Main
練習時間は一日どのくらい確保するべき?

鍵盤の上で指を動かす練習を何日間もせずに、いきなりピアノを弾いても指は思うように動いてくれません。では、指をいつでも理想的に動かすためには、毎日コンスタントに何時間も弾いていなければいけないのでしょうか。
常に自分の望むフィンガー・パフォーマンスを維持するためには、やはり毎日ピアノを弾いていることが理想的といえるかもしれません。では、プロの人たちは毎日どのくらい練習しているのでしょうか。また、一日平均何時間の練習で十分だと思っているのでしょうか。

その前に、指の基礎練習に関することですが、私はかなり以前にハノンを長時間毎日やっていた時期が何度かありましたが、指をそうして鍛えているとたしかに力はつくのですが、毎日テクニック練習に負荷をかけてやっている状態が続くと、突然ある曲を弾こうとした時に指が全然よく回らない、逆にすごく動きが鈍くなるという経験をしたことがあります。そのことを他のピアニストに話したときに、やはり同じ現象を経験していたことを知り、常に極限まで鍛えている状態は「良くない」ということがわかりました。二十代を過ぎてからの話です。だから、手指に基礎的な筋力がついたあとは、それを最低限維持するのに毎日どのくらいの基礎練習が必要か、つまり指の基礎体力が落ちないようにするにはどうすればいいかを考えると良いと思います。

ハノンやチェルニーなどの「基礎練習」をどう考えるかは人によってさまざまだと思いますが、それをも含めたトータルの毎日の練習時間はどのくらいが理想的といえるのでしょうか。

私自身はいくつかの段階を設けて練習時間を管理しています。つまり、本番のために「何時間?」あるいは「何十分?」の演奏時間を持つプログラムを抱えているか、どのくらいの量の曲を一度に準備しなければいけないかで、一日の平均練習時間を設定しています。まず、ソロ・リサイタルなど80分を超えるプログラムや、新曲や現代曲、暗譜で弾く必要があるものを含む大きなプログラムを同時に抱えている時は、1日平均6時間以上を目安にしています。最低これだけやっていれば安心という基準です。次に、それほど大きくないプログラム、その半分くらいの労力を必要とする場合は4時間以上、ソロを弾かない時など、もっと楽な場合は平均2時間40分を目安にしています。これが最低で、一日の平均としてこれだけ確保できればまずは安心できます。面白いことに、自分の場合は「ちょっと本気」を出して毎日練習に取り組むと、必ず一日のトータルで「2時間40分」前後、「かなり本気」で取り組むと「4時間超」、「ものすごく本気」で取り組んで「6時間超」の練習時間になります。これが、ここ十数年のデータから割り出した「これだけやっておけば安心できる」という数値です。(“ものすごく本気”になるためには、「一日すべてを練習中心とした生活」にする必要があるのですが。) 大事なことは、実際に一日どれほどの自分の時間を練習に充てたかを毎日チェックすることです。

人前での演奏レベルを常に自分の望む通りに維持したいと思う人は、自分自身の理想的な「練習時間の」を具体的に知っておくことです。実際に練習できた時間数を毎日ノートにつけておくと良いでしょう。人によって、おそらくこの練習時間の設定はいろいろあり得ると思います。プロ・アマを問わず、能力のある人は例えばもっと少ない時間で自信が持てるレベルを維持できるかもしれません。練習する曲が多くなってくると、自分の準備している曲の大きさ(演奏時間)をある程度把握しておくことが大切です。



ピアノ練習のヒント : 23:41 : comments (x) : trackback (x)
ピアノ新年会

昨日の日曜日は、恒例のゆかり門下生徒さん中心のピアノ弾き合い会&パーティーでした。
気分転換が図れるかと思って楽しみにしていましたが、実際にはずいぶん体力を消耗してしまいました。今日は朝から丸一日レッスン日でしたが、体が眠くてだるくて大変でした。全力を尽くしましたが。

疲れた理由は、たぶん自分が一番「子供」のようにはしゃいでしまったからのような…。知恵を絞って準備した恒例の「音楽クイズ」も、出題するだけでかなりのエネルギーを使ってしまいました。なんたって、何曲もピアノで弾きまくるのですからね。交響曲もバレエ曲も合唱も、ソロと連弾ですべてカバー。小学生低学年から大人まで通用する共通問題を生み出すためには、さすがに少し頭を使いました。でも皆さん楽しんでくれたことと思います。

「のだめ」関連のクイズのときに連弾で弾いたベートーヴェンの交響曲第7番が今日も一日ずっと頭の中で鳴り続けていました。昨晩は家に遅くたどり着いて朦朧とした状態だったのに、「もっかい1楽章を通してみようか」とピアノの前に座ってまだやっているのだから、重症の二人です。でも、あらためて“ベト七”って良い曲ですね(^^♪ 子供たちからたくさんのパワーをもらいました。

単なる「息抜き」以上のイベントでした。
はっきり言って、本番を一つやった時のように疲れた…(^_^.)




雑記 : 22:24 : comments (x) : trackback (x)
またカプースチンの年に?

今後もカプースチン絡みのプロジェクトが進行しそうです。思うに、まだ何年かは私もこの仕事から完全には離れられないばかりか、カプースチンはやはり自分にとって重要な存在だということなのでしょう。今やカプースチンは世界中でファンを獲得し始めていますが、その中でも特に日本において一番熱狂的に愛されているということ、そしてこの作曲家の手によって今も新作が生まれ続けているということは軽視できない事実です。そんなわけで、今後何年かは日本のカプースチンファンにとってまだ嬉しいニュースが続くことと思います。

まだ未定事項もたくさんありますので、カプースチンに関する要望などありましたらいつでもお知らせください。私もいろんな意味で今後もがんばりたいと思います。(ただし、オール・カプースチンを1時間も2時間も続けて弾くなどということは、“マゾヒストでもない限り”←《カプースチン自身の表現…もちろん私に投げかけられた言葉ではありませんが》もうあり得ない。)

さて、しかし来月早々にはラジオの公開収録の本番が入っていて、そこではカプースチンの曲をいくつか演奏するつもりです。他のクラシック曲と並べて聴いていただくのがポイントです。たぶんお客さん(&視聴者)はまったく違和感なく聴いてくれることと思っています。
ただ今度の演奏予定プログラムの中では、自分の中ではバラキレフの小曲が異色の光を放って頭の中を占領し、脳に心地良い刺激を与えてくれています。メトネルと並んでやっぱり好きな作曲家ですね。でもバラキレフ、割合的にいうと取り上げるピアニストはなぜかまだ(もう?)少ないようですね。良い曲たくさんあるのですが。




カプースチン : 09:38 : comments (x) : trackback (x)
「体力」相応の練習

今年は昨年にも増して体力増強の年です。
お陰様で仕事はいろいろと多いのですが、やはり「練習第一」の姿勢を忘れてはならないと肝に銘じています。長い一年の中では時期によって微妙なバランスはありますが、基本的には毎年が音大受験生のような生活…。

私の知る尊敬すべき現役演奏家の人たちは、70歳〜80歳くらいでもやはり毎日4〜5時間以上は弾く生活を送っていらっしゃる人が多いようです。考えてみたらこれって大変なことだと思います。実のところ、私にはまだそのような生活がどのようなものか想像がつきません。
がむしゃらに練習しているという感じでないことは確かでしょう。練習の仕方や考え方が年齢とともに変わってくるということは、今の自分の歳でもよくわかります。つまり、10代〜20代くらいだと100%以上の本気を出して完璧な練習をして本番に臨めて、そして本番で7割くらいの実力が出せるという感じだと思うのですが、これが歳を経てくるとだんだん逆になってきます。つまり7割くらいの練習ができれば、ある程度本番で完璧な演奏ができるという考え方に変わっていかなければいけないわけです。いつかこの逆転が必ず来ます。だいたい完璧な練習と思っていた若い時のやり方は、実は無謀なだけだったということも多いのです。経験を積むと、それだけ練習の質が上がってくるわけですし、レパートリーも増え、物事の処理能力も高まってくるので、あまり苦労しないで一定の結果が出せるようになってきます。(そうならなくてはいけませんよね。)

何十年も弾き続けているピアニストは、一般的に言って手指や体の小さな故障は日常茶飯事になってくるでしょうし、身体の不調も多くなってくるのが普通ですから、そうそう完璧な状態で毎日を過ごすことはできないものです。
学生の頃の自分はラヴェルの「スカルボ」を5回通して弾いても全然疲れないほどでした。なんという贅沢な体力を持っていたことか! だから、難所の「部分練習」にしても、納得するまで永久に続けられるという感覚を持っていました。今ではとてもそんなことは考えられません…。その代わり、有難いことにそんなことをしないで弾けるようになってきたわけです。

何でも夢中になってやりすぎるとダメですね。若くてもいつか必ず体が悲鳴をあげます。無理のないやり方で続けることが一番です。




ピアノ練習のヒント : 10:19 : comments (x) : trackback (x)
新刊本が出ます!

原稿の校正作業はようやく一段落です。
私のホームページではピアノ学習者へのヒント集が意外にも評判が良く、これまでに何度も多くの方々からご意見やご感想、あるときには感謝のお言葉まで頂いて恐縮したこともありました。
そしてこの度、この「ピアノ学習者へのヒント集」がついに一冊の本にまとめられて出版されます!
ただし、この内容と構成のままでは本にならないと思われたので、気に入ったテーマのみを抜粋し、面白くないものは捨てて、また新しいテーマをいくつか書き下ろしました。その場で書いたような、あまりにエッセイ風な文章もよく見直しました。また、ずっと以前に「日記」のほうに書いていたエピソード(私の大学時代の「ジャズ失敗談」etc.)なども取り込んでバランスを取ったつもりです。

本の構成は昨年の9月頃にはもう大体できていたのですが、思ったよりも時間がかかってしまいました。本格的な本の編集というものは初めてだったので、もう少し手際よくやれなかったかなという反省ありです。でも、良いスタッフの方々と一緒に仕事を進めることができてとても幸せでした。プロフェッショナルな方々に囲まれるとこんなにも仕事がグレードアップするものなのかと、あらためて勉強になることがたくさんありました。自分の至らない部分、行き届かない部分についてもよくわかりましたし、今後さらにいろいろと勉強していきたい気持ちになりました。

さて、いつ店頭に並ぶのか…今から待ち遠しいです。日程など詳しい情報がまだわかりませんが、もう少し時間が経ったらここでお知らせできると思います。どうぞお楽しみに。




雑記 : 20:52 : comments (x) : trackback (x)
なぜ本番で実力が出せない?(2)

ステージ上で実力が出せない、いつもどおりに全然弾けない、と感じている人はどのように改善すれば良いでしょうか。弾けない理由はいくつかに分けられるかと思います。

前述した「響きやタッチが違って当惑する」ということについては、これは経験によって対処できることだと思います。つまり響きがまったく違うふうに聞こえても動揺しないように、普段からハーモニーを聴き分ける耳を養っておく。そして、暗譜を100%以上確かにしておく、など。また、タッチの感覚が違っても当惑しないように、本番前にいくつかの違うピアノを弾いておく。鍵盤の重たいピアノ、逆に鍵盤が軽すぎると感じるピアノ、強弱の変化をつけるのが難しいと感じるピアノなどいろいろあります。少なくとも、どのようなタッチの鍵盤で弾いてもそれによって指がブレて弾けなくなってしまうような弾き方を普段からしていないこと。結局、鍵盤は指で押せば誰でも音は出ますが、ピアニストの熟練したタッチには実はさまざまな工夫があるわけです。無意識に鍵盤を弾いていた、という弾き方ではなく、手の形をいつもきれいに保って、指1本1本について鍵盤との接触をよく感じることが大切です。

特に、黒鍵は本番ではよく滑って困ります。通常はあまり意識しなくても大丈夫なのですが、本番では必ずと言っていいほど通常以上に手が汗をかきます。人によっては、鍵盤が「水浸し」と言っても言いすぎではない状態になることもあります。だから、安全なタッチ(鍵盤から滑らないタッチ)で弾いていないと、本番ではかなり危険を感じます。手だけではなく、顔など身体全体にすごい汗をかく人もいますが、こうなるとピアノの演奏はまさにスポーツをしているように見えますよね。演奏中は全身をフル回転させているわけです。そして汗をかきながら同時に繊細な音楽表現も必要になるわけで、これがなかなか大変です。

少し脱線しましたが、大切なことは、自分が本番でどのような状態になるのかということをよくシミュレーションしておくことです。本番が近づくと手が冷たくなりやすい人は、本番前に暖かい場所から離れないようにするとか、手を直前まで温めておくことも大切です。体を内部から温かくすることです。これはスポーツ選手などと同じです。また、手が汗をかきやすい人も、それなりの対処法を考えておいて工夫をする。また、自分が本番で精神的にどのような状態になるか、ということも知っておくと良いでしょう。これは経験の質と数がモノをいうでしょう。少なくとも、何が起きても気持ちがブレないだけの準備をしておく。本番で想定できることはすべて考えておく。そして、たとえ想定外のことが起こったとしても動じない。それだけの精神力も必要だということです。



ピアノ練習のヒント : 14:46 : comments (x) : trackback (x)
カプースチン定着?

楽譜出版から早2年以上経ち、昨年末ごろにはもう我が音大でも上の先生方さえ私の顔を見ると“カプースチン”というキーワードを言ってくださるようになってきたので驚きました。
でも、自分としては、この作曲家がもう一般のレパートリーに納まって、あとは多くの方々にどんどん弾いていただきたいと思っています。カプースチンも、普通のクラシック曲と同じように、弾く人によってさまざまな解釈や感じ方があるし、上手く弾くためにはショパンなどと同じで練習にしっかり時間をかけなければいけない作曲家です。自作自演録音はさすがに一つの大きな魅力を出していると思いますが、もっと違う風に弾いて他の魅力を引き出す演奏者も今後いくらでも現れると思います。

昨年はかなり多くの人がカプースチン弾いてくれましたね。(大阪方面では今も「カプスチン」と言っているようです。)
この勢いがまだ続く、というより、もっともっと大きくなっていくと良いと思っています。本当に素晴らしいアイデアと才能を持った作曲家ですから、知られないのはもったいないです。私自身ももちろんまったくこの作曲家から離れてしまうわけではなく、通常のレパートリーと同じように今後も増やしていくし、弾いていくと思います。ただ、カプースチンばかりと結びつけて見られる傾向はそろそろ終わりにしたいかなと思っています。

知られざる良いものを紹介することももちろん大切だと思っていますが、今年は、もう少し大勢の人の役に立つ人間になりたいというか、専門的な深みにはまっていかない方向(=大衆的という意味では必ずしもないのですが)で生きていくつもりです。音楽の可能性をもっと一般的な立場から考えてみたいと思います。




カプースチン : 20:28 : comments (x) : trackback (x)
なぜ本番で実力が出せない?(1)

楽器を演奏する人は、本番のステージで実力が出しきれないことがよくあります。「家で練習している通りに弾けたら何も言うことはないのに…」と思うことはよくあるでしょう。「それにしてもこんなに下手にならなくても良いのに(;_;)」と感じている人も多いと思いますが、なぜそうなるのでしょうか。理由はいろいろ考えられると思います。

ステージ上でなく、レッスンのときに先生の前で弾くというだけで普段どおりに弾けない人もいます。これは、一つは「自分の演奏を客観的に聴けていない」ということだと思います。また、家では気楽にある曲の途中で何度も弾き直しをしたり、つっかえたりしてもあまり気にしない習慣がついていて、いざ人前で通して弾くという時に、そのような癖が出てしまうということもあるでしょう。また、単純にアガってしまい、体が固まって指も動かなくなるとか、ピアノがいつもと違うので調子が出なくて一度目の演奏は必ず失敗する(タッチや響きがまったく違うと感じることもあるので)ということもあるでしょう。それは、その後の訓練や意識の仕方によって改善できることです。

「家のピアノで弾くと調子がいいのに、外ではうまく弾けない」という人は、やはり普段からいろいろなピアノに慣れておくということが大切でしょう。一生の間、家の中だけで弾いているわけにはいきませんし、特にピアノという楽器は、外で演奏する場合は必ずしも自分の気に入ったものを選べないのが普通です。タッチも違えば音色も違います。また、弾く場所や環境によっても普段と響きがまったく違うように聞こえてビックリすることもあります。これに慣れるためには一つしか方法はありません。それは、場数をこなすことです。つまり経験の数です。

子供の頃はあまりそのようなことを意識しなくても「アガって弾けなくなる」などということは少ないと言えるでしょうが、でもその代わり、本番でいつも完璧に弾いている小学生の数はやはり多いわけではありません。年を経るごとに、人前で弾くということを意識し始めるようになり、だんだん音色の違いなどにも敏感になってきて、家で弾くのとステージで弾くのでは相当にいろんな違いがあるということがわかってきます。やがて、本番で弾く自分自身を意識的にコントロールしなければいけなくなってきます。(つづく)



ピアノ練習のヒント : 21:47 : comments (x) : trackback (x)
2007年あけましておめでとうございます

皆さん、明けましておめでとうございます。
今年も引き続きこのブログもよろしくお願いいたしますm(__)m
今年は2007年、そして平成19年ですね。ここに書いておくことで、ちゃんと覚えられそうです。(何かに書かなくてはいけない時に、いつも私は忘れてしまうのです。)

元旦といっても、まるで普通の日と同じように、いやそれ以上に仕事の手を抜けずに過ごしてしまいました。
さて今年の目標ですが、まずは少し眠っていた体力を復帰させること。そして、積極性を持っていろいろやっていくことですね。忙しくなると、今まではどうしても自分の世界を狭くしていきがちでしたが、まず練習時間というものをどう考えるか。これが勝負です。今までは、「絶対時間」の確保という考え方をしていましたが、これも今年からは考えを変えています。人に迷惑をかけずに、自分も苦しまない、というスタンス。どうしたらこれを実現できるのかという考えについてはまたゆっくり書きますが、とにかく、せっかく少し広げた視野を狭めることなく、どんな場合にも大局的に捉えることができて余裕を持っていることが大事だと思っています。今までよりは少し楽な気持ちで、活動の幅を広げていけるような気がしています。

今年も一年、皆さまどうぞよろしくお願いいたします。




雑記 : 22:18 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2007 - 01  >>
COUNTER
total:2337119
today:700
yesterday:1126
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX