Main
仙台にいました

昨日までの3日間、仙台へ行って第3回仙台国際音楽コンクールを聴いてきました。

今回は報道陣に混じってピアノ部門のファイナルを全部聴いたのですが、なかなか良い経験になりました。

写真は本選会場、1Fロビーの模様。


ファイナルでは、それまで勝ち抜いてきた6人が弾きましたが、内訳はロシア3人、あとはアジア勢が3人(日本、台湾、中国)。第1位に輝いたのは日本人(仙台出身)の津田裕也さんです。

私はネット上のストリーミング配信で予選・セミファイナルの演奏を聴いていたので、気持ちも高まってきてファイナルを楽しみにしていました。そして現地で6人の演奏を聴き、1位から6位までの順位を予想しました。ズバリ、かなり外れました。あるライターの人が「こればかりは競馬の馬券と同じで当たらないんだよね」と言っていましたが、どのコンクールでも、結果を聞いた時にそういう印象を受ける人はおそらく多いでしょう。聴衆にも、そして聴くことがプロの人たちにも当てられない。いやおそらく、審査員に聞いてみても、一人一人にとってはまったくすべてが予想通りではないものだと思います。特にこのコンクールは、厳正な審査ということを謳っていますから、厳格に点数を集計して割り出しているのだろうと思われますが、審査員一人一人のそれぞれのコンテスタントへの思い(おそらく過去の入賞歴やそれまでの印象なども含めて)が集積した点数には、いろいろと深い意味があるのだろうなと思います。

だから聴衆は、出た順位に対しては、審査員が全員一致で出した結果のような錯覚を受けるものですが、実際には審査の仕方が厳正であればあるほど、一人一人の審査員にとっては、同様に部分的には納得のいかない結果になっている場合もあると思います。

ところで、ファイナリストたちの演奏はみな素晴らしかったですが、私は3位になったオクサナ・シェフチェンコさんが特に印象深かったので気に止めていて、ぜひ会って話がしたいなと思っていました。そしたらガラ・コンサート当日の朝、宿泊していたホテルのエレベーター内で偶然二人きりになるという幸運を得ました。なんと努力せずに独占インタビューが実現。私もけっこう強い引きをもっていますよねにかっ





雑記 : 22:12 : comments (x) : trackback (x)
新潟ヤマハでカプースチン講座

今日は新潟に行ってきました。
まだまだ終わることのない、カプースチンの素晴らしさを広める仕事です。現代作曲家がきちんと知られていくには時間が必要なのだなーと強く感じます。でももし広げる人がいなかったら数々の傑作が知られずに埋もれていくわけですから、それだけは許せないな、という気持ちで延々続けていきたいと思っています。少なくともカプースチン音楽の需要はこれからも膨らんでいくと感じています。

現代作曲家に限らず、過去の作曲家の作品だって、没後50年以上も経ってから世の中に認められた作品もあるし、新たに今でも掘り出される作品があるくらいです。
ましてやカプースチンに関しては、知っている人は知っていると言っても、公開されているのは全作品のほんの一部で、まだ見えないところに宝の山がごっそり隠れています。それら全作品に対して、作曲家自身はやはり愛着を持っているということが、先日のモスクワ訪問でもはっきりとわかりました。作曲家と話をしていて、例えばほとんど知られていない6曲のピアノコンチェルトにしても、そのそれぞれに対して強い愛情を持っていることが感じられました。その他にも作品はたくさんあります。

今日の講座を終えて、話の中でも喋ったことなのですが、もうカプースチンのソナティナop.100と例えばクーラウかなんかの古典派ソナチネを両方並べて聴いてみて、カプースチンのソナティナのほうがより自然に聴こえるという人がいてもおかしくないと思いました。
つまり、ジャズもポップスもロックも映画音楽もいろいろ聴いてきた現代人の肥えた耳には、古典派の限られた語法で書かれた音楽のほうがとても制限されて窮屈な音楽に感じることもあるだろう、という気がするわけです。

クラシックのピアノの勉強においては、実は4期(バロック・古典・ロマン・近現代)という考え方もあるのですが、近現代と括るべき音楽は110年くらいにもまたがっていて、他の3期より重要度が低く設定されている感があります。クラシックの伝統はもちろん素晴らしいことは否定しませんが、バロック・古典・ロマン派にあまり引っ張られすぎると、逆に不自然な感性が身についてしまう可能性もあります。私が子供の時代には仕方がなかった面もあると思いますが、それでも2〜30年前です。その頃は、教材も情報も格段に少なかったから仕方がありませんが、現在ではそういう偏りを超スピードで克服していかなくてはいけない時期が来ていると考えます。かなり追いつけモードでやってはおりますが、それでも「ちょっと遅いかなー」と感じているところです。




カプースチン : 21:36 : comments (x) : trackback (x)
ミハイル・カンディンスキーさん

昨日、ピアニストのミハイル・カンディンスキー氏がうちの大学の授業に招かれました。
前半は、ラフマニノフのエチュード作品33から6曲、メトネルの作品34の「4つのおとぎ話」、それにグリンカの「アリャビエフの『鶯』による変奏曲」を演奏してくださいました。
メトネルが聴けたのは嬉しかったですね。
また、後半の公開レッスンではスクリャービンのソナタ第5番。4年の原田さんが演奏しました。
というわけで、昨日の授業はオール・ロシアものという珍しいプログラムとなりました。

大学では年間に何人もの教授やピアニストを海外から呼びますが、今年度の予定では、なんと半分がロシアの方。考えてみたらすごいパーセンテージですね。クラシック音楽の世界ではロシアの重要度は以前よりも上がったのかな、と思わせます。実際、そんな兆候は、私の周りではとても多いのですが…。

ミハイルは、あの画家のワシリー・カンディンスキーが祖父の祖父の弟にあたるそうです。
奇しくも昨日は、ちょうど数年前にスクリャービンとカンディンスキーの関係を論ずる文章を書いたという岡田敦子先生が授業に同席していらして、公開レッスンの前に、スクリャービンの音楽とカンディンスキーに関する説明があって、学生たちは思わぬ勉強の機会となりました。

スクリャービンの後期のソナタは、抽象絵画の先駆者といわれているW.カンディンスキーに近いものを感じさせますが、授業の後でミハイルは、彼自身はスクリャービンは前期の作品の方により親近感を感じる、と言っていました。
後期ソナタにより親近感を感じる人っているのだろうか…。




雑記 : 21:25 : comments (x) : trackback (x)
「ピアノ特別演奏会」チラシ

東京音大創立100周年イベントの一つ、その「ピアノ特別演奏会」のチラシを昨日やっと手に入れたので、一応アップしておきましょう。
チラシの画像は、クリックすると大きくなるので小さな文字まで読めると思います。





ただ、チケットはやはりもうあまりないようです。
出場する先生が一人20枚なんて甘い、100枚確保しておられる方もいらっしゃるということで、まだ私などはチケットをもらっても見てもいないのですが、そういう状況の中ですでにチケットはほぼ完売だそうです。(つまり音大関係者からのみ手に入るということですね。)

こんな演奏会、しょっちゅうやったら良いのにね(^_^)




雑記 : 09:03 : comments (x) : trackback (x)
東京音楽大学「教員によるピアノ特別演奏会」

今年はうちの音大が創立100周年ということで、新校舎もできましたが、記念イベント、特に演奏会がたくさんあります。
一番面白そうなものの一つに(たぶん私が勝手に思っている)、10月15日の池袋の東京芸術劇場大ホールにて「教員によるピアノ特別演奏会」というのがあります。東京音大のピアノ科の先生が一堂に会して演奏する(出られる人は全員出演)という企画。大学のために、どんなに忙しい先生もこの日のために飛んで来て演奏します。(普段も毎週飛んできてレッスンしていますが。)

特に教授の先生方は全員参加ということでみな演奏されます。こんなパフォーマンスは通常絶対にありえませんから、決して内輪ウケというわけではありませんが、学生たちはさすがに面白いと思うらしく、今からチケット争奪戦だそうです。チケットぴあで一般発売も6/2に始まったばかりのようですが、おそらくチケットはもうあまり残ってないのではないでしょうかね。出演する一人の先生が例えば20枚ずつ平均で売り分を確保したとして、50人いたらもう1000席が埋まりますものね。でもそんなに出演者いなかったかな?
とにかくこの日、午後4時から始まり、延々9時まで演奏会は続きます。しかも全指定席。

ソロはもちろん、2台ピアノあり、8手あり、室内楽ありです。
私などは、これでも若造なので出演番号、頭から数えてなんと4番め。どうせなら1番になりたかった。中西 誠先生と私でカプースチンの2台のピアノのためのパラフレーズ“Manteca”(作品129)を演奏する予定です。このような演奏会ではおそらく異色の曲目でしょうが、まあ少しは楽しませてもらわなくてはいけませんからね。さてそろそろ楽譜の製本など準備を整えていかなくては…。




雑記 : 09:37 : comments (x) : trackback (x)
ハノンの練習

モスクワから帰ってきて以来、一日も休む暇なく働いておりましたきゅー
今度こそロシア語を毎日コツコツとやるぞーと決心したのに、帰ってきてからまだ1分も手をつけていないのです。やりたい気持ちが強いのに物理的に時間が取れないということもあるのですよね。優先順位があって動いていくので、急でないものはどうしても後回しになってしまいます。

昨日は岐阜へ日帰りしてきました。
また先週は船橋の伊藤楽器での講座もありました。
昨日の講座ではハノンのことを中心にやっていたのに、最後に少し時間が余ってしまうというハプニングがあってなぜかカプースチンを弾くことに…。長く練習を離れていたものを人前で弾いてしまいました。(ソナティナですが。)
ところで、「8つのエチュード」の第1番は、やはり突然には指は動きませんね。いや、もしハノンを60番まで毎日通していたらたぶん練習していなくてもどんな曲でもすぐに弾けたと思いますが、もちろん現在そんなことをやっているわけではありません。例えばロシア旅行中は1週間まったく弾けませんでしたし(カプースチン自宅のピアノは触ったが)、ハノン60番の話はあくまでも私の学生時代のことです。もちろん、あの時の恩恵は今でも十分受けているのですが。

指がいつでもすぐに言うとおりに動けばピアノを弾くのはさぞ楽しいだろうと思うのですが、なかなかそうはいかないものですよね。皆そうです。頻繁に人前で演奏しているプロの人でも、誰例外なく3日間まったく弾かなかったら、ウォーミングアップを十分にしてからでなくては人前で弾く気は起きないものです。

普段から1日数時間も鍵盤で指を動かしている人であれば常にスタンバイの状態でしょうが、多くの人はそんなに練習時間を毎日とれないでしょう。そういう人が本番でうまく弾けるためには、普段どんな練習をしていれば良いのでしょうか。

昨日のメールで、それまでハノンを一度も1〜60番まで通して弾いた経験がないというKさん(私とほぼ同年代、男性)が、いきなり思い立って60番まで「繰り返しなし」で80分かけて弾き通したというのを知りました。(Kさんすみません。メールの返信をするより先にここに書いています。)その後、2時間寝込んだと言いますが、さっそく充実感といろんな曲にチャレンジしたいというエネルギーが沸いてきたということです。すごいですね。でも手を壊さないでくださいね。

テンポをゆっくり、そしてあまりムキになりさえしなければ、誰でもおそらく100分以内(繰り返しなし)くらいで1冊通せると思います。自分流に休みながらでも良いので、1度皆さんもやってみると良いでしょう。弾き終わったときに必ず何かを発見すると思います。続ける場合は、やっているうちに所要時間がだんだん短縮されていくと思いますからだんだん楽になります。何もしないでテクニックに限界を感じて苦しんでいるよりは、一つの「かなり有利な賭け」となること間違いありません。

ハノンを60番まで通したという人の声を少し集めてみたくなってきました…。




ピアノ練習のヒント : 20:53 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<  2007 - 06  >>
COUNTER
total:2260133
today:424
yesterday:737
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX