Main BACK >>
カプースチンからのメールでご機嫌

昨日もカプースチンから便りがありましたが、とてもハイテンションなメールでした。こちらもご機嫌になってしまいます。バリバリお元気でいてくださって本当に嬉しいです。作曲の筆は止まるどころかますます冴えているのではないでしょうか。
彼は、調子の上がっている時は英語を交えて書いてくることがあるのですが(又はイギリスなどの英語圏の人たちとちょうど頻繁に交わしている時期なのか?)、昨日のメールでは6割が英語、あとの4割が普通にロシア語だったのですが、英語の部分ではノリノリのギャグもあって、ご機嫌度の高いことが伺えますにかっ

と言っても、彼のギャグは真面目なギャグで、なんというか、ちょっと知識がないとわからないようなギャグなのです。無駄のない、そして意味深なウィットのこともありますが、即座に笑ってしまうようなものもあります。
例えば今回のメールだと、悩んでいた自作のOp.128(ロンド形式、曲頭の指示はアニマート・カプリッチオーソ)のタイトルについて、Tim氏にすでに送ったものとこちらで出したものとが違っていて、それを解決するためにベートーヴェンのロンド・ア・カプリッチォ ト長調(「無くした小銭への怒り」=これがベートーヴェンがこの曲を作曲した動機と言われてタイトルにもなっている)に引っかけて、「『曲名をひねり出す能力を無くしたことへの怒り(からこのカプリッチオが生まれた)』っていうタイトルはどう?」ってな具合です。もう訳わかんないですよね。(笑)

そういえば彼とは、喋っていてもそうです。相槌を一つ打つのにもスパイスの効いた相槌が浮かばない限り、一言たりとも口を割りません。だからほとんど喋りません。(笑) この辺、プロデューサーの鮫島さんなんか、会話の進め方が実にうまい。カプースチンの気の効いた一言にウケると同時に、すぐに切り返して矢継ぎ早に話題のネタを展開していく。彼には主要なところだけ面白いことを言わせ、あとは凄い回転で話を進めていきます。このテンポが、カプースチンには意外に心地良いようなのですね。ただ、これができるためには、彼女のように異常に高いロシア語能力が必要なのですが。

振り返ってみると、カプースチンからのメールはこれまでのものだけでもA4の紙に印刷してかなり分厚い量になります。どのメールにもカプースチンらしさが滲み出ていて、メール1通が一つの作品のようにも感じられるほどです。少々大げさかもしれませんが、私にはそれほど大切なものとなっています。




カプースチン : 21:16 : comments (x) : trackback (x)
ピアノがうまくなるコツ-『頭をよく働かせる』(2)

ピアノの練習には頭をよく使うことが大切だと書きましたが、例えば「文章の読解力」もそうですね。きちんと理解しようとすると、単語の意味をちゃんと全部知って、文法的に正しく理解できて初めて作者の意図がわかるもので、これも活字だけをぼーっと追っていても決して文章を深く理解できるわけではないでしょう。「速読」だって、やはり「集中力」が重要ポイントだと言われますよね。

読書でも同じですが、音楽においてもある意味まったくその通りで、演奏する人は音一つ一つの意味とそれらの繋がり方、メロディーがどのように展開して、どんな種類のモチーフが出てきてそして最後にどうなるのか、ということをやはり知っていなくてはいけないでしょう。
しかし、それよりもまずは作曲家の意図です。音楽が創られるときには必ず動機があるものです。又はきっかけ、あるいは単に良いメロディーが浮かんできただけということもあるかもしれませんが、それにしてもなんらかの作曲の動機はあります。それを知ることは、文章をなぜ書こうと思ったかという作家の意図を理解するのと同様に大切だと思います。

音楽をどこまで理解しているかによって、演奏においての表現力が全然違ってきます。また、理解力の高さは、譜読み能力にも比例しますし、そして暗譜力にも比例します。だから、理解することによって曲をマスターする時間が短縮されるし、練習の無駄もなくなっていきます。極端なことを言えば、あるパッセージがどうしても弾けなかったのに、それを音楽的な感覚として掴めるとすぐに弾けてしまうこともあります。

頭をよく使うということもありますが、「音楽を体で感じる」ことも大切です。どのように表現したら良いのかがわからない、という人は、まず音楽を感じてみること。音楽には「こう弾かなくてはいけない」という定型があるわけではありません。「この部分は自分はこう演奏したい」というのが自然に出てくるはずです。これは人や先生に訊いてもわからないことです。自分の中にその欲求が出てこなくてはおかしいわけです。

この表現力は創造力と言ってもいいでしょう。自分の中から生まれ出てくるものです。その曲を創った人(=作曲家)と一体になるという感覚。これが高じれば、自分で作曲したいという欲求に繋がっていくわけです。

では、音楽を理解する能力、そして演奏で表現する能力をどのように身につけるか?
これは次回に考えてみたいと思います。



ピアノ練習のヒント : 20:37 : comments (x) : trackback (x)
ピアノがうまくなるヒント集

ほぼ1年ぶりでピアノ学習者へのヒント集を更新しました。

あまり気張らずに、「軽く書いていく」という気持ちで、また少し復活できるかなと考えています。
このページ、読んでくださる方が多い割にはまだ読みづらいかもしれませんね。なんとかしなくてはいけないと思っています。
それから、HPではあとカプースチンのページも、ほとんど更新しなくなってしまいました。全音の楽譜が出版されたばかりの頃はまだ良かったのですが、もうネタが多すぎるので書くことを断念し始めています。情報はもう全部ブログに一本化していこうかとも考えるのですが、どんなものでしょうか。
また、これを機会にHPも刷新したいと考えていますが、そのためにはちょっと人手が必要ですね。

さて、先日このブログでも話題にしたアムランのCD新譜が発表になったというお知らせをいただきました。Hyperionからのリリースです。
こちらで詳細が見れます。ジャケットのデザイン、いいなあ。(視聴もできるようです!)




雑記 : 21:31 : comments (x) : trackback (x)
ピアノがうまくなるコツ -『頭をよく働かせる』(1)

昨年は本を出版したこともあって、「もうこれで良いかな」と思っていましたが、もともと「日記風」ということで書き始めた「ピアノ学習者へのヒント集」ですので、これからも肩肘張らずに少しずつ書いていこうと思います。

ピアノの練習に一番大切なことを一つだけ選んで挙げるとすれば、これは「頭をよく働かせる」ということに尽きると思います。

効率の良い練習法のところでも少し触れていますが、漫然とピアノを練習しても上達が遅いということは誰でもわかるでしょう。毎日、ただ指だけを動かしたとしても練習は全然進んでいないのと同じです。目的意識を持って練習すること、いま現在自分が奏でている音楽に何か新しいものを発見しようと努めることが大事です。

自分が「何を」やっているのかを判らずに演奏しているというケースは、小さな子供にはよくあることでしょうが、ある程度の年齢になってもそういうことがあるように思います。作曲家が何を求めてその曲を生み出したかが音楽的に感じ取れていなくてはいけません。
例えば、「ソナタ形式」などの形式というものをは何のために知る必要があるのか、それぞれの主題がどういう性格で、展開部で何が始まっているのか、なぜ再現部があるのか、再現部では提示部と比べて何が変化しているのか…、こんなことをすべてを頭で理解していること、又は言葉で説明できなくても音楽的にそれを理解していることは必要です。実際、これは理解しているのとしていないのとでは演奏に雲泥の差が出てくるわけですが、なぜそうなるのか。

物事すべてにおいて、状況がよく判断できているということはとても大切です。
例えば、自分の人生に置き換えると、今自分はどのあたりを生きているのか。何の目的を持ってどういう生活をしているのか。例えば全生涯を80年間生きると仮定して、今どういう時代なのか、どの国にどんな時代に生まれているのか、いま自分は何を目的として持っているのか。10代なら、学校で一生懸命に勉強しなくてはいけない。受験生なら目の前の受験のために一生懸命にやっている、とか、20代ならもう自分の職業を確立するために具体的な活動を展開しているとか、30代なら、さらに自分の長所短所をきちんと見極め、自分の強みを最大限に生かしてより有意義な人生を生きるために奔走している、とか…。今自分が一体何をしているのか、これをよく理解して生きて行くのと、何も考えずに漫然と毎日を過ごすのとではまったく違う人生になると思うわけですが、演奏するということもそれとまったく同じです。1つの音楽も一個の小さな出来事であったり、一つの人生に例えられるような大きな曲だってあります。

頭をよく使うということ以外に、感覚的に感じること、また身体で感じることの中にも大切なものがあります。芸術的なことに関わる人にはそのような特性も重要かもしれませんが、やはり頭をよく使うこと、常に目的意識を持って事に当たっていること、何かを積極的にやっている時は、頭で考えることなしには何も進みません。だから、楽譜を読む前にその音楽を理解しようとすることもとても大事です。

「考えても考えても分からない」という人は、おそらくまだインプットの量が少ないのだと思います。学生時代は、とにかく多くを吸収すること。良い音楽をたくさん聴くことから始め、また有益な情報、知識を常に求めることも大切ですね。

ピアノ練習のヒント : 20:24 : comments (x) : trackback (x)
明日の「題名のない音楽会21」

明日1月27日(日)の「題名のない音楽会」(午前9:00〜放送)に辻井伸行君が出演することがわかりました。

昨年からは、もう彼が出演する番組の公開収録等にもずっと立ち会っていませんので、今回は何が飛び出すか、私もテレビを観るまでわかりません。録画をセットしなくてはいけませんね。

現在、辻井君は全国をコンサートツァーで回っていて大忙しです。大活躍の模様。
こちらe+movieに映像もありました。
コンサートスケジュールは公式ページに載っているようですが、いよいよ今月31日がサントリーホールでのリサイタルですので、私もこれには駆けつけようと思っています。

これに関連して一つ予告を。
2000年に出版された辻井伸行君について書かれた本「今日の風、なに色?」に続いて、いよいよ2冊目の本が2月に店頭に出ます。前作にも増して素晴らしい内容に仕上がっているようです。私もこの本には内容的にもかなり関わっていますので、皆さんに読んでもらえる良い書籍になると期待しています。サントリーホールの日(1/31)に会場で先行発売する予定だと聞いていますので、今から手にするのが楽しみです。この本の話は、またあらためて書きたいと思います。





雑記 : 09:02 : comments (x) : trackback (x)
ヤマハ小牧店で講座

この二日間は愛知県あたりをうろついていました。

名古屋から約1時間ほど北へ。小牧市のヤマハで公開講座をさせていただきました。

今日は雨が降っていましたが、店の中は広々として気持ちよかったです。入ってすぐに、ヤマハ札幌店や旭川店を思い出しましたが、ここも音楽教室と一体となったユニスタイルというコンセプトに基づいて作られた店舗の一つだそうです。ヤマハは今後この方式を他の店舗にも取り入れていくのだそうです。


上から見下ろすアングルが好きなので…。



講座の内容は、今ときどき行なっているハノンとブルグミュラー18練習曲をメインテキストにしたもの。
たくさんの方が来てくださいました。終わった後は、いつになく質問が多く、20個ほどもありましたでしょうか。熱心な先生方がこんなにいらっしゃることにも感動しましたが、ひょっとしたら私の頭が眠っていて言い忘れてしまったことが多かったのかもしれません…汗

講座が終わった後の質問では、以下のようなことが訊かれました。

・手が小さい人のオクターブ練習について
・椅子の高さについて
・ペダルの正しい踏み方
・メトロノームの使用法
・チェルニーはどこまでやるべきか
・チェルニーが嫌いな人への対処
・エスケープメントレベル(言葉について)
・指を手前に引っ張るようなタッチの実演(をもう一度)
・それぞれの指が鍵盤のどのあたりをタッチするべきか
・ハ長調で弾くことの良い点
・絶対音感教育の意味

などなど…。
これだけ書くと、ずいぶん抜け落ちていたような感じがしますが、講座ではこれ以外に語らなくてはいけない大切なことがたくさんあったのです、本当に。

でも今日は私もとても勉強になりました。
皆さん熱心に聴いてくださりどうもありがとうございました。




雑記 : 23:07 : comments (x) : trackback (x)
さまざまなハノン

「ハノン」は、もうピアノの基礎練習の代名詞みたいになってしまいました。
そして、ハノンといっても、必ずしも60曲収められた完訳版のハノン教本のことを指さない場合もあります。

『コンパクト・ハノン』(杉谷昭子・駒澤純 編著)という楽譜を見つけました。昨年刊行されたようで、中・上級向けと書いてあります。この楽譜のコンセプトは、「忙しい現代人には、いくら指を鍛えテクニックを維持したいと思っても、とても全曲を毎日弾く時間などない。そのために、一日30分で弾き終わる程度に、効果的にハノンのエッセンスを凝縮した」ということです。なかなか魅力的な発想です。ハノンを丸ごと1冊通せばたしかに1時間半から2時間はかかりますから、これはなかなか良いかもしれませんね。

目を通してみましたが、曲にはかなり手が加えられているけれども譜読みの容易さはそのままで、順番等もよく考えられているようです。
実際にまだ毎日弾き通した経験がないのでなんとも言えませんが、一つの可能性としてなかなか良いのではないでしょうか。60曲を弾くよりは短時間だし、一定の効果は期待できるのではないかと思います。
できるならば、本当はハノンの60曲をもとに各自が自分用に考えて抜粋したりアレンジして30分プログラムを作るのが良いとは思いますが、そんな手間を避けたいと思う人には大いに役に立つかもしれません。

私はこの楽譜を見て、「30分」という枠内で、違った角度からやはり「ハノンから抽出&アレンジ+ハノンにないもの(例えばショパンのテクニックなど)を付け加える」という構成で新たな練習曲の可能性を考えてみたいと思いました。譜読みが超簡単というのが第一条件です。このコンセプトで1〜2年くらいかけて暖めてみる価値はありそうですね。ハノンの特徴を生かし、しかも近・現代曲に必要な技術まで十分カバーできるものを…。

変ったところでは、『オスカー・ピーターソンのジャズハノン』(ヤマハ刊)という楽譜も出ていますが、これはカプースチンなどを弾くために良いかもしれません。こちらはハノンというよりも、使い方としてはまさにチェルニーの代わりとしてお勧めできそうです。ピアノ学習途上のどこかでこれを軽く1冊やるのも良いでしょう。ジャズの感覚が身につくし、弾いていて飽きないし、譜読みもそれほど難しくない。現代の子供たちには、クラシック以外の多様な音楽に触れる導入として、また気分転換にもなりそうです。




ピアノ練習のヒント : 22:36 : comments (x) : trackback (x)
「言葉」と「音楽」の関係とは

外国語の話が出たら、やはり音楽家としては言葉と音楽というものの関係を考えないわけにはいきませんよね。言葉と音楽は密接な関係がある、そのような考え方は多くあると思います。言葉から発展した文化や歴史が芸術と密接に係わっていることは確かですが、言葉そのものと音楽との関係も深いものがあると感じます。

例えば、ドイツ語圏の音楽とフランス語圏の音楽は何かが違う、といったこと。モーツァルトやベートーヴェンを弾くために、ドイツ語を勉強しなさい、というピアノやヴァイオリンの先生もいるかと思います。(声楽科では、“外国語で歌う”必要に迫られるので必ず勉強しなければなりません。)

言葉と音楽の関係を考えようとすると、まず私はウィーンで習っていたディアンコ・イリエフ先生が言っていたことを思い出します。そうそう、イリエフ先生も7ヶ国語を使える人でした。考えてみたら私も彼の影響を受けているのかもしれません。
そのイリエフ先生がある時に言ったことですが、「フランス語は、最初の音にはアクセントが絶対に来ない。どれも最後のシラブルが一番上がるように発音されますね?それに対して、ハンガリー語は全部最初にアクセントがくる。だから、音楽もその通りでしょ?」と言いながら、いきなり強烈なアクセントから始まるハンガリー狂詩曲第2番の冒頭を弾いて見せ、それに対してドビュッシーのふわっとしたどこにもアクセントのないパッセージを弾いたりする。なるほどな、と思いました。

ドイツ語圏の音楽のアーティキュレーションには、たしかにドイツ語的なアクセントの感じ方、強弱法、韻律等が関係していると思います。だから、ある国の言語を知っているほうがその言語圏の作曲家の音楽を表現するのに有利なのは間違いないでしょう。フランス語とフランス音楽、スペイン語とスペイン音楽、イタリア語とイタリアの音楽…どれも然りだと思います。

また、英語は抑揚が激しい言葉です。特に米語を母国語とする人は、そこまで感情を入れますかと思うくらい声が激しく上がったり下がったりしますよね。アクセントの位置は非常にはっきりしていて、Rは舌をたくさん巻くし、流れが速く展開していきます。やっぱりジャズはアメリカで生まれた音楽だなあとつくづく思うわけです。動きの速いサックスのバップフレーズ、あるいはフリージャズを思い起こしますよね。

ところで、ロシア音楽はなぜ日本人に好まれるのだろうか、と考えてみた時に、これも思い当たることがあります。ロシア語の響きは、英語やフランス語と比べると日本語に近い気がするのです。口先でボソボソ発音する感じも似ていますが、文法的にも格変化が面倒なことはドイツ語に匹敵しますが、いろんな発想が日本語的に置き換えやすい部分がけっこうあったりします。響きとリズムもやっぱりちょっと似ていますよね。
ジャズの影響を受けたカプースチンが、なぜ世界でまず真っ先に日本人に受け入れられているのか。これは難しい問題ですが、カプースチンはウクライナ生まれ。もちろんロシア語の人です。ロシア語には整然とした美しさがありますし、すごく理論的だけれども芸術性の高い言葉です。フランス的な、洒脱で新しいもの、風変わりなものを求めるような雰囲気などはロシア語にはない。フランス語は、言葉の言い回しがホントに独特です。人の意表を突く慣用表現や単語のつながり方が多いと思う。それから考えると、ロシア語はもっと真面目で厳粛な感じです。

だから、アメリカ的なカッコ良さを受け入れつつも、奇抜なものに心惹かれるのではなく、古き良き芸術を愛するというようなロシアの精神がカプースチンの音楽の中には流れていて、これが日本人的美意識と相通じるものがあるのかなと思います。この美意識は、例えばラフマニノフやメトネルにも強く感じます。
そして、それにも増してスケールの大きさ。これがロシア音楽の大きな魅力ですね。同様にロシア語もとても奥の深い言語です。どこまで深いのか…、気が遠くなるほどですが、頑張って勉強を続けていきたいと思います。




ピアノ練習のヒント : 22:09 : comments (x) : trackback (x)
アムランのCD新譜など

今朝、久しぶりにモスクワのカプースチンからメールをもらいました。
ここのところ筆不精気味だったのですが、最近ようやくご報告できることなどもあったのでこちらからも書いていたのですが、早々にお返事が来るのはやっぱり嬉しいですねにこっ

アムランの今度のディスクにカプースチンが含まれていると聞いていたので、その件も伺ってみたのですが、ちゃんと収録曲その他いろいろ詳しく知っていました。

CDのタイトルは"In a State of Jazz"。これはこのCDに収録されたワイセンベルク作曲の同名の曲のタイトルのようです。カプースチン作品は何が入っているかというと、アムランが以前からずっと録音したいと思っていたピアノソナタ第2番。「すでにオズボーンが先を越しているんだけどね…」というのはカプースチンの言ですが、そのほかにフリードリヒ・グルダの作品、ジョージ・アンタイルのソナタなど、相変わらず他の誰にも真似のできないプログラムであることは間違いないですね。「いつものマルクらしく、変わったプログラムだよね」とカプースチン。発売が楽しみです。

久しぶりにカプースチンの顔が見たくなったので、昨年5月にモスクワで撮って公開し忘れていた写真を1枚。

今年もまた会いに行こうかな。。。










カプースチン : 21:30 : comments (x) : trackback (x)
私の外国語学習熱のこと

実は、この電子辞書の前にもカシオのEX-Wordシリーズを使っていました。国語系の辞書が目的だったのですが、それを初めて手にした時はとても嬉しい気分だったことを覚えています。ところがところが、それを購入した翌日、たまたま入ったマクドナルド(だったかな?)で勉強していた高校生が私のとまったく同じ電子辞書を持っているのを見てショックを受けました。
そう、考えれば誰でも手に入れられるものなのですよね。勉強ツールはいくらでも良いものは世の中にあるわけで、誰でも買える。ただ、それをどう使いこなすかは人それぞれでしょう。

ところで、自分はどうしてこんなに外国語を勉強したい気持ちが強いのだろう…と考えてみたのですが、理由はよくわかりません。「好きだから」としか言いようがないのです。外国の本や文献を読みたいという動機よりは、単純に外国人と喋るのが好きなのです。これは子供の頃からそうです。外国の人は、まったく違った視点を持っているし、育った環境も歴史も違う。考えもつかない思考回路を持っていて本当に面白いし、それでいて同じ人間同士として相通ずるというのがとても嬉しいというか、そういう複雑な喜びがあったりします。
それに、やはり過去二〜三千年の世界の歴史を考えると、西欧の文化を抜きにして人間として生きていくのはもったいないというか、生き方が中途半端になってしまうような気がして、どうしても広い世の中を知りたいと思った時に、必然的に外国語を知らなくてはいけない気持ちになりました。北海道の片田舎で生まれ育ちながらそんなことを考えていました。

まだあまり人に語ったことはないのですが、実は私の外国語学習歴は話すとかなり長いものがあります。
小学校に入ってすぐ父親に進められて英語のカセットテープ教材で勉強し始め、中学生になったらドイツ語をNHKのTV講座で毎週勉強したのは偶然(その7年後に本当にドイツ語圏に留学した)としても、その後高校生あたりでかなりの語学キチガイとなって、家族にも変人と思われるほど熱中していた時期もあります。実際のところ、「私の外国語習得法」などのタイトルで1冊の本が書けると思うし、それはひょっとしたら人の役に立つ内容にもなるのではないかと思います。
さらに留学時代も含めてものすごい時間を語学の勉強に投資したことは事実ですが、振り返ってみて外国語が使えることで確かに得をしていることもあります。これまでに数え切れないほどの恩恵を受けましたが、なんといっても最大の報酬はカプースチンとロシア語でつながることができたことでしょうか。これは想像もしなかったことでした。それまでに5ヶ国語を勉強して身につけた経験がなかったら、独力でロシア語をここまでやる気力は沸かなかったかもしれません。

もっとも、習得したと言っているのは自分で勝手にそう言っているだけで、誰かにちゃんと判定されたわけではありません。資格も特別に何か持っているわけではありません。外国語は、「数ヶ国語に手を出してもどれも中途半端になるから、せめて英語だけでも完璧に…」と考えるのが普通の日本人の考え方だと思います。ただ、私はその考え方に真っ向から挑戦しているわけです。実際、ヨーロッパの私の友人には数ヶ国語を話す人がたくさんおります。

外国語を習得するには、ある時期、一定期間、一つの外国語だけに集中することがまずは大切だと思います。それは、国語力(自国語を十分に操る能力)の基盤をまず築く必要があって、そのために時間を稼ぐ必要があるからです。
おそらく高校生くらいになれば、もっと欲を出し始めても良いでしょう。つまり、自分にとってその時々に重要だと思われる言語を必要に応じて勉強していくこと、知識と語彙を少しずつ増やしながら、並行して能力を高めていくという発想です。私もこれをやっています。ただし、これは一生続けていかなければいけません。維持するための労力を払わなくてはいけないのです。これは楽器の習得と維持ということに本当に似ています。

うーん、やっぱり外国語の勉強をテーマにして1冊の本にまとめてみようかな。




雑記 : 20:47 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<  2008 - 01  >>
COUNTER
total:2263726
today:553
yesterday:1255
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX