Main
暑くてかなわない

今年の夏は厳しい暑さがいつまでも続きますねー。
この暑さのためにさすがに何もする気になれません。暑くても物事に集中できる人もきっといるのでしょうが、私はどちらかと言えば冬型なので…。

まるで何も手につかないのですが、こういう時はピアノの部屋を冷房で思いっきり冷やして、好きなカプースチンを片っ端から譜読みしまくる、と爽やかになって楽しい気持ちになります。やはり一日中やっていても飽きないことが一番好きなことなのでしょうね。
バランスを取るために、ひととおり弾いた後は部屋を替えて、今度はその部屋を冷やしてベートーヴェンやラフマニノフの本を読んだりします。すぐに眠くなるのですが…。(この気候のせいです。)

あまりに他の勉強が手につかないので、今日なんて本をどっさり買い込んだり借り込んだりしてきました。机の上に20冊も積んでおけばその中の2〜3冊は読む気になるだろうという魂胆。それほどに暑さのためにやる気の出ない毎日を過ごしています。

ところで、先日の話題の「くまんばちの飛行」ですが、この曲、最近なぜかよく聴くような気がします。そういえば、この4月からテレビのNHKロシア語講座のテーマソングにもなっていたことを思い出しました。語学講座は好きなのでよく見るのです。
このロシア語講座もそうだし、他の講座でも最近はその傾向がありますが、初心者にどう思われようとも、普通のスピードでその外国語を喋りまくったり本格的なインタビューのコーナーを一定時間設けているのを見るととても嬉しくなります。日本人の語学力も最近は捨てたものではないのだな、と頼もしく感じます。

ロシア語学習者の人口、最近かなり増えているようですね。ロシア語のイメージ、以前とはずいぶん変わってきたように思います。日本の書店でもロシア語の読み物が普通に手に入るようになってきました。ジュンク堂には、村上春樹のロシア語翻訳本までがなぜか置いてあったりして…。この作家の本は、不思議と外国語によく訳されていますね。先日、ピアノのコンクールの審査の合間中に、隣の席のKarl=Andreas Kolly氏と話していたらなぜか彼の口からも出てきました。「日本人作家と言えばMurakamiね、翻訳が出ているので読みますよ。」それを聞いて、日本人の審査員の先生方は「村上って作家は二人いるけどどっちだっけ?」なんて言っているレヴェル(私も含めて?)なのに、なぜスイス人の彼が読むのか。「でも、《カフカ》はあまり良いと思わなかったけどね…。」って結構詳しいですね、彼。自国で読んだのだから、おそらくドイツ語訳だったのでしょうが、私なんてほとんどそういうのは読まないですね。

暑さのために、ずいぶん話が飛んでしまいました。




雑記 : 19:32 : comments (x) : trackback (x)
ピアノソナタのCD録音

John Salmon氏は、ついにピアノソナタ第15番の録音が無事に済んだことを明らかにしたようです。「1年間は誰にも楽譜を見せてはいけない」という固い約束を言い渡されて作曲された曲です。自分だけの曲という思い入れもきっと強いのでしょうね。そういう人が世界にたくさん出てきたというのは逆に嬉しくなります。

ピアノソナタ第14番はL.アンゲロフ氏に、第16番はカプースチン本人によって録音され、さりげなくもカプースチンの新作ソナタ群は世に出てくる勢いを増してきていますね。


カプースチン : 20:08 : comments (x) : trackback (x)
くまんばちの飛行

昨日は朝8時前に自宅を出て京都へ。
演奏会場は、京都駅から大きな峠をいくつか越えて車で約1時間半近く離れた場所で、気温は市内よりも5度くらいは低いとのこと。それでも暑い夏に変わりはないので、暑さが苦手な私には少し挑戦的なイベントではありました。

山の中の自然に囲まれたとても良いところでした。会場は北山杉で作られたログハウスで、こういうシチュエーションでの演奏会は珍しいですね。普段と違った気持ちになれます。
そしてお客さんも埋まってリサイタルは滞りなく始まったのですが…。

窓を開け放していたのが運命の分かれ目でした。
1曲目のシューベルトを弾き始めた直後に、大きなくまんばちが会場へ乱入。(笑)
ピアノを弾く私の目の前を通り抜けたり、ぶんぶん言いながらお客さんへの攻撃も開始し始めました。前列のお客さんたちは蜂から目線をそらすことができず、おそらくシューベルトどころではない。何人かは蜂の攻撃に脅えているのが弾きながらもわかりました。ついに一人、最前列のお客さんが席を立って逃げたのがわかったので、「これは演奏を中断するべきかな」と思いましたが、なんとか1曲目を無事に弾き終えました。

面白いエピソードはこの後も続くのですが、とても長くなるのでやめておきます。猛暑とハプニングの中、とにかくバラキレフのトッカータやメトネル「悲劇的」ソナタも頑張って弾きました。
今日は、お偉いピアニストや先生方もたくさん来ており、またアドバンストな音大生たちも多かったようで、演奏会が終わった後に何人もの人の演奏が聴けて、とても良い交流会にもなったと思います。とても面白かった。こんなところでメトネルのソナタ=バラードやカプースチンの瞑想曲が聴かせてもらえたのは嬉しかったです。
そして最後には、同席されていたM.K.、M.U.両ピアニストがあの超絶技巧「くまんばちの飛行」を披露してくれて、お二人ともこの曲をレパートリーに持っていたのですね。今日はすごく楽しい一日でした。

演奏会終了後に写真を撮りました。










なぜTVカメラを持ったT氏がここにいるのかがどうしてもわからない…。




雑記 : 09:43 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<  2007 - 08  >>
COUNTER
total:2443473
today:160
yesterday:1031
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX