Main
セルゲイ・シェプキン

このピアニストはご存知でしょうか。
すみだトリフォニーホールが主催している《ゴルトベルク変奏曲》シリーズに今回招聘されたロシア系アメリカ人ピアニストです。演奏会は3月2日。彼はこのシリーズの第2弾だそうです。(ちなみに第1回目のピアニストは、昨年のマルティン・シュタットフェルト。) 朝日新聞の今日の夕刊にもちょうどインタビュー記事が載っていました。また、イープラス・ムービーのサイトでもシェプキン氏のコメントと演奏付きの動画を見ることができますね。

実はこのピア二ストの取材を私も依頼され、会ってまいりました。《ゴルトベルク》に限らず、バッハから「パルティータ」「平均律」ほか多数を録音していて絶賛されているのに、まだ日本では全然知られていないということで興味が沸きました。《ゴルトベルク》(1995年録音)は聴きましたが、高い音楽的センスと技術を持っていることは間違いないですね。ライナーノートでは、グールドの録音に比していろいろな質問を投げかけるJ.クエンティン・パーカー氏に対しても毅然とした言葉を語っています。録音から10年も経てばおそらく演奏もさらに進化していることでしょうから(「ショパン」3月号のインタヴューでも少しほのめかしがあります)、今回の演奏会もきっと興味深いことでしょう。

お話をさせていただきましたが、なかなか誠実な方でした。今日は朝から取材で私が4本目ということでしたから、今後いろんな媒体にまだ登場するのでしょう。本番二日前という状況でしたが、バッハの諸作品について少々細かいところまで話に花を咲かせることができました。かなりいろいろ弾いてくれましたよ。インタビューはスムーズに運び、とても楽しかったです。いつか彼にバッハの公開講座をやってほしいな、と思いました。




雑記 : 22:51 : comments (x) : trackback (x)
「枯葉」のアレンジ

先日発刊となった「ちょっとピアノ 本気でピアノ」ですが、お陰様で多くの方に読んでいただけているようです。どうもありがとうございます。出版元ではすぐに在庫切れということで、重版の印刷に入っているようですが、出来上がるまでまた少し時間がかかるようです。たいへんご迷惑をおかけいたしますm(__)m

うちに通って来ている受験を控える高3のU君は、本を2週間以上も前にジュンク堂で買ってくれて、“私のジャズ失敗談”のところを読んで、さっそく自分でも「枯葉」のメロディーに基づいて即興演奏を試みたと言っていました。「どれどれ、聴かせて」と言うと、「ビル・エヴァンズのヴァージョンしか聴いてないんですけどね…」とか言いながら、彼流のアレンジで1コーラス弾いてくれました。うん、なかなか面白い。今度の入試で弾く曲が別にあるというのに、この時期にそんなことをやってピアノと戯れている余裕がある彼は、将来きっと大物になるだろうなと思いました。
「枯葉」ほど多くのジャズプレイヤーに取り上げられているスタンダードもありませんが、私は(本にも書きましたが)この「枯葉」のメロディーこそが即興演奏トラウマの根源なのです…。

さて、先日の公開録音で演奏した曲目をまだ書いていませんでしたが、NHK名曲リサイタルのホームページ[3/3放送予定の欄]を開くとそこに公開されていました。こうして見ると、確かにロシア作品が多かったですね(^_^.)




雑記 : 21:12 : comments (x) : trackback (x)
ショパン Op.10-3

「別れの曲」で有名なこのエチュードですが、弾きやすそうなので皆さん挑戦してみたくなるでしょう。ただ、途中からちょっとだけ難しくなりますね。

私のところに熱心な大人の生徒さんが通ってきています。彼は、驚くべきことに、毎回のレッスン時に楽譜を10〜20冊くらいカバンに入れて持参して来ます。例えばショパンのエチュードをやっている時は、その持参楽譜の半分は「ショパンのエチュード集」です。(彼はあらゆる版を買って持ち歩いているのです!)
先日、「別れの曲」の38-40小節あたりの指使いについて質問されたのですが、ここは確かに迷う箇所かもしれませんね。私自身は「これ」と決めてある指使いがあるのでそれを教えましたが、コルトー版では参考として9種類くらい書いてあります。そして、質問した彼が弾いていた指使いのように、コルトーの挙げたもの以外にも妥当な指使いはいくつか考えられます。
ただ、「指の自然さ」と「音の響きの良さ」を考えると、自分にとっての理想的な指使いというのは1〜2種類に絞られてくるでしょう。私などは、ショパンのエチュードは全曲、ほぼすべての音において自分の理想とする指使いが決まっていますが、多くの他のピアニストもきっとそうおっしゃることでしょう。

ところで、最も新しい研究による成果とされるナショナル・エディション(エキエル版)では、この曲の31小節と34小節目が従来の版と違うものになっているのは知られていると思います。こちらのほうがよりオーセンティックであるとして、耳慣れないハーモニーに変更されているのですが、でも演奏会でこの通りに弾くのはやはり勇気が要りますよね。この曲に耳馴染みの人は、「この演奏家、読譜が間違っているんじゃない?」と思うでしょうから。ショパンコンクール審査委員長氏も「エキエル版は素晴らしいが、音の変更だけは私はついていけない。マズルカなど、もう50年以上も弾き続けてきた愛着のある音を今さら変えられない」と言っていましたね。

でも、もし果敢な演奏者がたくさん現れたら、クラシック音楽もなんだか流動的な感じがして楽しいですよね。「この音しかない」と堅苦しく決めつけられるよりも、客観的に見たらそのほうが自然に見えるかもしれません。クラシック音楽を演奏する場合は、一般的には勝手に作曲や編曲をしてはいけませんから、せめて解釈については大幅に許されるようになってくると良いですね。





ピアノ練習のヒント : 20:57 : comments (x) : trackback (x)
NHK「名曲リサイタル」収録

昨日2月8日、NHK-FM「名曲リサイタル」の公開収録の本番を終えてきました。
NHKへ来る時は、私はいつも天気の良い日にはこの方角から歩いて入ります。ここへ来るたびに、20年前に初めてオーディションを受けに来た時のあの心地よい緊張感を思い出します。

昨日は、509スタジオに観覧の聴衆が150人以上も入りました。(これは通常の1.5倍の人数だそうです。) この「名曲リサイタル」は、公開収録で毎回2人の演奏家が出演し、司会の加羽沢美濃さんと曽田 孝アナウンサーとともにトークを含めて2時間を構成する番組です。昨日のもう一人の演奏家はソプラノの山本真由美さんでした。前半を弾き終えたあと、後半はずっとステージ陰で聴かせていただきましたが、彼女の歌は技術も迫力も第一級でした。

出演する以前から、この番組はトーク部分もけっこう長いので演奏者は大変だろうな、という印象を持っていたのですが、実際には司会のお二人のプロフェッショナルなリズムに安心して身をゆだねれば良いだけでした。お二人のおしゃべりは、演奏者を交えない時も息が合って見事なものです。

ともかくメトネルとカプースチン、がんばって弾いてまいりました。カプースチンの名曲バガテル第9番もプログラムに入れましたし。(一発収録という条件であのくらいの難曲を弾くのに少々の勇気は要ります。) 聞くところによると、日本でこれまでにカプースチン作品のライヴ演奏がラジオなどの放送電波に乗ったことはまだなかったようですね。少しずつクラシックの世界に新しいものが増えていくと良いなと思っています。放送は3/3(土)です!




雑記 : 20:07 : comments (x) : trackback (x)
良い奏法を身につけること

本の中でも、ピアノを弾くための「基礎力」について多くのページを割いています。今年はこれを機会に、ピアノの「良い奏法」と、それを得るための練習方法についてきちんと考えをまとめてみたいと思っています。

今まではカプースチン講座が主でしたが、今年は、原点に戻ってテクニックというものを考え、それを中心テーマにした公開講座も始めます。
まずは、3月16日(金)にヤマハ銀座店で行ないます。こちらの講座です。この1月から銀座1丁目に移った新店舗(仮店舗)の6Fだそうです。(まだそちらへは私も伺っていません…。)
敬遠されがちな「ハノン」を堂々と使って話を展開したいと思っています。ハノンは、ただ長い時間がんばって弾いていてもダメです。目的意識を持って弾かなければなにも身につかないのです。注意を向けて良い弾き方をすること、それを意識して練習すれば、必ず手の形が良くなっていくと思います。自然な奏法が身についたら、だんだんテクニックのことを気にする必要がなくなっていきます。難しい曲が簡単に感じられてきますし、音楽的センスがアップしていきます。
ハノンは、「手の形を直す」ことと「筋力をつける」ことが同時に得られるばかりか、譜読みの労力も少なくて済む。ぜひとも正しく使って効果を出すべきでしょう。




雑記 : 20:33 : comments (x) : trackback (x)
「ちょっとピアノ 本気でピアノ」

これが私の初の著書のタイトルです。
前予告には、本が出来上がる前の情報に基づいて、宣伝内容の一部古いものが出てしまっていたようです。写真ではあまりよくわからないかもしれませんが、こちらが最終的なホンモノです。(本体1,600円+税)
そろそろ発売の時期かと思います。ヤマハ・ミュージック・メディアさんから出版されたこともとても嬉しいです。

この本はホームページに書いていた文章がもとになったもので、特に「真面目に練習したい」人(!?)にはきっと何かの役に立つ内容だと信じています。もちろん普通に読んでも、ピアノに関わる人には興味を持っていただける内容だと思いますが。
「ピアノ学習のためのヒント集」は、書いた当時は日記風に綴ったもので、単に思いつきで書いたようなものは本では削除しましたが、意外にその後もずっと使える内容(現在の自分自身にも役立っている?!)も多くありました。長年の練習やレッスン経験の結果、自分の考えがさらに発展を遂げた部分については、細かいところにいたるまでかなり修正を入れました。

そんなわけで、HP上の文章も今後まだそのまま残していくつもりですが、本のほうは現在の視点から新しく更新された内容に仕上がったと思います。多くの方に読まれることを願っています。




ピアノ練習のヒント : 20:37 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    
<<  2007 - 02  >>
COUNTER
total:2337114
today:695
yesterday:1126
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX