Main
昨日はピアノ発表会

昨日演奏した皆さま、お疲れさまでした。
自分が演奏したわけでもないのに、昨日はなぜか終わって帰ってきたらドッと疲れてバタンと寝てしまいました。しばし爆睡した後、また起き出して活動を始めましたが、ブログを書く元気まではなくそのまま就寝。

発表会は第1部、第2部は客席でまじめに全部聴かせていただきました。
第3部のトークも、皆さんから大好評を頂けて良かったです。トーク後の会場からの質問は華やかでしたね(^_^) ゲストの西本夏生さんは、期待通りに(本当はゴリ押ししたのですが…(^_^.))、トークの前に1曲、生演奏してくれました。しかもカプースチンの「8つの演奏会エチュード」より第1番! 最高のプレゼントでした。
そして、トークのほうも、私の進行がうまかったかどうかはわかりませんが、彼女からも有意義な話を聞くことができて、いろいろと皆さんの考える材料にもなったことと思います。

その中にもありましたが、ピアノはやはり「好きで弾く」という気持ちが大切なのですよね。動機として、という意味です。やり過ぎはいけないし、苦しくなるまでやってもいけない。かと言って、好きな時に好きなものを弾いて楽しんでいるだけでは、人前で良い演奏ができるわけはない。他の勉強と同じですが、その辺のバランスって本当に難しいですね。時間の使い方も、現代の子供たちは非常に忙しいですから、いろんなものを効率的に勉強しようと思ったら、実際には小さな子供には親が時間管理をしてあげるしかないのでしょうが、だからといって、強制的にこれをやりなさい、何時から何時まではあれをやりなさい、と決めつけてもダメですし、逆に放ったらかしっぱなしでもダメ。では、どんなふうにしたら飽きずに、しかも向上し続けるのか、つまり「長続き」するのか…。

結局、あまり焦らずに、必要な時に必要なモチベーションをさりげなく与えてやる、というやり方がうまい教育なのかもしれません。もちろん、やり方は子供の性格の個人差にもよると思いますが、やはり一番の基本は“伸び伸びと”やれているかどうかということでしょう。私自身も振り返ってみると、親には自由にやらせてもらったなと感じています。親から「信用されている」という実感がありましたので、これは自分にとっては有難かったです。昨日の西本さんの話を聞いてもそういう感じがしました。

やはり子供はある程度自分で考える力がついてきたら100%信頼して任せる、しかし見守っていて、危ないと思ったらいつでも手を貸す、というのが理想的といったところでしょうか。




雑記 : 20:40 : comments (x) : trackback (x)
ブラッド・メルドーのコンサート

以前から少し気になっていたジャズピアニスト、ブラッド・メルドーのトリオを昨晩東京オペラシティタケミツメモリアルホールへ聴きに行ってきました。彼がどんなピアノを弾くのか実は聴いたことがなかったのですが、あまり先入観を持ちたくはなかったので、事前に深く知ることを避けていました。そして昨日いきなり会場へ足を運びました。

というわけで、初めて聴いた印象は、まあ正直に言うと自分の求めているような音楽にピタッと合ったものではありませんでした。どちらかと言えば、全体を通して聴いてもあまり感銘を受けなかったのですが、それは彼の好む語法だけの問題ではないように思います。確かにすごく現代的(現代音楽的)で、新しく付け加えている独自のものも素晴らしいとは思うのですけれども…。キャッチコピーにあった“もの言う左手”に、少々期待していた私は(笑)、残念ながら昨日はその真髄を聴くことはできませんでした。このコピーで思い出しましたが、昨年のミシェル・カミロに与えられていた“消える手”のコピーのほうは、100%文句なしに納得したのでした。それにしても、昨年のカミロ(&上原ひろみとのデュオ)は本当に感動しました。

さて昨日のコンサートでは、プログラムは配られなかったのですが、メルドーはあと1曲を残したところでマイクを持ってお客さんに向かって喋ってくれました。それまでに演奏した曲について何の曲のアレンジだったのかを一つ一つ紹介してくれました。あまり完璧には聞き取れなかったのです(曲名を知らないということもある)が、では最後に、ということで「次の曲は、レノン&マッカートニーの"She's leaving home"のnew arrangementです」と言ったので、「よし、これならわかりやすいな」と思ったのですが、昨日のそのヴァージョンはテーマの原型がまったく見えないほどで、メルドー流にメロディに意表を突く音を混ぜたり和声の使い方も異様で、曲の展開も読めない、確かに陳腐なところは一つもないけれども、そのセンスはすぐには理解できないものでした。私のセンスのほうがきっと時代についていけずに遅れているのかもしれませんが。キュービズム時代のピカソの絵を見ている感覚に近いものがありました。(帰宅後、ネット上の視聴でいくつかの彼の過去のビートルズナンバーをもとにしたアレンジを聴いたところ、それは同曲を含めもっと理解しやすいものに感じました。)

その曲の演奏が終わって、さらになんとそのあと5曲もアンコールを演奏したので(約45分超)、彼の作曲家としてのスタイルがよく見えてきました。共演者のジェフ・バラードというドラマーは面白かったですし、メルドーにはピアノがメインというよりも例えばトリオだったら3人で一つの音楽を作り上げているという感覚が強いのかもしれません。きっとオリジナリティも強いのだと思います。ピアノのテクニックを見せつけるようなところはないし、また決して見事というほどでもないように一見思われるのですが、もっと深いところで聴衆の共感を得ているのかもしれませんね。実際、昨夜のファンの反応はすごいものでした。どちらかと言うとそれにビックリしてしまいましたが…。才能は意外に奥深くてまだ隠された彼の良さを私は発見していないのかもしれません。今後も見届けていきたいと思っています。




雑記 : 10:18 : comments (x) : trackback (x)
留学する意味とは?

クラシック音楽を勉強している人はよく留学をしますが、先日いろんなアマチュアのピアノ弾きたちも集まった会で、たまたまこんな素朴な質問を投げかけられました。「アメリカに留学する人もいますが、なぜですか?」ヨーロッパは本場だからわかるけど…ということだと思いますが、確かに不思議に思うのはわかる気がしました。特に今は日本に居てもかなり良い勉強ができますし、また英語留学でもないのに、なぜアメリカへ?ということです。

特にピアノを勉強する場合、「本場」という意味ではどこがそう言えるのでしょうか。正統といえるようなものを教えてくれるところはあるのか。だいたい過去の巨匠ピアニストの系列を考えたとして、その中で誰が正統派といえるのか、作曲家の作品を限って考えたとしてもそんなものはきっとないという結論に達するかもしれません。

ドイツやオーストリアで例えばフォーレを教えてくれない教授もいたりしますが、まあ一般的に若いピアニストたちが行く場所としては、ドイツ、オーストリア、フランス、ショパンのポーランド…くらいはすぐに挙がります。メジャーな作曲家が少し少なくなりますが、イタリア、スペイン、スイス、イギリス、北欧…、逆にメジャーな作曲家は多いのに留学生がまだ多いとはいえないロシア…などもあります。考えてみると、これだけでもかなり国際的に広い選択肢がありますよね。

だからアメリカだって、ジャズの国とも言えるけれども、クラシックを勉強するにも一定の意味を見出すことは可能だと思います。また、良い教授陣もヨーロッパからたくさん流れてきていて、活発なイベントもたくさんあります。世界中で、ピアニストや教師が国際的にあちこちの音楽院に散らばっていますし、各地で音楽祭も多く行われています。そういう意味でも、日本だけにいるよりも、外へ出たほうが豊富な経験が積める可能性はグンと広がると思います。

単純に、外国の先生や友人たちと直接に触れ合うことができること、そのために外国語を勉強すること。また現地の国の人や文化、歴史に触れたりする機会があって教養を深めるという意味だけでも、留学の意味は大きいでしょう。音楽の勉強といっても、奏法や解釈を学ぶのが目的ではなく、広く人間を理解し、歴史を知り、感性を養うということがあるわけです。こういう意味でも、一定の期間海外に出て貴重な経験をしてみるということはとても大切なことだと言えます。




雑記 : 09:50 : comments (x) : trackback (x)
アムランのコンサート

マルク=アンドレ・アムランというピアニストは一般にはどのように知られているのでしょうね。もし知らない人に一言で説明するとすれば、例えば「ブゾーニのピアノコンチェルトを日本初演したピアニスト」、あるいは、「カプースチンのソナタ2番を日本初演した人」(あと、メトネルのコンチェルト2番もありますね)など、今となってはいろんな言い方ができそうです。どれもすごい業績ですから挙げればきりがないほど形容詞はあるのに、そのわりには意外にまだ十分に多くの人には彼の真価が知られていないような気もします。

だいたい年に1度ずつくらいのペースでしか彼は来日しませんが、今年はコンチェルト2つでした。ブラームスの2番とショパンの1番で3夜あったわけですが、私は7日のブラームスだけ聴くことができました。もちろん彼は本来、知られざる曲の完全網羅ぶりやら超絶技巧、さらにそのさりげない作曲の腕前などでも尊敬されていたと思うのですが、今回のようなオーソドックスな演目での演奏会のみ、というような機会にも、ちゃんと本物のファンたちはみんな聴きに来ているのだなあ、と感慨深く思いました。

年に一度のアムランの演奏会がある時期に必ず集まるというカルチャーが出来上がっているといえます。いつまで続くのかわかりませんが、盆暮れの親族の集まりみたいに、「このメンバーにはここへ来れば会える」みたいなものがあります。私は本来、その外にいたはずなのに、そして今もその仲間に入っているという実感はないのですが、でもどうも引っ張られているかなーという事実もあります。まあアムランへの尊敬の念を持っていることは間違いないので、そろそろメンバーズカードをもらっても良いかもしれませんね。




雑記 : 08:22 : comments (x) : trackback (x)
今月ピアノ発表会あり

9月に入ったと同時に今日は涼しい日となりました。夏休みも終わりですね。

今月の9月18日(月・祝)には、毎年行なっているピアノの発表会(リトルマエストロたちの会)があります。私たち夫婦ともに長いウィーン留学から帰ってきて(夫婦になったのは帰国後ですが…(^_^.))、まず朝霞市に住みました。その頃に家内の生徒さんを中心に第1回目の発表会を地元で始めた関係で、現在までずっと和光市民文化センター(サンアゼリア)でやっております。

今回も例年同様、バラエティに富んだプログラムと出演者の登場が楽しみですが、第3部では、特別企画として、一昨年のピティナのグランミューズ部門で第2位を獲得し、その後カプースチンのエチュードを弾いたりして注目された西本夏生さんに来ていただきトークセッションをする予定です。彼女は、なんと早稲田大学在学中にピアノのコンペティションに出て堂々入賞し、今年は芸大大学院に合格して今度は音楽を専門に勉強中ということで、小さい頃は、ピアノの道へ進むのか?それとも勉強の方へ進むのか?などについておそらく悩んだこともあると思うのですが(あるいは悩まず?)、どのようにピアノにも勉強にも本格的に取り組んでこられたのか、受験で悩んでいる今の小学生や中学生たちに、そのあたりの秘密、ピアノの練習のノウハウなども是非伝えてほしいと思っています。(私自身は、本当は彼女のカプースチンの生演奏を聴きたいのですが…。)

皆さんのご来場をお待ちしています!!
発表会は、もちろん入場無料です→ご案内はこちら




雑記 : 10:12 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<  2006 - 09  >>
COUNTER
total:2386289
today:1113
yesterday:1011
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX