Main
ハノンを全曲弾く必要は本当にあるのか?

ピアノの練習で、基礎トレーニングといえば誰もがまずハノンを挙げると思います。他の練習曲もたくさんありますが、ハノンはたしかに誰にも役に立つ練習曲の一つだと思っています。

ハノンはご存知の通り60曲あります。すべてを通して弾くと1時間半くらいかかります。この忙しい現代人に、はたしてそのような練習が本当に必要なのか?
ピアノを本格的にやっている人でも、毎日それだけの時間をハノンに充てるのは大変なことでしょう。なんと言っても忙しいのですから。ではどうしたら良いのか。テクニックがもっと楽に身につく方法はないのか。

世の中には、あまり苦労しなくても楽器を上手く操る素質のある人がいることはいます。ただ、自分の音楽を100%表現できないもどかしさ、また自分のテクニックに疑問を感じている人は、なんらかの基礎的なトレーニングがやはり必要になると思います。

何でも良いのですが、現状を打開するためには何か特別なアクションを起こす必要があります。それが、私の場合は大学時代に「ハノン60番を毎日通す」ということだったのですが、これを皆さんにそのままお勧めしたいわけではありません。
お勧めしたいのは、一つは、「限界まで挑戦してみる」ことと、もう一つは「一定の期間、あることを定期的に続ける」ということです。

英語の勉強でいえば、ある本を1冊丸ごと覚えるとか、英単語や英熟語を片っ端から全部暗記するということは、学生時代に一度はやったことがある人は多いでしょう。それが一番良い方法かどうかはわかりませんが、一度本気で取り組んでみることで体得できることがあります。時間を多く浪費しますから、はたしてそれだけの時間をかけた意味が本当にあったのか?と真剣に考えますし、また無駄な部分にも気がつきます。無駄だと思った部分とやって良かったと思える部分が明確にわかってきます。そして、もっと効率の良い勉強方法が見つかっていきます。

何でもそうですが、本気で取り組んでみないと決して見えない壁というものがやはりあるように思います。私の場合は、大学1年の8月頃に「夏休みに入るから1ヵ月くらいは続くだろう」と思って始めたハノン全曲練習でしたが、結果的には、あまりにも大きな効果がみとめられたのでやめられなくなってしまい、翌年の冬のスキー合宿でピアノが弾けなくて中断した3月頃まで、約7ヵ月半のあいだ一日も欠かさず続けることができました。そしてその経験が、今も役に立っています。

ピアノ練習のヒント : 09:37 : comments (x) : trackback (x)
CDがリリースされました

今年3月末に録音した新録音「カプースチン ピアノ作品集3」がついにリリースです。

やっと手元に届き、開封しました。
自分でも最初に開けるのはドキドキするものですね。



今回の収録曲は、Op.66-2の即興曲以外は世界初録音も含めて、ほとんどまだ誰にも知られていないのではないでしょうか。特に新作などは、今後どれだけのピアニストに取り上げられるかで後世に残っていくかどうか、という話になるのでしょう。カプースチンという作曲家がかなり知られてきたことは事実ですが、私自身、彼の未聴の作品に触れるたびに、まだ新しい発見やビックリする発見を続けています。現在までにCDや楽譜、YouTubeなどで公開されている映像などを入れても、知られている作品はまだ全作品の半分にも達していないのではないでしょうか。

今後もたくさんの演奏家たちによってカプースチン作品が録音されることを願っています。

カプースチン : 19:39 : comments (x) : trackback (x)
カプースチンの祭典

昨日に続いてカプースチン関連ニュースです。

来る8月2日(土)に「カプースチンの祭典」と銘打たれたイベントが開催されます。
開演13:30より新宿区TOMONOホールにて。

このコンサートで、十数名のピアノ弾きたちがカプースチンレパートリーの演奏を繰り広げます。全国からカプースチンファンが集まることでしょう。
オール・カプースチンのプログラムでこれだけ多くの演奏者が集まるのも、またカプースチのファンの集いとしてもこれほど大きなイベントは初めてです。
この日のプログラムの最後には、CDにカプースチンのエチュードを入れ、また独自のパフォーマンスで話題を呼んでいる松本あすかさんも登場します。友人とのデュオで2台ピアノのためのMantecaパラフレーズOp.129を演奏してくれることでしょう。
なおこのManteca Op.129は、私が昨年10月に演奏した時の映像がYouTubeにアップされています→ http://jp.youtube.com/watch?v=sH3yTG8sQFc
プロモーション用のためこの映像は1分45秒くらいでカットされていますが、本当は全部で4分30秒ほどの曲です。最後まで目と耳が離せない魅力たっぷりのカプースチンワールドの典型のような曲です。8月2日は楽しみですね。
詳しくは不破さんのサイトに情報が随時更新されます。

もし間に合えば、私も共演者を得てカプースチンの埋もれる未公開作品の中から1曲披露できるかもしれません。

どちらにしても、カプースチンファンにはまたとないこの機会。全員結集を!

カプースチン : 21:36 : comments (x) : trackback (x)
「ショパン」にカプースチン連載

月刊ショパンに、“Enjoy! カプースチン”の新連載が始まりました。
本日発売されたショパン8月号には、この連載の第1回として私+濱川礼氏+門田たま子氏との鼎談が載っています。(p.112~113)
濱川さんは、日本で最初にカプースチンとコンタクトをとった人、門田さんは国内で初めてカプースチンの楽譜出版を英断決行した方です。
カプースチンが日本で普及した背景には、ほかにも高沖さん、不破さん、そしてもちろん鮫島さんなどの存在も大きいでしょう。
今回の話題は、カプースチンが日本に広まった経緯や楽譜出版までの秘話など。皆さんに読んでもらえると嬉しいです。

今後カプースチンの話題でこの連載は4回ほど続くようです。お楽しみに。


カプースチン : 21:11 : comments (x) : trackback (x)
ヤマハでのインタビューと収録講座

ヤマハが行なっているPSTA(piano-study teachers' association)というピアノ指導者のためのサポートシステムがあります。ここで行なわれているブロードバンドのための音楽講座を依頼されました。収録は9月19日にヤマハ横浜店にて。

これに先立って、ヤマハよりインタビューを受けました。
PSTAのサイトにアップされました→http://psta.jp/
“アーティストインタビュー”のところをご覧ください。

インタビューは、私が確かに語ったことではあるのですが、翻訳されて分かりやすくまとめられています。自分で読むと不思議な箇所もあるのですが、でも特に問題はありません。

ヤマハでは、会場まで足を運べない人たちのために、最寄の楽器店で講座が聴けるように配信したり、ネットで聴ける番組を作ったりと、いろいろな工夫をしているのですね。話を聞いていると、今後もまだいろんな可能性が開けていくような感じがしました。私も充実した公開講座ができるよう、準備を進めたいと思います。

雑記 : 22:58 : comments (x) : trackback (x)
音楽塾Vol.1無事終了!

今回のイベントは、大学4年以上の出演、4年生と大学院生による企画でした。
無事に成功に終わってホッとしたと同時に、心地良い疲労感…ではなく、私は今朝から極度の疲労感…という感じですが、でも充実した経験でした。
聴きに来てくださった方々、そして出演者の皆さんお疲れさまでした。

演奏終了後の出演者一同


ピアノ演奏以外には、例えば江本純子さんのラフマニノフのミニレクチャーと、特別出演の野宮淳子先生とのラフマニノフの歌曲の演奏。素晴らしいソプラノの演奏で、圧倒されました。野宮先生、本当にありがとうございました。3曲ともラフマニノフの有名な歌曲でしたが、ピアノの学生たちにはひょっとしたらかなり新鮮だったかもしれません。3曲目の“Floods of Spring”Op,14-11のメロディーが今日はまだ頭から離れません。
掛札佳奈さんは後半の冒頭のトークで、プログラムのメトネル~プロコフィエフ~バーバー~カプースチンの流れを、知識を駆使して自分の言葉で聴衆に興味を持たせるように語ってくれました。
それから、栗山梢さんはカプースチンの演奏と、自作の歌を弾き語りしてくれましたが、これも良かったです。こんなことも門下生演奏会では初の試みでした。

「音楽塾」では、まず出演者たちの個性に合わせること、つまりそこにいる人が何を得意とし、どういうことができるか?ということを考えてみる。そこにいる人たちの才能をうまく組み合わせて、一つのステージを作るという発想です。だからメンバーが変われば、また違った魅力を放つことになるでしょう。そのような意味でも、第1回目としてはオリジナリティあふれる企画ができたように思います。

手作りのイベントでしたが、みんなで一つのものを作り上げようという意識によって普段の門下生発表会よりも真剣に取り組んだこと、そして一人一人が自信を持てたことは大きな意義があったと思います。今後も続けていけたら良いなと思っています。

雑記 : 20:54 : comments (x) : trackback (x)
学校クラスコンサート

今日は小学校に行ってきました。
音楽室でのコンサートです。


今日演奏した4人はわが音大の学生たちで、私も直接間接に指導に関わったことと、個人的にもこのような企画に大いに興味があったので、今日は朝の1時間目から足を運びました。3クラス分の授業、3回のコンサートでした。
この学校コンサートはピティナ(全日本ピアノ指導者協会)がバックについてくれていますが、これまでこの「クラスコンサート」は、ほとんどプロの人のみがこの企画に参画していました。学生のグループとしては今回初めて実現したということで、新たな道を切り開いたという意味ではとても大きなことです。

みんなにピアノを囲まれての演奏というシーンもありましたが、とても有意義な仕事(ボランティアです)だったと思います。子供たちの反応は感動モノでした。


さて、大学に戻って、夕方からは明日のリハーサルと打ち合わせ。




今日はゆっくり休みましょう。

雑記 : 22:09 : comments (x) : trackback (x)
『川上門下の音楽塾』って

ずっと以前から、ピアノを勉強している人のための楽しくて勉強になるような会を創ることはできないだろうか、ピアノ音楽の現在から未来まで見据えるような内容で、新しい形の演奏会+勉強会のようなものはできないだろうかと考えていました。演奏はもちろん、トークあり、教養的な内容あり、旬の話題あり、聴衆参加あり、情報交換や交流の場にもなりetc...という盛りだくさんな収穫を意図したコンセプト。

そのような新しい試みはやはり門下生から始まるのが妥当だろうということで、さっそく来週7月15日に、「川上門下の音楽塾Vol.1」と題して第1回を行なうことになりました。まずは学内でのイベントです。聴衆のみならず、出演者も別に門下生だけに限るつもりはないのですが、とりあえずは門下生が出演する企画にしました。

大学4年生が中心になって手作りの演奏会企画が現在進行中です。
最初から上に書いたようなコンセプトをすべて満たすことはできませんが、できるだけ面白いイベントにしようと頑張っています。今回は学生によるミニレクチャーや自作曲の披露などもあるでしょう。
プログラムはなぜかロシアの作曲家のものが多くなってしまったので、「ロシアロマン派からカプースチンまで」と銘打ちました。というわけで、カプースチンの難曲を弾く人までいます。私も「ソナタ16番を弾こうかな」などと口走ってしまったので、突然練習に追われてしまう日々がやってきました。

といって気がつくと、もう4日後ではないか!
しかも手帳を見ると、明日から3日間は朝から晩までフル稼働で、そのうち2日は大学ではないけどいろいろあって8時台出勤だから朝7時には家を出るというスケジュール。これは一般的なピアノ弾きにとってはかなり早い時間ですよ。ヤバいですネ。体に鞭打って今から練習ですね。

雑記 : 20:06 : comments (x) : trackback (x)
行ってよかった

空港の出発ロビーからゲートに入ったところにありました。
10000マイルで、ハンドロールピアノがもらえるのか。




2日間のコンクール審査は長丁場でしたが、海も見れました。
つかの間でしたが、心の解放になりますね。

ちなみに、コンクール会場シュガーホール裏に面している海の写真


行くところに行くと、こんなに青い海があるのにね。


沖縄をいろいろ走り回ってもらうことができて本当に良かった。
卒業した門下生の中には優しい人が全国いろんなところにいるのですよね。大切な時間をつきあってくれて本当に嬉しかったです。ピアノも練習させてもらえました。審査で缶詰の時は1日中弾けないこともありますから助かりました。

今回、行きはANA、帰りはJALでしたが、体調も狂わずに無事に東京へ帰ってきました。東京は涼しいですね。

名古屋でのショパンの講座も楽しく終えてきました。

雑記 : 13:31 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<  2008 - 07  >>
COUNTER
total:2387322
today:118
yesterday:912
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX