Main
ピアノは奥が深い楽器

これほど人々を魅了してやまない楽器はないのではないかとつくづく思います。
ピアノが上手であれば、音楽の世界で素晴らしい仕事をどんどん得て活躍していけそうな気がしますが、現実的には仕事に困っている音大卒業生もけっこう多いのは気になりますね。でも、なんとかこの社会や経済の仕組みを音楽家たちは少しでも良い方向に変えていかなければいけないのでしょう。

私が普段の仕事で一番多く関わりたいと思っているのは、やはり好きな(尊敬、あるいは敬愛する)作曲家に関するものです。バロックからウィーン・ドイツ古典派・ロマン派、フランス、ロシア等におけるレパートリーが多くを占めるのは当然です。たぶん作曲家の数で数十人ほどはいるでしょう。それに反して、とりたてて特別に敬愛しない作曲家は、歴史上の人たちについては知識的にはもちろん勉強しますが、あまり長い時間関わりたくなくなっていくのも事実です。こちらの数はもっと膨大です。例えば、何度その音楽を聴いても、また作曲家自身の説明を読んだり聞いたりしても理解に苦しむ、というようなもの。もちろん自分の感性とまったく違っても、理解できるし良いと思うものは世の中にはたくさんあります。未知のものと知り合うことはいつでも楽しいです。

私の近況ですが、最近はロシアンロマンティック・レパートリーを中心にたくさんさらっていますが、それとは別に、ここ数日エネルギーを費やしてやっているのは、カプースチンの諸作品、特にソナタ第1番(ソナタ・ファンタジー)の楽譜に指番号を書き入れる作業です。個人的には最近は最新のソナタ第16番にハマっているのですが、運指入れは楽譜編集の仕事につながるものです。ソナタ第1番(1984作)も確かに非の打ちどころのない作品ですが、16番ソナタ(2006作)も本当にすごい作品です。第1番から第16番までの年月の重みと、カプースチンの作曲の軌跡を辿りながら深い考えに耽っていると涙が出てくるほどです。つくづく天才のわざというものに。それほど感動します。16番ソナタは、70歳でよくぞこれだけの発想力と複雑さに耐える力があるものだと思います。いや、カプースチンにとってはそれほど複雑なことをやっているという意識はなく、これまでに積み重ねてきた延長線上で出来ているのだろうなと思います。だからこそ凄いのですね。ピアノ音楽がこれほど進化するとは、数年前の私には正直言って想像できなかったことでした。

ところで、ソナタ・ファンタジーの指使い、特に第4楽章で少し苦戦していますが、明らかに自分が4年前に弾いた時の指使いよりもベターな発想になっている自分に気がつきます。考えてみればその間、楽譜も出版して作曲家自身の指使いを知りましたし、当然といえばそうかもしれません。カプースチンの作品を演奏するのにふさわしい指使いというものが容易に見えてくるようになりました。今後は、私が運指を入れて最後に作曲家にチェックをしてもらうという手順で進める曲もありますが、もうほとんど大きな不一致は出てこないのではないかと考えています。

カプースチンの手癖は、すごく大雑把に言えば1や2の指を多用する感じなのですが、私自身は4の指を多用していたことに気がつきました。5本の指が均等だという意識がありすぎてもいけないわけですね。客観的には、カプースチンは1・2・3の指が強い人の発想、私は1・4・5の指が強い人の発想に見えると思います。実際にはおそらくその中間あたりが正しく、4・5が弱いのはもちろん困るけど、2・3が強いという当然の事実も利用して有利な指使いを選択する、という判断ですね。ピアノ演奏の「運指」ほど複雑なものはないとつくづく感じます。基本よりも例外の方が多いのではないかとさえ思えてきます。ピアノのテクニックはあらゆる種類の曲に対応しなくてはいけないから大変なのです。




カプースチン : 19:21 : comments (x) : trackback (x)
カプースチン「8つの演奏会用エチュード」

ピティナ(PTNA)のサイトには「ピアノ曲事典」というのがあって、現在急速に充実を図っているようです。
というのは、やはりアクセス数が増え続けているらしいのですね。

紙の音楽辞典は、買うと高いし、情報もすぐに古くなります。普遍的な知識情報はまだ良いですが、人物情報は特に遅いです。真価が認められるまでにこの世界ではだいたい20〜30年は最低かかりますからネット上の新情報にはかないません。よほどセンセーショナルに世に出る人は別でしょうが。
あ、でも昨年カワイ出版から出された「ロシア音楽事典」の“ピアノ音楽史”の項には、もうちゃんとカプースチンまで載っていましたね(^_^)

そう、それでピティナのピアノ曲事典は、そういう意味でピアノをやっている人にとってかなり重宝する事典になっていく可能性もあると感じています。(ピティナの行動力にはいろんな面で見習うところがありますね。)
というわけで、つい先日、私もN.カプースチンの作曲家解説と「8つの演奏会用エチュード op.40」の解説をこのピアノ曲事典に寄せました。
最近のカプースチン演奏情報ほかについては、カプースチン本人から聞いたことも含めて自分のサイトにも文章をいくつか追加しました。カプースチンファンの方はそちらもどうぞ。




カプースチン : 10:17 : comments (x) : trackback (x)
カプースチン演奏情報の追加

「8つのエチュード」以外の作品も、世界のいろんな場所で演奏されている、あるいはこれからされる予定のようです。
今月の初めにはポーランドのピア二ストがピアノソナタの第1番を弾いたらしいですし、ピアノ協奏曲第4番はサンディエゴで10月に、またL.アンゲロフはスペインで来年の4月に演奏する予定のようです。後者は、今年CD録音も考えているようで(このピア二スト、初演とか初録音にちょっとこだわる人のようなのですよね…)、カプースチンはその収録予定曲まで詳細に知っていました。今後さまざまな演奏家によって演奏される機会は、世界中でさらに増えていくことと思います。

そうそう、Ahnトリオもカプースチンの新曲を演奏して、カプースチンに大量の演奏会プログラム(証拠物件!?)を送ってきていたようです。


カプースチン : 20:08 : comments (x) : trackback (x)
夏休みに入りましたが

大学が夏休みに入ると、さすがに少し気は楽になります。だからと言ってあまり忙しさは変わらないのですが…。つまり休み中にやるべきことをたくさん以前から溜めて持っているわけなので、いよいよ仕事を始めなければという感じです。

ところで、一昨日は久しぶりに辻井伸行くんの演奏会を聴いてきました。
読売日本交響楽団の定期でラフマニノフの2番のコンチェルトを弾いたのだけど、初めてのレパートリーなのに私はただの一度もレッスンをしないで、私にとっては純粋にお客さんの一人として聴きに行った最初のコンサートとも言えます。
この12年間というもの、間髪を入れる隙もなく次々と本番に追われる彼と一緒に走ってきました。文字通り世界中を。それは私の大事な仕事の一部(というよりもちろん第一優先的な仕事)でありましたが、今年の4月から他の先生に一切をお任せすることでいったん離れることになったわけです。三ヵ月経って今思いますが、これは大きな大きな区切りだったかもしれません。お互い新しいステージを迎えての新人生みたいな感じですね。(少なくとも私はそうです。)

これまでもいろいろなところでその非凡な才能を披露してきた伸行くんのことですから、彼の活躍は今後さらに大きなものになっていくだろうと私は確信しています。ずっと応援していきたいと思っています。今日は名古屋公演かな。昨日よりも今日、今日よりも明日と、どんどん経験を積んでグレードアップしてほしいですね音符




雑記 : 10:59 : comments (x) : trackback (x)
8つの演奏会用エチュード、ルガンスキも弾く

カプースチン本人からのメールによると、1ヵ月半ほど前にモスクワでTVを観てたらルデンコとルガンスキのデュオの演奏会(モスクワ音楽院大ホールにて)がTV放送された、そして二人はそれぞれカプースチンの8つの演奏会用エチュード作品40から1曲ずつ弾いたということです。ルデンコが第1番、ルガンスキが第7番を。

ところで、8つのエチュードの中では、カプースチンによれば「第7番を一番みんなが弾きたがる」ということです。ペトロフが真っ先に選んだ3曲にも入っていましたし、アムランがカザルスホールでアンコールを弾いた時にも確かに入っていました。曲の出来栄えからいっても第7番が一番ポピュラーなイメージがあるようです。「日本では第1番や第8番のほうが人気があるのですよ」と伝えると、カプースチンはビックリしていました。特に第8番については「なぜ??」というリアクションでした。


カプースチン : 20:07 : comments (x) : trackback (x)
コンクールについて考えること

仙台コンクール訪問から少し時間が経ってしまいました。
その間、コンクール関連では先週はピティナの特級の審査をさせていただいたりしていました。あれからたくさんの人の演奏を聴きながら、何かといろいろ考えることがありました。

一つは、演奏における個性とは何だろうかということ。
コンクールでは、楽譜に忠実な演奏をした方が、個性がほとばしっている演奏よりも結果的に良い点がついたりします。では、テクニックが完璧で真面目な演奏をしている人が、必ずいつも最上位に入賞するかというとそうとも言い切れない。
先日の仙台国際コンクールでもいろいろ思うことがあって、実は原稿を出さなくてはいけないので今書いているのですけれども、面白いことを書こうかと思っていたのだけど、意外に個性的ではない普通っぽい文章にまとまる可能性もあるかな、と思ってきました。そのほうが高い点がもらえるのではないかと…。(笑)

どちらにしても、コンクールの存在というものはやはり大切だとは感じます。これだけ身近に多く存在し、人々が強く関心を持つものは、やはりなくてはならないものなのでしょう。ただ、コンクールのあり方自体は時間とともに微妙に変わっていくな、という感じは強く受けます。

どんな分野でもある種の競争は必要ですし、必ずしもギスギスする必要はないのであって、祭典という意味ではコンサートとほとんど変わらないし、多くの人の注目が集まる場、演奏する人にとっては自分を磨く場であるという意味でも同じです。コンクールのレヴェルがどんどんエスカレートして高くなっていくことも、決して嘆くことではなくやはり喜ぶことだと思います。楽しむことと競争することは違う、と分けて考えるべきではない、と感じます。
今日は珍しくコンクール擁護論者になってしまいました。いや、人類ははるか昔から連綿と、どの分野でも良い意味で競争し続けてきたのだから…、だからコンクールがなくなっても、やはり別のものが出てくるだろうと予想できます。




雑記 : 23:32 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<  2007 - 07  >>
COUNTER
total:2336480
today:61
yesterday:1126
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX