うところへ出向くのは精神的に良いですね。

“つま恋”は、かなり広いリゾートでいろんなスポーツ施設などもあって、たくさんの団体が泊まっていました。期間中はずっと終日レッスンをしていましたし、その後は自由に過ごすこともできたのですが、さすがはヤマハのリゾート、宿泊施設間の長い渡り廊下にクラヴィノーヴァが展示してあるのを見つけてしまったので、寒かったのだけど夜中までそれで練習したりしていました。(自分の練習ピアノはしばしばこうして探し出すのです。笑)せっかくここまで来たのに温泉に入る時間もとれなかったのは残念。

精神的にはとてもとてもまだくつろげる段階ではなく、現在は当然ながらオール・カプースチンと格闘中。難しい新曲も多く含むプログラムは頂上の見えない山を登っているのと同じで、とても辛い時期を経なければなりません。全体像が見えてきたときには少し楽になるものなのですが。初めての経験では長いスパンでの練習の計算ミスが起こることもままありますが、これを避けるために頂上が見えるまでの間はある意味極限の状態まで練習を突き詰めることが大事です。

現在、メトネルとショパンのプログラムの準備もありますからカプースチンと完全な同時進行で、外から見ればリサイタル2つ分を普通に準備しているくらいに見えるかもしれませんが、現実はそれよりかなり厳しく感じます。決して音符の量だけの問題ではないと思うのですが…。これを普通の生活を過ごしながらやっているわけで、人とニコニコしながら話したりしている自分がときどき信じられないこともありますが、まあ職業ですから仕方がありません。修行を積んで、少しでも普通の人っぽく振舞いたいものです。

こんな時は、ピアノを演奏するためのノウハウや良いアイデアを次々と発見するものですが、残念ながらこんな時に限ってそれを書く暇がありません。いずれ余裕が出てきたときに、また「演奏のためのヒント」としてまとめてみたいと思っています。




雑記 : 12:55 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<  2006 - 04  >>
COUNTER
total:2337114
today:695
yesterday:1126
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX