Main
ベートーヴェンのピアノ曲

振り返ってみるに、かなり長い間カプースチン漬けだったので、また新鮮に音楽を捉え直す目的で少し意図的に離れてみようと思っています。(とは言っても、一日に1曲くらいはやはり弾いてしまったりするのですが…。) 離れるためにどちらの方向へ行くかといえば、純クラシックの方向、もしくは純ジャズの方向という両極端になります。

今日はホールで学生たちの演奏を立て続けに聴きました。ピアノ科の世界には、少々異様ですが「音大レパートリー」とでもいうべきものが存在します。よく聴く曲は、レッスンでも試験でもコンクールでもすごく聴く機会が多いのに対して、まず滅多に聴くことのできない曲というのもあります。まあそれは良いのですが、どちらにしてもアカデミックな世界にいると、ハイドンやモーツァルトなどの古典派レパートリーというのは絶対に消えてなくならないもののように思えることは確かです。ベートーヴェンが素晴らしいのは、やはり交響曲を聴いた時に強く感じます。亡くなった岩城宏之さんが先日のテレビ番組でも語っていましたが、彼も知られざる曲を初演をしたりさまざまな作曲家を演奏してきたけれども、年末のベートーヴェンの交響曲全曲を一晩で振るという経験で、自分自身がベートーヴェンに癒されたのを感じてびっくりしたというようなことを言っていましたが、本当にその通りだったのだと思います。

ベートーヴェンはオケで聴くと本当に素晴らしいのですが、ピアノ曲になるとそれほどの深みを感じないのが不思議です。ピアノでの演奏はやはり難しいといえます。例えば「田園」にしても「第九」のテーマにしても、和声進行は現代から見ると恐ろしいほど平坦で単純です。「運命」だってそうです。ほとんどテーマは和声機能上ⅠⅣⅤとその展開形だけで成り立っている(笑)と言っても過言ではないほど単純なのですが、それにもかかわらず音楽はとても雄弁なのです。ところが、同じものをピアノで弾くと印象ががらりと変わります。(つまりインスピレーションに乏しいものになります。) きっとベートーヴェンの求めているものは、オーケストラによってより正確に再現される性格を持っているのだと思います。ある意味で対極なのは、バッハの音楽です。もちろん時代も少し違いますが、バッハの作品は楽器の指定があいまいなものもありますし、当時の楽器でも現代の楽器でも通用する、どんな楽器でも音楽の本質をそれほど損なわずに演奏できるものが多いように思えます。

ピアノのために書かれた曲は、どの作曲家のものでも、個性は違えどもそれなりにピアニスティックな部分(ピアノにこそふさわしい!と思う部分)はあるものですが、ベートーヴェンのピアノ曲に対してはどうしても物足りなさを強く感じます。結局、彼の作品の良さをピアノという楽器で再現するためには、イマジネーションと表現力でカバーするしか方法はないのでしょう…。




雑記 : 21:45 : comments (x) : trackback (x)
カプースチンの現在

その後、いくらか常人の生活を送りながらエネルギーを蓄えつつ仕事をしております(^_^)

前回の日記でカプースチンの現在の作品番号は公表されているものだけで126まできていると書きましたが、実際はその後も作曲は進んでいて、なんと現在131番まで完成してしまっているようです。きっと今頃、ピアノ・ソナタ第16番Op.131の清書が終わったあたりではないかと思います。それにしても、「ブルーボッサ・パラフレーズ」Op.123以降の作品はすべて献呈者(委嘱も多い)が決まっていて、日本のMr.T氏以外はほとんどがピアニストなどの演奏家が献呈の対象者です。それにしても、あのリュドミル・アンゲロフ(スペインではなく、ブルガリア人と判明)、カプースチンにソナタ16番をお願いするとはなかなか抜け目のない…。(Mr.T氏の沈黙の行動も見逃せませんが…。)

しかし、作曲の筆の早さには本当にびっくりさせられます。現代という時代は、音楽の世界でも情報は早いし、音源化や楽譜化もとても早いと言えますが、このカプースチンの創造のエネルギーにはちょっとついていけないほどです。今後もまだ新しい作品が増えていくのでしょうね。そうすると、カプースチン作品の全体図がまだどんどん変わっていく可能性があります。

考えてみるに、「情報の多さ」と「情報の手に入りやすさ」いう点で、現代ほど進んだ時代はなかったのではないかと思います。今は、過去に忘れられていた作曲家たちが発掘されたり、また知られていなかった新たな事実がいろいろとわかったりする時代です。これは古くは19世紀の作曲家から現代に至るまでの音楽家について言えますが、時代はさらに遡っていきそうです。すごい早さで情報は増えていきますし、今までの知識は変化を余儀なくさせられます。この中から音楽家は何を選び取っていくのか、また聴衆もどのように音楽に接していくのか、とても複雑で珍しい時代になったなと感じます。




カプースチン : 19:25 : comments (x) : trackback (x)
岡山演奏会終了

昨日、岡山でのリサイタルを終えて帰ってきました。カプースチンなどという作曲家はおそらく聴いたこともない方が大半だったと思いますが、あれだけ大勢の方が集まってくださったことに本当に感謝の気持ちでいっぱいです。主催してくださった方の厚いおもてなしには感激しました。そしてホールも楽器もとても素晴らしかったです。

ここのところけっこう長い期間、カプースチンの練習にエネルギーを使ってきましたが、オール・カプースチン、特に大きなソナタを2曲含むプログラムはやっぱりきついなあ、というのが実感です。心身ともに完全に健康であって(当日だけではなく練習のための時期も)、しかも現在の自分の持っているエネルギーのすべてを傾け続けなくては満足のいくレヴェルになかなか到達しないというのですから、自分にとっても大変な試練でもありました。まだまだ若いつもりでいましたが、現実は厳しい。しかし実は一番大きな試練は、これらすべてのカプースチン・プログラムを「暗譜で弾く」ということだったのです。もしこれが暗譜で弾かなくて良いなら、自分の場合はおそらくエネルギーを5分の1ほどでやっていけたと思います。ピアノ音楽教育の傾向でもありますが、クラシック音楽の勉強ということで長くやっていると、どうしても楽譜に頼りすぎるため、能力のある人でも「譜読みは早いし、初見もすごい」というふうにはなっても、暗譜だけはどうしても苦手というのは共通の悩みでもあるのではないかと思います。

ここで大きな一区切りということで、一体カプースチンをこれまでに人前でどの曲を何回弾いたかを数えてみました。自分できちんとデータとして書いて記録しているのですが、ちょうど5年ほど前の紀尾井ホールでのリサイタルでアンコールに8つのエチュードから第2番「夢」を弾いた時から数えて、合計でのべ126曲を弾いていました。人前で演奏したと言っても楽譜を見て弾いたものは回数に入れていないので、純粋に暗譜で弾いたものだけを数えています。1曲を12回も弾いているものもありますが、この126という数字はなんと偶然にもカプースチンの現在の作品番号数と同じですから、やはり良い区切りの時かもしれませんね。この辺で少し頭を休めて「普通の生活」を再開したいと思っています。




カプースチン : 20:08 : comments (x) : trackback (x)
アントン・カプースチン氏

作曲家N.カプースチンのご子息(ご長男)がアメリカに住んでいることは以前このページにも紹介しましたが、実はかなり有名な物理学者です。例えばこのページで見られる写真では、お父さんにとてもよく似ています(^_^)
http://www.fields.utoronto.ca/programs/scientific/04-05/string-theory/strings2005/speakers.html
T大P会OBのI君、K君、情報提供ありがとうございました。
それにしても、親子そろって恐ろしくIQ高そうで…さすがという感じです。まだ若いのに(30代前半)すごいですね。N.カプースチンの一連の最近のピアノ曲へのタイトルを与えたのが彼だというのもうなずけます。(→2005/4/19記を参照)
N.カプースチンの創造作業に関わっているという意味でも大きな存在意義がありますね。


カプースチン : 20:05 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<  2006 - 06  >>
COUNTER
total:2511854
today:123
yesterday:830
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX