Main
斬新なエチュード-歴史に残るか?

クラシックの世界では、楽譜さえあれば一応どんな音楽でも再現できることになっていますが、はたして楽譜の情報だけから作曲家の意図がどれだけ正確に読み取れるものなのか、やはり非常に不安になります。

N.カプースチンの未公開作品を含む楽譜の校訂をしながら、作曲者自身の演奏録音が存在することがどれだけ大きな助けになっていることか…と感じます。
例えば、「3つのエチュード」作品67というのがあります。その3曲目の“Grappole”と題された曲。エチュードのテクニックのテーマがこの曲では“葡萄の房”を指すわけですが、つまり隣り合った音符の塊としての特徴的な和音が、導入部では意味深に、主部では可愛らしいメロディーとして使われています。ただ、単に楽譜を正しく読んでも、曲がよくわからない、作曲家の意図が読めないという人はきっと出てくることでしょう。曲中にはスウィングも入っています。しかし、いったん演奏を聴けば、「なるほどこのような曲想か。作曲家の頭の中ではこのような世界が描かれていたのだな…」と理解することができます。素晴らしい音楽ですが、この音楽の感じを言葉で表現することはとても難しいです。

カプースチンの曲は1曲1曲が異なる世界を持っていて、特にこのエチュード集はドビュッシーの「12のエチュード」と非常によく似たものを感じます。もちろん作曲家もドビュッシーのエチュードを意識して書いたことは明らかだと思いますが、コンセプトばかりでなく曲想にも相通じるものを感じます。一聴してすぐにわかるようなものではなく、例えば絵画でも同じ絵を何時間観ていても飽きない、そんな名画がありますが、そのように引きつける独特の世界と雰囲気をどの曲も持っています。

ドビュッシーの「12のエチュード」は素晴らしい作品ですが、他の作品に比べてあまり演奏される機会が少ないです。作曲から100年経っていないので、まだ正しく評価されていないという考え方もあるかもしれませんが、このエチュードはドビュッシーがショパンのエチュードを意識して書いたもので、テクニックを追求したものというよりも、各曲の素材をテクニック上(音程の種類や指の働かせ方など)の分類に求めただけで、あくまでピアノの新しい響きや自分の芸術性を追及しているものです。
カプースチンの「3つのエチュード」は、ドビュッシーに倣っているものの、第1番が「グリッサンドのための」と題されているようにかなり挑発的で、しかし音楽は見事に整然としている。新たな境地をさりげなく開いています。そして、この作品に続いて作品68の「5つの異なる音程によるエチュード」が作曲されているわけで、このジャンルをここまで持ち上げたのはドビュッシー以後カプースチンが最初でしょう。

ドビュッシーからさらに進んでいる点としては、カプースチンはクラシック音楽が無調性を求めた時代や長い実験音楽の時代を経ているし、それにアメリカ的なものも加わっている点でしょう。現代的な感覚が加味されて、たった数十年で音楽の幅が無限に広がっています。おそらくドビュッシーの時代の音楽通たちが聴いたら理解できないものが含まれていると思いますが、逆に現代人にとってはそこが面白くもあるし魅力的な部分でもあります。

でも、ちゃんと理解されるためにはあと50年くらいかかるのかもしれません。スピードの速い現代なので楽譜が出版されれば普及だけはするかもしれませんが、多くの支持者を得るまでにはやはりそのくらいかかりそうです。ドビュッシーのエチュードもまだこの先そのような運命を辿りそうですが…。でもそういうものを残す能力を持った芸術家がいるということは素晴らしいことですね。私たちにできることはといえば、そんな天才たちの功績をできるだけ正しく伝えることだけです。




カプースチン : 20:04 : comments (x) : trackback (x)
ピアノの部屋公開

わが大学の卒業実技試験期間はほぼ終わりました。
ピアノ演奏家コースは29人。大きなホールで一人一人が丸々30分の持ち時間を弾き切るスタイルで、公開されているので傍目には演奏会のようにも見えますが、実際に全部を聴くのは採点する先生方だけだと思います。大好きな音楽とはいえ、朝から一日9時間以上も缶詰な日々というのもなかなか…ではあります。


さて、もうすぐ引越しから1ヶ月半。
まだきちんと片付いているとはいえませんが、なんとか生活はしているので、まずピアノの部屋をちょっと撮ってみました。全景ではありませんが。
左側の手前に窓があと二つほどあって、けっこう広いです。


ピアノの上に居座っている雪だるまクンは、引越しの際に出てきたので今の時期だけ置いてあげよう…。




…ということでアップ。

かなり以前にクリスマスの時期にニューヨークへ行ったことがあるのですが、その時にカーネギーホールの近くのお店で手に入れた記憶があります。たしか文房具屋さんだったと思う。レジの近くの低いテーブルにたくさん置かれていて、日本ではあまり見ない可愛さに衝動的に手にとってしまったのでありました。
名前は、snowmanだからmanサク(万作?)と呼んでいます。スノー・マンサクくんです。(どうして名前が必要なの!)



我が家にはピアノ弾きが二人住んでいるので、防音室は実はもう一つあります。
そちらはまた次の機会に。




雑記 : 21:04 : comments (x) : trackback (x)
メールが受信できない/卒業実技試験始まる

最近、e-mailの送受信に不具合を感じることがよく起きています。
サーバーの障害か何かで、不思議なことに深夜の約8時間くらいの間、スパムも含めてメールが1通も届かない状態が何日も続いています。朝になると回復するのですが。また、12時間以上も遅れて届くメールもあります。これは、どのPCでメールを開いても同じです。
というわけで、消えてしまったメールもあるような気がしています。届かなかったことが送信者に必ずしもわからない場合もあるのではないか、と。
心なしか最近、返信を期待する内容のメールを書いたのに何も音沙汰がない、と感じるケースも増えている気がします。その逆もあって、もしかして大切なメールは私に届いていない可能性もありますので、申し訳ありませんが心当たりのある場合は何度かトライしてくださると嬉しいです。

さて、わが東京音大は卒業実技試験の時期が来ました。
今日から声楽科の試験が始まり、その後はピアノ科というわけです。
曲目はピアノ科、ピアノ演奏家コースともに自由曲(演奏時間は違う)で、構内の掲示板にはすでに曲目もすべて公開されています。ほとんど演奏されず、知られざる曲を選曲している果敢な人もいるようです。カプースチンを弾く人も3人見つけました。ロシアものは相変わらずいつも重要なレパートリーで、ラフマニノフはもちろん多いですが、今年はメトネルを弾く人が3人カウントできました。

他の音大での学生たちの卒試の選曲も気になるところです。意外にそういう情報は入ってこないものなので、誰かに教えてもらいたいですね。(“そういう情報”って、今のところカプースチンとメトネルのことなのですけど…。)




雑記 : 22:06 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<  2007 - 12  >>
COUNTER
total:2511855
today:124
yesterday:830
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX