Main
コピー楽譜というもの

まだまだ引っ越しネタが続きますが、今回すべての荷物の中で分類・整理するのに一番困ったもの、それが何かといえば、コピー楽譜でした。

テープで簡単に製本しただけのコピー譜は、背表紙や表紙がないから一見してすぐに何の曲かわからない。しかもだんだん汚くなっていくし、存在感がどうしても薄れていきます。これが楽譜であれば、どんなに増えてもそれほど古くならなければ本棚に綺麗に立てておくことができます。コピー譜はとにかく見栄えが悪いから人目に付く所には置くこともできない。かと言って、取り出しづらい場所に閉まっておくと、あとでアクセスしたり検索することさえできなくなるからほとんど役立たない、というわけです。
コピーでしか手に入れられない貴重なものは仕方がないですが、楽譜で出版されているものは、ちゃんと楽譜で持っていた方が大きく得をするということにあらためて気がつきました。20〜30年にわたる実験結果です。

だから、ピアノのレッスン等でも最近は皆さんコピー譜を使うことも多いでしょうが、そのコピー譜にせっかくいろいろ書きこんでもそれは将来ほとんど役に立たなくなるであろうことを予言しておきます。とにかく、コピー譜というものは量がたまるばかりで分類・整理・アクセスに大変困るものです。重ねておいても立てておいてもどうにもならないのです。しかも増えれば増えるほど困る。結局、貴重なもの以外は全部捨てることになってしまいます。

それに比べて楽譜は財産です。大切に使えば何十年でも残しておくことができます。
先日、北海道の実家に寄った時に、納屋の中に自分が小学1年生から使っていたハノンの楽譜を見つけたので大切に持ち帰ってきたのですが、最後のページ(60番のラストページ)を見て笑ってしまいました。ハノンが書いた「おわりに」の数行(真の演奏家を志す人は毎日一定の時間60曲を通して弾かねばならない…云々)の文章全体に、いかにも小学生が書いたように太い青鉛筆で不器用にアンダーラインが引いてありました。自分でもすっかり忘れていましたが、その頃からピア二ストを目指していたのだなあ。(ちなみにこれをすぐには実行しなかったがにかっ





雑記 : 22:12 : comments (x) : trackback (x)
公開レッスンで一段落

一昨日は、岐阜県の加納高校というところに公開レッスン(&演奏)に日帰りで行って参りました。行きの電車で、うっかりしていたのですが、朝の超ラッシュ時に一番混雑の激しい車両に乗ってしまって、体の隅々の骨が折れるほどつぶされるというハプニングはありました。でもなんとか無事に着きました。
この高校には初めて伺ったのですが、普通科のほかに音楽科と美術科があって、いろんなイベントも多く、レベルの高い教育を受けていると感じました。
2時間余りという短い時間でしたが、こちらもとても勉強になりました。頻繁に訪れる場所ではないのだから、学校をもう少しきちんと見学してくれば良かったと後悔しています。

大きく見て2ヶ月〜3ヶ月の間にわたってバタバタしていましたが、なんとか一段落。
物の片付けはまだ残っていますが、普通に生活と仕事が行なえるようになってきました。引越しは大変なものですね。今までストップしていた編集などの仕事もこれで再開できそうです。さあ、バリバリ仕事をしていこう。

以前から講座で何度もお世話になっている名古屋のカワイさんにちょいと寄らせてもらいましたが、リニューアルしてホールも新しくなってグレードアップしていました。それからやはり深くお世話になっている船橋の伊藤楽器さんも昨年から伺っていましたがついに新装グランドオープンしたそうですし、やはりリニューアルは気持ちがいいものですね。自分も引越ししてその気持ちがとても良くわかります。これから季節は冬を迎えるわけですが、気持ちは新たに頑張りたくなってきました。




雑記 : 18:58 : comments (x) : trackback (x)
引越し

なんとかやっと通常の生活が戻ってきました。
忙しかったため各種手続きが遅れていて、諸々の生活に必要なものが新居で正常に使えるまでに時間がかかった(インターネットなど)ものもありました。

今回の引越しは、自分自身にとってこの十数年の大きな区切りだったように感じています。12年半前にウィーンから帰国したとき以来の大イベントだったような感じもします。それほどに今回はリセット感が強いです。運命の流れというようなものがあって、この時期に同時に道がいろいろと開けていくような不思議な体験をいくつかしました。今後新たな人生がまた創られていくような気がしてワクワクしています。

引越しの理由は、すべてが手狭になってきたこと。今までは、どんどん増えていく楽譜や本などの量を見て危機感を感じていましたが、そんな生活にはもう終止符を打って、今後は保管するスペースを気にすることなく必要なものを買い揃えることができそうです。空間がかなり広くなったのでとても嬉しいです。ただし、今後は物が増えても、同時に捨てるものも多くしていこうと決心しています。
大きな引越しをすると、何が本当に必要で、何が必要ではないのか、ということがかなりクリアになりました。大事にしていたものの中にも、捨てても何の問題も生じないものもたくさんあるということを発見しました。これは、手間ひまかけて多くのものを100個以上のダンボール箱に詰めて、それをまた開けて出す時の空しさを経験して初めて悟ったものでした。

荷物開きはまだ途中ですが、捨てようと思っていたものの中にも貴重なものが入っていて思わぬ喜びを得たものもあります。フランク・マルタンの8つのプレリュードの自筆譜のコピーが出てきたり(ゆかり所蔵)、なくなったと思っていたゴドフスキの左手のための交響的変容(J.シュトラウスのテーマによる)もちゃんと見つかりました。これらは、大晦日の大掃除くらいでは出てこなかったのでした。

というわけで、まだゴミの山の中に住んでいる感じもありますが、すでにかなり快適に暮らしていますにこっ




雑記 : 22:37 : comments (x) : trackback (x)
今年一番忙しい日々でした

かなり長い間ブログを更新できませんでした。
その間、トピックがなかったというわけではなく、「自分の時間」がほとんどない状態が続いていたということです。台風上陸に前後して北海道へ行って来て、一昨日ウィーンから来られた先生を接待し終えて一段落。翌日ついにバタンと倒れましたが、時間ができたため妻に引きずられるようにして病院へ。風邪薬を飲んだら安心して24時間ほどで即座に復帰したので(まだ完全ではありませんが)、久しぶりにパソコンのキーボードを叩いています。

この2週間、いろいろありましたが、その一つが「引越し」。
今まで自宅ともう1軒借りていた部屋にあった2つの防音室を解体して、新たに新居に防音室を設置するのに2〜3週間必要でした。つまりその間、家のグランドピアノ2台とも運送屋さんに保管されるため、ピアノが自宅あるいは自宅から手の届く距離になくなってしまいました。本番を抱えていた私は、この2週間というもの、練習場所を求めてシューベルトのようにあちこち放浪しなくてはいけませんでした。

しかし、引越しと言えば有名なのはベートーヴェン。ベートーヴェンはウィーンで数十回引っ越したという経歴を持つ引越し魔だったと言われていますが、ひょっとしたら音の問題(隣人との軋轢?)があったのではないだろうか、とやはり疑ってしまいます。建物は石造りでも壁は薄いことも多かったと思われるので、ピアノを弾いて音が鳴れば遅かれ早かれ問題が生じてきたのだろうと想像できます。ベートーヴェンには、常に新たな着想を得るために気分転換も必要だったのでしょうが、ひょっとしたら隣人の苦情が嫌だったのかもしれません。
現代の日本で都市部に住んでピアノを持とうと思ったら、やはり防音室なしでは苦しい思いをしなければいけません。子供が1日に30分弾いただけでも苦情を気にしなければいけないというのだから、私たち音楽家は、自宅くらいは防音をきちんとしておくのが義務ともいえるでしょう。それにしてもお金はたいそうかかるのですが…。

旭川は紅葉はほとんど終わりに近づいていました。
この時期は、車で走っているときなど、山や近くの木々を見渡すと、黄色と緑と赤が混在していてとても綺麗です。
この道路もあと少しで殺風景なものになってしまうのでしょうね。





雑記 : 21:06 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<  2007 - 11  >>
COUNTER
total:2513429
today:643
yesterday:1055
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX