Main
モーツァルトとジャズ

昨日、「モーツァルトとジャズ」というタイトルが目に入って偶然に録画したNHKの「知るを楽しむ」(案内人=桂 小米朝さん)を見ていたのですが、昨日の番組ではジャズピアニストの小曽根真さんがほとんどメインで番組を進行していたので、これは興味深く面白かったです。

今年はモーツァルト・イヤーなので、逆にモーツァルトを聴くことを避けていた(聴く機会や関わる機会が多いと思ったので)ところもあるのですが、あらためてジャズ・ピアニストの立場からのモーツァルト論を聞くと新鮮で勉強になります。特に小曽根さんのように、ジャズから入ってかなり遅れてクラシックの世界を本気で覗くという(現代ではそのような逆のことがあり得るのですね)立場で、クラシック音楽の良いところを捉えて説明できるのは面白いと思いました。昨日の場合は、モーツァルトという天才作曲家がテーマだったからこそ盛り上がったのかもしれませんが。他の雑誌等でも彼は語っていましたが、「モーツァルトがもし現代に生まれていたら、絶対ジャズに手を出しているだろう」というのは、当然すぎるくらいにその通りだろうと私も思います。

現代人には、ジャズのハーモニーの方がおそらく200年以上前に作られたモーツァルトの音楽よりもよほど耳に馴染んで聞こえますが(少なくともジャズプレイヤーの皆さんは全員そう言うでしょう)、あの時代に無駄な音をまったく使わない語法であれだけすごい音楽を創り出したことについて、「きっと自分に対する自信が強いのだと思う」と表現されていたのは印象的でした。ジャズピアニストとしての謙虚な言い方ですね。さすがです。

今は、例えばミシェル・ベロフの「スーパーピアノレッスン」ではメシアンの曲までレッスンするなど(たまたま彼の得意としているものを含めるという意味もあったのでしょうが)、音楽の教養を身につけるにしても、かなり高度化・専門化した番組が普通にNHKでやってくれるような時代になりました。ネット時代になり媒体が増えたことで、逆に専門的なものも含めて広く網羅できる時代になったということなのでしょうか。どちらにしても、音楽に関わる者としては、クラシック音楽と現代音楽の今後の可能性にもさまざまに思いをめぐらさずにはいられなくなってきました。




雑記 : 14:01 : comments (x) : trackback (x)
カプ講座in横浜ヤマハ

これまた久しぶりに、今日はカプースチン講座でした。横浜へは今までときどき行くことはありましたが、ここ数年JR横浜駅で降りたという記憶は薄く(たぶんないか?)、ヤマハの場所も知らなくて勘で歩いて探したのですが(^_^.)、あてずっぽうにしては運良く一発でたどり着きました。しかし、湘南新宿ラインというものがこれほど便利だとは知りませんでした。(今頃になって知るとは遅すぎる…。) 池袋から38分で横浜まで行ってしまうのですね。1分が貴重な朝の時間帯に乗ると、その有難さがわかります。

今日は、聴講者全員が真剣に聴いてくださっている感じが伝わってきてとても嬉しかったです。カプースチンは初めて、という方にもとても興味を持っていただけたようで、これも嬉しかったです。一番前の席には、なぜか「ジャズスタンダード200」とかいう本を持っていらっしゃる熱心な方もいらしていて、いろいろ質問してくださったりもしました。ヤマハ横浜店は、アイデアも企画も種類が多いようで、イベントにとても力を入れている楽器店だということがわかりました。お店の人にもいろいろお話を聞かせていただくことができました。

ところで、質問ということで今までの講座を思い出してみると、厳しい質問(というか、いろいろと啓発される質問)も多く頂いたりして、そのお陰で新たな問題点や研究心が沸いてきたこともありました。例えば、札幌ヤマハでの講座での質問など、はっきりと記憶に残っているものもあります。もちろんその他のすべての記憶も残っていますが。自分としては一度受けた質問の答えとなる事柄は、次の講座の際に必ず話の内容に加えるようにしています。

それにしても、カプースチンはちょっと練習を怠るとすぐに満足に弾けなくなってしまいます。曲が素晴らしいだけに、思ったとおりに弾けないと私も本当に嫌になってしまうことがあります。まあ、カプースチンに限らず、指というのはいつも本気で動かしていないといざという時に本気で動いてくれないものなのですが…。人に聴かせるためには、やはり練習は欠かせません。




雑記 : 19:29 : comments (x) : trackback (x)
ピティナ予選審査

久しぶりに地方へ出かけてのコンペティション予選審査へ、それも1日で140人(組)の参加者でしたから、朝8時半から夜8時半までの約12時間拘束でやってまいりました。ホールで朝からずっとピアノを聴き、コメントをせっせと書き続けるわけです。もちろん休憩は何度もありますが。ある先生に聞くところによると、他の地区では160人以上の参加者の審査をされたと言いますから、昨日はまだ良い方だったのかもしれません。

普段、鉛筆で大量に字を書くことはもうまったくと言っていいほどなくなったので、ちょっと一生懸命になると腱鞘炎にならないかと気になってしまいます。実際昨日は、最後から2番目のラウンドが終わったあとに、カバンを持ち上げると字を書いていた右手の指先から肩にかけて一瞬強いシビレが走ったので恐ろしくなりました。

さていつも特に予選の時に思うのですが、課題曲選定委員会とそれに関わっておられる先生方は本当にすごいなと思います。毎年毎年のことなのに、よくこれだけバラエティーに富んだ可能性があるものだと思います。何十人も同じものを続けて弾くのに、どの曲もなかなか飽きさせない名曲が多いです。ある意味、子供のためのピアノのレパートリーも進化を続けていますから、新しいものについても常に勉強を進めておかないと課題曲を広範なレパートリーから取り込むことができません。その意味でも、ピティナの課題曲選定に関わる先生方は進んだ意識を持っておられることは確かです。知られざる曲の出る幕は、カテゴリーでいえば「近・現代」に限られず、「バロック」や「ロマン」にさえも新たにスポットが当てられる曲が毎年必ず入ってくるというのもとても良いことです。

とはいえ、同じ曲を何人も続けて聴いていると、もちろん何度聴いても飽きない名曲もありますが、「耳について離れない」曲もあります。(笑) コンペティション終了後、夜中寝ている時も耳の中でずっと鳴っていた曲が昨日もいくつかありました。例えば、ハチャトゥリアンの「エチュード」の出だしとか…。もう鳴ってくれるな、と思うのですが、永久に頭の中をぐるぐる回り続けるのです。




雑記 : 19:01 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<  2006 - 07  >>
COUNTER
total:2443473
today:160
yesterday:1031
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX