Main
楽譜を手に入れる苦労(ロシア編)

音楽雑誌「ムジカノーヴァ」で『作曲家別エディションの選び方』という特集が組まれていて、今月号では岡田敦子先生による「ロシア近・現代編」も入っています。副タイトルに「ムソルグスキーからカプースチン」(!)という、なんとカプースチンがついにロシアのピアノ音楽史の中で普通に語られる時代が来たのだなあ、と感慨を新たにしました。

御論考の中でも語られているように、ロシア作曲家の楽譜の出版事情や普及の仕方はやや特殊です。エディションは選ぶほど多くないし、その楽譜には指使いが書いてあるものなどほとんどないし、ミスプリントかどうか判明しない音などまだたくさんあります。現在では、全音や春秋社など国内版もかなり頑張っていますが、とにかく未だに手に入りにくい作品が多いことは確かです。
どの作曲家も似たようなものではありますが、典型的なのはやはりメトネル。今ではかなり多くの演奏家に取り上げられるようになってきましたが、楽譜を手に入れるのにはそれぞれ皆さん苦労されているのではないでしょうか。たまたま奈良希愛さんのブログで知ったのですが、彼女はメトネルの2台ピアノの作品の楽譜をゲットするのに3万円近くも払ったとか…、楽譜を得るためにはそれほどの情熱が必要な場合もあります。

メトネルについては、音大の学生達からもときどき訴えがありますね。楽譜が手に入りにくいと。ドーバー版の「おとぎ話」集(第3巻)がどうしてももう手に入らない…とか。まず考えられる店頭での入手やネット経由では全然ダメ。まだまだ口コミ情報がものをいう段階ですが、とにかく世界レベルでの楽譜のさらなる普及度が上がるのを待つしかないのですね。これ自体が、作曲家の認知度に関係しているとも言えるわけで、やはり作品を良いと思う人が頑張って広めていかなくてはいけないのでしょう…。国内版楽譜も、メトネルで私がアクションを起こしたのは2001年。高久先生に解説・校訂協力をお願いして1冊めの「忘れられた調べ 第1集 作品38」は無事に全音から出版されました。しかし、続く「メトネル ピアノ作品集」は、忙しすぎる高久先生からの解説原稿は5年以上経った今も未だ届かず、これも現在の状況では完成には程遠いようです。なんとかしなくてはならないと思っています。

クラシック音楽の場合、その作曲家の音楽が幅広く浸透していくためには、現代ではもう楽譜の普及にかかっていると感じています。前衛作曲家でもたまたま楽譜が出版されていればもう定着した作曲家と見なされますし、逆に、素晴らしい作曲家なのに楽譜が手に入らなければ誰も演奏しないし、誰も取り上げてくれないわけです。この問題は、ロシア作曲家やその周辺の近現代作曲家には特に大きな問題のように思います。

雑記 : 10:17 : comments (x) : trackback (x)
電子辞書その後

昨年12月にドイツ語が充実したカシオのEX-Wordを買いましたが、自分にとってどうしても必要だった“ロシア語辞書”はどの機種にも入っていないのであきらめていました。
そうしたら、その2ヵ月後にロシア語の辞書が追加コンテンツとして出され、それを入れることができるGP・SPシリーズのモデルが売り出されたのです。私が買ったばかりのまだ新品の“旧モデル”では、この新たな追加コンテンツを入れることは不可能と言われて泣いていました。新しいモデルを買い換えるためにまた5万円近くも払うなんて…。

ところが、今日の情報ではなんと今月8月下旬にロシア語辞書系がメインとなる外国語モデルが新発売になるというのです。あと2週間ほどだから、買い替えはこれを待つことにしました。
それにしても、この分野の日進月歩には目を見張るものがあります。今年の最初の頃は、「ロシア語辞書が充実したEX-Wordなんてあと10年ぐらい待つのかな、必要としている人なんてあまりいないだろうし…」と思っていたので、ちょっとビックリしています。
これほど有利な条件に生きているのだから、日本人はもう外国語に堪能な民族にならなくてはいけませんね。

さて、ビックカメラ本店を出て、雨が強く降ってきたけどとりあえずパソコン館にも音楽関係のソフトウェアを買いに寄ることに。そして目当ての商品を見つけて、レジに持ち込んだ瞬間、なんと突然の全館停電!!


その時の店内の様子。非常灯だけが点いている。

しかし、店員もお客も特にパニックにはならずに復旧を待っていました。その間15分か20分か…。雷が周辺に落ちたらしいという噂で、道路を挟んでエリア周辺はどうやらすべて停電してしまったようでした。それにしても、電気屋さんが停電するとなんとも頼りないものですねあうっ 精密機器にダメージはなかったのでしょうか。それにエレベーターに乗っていた人はどうなったのだろう。

もうそろそろ諦めた頃になんとか明かりが戻ってホッとしましたが、その後レジが復旧するまでさらにずいぶん待ちました。とんだ夏の日のハプニングでした。
(停電が復旧した直後にニコニコしてエレベーターに乗る人の気が知れなかった…。)

雑記 : 20:02 : comments (x) : trackback (x)
本当に暑い

あまり言いたくなかったけど、やっぱり暑いきゅー
今年は北海道へ行く予定を引き伸ばしてしまったし、避暑地に行く予定も今のところない。
この時期には、毎年ピアノはコンクールが山場を向かえる時期でもあるので、本番が続く人には大変な季節でもあります。

私も先週は名古屋へ。さらに乗り換えて北へ50分ほどのところ、ヤマハ小牧店で公開講座(ショパン)をしてきました。行きは名古屋から高速バス、帰りは電車(3回乗り換え)。どうしてもクーラーのない場所はあるので、荷物が重いとさらに暑い。

余談ですが、日本を行き来する以上、エレベーターもエスカレーターもなく、階段を歩く以外にない箇所が必ず出てきます。駅構内だったり、乗り換えのためだったり…。だから、片手で持てない荷物は(特にピアノを弾く人は!)絶対持って旅行してはいけないと思っています。
が、実際にはそんなことは不可能であって、私のような車に乗らない人は、最終的な解決策としてはどう考えても一つしかありませんでした。それは「腕を鍛える」こと。それが「この駅にもあの駅にもエレベーターをつけてくれ!」などと叫び続けるよりも、一番手っ取り早い方法でした。(笑)
つまりダンベルで鍛えるしかないのですが、これに気がついてからは(もう3年位前からですが)、努めて腕の力を意識するようになって、荷物を移動するのが少し楽になった気はします。腕が強ければ、どっちにしたってピアノを弾くにも役立ちますから悪いことはないですよね。

東京へ戻った翌日、今度は逆方向の東北新幹線に。
先週は4日間連続で新幹線に乗って移動する日々でしたが、なぜかオリンピックの開幕式は自宅で観れました。

雑記 : 21:46 : comments (x) : trackback (x)
プロデュース能力

音楽大学で勉強しているような人は、ただ「音楽が好き」、「演奏するのが好き」という人が多いと思うのですが、やはりこれからはプロデュース力も大事です。

楽器を一生懸命練習することももちろん大切ですが、ただ与えられた曲を練習して、与えられたことをやっているだけでは、仕事ができる人材、社会に必要とされる音楽家になるのは難しい時代だと思います。
しかし、例えば一つコンサートを企画するというのも、ゼロからやるのは大変な努力が要ります。経験も必要ですし、すぐにできることではありません。音大では、興味のある学生にはそのようなマネジメントを勉強する機会も皆無ではありませんが、ただ、あまり重視されているようには思えません。ですから、一人一人が「何か新しいものを生み出そう」と自分から思うことは大事だと思います。

その意味では、先日7/14の記事で紹介した学生たちの活動などは重要な意味を持つと思います。彼らは、もう1年以上前にグループに名前をつけて活動を始め、老人ホームでの演奏等から始まり、学校コンサートその他のイベントで演奏の場を作って多くの人の役に立っています。現在はボランティアでの演奏が多いようですが、とても喜ばれ、これがきっと大きな動きに発展していくことでしょう。まったく何もないところから自分たちで行動を起こした結果、協力してくれる人が集まったということです。

プロデュース力は、簡単に身につけられるものではありませんが、誰でも何かを生み出すことは可能だと思います。「何もないところから何かを生み出す力」です。特殊な才能を持っている人は、音楽を作ることができたり、詩を書いたり、絵を描いたり、物を作ったりできる人もいるでしょう。これは立派な創造物です。また、商品を作ったり、番組を作ったり、イベントを作る…という人もいます。何もないところからこういうものを企画をするのがプロデュースということです。もっと言えば映画を作ったり、さらには誰も見たことも聞いたこともないようなものを生み出したり…。

学生のうちから、できれば高校生や中学生の頃からそのような発想を持っていると良いでしょう。プロデュース力を磨く前に、当然まずは学校での勉強をいろいろしなくてはいけないでしょうが、それを基礎にして、何ができるか発展的に考えていくことです。例えば、お互いある才能を持った人同士のコラボあたりから始めるのも良いでしょう。これは自己プロデュース力を含む形になります。音楽でも何でも良いですが、それを発表する場を作ること、そして宣伝をして人を集めること。これだけでも立派なプロデュースです。
これがもっと大きくなると、ホールを借りるとか、経費をどうするかとか、多くの協力者を得てより大きなイベントを考えていくということにつながっていくでしょう。良い人間関係もとても大切です。

そういうことができるようになるためには、いろんなイベントを多く見聞きすること、人の多様な個性を理解することや才能を見抜くこと、それから、現実的に何にどれだけお金がかかるのか、などの具体的な計算ができたり、多くの情報を持っておくことが必須です。また、あらゆる意味でのバランス感覚も必要でしょう。
少なくとも、物事を作っていくプロセスが最後の部分まで大雑把に見えていなければ、行動にまで移れないものです。自分のわからない部分がたくさんあるうちはまだ無理ですが、知識がある程度勉強や経験によって増えてくると、小さなことから実現可能になってきます。そして実現すれば大きな達成感が得られます。
特に音楽をやっている人は、どんな分野の仕事を目指している人であれ、そのような考え方が今後はとても重要になってくるのではないかと思います。

ピアノ練習のヒント : 21:10 : comments (x) : trackback (x)
「カプースチンの祭典」大盛況終了!!

本当に素晴らしい一日でした。
朝9時からリハーサルと準備開始。




ほとんど「出演者=スタッフ」という感じの手作りの演奏会でしたが、これだけ多くの人が集まって一つのものを作る難しさと楽しさ、いや、意外にもあれだけ個性の違う人たちが集まりながら、強い一体感を味わうことができた稀有なるコンサートだったと言ってもいいでしょう。

ご来場くださった聴衆の皆さま、本当にありがとうございました。
また演奏会にカンパをしてくださった方々、本当に感謝いたします。

会場一杯の聴衆の方々の演奏会に対する反応に、出演者はみな感激しました。




司会進行も含めて、すべて当日のアドリブによるところが大きかったですが、皆さんの協力が本当に助かりました。
そして、結果的には私も演奏できて良かったです。東京音大出身の石井理恵さんに共演していただき、カプースチンの未発表作品から、オーケストラのための「シンフォニエッタ」作品49(2台ピアノ版)より第3、4楽章を披露させていただきました。いかがだったでしょうか。
石井さんには大感謝です。まったく音源のない知られていない曲を、それも判読難解でミスも少々混じっている手書き楽譜から練習。この譜面だけを頼りに曲を起こしたわけですが、私の強引な超特急スケジュールによくついてきてくださったというか、引っ張り回してしまったと思います。でも彼女もさすがに本番に強いですね。

プログラム最後の村田有希さん&松本あすかさんの「マンテカ」も良かったです。
というか、こちらは完全に意表を突かれ、予想していなかったものが生み出されていて感動しました。カプースチンは弾く人によっていろんな魅力が出るものですね。誰かが、「カプースチンは、楽譜どおり弾けば、誰が弾いてもそれほど変わらないのではないか」と言ったことがありましたが、いやいや昨日の演奏会を聴くと、演奏者によって音楽の感じ方が何通りもあり、まさに多数の人間に触れる面白さが体験ができたと思います。

昨日の演奏会では多くの人が弾きましたが、同じ曲が二度弾かれることのないようにプログラムを構成しました。ですので、バラエティに富んだ内容にできたと思います。それはそれでとても良かったのですが、カプースチンは同じ曲でもまた他の人の演奏でも聴いてみたいな、という気持ちにさせられることも発見しました。

次回はもう少し発展した形でイベントを創っていきたいと考えています。
今回、とても多くの方々に応援をしていただきました。
名前と住所を書いてくださった方が50人以上もあったという嬉しい結果を受けて、昨日の出演者メンバーを中心にカプースチン愛好会を立ち上げることになりました。今後、いろんなご報告とともに、カプースチン関連イベントの告知やニュースなどを流していきたいと思っています。
そのリストを見てびっくりしましたが、昨日は京都や長野など遠方から足を運んでくださった方も多数いたようです。

カプースチンの祭典の成功を支えてくださった皆様、運営+多くの演奏者たちのパイプ役となってくださった不破さん、出演者の皆さん、聴衆の皆さま、お手伝いくださった皆さんに心からお礼申し上げます。素晴らしい一日をありがとうございました!

カプースチン : 17:10 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<  2008 - 08  >>
COUNTER
total:2289302
today:437
yesterday:734
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX