Main
ジャズのことなど

今週の水曜日も先週に続いて卓球かな?と思ったけど、昨日は音楽雑誌による取材があったので断念。インタビューでは充実した時間を過ごしました。ちょっと喋りすぎたかもしれません。(でも昨日は自分の誕生日だったというのを言い忘れたな。)

昨日の対談でもそうでしたが、最近は自分がクラシック音楽側の人間という立場でありながらジャズのほうを持ち上げたりすることが多くなっているのに気がつきました。というか、音楽ジャンルを分ける考え方は、CD売り場を別として、現代ではもう無理があるのではないか、と思い始めているということもあります。もちろん明らかにジャンルの違いというものも存在はするのですが。

昨日NHK教育テレビの「国府弘子の今日からあなたもジャズピアニスト」最終回(第9回)を見てしまいました。昨日の放送もとても楽しいものでしたね。25分間であれだけの内容の番組を作れるのがすごい。なんだかんだ言って、私は9回の放送をすべて録画してしまいました。別に何かに役立てるためにこれを熱心に観ているわけではないのですが、どうしても気になってしまう。クラシックを専門とする音大のピアノ科の学生たちに先日言ったら、「録画されたDVD、私にも是非貸してください!!」と、実はみんなけっこうジャズにも興味あるのですよね。

クラシックだけを勉強していると即興演奏というものが全然できない、というのがよく言われる通説です。(痛切でもあります。) 私自身、確かにそういう教育を受けてきたのでよくわかります。ジャズにはその場で生まれる音楽というのがあって、そこは本当にみんなが魅力を感じる部分だと思います。ピアノを習ってきた人がピアノを弾けるのは当然ですが、やはりどこかで創作というもの、オリジナリティを作るということに目覚めるきっかけがあると良いのですよね。

ジャズに惹かれる人は、自発的なものや自分独自の個性を放ちたい、あるいは即興演奏や、普通とは少しずれた楽しさ、新しいものを追い求める感性、難しいハーモニーや身体を揺すりたくなるようなリズム感、また堅苦しくない楽しさなど、そういったものを強く求める人が多いでしょう。問題は、そういうことをやりたいのに取っ掛かりがなかなかつかめないこと。もうジャズを習うか?と悩む人もいると思います。

でも最近では、カプースチンが良いきっかけになったいう人もいる。オリジナルCDでデビューした松本あすかさんもそう言います。もともと才能もあったのでしょうが、クラシックだけでずっとやってきて、そしてカプースチンに出会った。カプースチンもクラシック音楽に変わりはないのですが、でもその音楽が松本さんの本来持っていたものを刺激したのでしょう。そこからクリエイティブな才能が開花したと、そんな人も現にいるわけで、考えれば今ではいろんなパターンが可能性として開けているのだな、と感じます。

日本人は才能を持った人が本当に多いと思います。考えてみれば、日本ではクラシックもジャズも同様に愛されていて、どちらの分野も超一流の演奏家が活躍しているし、愛好者のレベルもすごい。今後は音楽家を生み出す教育機関としての音大のあり方も、もっともっと変わっていかざるを得ないでしょうね。

雑記 : 19:26 : comments (x) : trackback (x)
カプースチン新譜情報

昨年のモスクワでの録音から約1年。
長らく待ちわびていた新たなカプースチン自作自演盤「カプースチン・リターンズ!」がついに発売になります。

発売予定日は6月5 日。
日本アコースティックレコーズからのリリースです。
情報はこちら


 収録曲は以下の通り。
 Paraphrase on "Aquarela do Brasil" Op.118
 Humoresque Op.75
 Two Etude-like Trinkets Op.122
 Gingerbread man Op.111
 End of Rainbow Op.112
 Fantasia Op.115
 Spice Island Op.117
 Vanity of Vanities Op.121
 Paraphrase on "Blue Bossa" Op.123
 Countermove Op.130
 Sonata No.16 Op.131

未知の曲が多くを占めているので、カプースチンファンにとっても新たな発見がきっとたくさんあることでしょう。


ちなみに私自身が今回録音した曲目は以下の通りです。
 Sonata No.11 Op.101
 Prelude Op.66 No.2
 Wheel of Fortune Op.113
 No Stop Signs Op.114
 Introduction and Rondo Op.128
 Sonata No.13 Op.110

ピアノソナタ第11番(全3楽章)と第13番(全4楽章)はかなりの難曲であり大曲。残りの曲は小品ですが、こちらも作品としてはまだ発表されていなかった曲を多く録音しました。

先月、(株)プリズムから出版された2冊の楽譜には、これらの新曲がかなり網羅されています。

カプースチン : 21:32 : comments (x) : trackback (x)
夏はダーチャへ

ロシア人は、夏休みの季節には郊外のダーチャで過ごすと言われています。
確かに、カプースチン氏の一年の過ごし方を見ると毎年恒例の行事となっているのがわかります。


散歩するカプースチン

彼にとっては、夏の1ヶ月間は「絶対に」遮断された環境に身を置かなくてはいけないようです。「しばしの間、さようなら」ってな感じで、この期間、連絡が取れなくなってしまうのです。

私たち日本人の感覚から言えば不便なこと極まりないような気がするのですが、どうしても休息が必要だということです。休息する、といっても、言い方を変えると作曲に専念、つまり仕事をしているわけなのでしょうが…。確かにそのような環境で仕事ができたら理想ですよね。落ち着いた時間と空間を1ヵ月間経験することで、また都会に帰ってきてザワザワとした環境に戻ってもなんとか仕事を続けていく気持ちになれるのでしょう。
日本で私たちがこれと同じようなことを実現しようと思ったら、どうすれば良いのでしょう。それとも、作曲家の特権といったところでしょうか。

最近だんだんわかってきたことですが、カプースチンは一つ一つの作品を精魂込めて生み出しています。駄作がないというか、作品番号135くらいありますが、全体に対する「大曲」の割合が本当に大きいと思います。つまりすごい速さで楽譜を書いているということです。ピアノ曲以外の作品も、ページ数の多いものが圧倒的に多い。カプースチンについては、音楽界でも世間的にはまだ一割も正しく評価されていないのだろうなあ、という感じがします。カプースチン70歳の今年一年、私はすべてを彼に捧げたくなってきました…。

カプースチン : 20:40 : comments (x) : trackback (x)
門下生卓球大会?


この謎の集団は一体……??

全員がピアノ弾きとは思えないノリですが、正真正銘のピアノ科です。
授業の合間の時間にうまく集まって…。
たまには卓球に燃えるのも良いですよね。





私だって、大学時代はやっていたのですよ。
でも今日は敗勢の時にちょっとだけ本気になりすぎて息が切れてしまいましたが…。
卓球は激しすぎないので、弱めの負荷がずっと持続的にかかるのがとても良いです。
ピアノソナタを1曲弾くよりはちょっと体力を使いますが。


一日だけの卓球部ができてしまいました。

体力は、やっぱり少しムキになって試合をやるくらいじゃないと鍛えられませんね。一人でジムへ行くのとは、疲労度が雲泥の差でしたきゅー

雑記 : 22:11 : comments (x) : trackback (x)
カプースチンの近況ですが

作曲家というものは、自分が書いた曲が音となって演奏されることほど嬉しいことはないのでしょう。
カプースチンからメールで、「早くあなたの録音が聴きたいのだよ」と急がされているのですが、「CDが出来上がってお手元に届けられるのは7月頃だと思うのですが…」と私。そうすると、「もし7月になるとしたら私はちょうどダーチャ(別荘)にいる。モスクワには不在だ。参考のため私のその頃の予定を細かく教えておくから…」という感じで、5月はこうだ、6月はこうだと、一刻も早く送ってほしい、と言わんばかりです。楽しみにしてくれているのはとても嬉しいのですがぽっ

ほかにも、いろいろと聞いてきます。
「どうして録音に2日間しか取らなかったのですか?あと数日増やせばもっと多くの曲を入れられるのに。」
まあ確かにそうですね。新曲は1曲でも多く、そして少しでも早く音として記録すると作曲家は嬉しいのだろうなあ、とは思います。特に彼の作品は、まだ誰もがすぐに手をつけるというものではありませんし。
カプースチン自身は、自作の録音にいつも4日とか5日とかじっくり時間をプロデューサー氏に与えてもらえるようで、うらやましいといえばうらやましいなあと思います。しかし現実は厳しいわけで、そんな悠長なことは許されないのが普通です。

それにしてもカプースチンのバイタリティには驚く。
あっという間に、ピアノソナタ17番と18番を完成。さらに、夏には室内楽の委嘱作品に取り掛かるという…。イタリア人ピアニストに頼まれたというこれらのソナタにしても次の作品にしても、「もう委嘱は書かない!」とあれほど言っていたのに、優柔不断というか、人がいいというか(たぶん脅されているのかも(笑))、「なんで私は委嘱ばかり書いているのだろう…?自分でも分からん」と言いますが、もう私は知らないですよ!(私にも書いてほしいですよ。)

カプースチン : 19:52 : comments (x) : trackback (x)
今日の「題名のない音楽会」

皆さまにはお伝えするのを忘れていましたが、今日朝9時からのTV朝日『題名のない音楽会』に辻井伸行君が出演しました。
この番組、司会者も新たに指揮者の佐渡裕さんに変わり、今後も楽しい企画が続いていきそうですね。

それにしても今日の放送での辻井伸行君は、「幻想即興曲」や「ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番」などという、どちらかといえば彼にピッタリあった曲目を披露できたこともあって、今までになく本領発揮していたかもしれません。テレビの中でも割れんばかりの聴衆の大拍手が聞こえました。
佐渡裕さん、プロデュースがさすがに上手いと思います。その人の良いところを上手く引き出してくれるので、伸行君にとっては最高の人です。

佐渡さんもテレビの中で言っていましたが、伸行君には作曲の勉強も本格的にしてほしいです。私も彼にはジャズにもある程度たしなんでほしいし、作曲を習うべきだとずっと言い続けてきましたが、少なくともこれまではそのような時間的余裕がなかったというのが実情です。次から次へと来る本番に追われていましたからね。今後も彼の周りで彼を本当に心から理解する人たちのアドバイスを真摯に聞いていってほしいと思っています。

さて、その伸行君。今日はテレビの放送日だったわけですが、ご本人は実は今ちょうどCD録音のためにベルリンに行っている最中です。

ベルリンの伸行君とお母様からメールが数通届きました。
『ベルリンは初夏の日差しで快適で~す!(中略)スタジオは自然の中にあって休み時間はお庭に出て鳥の声を聞きながら寛いでいます。』
ということ。
いいですねえ。くつろぎながらセッションを楽しんでいる伸行君の姿が想像できます。
最高の仕事をして帰ってきてください!

雑記 : 10:07 : comments (x) : trackback (x)
ロシアにやっと届いた

どうやらモスクワのカプースチンに新刊楽譜の見本誌が届いた模様。
作曲家ご本人と久しぶりに連絡をとることができて私もハイテンションですにかっ

新しいピアノアルバムかなり気に入ってくれた様子。
カプースチン:「以前のよりもあらゆる意味でクオリティが上がりましたね。装丁も明るく楽しい感じだし。特にあなたが書いてくれた第一級の解説は気に入った。非常に興味深く読ませてもらいましたよ。どうもありがとう。」
と、有難くも嬉しいお言葉を頂いて、胸を撫でおろしました。

一字一句を読まれてしまうので、英訳チェックもやっぱり一応念入りにさせていただいて良かった。
こういう仕事って、結局忙しい人たちばかりでなされるので、最後の最後まで気を抜けなかったのです。でも今回の英訳は鮫島さんとTim Gill氏という黄金のコンビだったので、私の労力はこれでも最小限で済んだはずです。

カプースチン作品はまだまだ世に問い続けなければいけないので私もまだまだ忙しい身ではあります…。

カプースチン : 20:50 : comments (x) : trackback (x)
連休はあっという間に

ここのところ寒い日が続きます。
ブログは長く更新をサボってしまいました。その間、目まぐるしかったですが充実した日々は送っていました。

アルメニアの友人から、といっても会ったこともないのですが(笑)、とにかくカプースチン・ファンなのでしょう、日本で出たばかりの新刊楽譜のことも知っているし、なぜか私のCDを持っていて、カプースチンの未発表作品をあれもこれも続けてどんどん録音してほしい、と嬉しいメールをもらうのですが、彼はカプースチン本人に電話をかけて国外のジャズフェスティバルに招待しようとした(断られているのですが)という勇者でもあるようです。

待たれているカプースチンの新たな自作自演盤の出現も秒読みに入ったようです。まだ詳細な情報は受取っていないのですが、来月初旬くらい?そして私の新録音はきっとその後に出るのでしょう。

連休中にはラ・フォル・ジュルネau Japonがありました。年々、動員数がだんだん多くなってきたようで、いろんな意味で関係者が周りに多くなってきました。
私の門下の卒業生でロンドン留学中の三浦さんも、昨年に続いて特設ステージで外国人アーティストに混じって弾いたらしいのですが、そこで演奏したというモンサルヴァジェ(?私も、そして本人も発音をまだよくわかっていない)を昨日私たち数人の目の前で演奏してくれました。その姿にとても頼もしいものを感じましたし、やはり門下生同士で刺激を与え合うような場をもっと作っていかなければいけないなとつくづく思いました。

ところで、彼女とおそらく同じ名前だったという東京音大の学生が、ラ・フォル・ジュルネでカプースチンを弾いていた、しかもとても上手かったという証言があるのですが、彼女はもちろん弾いていないし、誰に聞いても真相がわからないのです。私にそれを伝えてくれた人の何かの思い違いだったのだろうか…??

雑記 : 23:24 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<  2008 - 05  >>
COUNTER
total:2289299
today:434
yesterday:734
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX