Main
アヴォ・クユムジャンの公開授業

一昨日と昨日、2日連続で彼のハイドンについての公開講座(合計4時間)を通訳しました。
とても素晴らしいものでした。特に実地のレッスン指導では、学生が弾いてきたHob.XVI/48のC-durのソナタが題材となりましたが、1楽章も2楽章も2日間で1〜2ページずつしか進まないほどの丁寧さで、しかもすべてが大切なアドヴァイスの連続だったと思います。

彼は教養も豊かで、1日目の公開授業の冒頭では、例えばヨーロッパの大まかな音楽の発展について、その中でも特にバロックからウィーン古典派までの流れについて、音楽以外のことも含めて歴史的な背景の話もたくさんしました。そして話はどんどん飛んでいきます。実は通訳をするに際して、私としては授業の前に少しでも何らかの打ち合わせをしたかったのですが、彼は「難しいことは言わないから」と、何を話すかなどまったく教えてくれませんでした。ところが、授業開始の3分前になって突然、「実は面白い本がいくつかあってね…」と言い出し、4冊ほど分厚いドイツ語の本をカバンから取り出しました。さすがによく勉強していると見えて、アンダーラインが引いてあったりします。いくつかの興味深い箇所を説明し始め、「この本とかその本から少し引用しようと思うのだけど…」などと言い出しました。200年前の難しいドイツ語も混じっていて、私は「参ったな、そういう資料があったらあらかじめ見せてほしかったのだけど…」と思いましたが、仕方がありません。ぶっつけ本番ですべて通訳しました。

例えば、ハイドンと同時代のオーストリアの音楽学者C.F.D.シューバルトの書いた「音楽の美学的見地からの思想」(1806)という本を取り出して、24の調性それぞれが備えている特性の違いについて書かれている箇所をその場で抜粋して読み、演奏上に役立てるための説明を加えたりしました。これは、おそらく西洋音楽史や音楽美学、アナリーゼの授業でも語られたりする内容でしょう。また、当時は言葉で表現されるべきことを音楽の中で語るという思想があったこと、またこの時代18世紀オーストリアの独特な歴史的意味、政治的意味、特に啓蒙思想との関連で、ハイドンとモーツァルトの作曲のスタンスや彼らの生き方や振る舞い方の違いとその音楽の特性についてなども語られました。

また「言葉」を知らなくては音楽の正しい理解はできないということや、レトリックということについても強調していました。感心したのは、彼自身が言葉を巧みに操ること、また決して表面上のレトリックということではなく、「言葉」をきちんと理解し、それを「音楽」と見事に結びつけて演奏上の指導をしていたことです。本などから得られる知識は、内容が専門的になればなるほど難しい哲学的議論に陥りがちですが、彼の場合は決して表面的な解釈ではなく、本当に深く理解した上で自身の見解を確立しているのだと感じました。授業全体を通して、質の高い内容を維持していたと思います。欧米の人としては当たり前かもしれませんが、ピアニストとしての領域をはるかに超えた幅広い教養を持っていることに共感しました。




雑記 : 20:56 : comments (x) : trackback (x)
ドイツ語いろいろ

昨晩、ディーナ・ヨッフェの公開レッスンを見てきました。
そう、5月にはツィメルマンの公開レッスンにも私は出席していました。
私個人的には、この二人をどうしてもセットで見てしまいます。その理由は、この二人が同じ時(1975年)のショパンコンクールの第2位と第1位で、当時TVでもその模様が放送されていましたから、小学生だった私は何時間も見入っていたのを覚えているからです。テレビにかじりついて二人の演奏に食い入っていましたから、はっきりいって少なからぬ影響は受けています。

その後、長い時間が経ちましたがお二人とも大活躍しているわけですね。演奏家、またはピアノ教師として、その後のそれぞれの活動場所によって得意とする外国語も決まってくるわけですが、レッスンでは二人とも偶然にドイツ語を使っていました。なぜかこれは嬉しかった…。特に、ツィメルマンのドイツ語は発音もとても良いし、きれいな文体(というか、ドイツ語独特のかしこまった文体)で頭の切れが良いという印象を与える完璧なドイツ語だったと思います。ヨッフェもうまいですね。経歴を見ると、おそらく彼女はロシア語や英語も喋るのでしょうけど、レッスンの内容も納得のいくものでした。言葉の使い方とアドヴァイスの仕方は、さすがに外国で活躍している教授らしくうまいと思いました。

ところで、話は意表を突くほどガラっと変わりますが、新しく始まったTVドラマ「のだめカンタービレ」の中のシュトレーゼマン氏は、まったくドイツ語を喋りませんよね^_^; やっぱり贋物(にせもの)なのかな…。(笑)

冗談はともかく、明日と明後日、ウィーン国立アカデミーから来られるアヴォ・クユムジャン教授が東京音大で公開講座&公開レッスンをしてくれるのですが、その授業の通訳を私が仰せつかってしまいました。通訳は久しぶりです。もちろんドイツ語で、講義内容は「ハイドンの革新性とそのピアニズム〜ハイドンの思想と音楽における歴史的・社会的革新性」。なんだか難しそうですね。こちらは本物だから、冗談なんか言っている場合ではありませんよね。勉強していかなくてはなりません。
アヴォは個人的にも知っていますが、もう会うのは何年ぶりだろうか。7〜8年ほども会っていないかもしれません。ちなみに、彼の生まれはレバノン。ウィーンで長く教えていますが、外国語はドイツ語のほかにフランス語も得意です。明日は久しぶりの再会で、とても楽しみです。




雑記 : 19:30 : comments (x) : trackback (x)
カプースチンのエチュード

一昨日、このブログでも紹介した国際音楽祭ヤング・プラハの演奏会を聴きに、第一生命ホールへ足を運んできました。目当てのジュゼッペ・アンダローロという82年生まれの若手ピア二ストは、プログラムの経歴を見ると凄いことがわかりました。仙台国際コンクールやら昨年のブゾーニコンクールなど、5個くらいの国際コンクールで1位と書いてあって、そりゃ何でも弾けるでしょうね、という感じです。この演奏会では、伴奏ほか最後のトリのソロまでを務め、実際に実力派であることは間違いなかったと思います。

最後の最後にカプースチン弾きました。曲は、間違いなく私の知っている「8つのエチュード 作品40」の第1番と第8番だったのですが、これまたすごい。ルデンコを彷彿とさせました。(笑) そういえば、彼のあの豪速第1番もこのホールで聴いたのだったな、と思いながら…。とにかくテンポが速い速い…。リズムの存在する余地がないほど速かったー。私も人のことはあまり言えないのですが、客観的事実としてだけ言えば、曲をよく知っているはずの私が聴いても一音も聴き取れないほどでした。(笑) CDのアムランの8番は速いなーと思っていたけど、あれ以上に速く弾くこともやっぱり可能なのですね。お客さんはきっと訳がわからなかったはずですが、それでも彼はそのまま最後まで止まらず、弾き終えたあとは満場の拍手をもらっていましたから(私も大きな拍手を贈りました)、やっぱりカプースチンの作品はすごいのだな、と考えを新たにしたほどです。そう、考えてみれば演奏会で弾くピアニストの数がまだ極端に少ないのですからね。

カプースチンは誰が弾いても同じだなんてとんでもない、本当にいろんな演奏スタイルがあるものです。ペダルもほとんどずっと踏みっぱなしでした。どこが拍頭なのかまったくわからないほどクラシック風、という表現がふさわしかったかな。最初に彼はラヴェルも弾いたのですが、どちらかというと細かい音を繊細に扱うというよりは「パッセージを弾き流していく」感じだったので、「これでカプースチンは一体どうなるのだろう…^_^;」と内心恐かったのは確かです。必要以上にこちらが緊張しました。

思うに、彼の演奏スタイルという問題だけではなくて、やはり結局はカプースチンのエチュードはコントロールが難しいので速くなってしまうのだと思いますが、作曲家自身の演奏がいかに「しっかり」「ゆっくり」弾いているかがわかるというものです。ところが、カプースチンのエチュードは、いったん弾けるようになったあとで意図的にテンポを落として仕上げるということがとても至難なのですよね。頭の中では百も承知だったとしても…。

まああまり欲を言っていけません。自分に対しても、あまり完璧を求めると首を絞めてしまうし、もう二度と演奏ができなくなってしまっては困りますから、まあ楽しんで弾ければ良いということですよね。(いや、自分にはやっぱり厳しくなければいけませんね。)
彼の演奏はとても素晴らしかったと思います。




カプースチン : 08:32 : comments (x) : trackback (x)
ピアノ科は孤独?

「ピアノ」は本来、他の楽器と比べて一番さまざまな可能性のある楽器といえるのに、音大でピアノを専攻する人はソロの勉強が第一に優先されるために、よほど友人付き合いや積極性がなければ一人ぼっちになってしまう傾向がなきにしもあらずです。

世の中にピアノ曲(ソロ)というものは数限りなくありますが、「ピアノが弾けることを生かす」という意味では、ソロ・ピアノというジャンルはピアノの持つ全体の可能性の数分の一ほどにしかならないと思います。それなのに、世に「ピアノリサイタル」の数は少し多すぎるのではないかと、最近思ったりします。ソロ・リサイタルという形式にこだわる必要はどこから出てきたのだろう?これを考えないと、ピアノ弾きは基本的に孤独であることを今後もずっと強いられるような気がするのです。

だいたい誰がそんなピアノのソロリサイタルなどということ最初に始めたのか。もちろんフランツ・リストですよ。150年以上前のことです。まあ彼のような才能と性格の持ち主だったらやっても良いと思います。パガニーニのような人が出てきた時代ですし、そういう風潮もあったのでしょう。でも実のところリストだって、長くそういう活動をしていたわけではありません。作曲にも従事していたわけですし。
問題は、その後なんだって皆がそんなことをこぞって真似し始めたかということです。もともとその時代の音楽家は一般的に言って「多才」だったから、専門の職業ピアニストもいなかったし、コンサートの内容ももっとバラエティに富んでいました。きっと、作曲と演奏との分業の時代になってきたために、演奏家に強いられる条件が厳しくなっていったのです。演奏家は一人前と認められるために、ワンステージを一人で持たせることができる能力のある人(それも全部暗譜で)はどんどんやって見せたわけです。そしてそれを多くの人が習慣的にやるようになったのだと思います。優秀なピアニストは数えるほどでしたから。20世紀に入ったあたりでも、まだ数えようと思ったらなんとか数えられるほどでした。今は全然違う時代です。

現代のような時代では、例えばある楽器の(ピアノに限らず)一晩ソロを延々と聴かせるだけのコンサートなんて、好きで聴きたいというマニアしか来ないのではないか、という気がしてくるのです。「名曲コンサート」でもない限り、基本的にソロリサイタルというものはそのアーティストのファンと熱烈な愛好家の集いとなるでしょう。
もちろんそれで良いのですが、コンサートなどのイベントは、やはり本来「大勢の人に楽しんでもらうため」にあると思います。マニアが聴きたいものを聴くだけなら、今の時代、家で良い音の出るスピーカーでCDを聴くこともできます。あえて生のコンサートの良さとその意義を考えるなら、「リサイタル」という形式は一体どんなものだろう、と最近疑問を持ち始めていることも事実です。録音技術が今ほど発達するということだって、リストの時代には誰も考えていなかったはずです。

クラシック演奏家ということに限っていえば、その使命はつまるところ、良い音楽を「聴かせる」ことと、良い音楽を「後世へ残す」というこの二点だと思います。その点から演奏家というものを考えてみたいと思っています。




雑記 : 21:50 : comments (x) : trackback (x)
全国学校音楽コンクール(つづき)

合唱のコンクールにおいても、1回のステージ(本番)はあっという間に終わってしまうものです。そう考えると、本番そのものよりも本番に向けての「練習期間」というもののほうが、より重要で大きな意味を持っているものだという気がします。合唱の練習は苦しいこともあるけど、皆で一つのものを作り上げていくという「一体感」を感じることができ、大きな喜びを伴います。これは感動体験です。
まさに、本番に向けての『過程』が素晴らしいわけで、練習している長い期間の中で、いろいろなことを発見したり喜びを感じたりします。高校生くらいだと、さまざまな刺激や楽しい出来事があって、一生の思い出になるドラマが生まれるたりもするでしょう。

『過程』に長い時間をかけて一つのものを作るということで言えば、例えば映画を撮ったりTV番組を制作したりするのも規模は大きくなりますが同じです。収録するまでにも企画の段階で多くの人が関わりますし、撮影にも長い日数がかかったりするわけですが、その過程が楽しいものだと思います。多くの人で何か一つのものを作る喜びは本当に大きいと思います。

それと比べると、ピアニストがソロのリサイタルを準備するほど孤独なものはないですね。本番はほんの一瞬なのに、その何十倍もの時間、独りでこもって何日も練習し続けなくてはならないのですから。外は天気が良くて気持ちが良いのに、毎日ただただピアノに向かって自分と戦うのみという生活です…。これはあまり健康的なことではないような気がするのですが、皆さんはどう思われるでしょう。黙々とピアノに向かって練習する『過程』で、多くの人と幸福を共有したり、人と関わることは少なくとも皆無です。(学生時代であればレッスンというものがありますから、自分だけでやっているという感覚はいくらか薄れますが。)
長時間ピアノだけに向かう不健康な生活を続けていると、そこからときどき抜け出したくなるのは自然な感情ですよね。もし、ある時期過度に練習をしすぎてしまったなと思ったら、やっぱり思い切って少し離れることが大事だと思います。もちろん、どうしてもやらなければならない時は、もうただやるしかないのですけれども…。

ものごとの『過程』を楽しむ人生を送りたいと考えているところです。




雑記 : 19:59 : comments (x) : trackback (x)
NHK全国学校音楽コンクール(2)

昨日の続きです。音楽家の職業病ともいえますが、今日は朝からずっと昨日の「課題曲」が頭の中で鳴りっぱなしで止められません。
コンクールでは各校が課題曲と自由曲を1曲ずつ歌いますが、課題曲は合計11回、それに最後の全体合唱でもやりましたからさすがに覚えてしまいました。それに対して、「自由曲」のほうは本当にバラエティに富んだ選曲がなされていました。

全国から勝ち抜いてきた高校の中には、毎年連続で全国大会に出場している学校もあり、きっと指導する先生も素晴らしいのでしょうが、やはりそういう過去の実績にはかなわないものがあります。それにしても、「課題曲」は学校によっていろんな演奏があって面白かったです。
毎年このNHKコンクールのために書かれる課題曲は、ピアノ伴奏者にも一定のレヴェルを要求されるものが多いようです。合唱曲でのピアノ伴奏の持つ責任は、意外に重大なものです。その点で、昨日はどの学校の伴奏者も素晴らしかったです。
強いて言えば、贔屓にするわけではないのですが、我が旭川東高音楽部の伴奏者だった長木君という2年生の男の子はすごかったです。譜面台を倒して、楽譜を一応ポンと置いてはいましたが、暗譜で全曲を弾いていて、そんなことをしたのは11校中、彼だけでした。ちゃんと自分の解釈を持っていて、しかもそれがきちんと正統的であって面白く、強弱のコントラストやリズムの感じ方が素晴らしかったのです。

ところで、昔から感じているのですが、日本の合唱曲の作品のレヴェルはとても高いと思います。ピアノで伴奏する曲が多いですから(嬉しいことに!)、ピアノという楽器の能力が最大限に生かされている作品も多いです。他の国でどれだけ合唱が盛んなのか詳しくは知りませんが、少なくとも日本の作曲家は合唱界では素晴らしいお仕事をされているように思います。すでに2〜30年前からNHKコンクールの課題曲の質は高いところで安定していましたが、まだまだ進化しているように感じます。

日本の合唱の世界では、現代人の知っているさまざまな語法がすべて入っているようなところがあって、例えば民謡風であったり、邦楽的な音の使い方あり、クラシック音楽の語法あり、8ビートなどノリの良いリズムを持つ曲あり、ポップスの要素あり、さらに12音技法なども効果的に使うなど、1曲の中にさまざまな要素がうまくミックスしている曲もあります。まさに音楽の宝庫ですよね。
合唱の世界は、「アカペラ」と「ピアノ伴奏付き」の作品だけでも、ものすごく広大で魅力的で感動の多い世界、ぜひ多くの人に経験してほしい世界です!




雑記 : 17:34 : comments (x) : trackback (x)
NHK全国学校音楽コンクール

今日、NHKホールへ行ってきました。

今はもうあまり「合唱」を聴く機会は滅多になくなりましたが、今日のNHKコンクールの全国決勝大会だけは、テレビの生放送で見ずにわざわざ足を運んで観に行ったのには訳があります。「高校の部」を全部聴きましたが、そこに今回、私の母校の北海道旭川東高校の音楽部(=合唱部)が出演するからです。私はこの音楽部のOBなのです。「全国大会」に出演できるということは「全道大会」で1位を取ったということ(北海道で1番ということ)を意味しているわけで、これは我が部の念願の快挙だったのです。

東高音楽部の長い歴史の中で、地区大会さえ勝ち残れない時代が続いていたとき、それを初めて破って、しかし悔しくも全道で2位を取ったことはありました。これが実はけっこう遡るのですが、何を隠そう私がこの音楽部で指揮者を勤めていた現役時代のことです。この部では伝統的に、先生ではなく、部員の中から「学生指揮者」を選出して生徒たちだけで音楽を作っていくという習慣があり、私は2年間はテノールで歌っていましたが、最後の1年間は指揮を担当していました。そして、皆で全国制覇、東京へ行こう!とNHKホールの舞台に立つ夢を描いて練習に励んでいたことを懐かしく思い出します。本当に充実した毎日を過ごしました。今思い返してみても、自分の中で一番輝いていた青春時代でした。

そして実は今回ようやく、全道で「2位」の時代から二十数年目にして全国出場を果たしたわけで、これはかなり感慨深いものがありました。アナウンサーとともに司会を務めていた矢口真里さんの元気な声で「次は北海道旭川東高等学校の皆さんです」と名前(高校の)が呼ばれたときに、私も涙が出そうになったくらいです。
実はこの音楽部、OBも含めてみな純粋で思い入れの強い仲間ばかりで、私のほかにも何人も応援に駆けつけていました。けっこう結束が強いのです。終演後に行なわれたホテルの大広間での「ご苦労さん会」にまで参加してしまいました。なんと数百人が集まり(かなり遠くからも駆けつけてきた人あり)、思わぬ懐かしい仲間たちにたくさん再会できてとても嬉しかったです。

出席したからには壇上のスピーチに引っ張り出されるのは仕方がない、ってな感じのOBが私以外にも数人あり。出演した現役の生徒さんたちとは、もう信じられないほどの隔世の感がありましたが(なんという歳月が経ったことか!)、しかし豪勢な会となりました。

最後には現役生徒たちから歌のプレゼント(まだ歌うのか!(^^))、そして、会場の数百人全員で「旭川東高校歌」まで歌うという救いようのないほどの盛り上がりで、しかも私がピアノ伴奏をするという珍事件もありました。でも本心はとてもとても楽しかったです。本当に皆さん今日はご苦労さまでした!と言いたいです。

(帰りの電車の中では、数十年ぶりに記憶からよみがえった「校歌」のメロディーが頭に鳴りっぱなしで、家に帰ってきてからもまだ鳴っております(^_^.))




雑記 : 23:41 : comments (x) : trackback (x)
ヤング・プラハ in 東京

更新をずいぶんサボってしまいました。
タイミングを逃してばかりで、首尾よく何か思いついても、「無駄なことは書くまい」と考えたりしているうちに時間がどんどん経っていきますね。結局、実際「書いてもいいかな」と思うことってどちらにしてもあまり有益なことは少ないのですが…。

さて、来週10月13日(金)に「国際音楽祭ヤング・プラハ」の東京特別演奏会というのがありますが、考えてみたらこれはもう10数年以上続いているのですね。毎回多くの才能ある若手が参加するようですが、今回の東京での演奏会には、イタリアからカプースチンを弾くというのが来ます。これはつい先日まで私も知らなかったのですが。関連ページは→こちら

おそらく曲目は、「8つの演奏会用エチュード」から数曲を弾くらしいのですが、詳しいことはわかりません。彼が全音の楽譜をまだ持っていないことだけはほぼ判明しました。それにしても、珍しい経路でカプ演奏者が見つかったものです。
もう上記演奏会の期日はかなり迫っていますが、この演奏会に興味を持たれて是非行きたいという方は、私までご連絡ください。関係者のご好意で数枚は対応させていただける予定です。ただし、“知り合い”だけに限りたいと思っていますが。




雑記 : 23:15 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<  2006 - 10  >>
COUNTER
total:2265766
today:675
yesterday:1003
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX