Main
伊藤楽器で公開講座

昨日は、昨年リニューアルした千葉県船橋の伊藤楽器さんで講座をさせていただきました。内容は、ショパンの奏法から学ぶというテーマ。
ところで、伊藤楽器さんは今年が創立なんと100周年だそうです。



私としてはお陰様でお馴染みの楽器店ですが、新しくなってからは初めてお邪魔しました。会場のメンバーズルームは、明るくて雰囲気の良い感じです。2時間ほど休みなく弾いたり喋ったりさせていただきましたが、昨日は、カメラで鍵盤上の手を左から写した映像を頭上のスクリーンに映すという装置もありました。写真ではわかりにくいですが、ピアノの上の四角いのがそのスクリーンです。



ピアノを勉強している人には、教師としてのショパン像や、ショパンのテクニックについてはすでによく知られているのではないかと思っていましたが、本を読んで学ぶということは一般的には少ないのかもしれません。

昨日のサブテキストにした『弟子から見たショパン』(エーゲルディンゲル著)も、新情報の入った日本語訳の増補版が2005年に出されたばかりだから、研究は現在もまだまだ進行中と言っても良いかもしれません。楽譜だって新研究を反映した版がショパン生誕から200年も経った今も、まだ新たに発刊され続けているのですからね。ショパンの音楽の特徴やテクニック面からの研究ということでは、このほかに加藤一郎先生の『ショパンのピアニスム』あたりを読んでおけば、とりあえずショパンを弾くにあたって恐いものはなくなるでしょう。というか、必要最低限の知識と自分の頭で考える材料としては十分だと思います。あとは音楽性やセンス、自分の内面を磨いて表現力を高めることですね。

上のエーゲルディンゲルの本は、ショパンをずっと弾いていこうと思っている人は一度は読んでおいたほうが良いし、保存版にしておく価値もあるでしょう。ショパンの解釈については、ピアニストによって本当に多様で誰が正しいかなんて言えません。でも、それ以前の基礎知識はやはり必要でしょう。自分なりのショパンを考えるためにも、ショパン愛好家としての共有知識は持っておいたほうが良いと言えます。この分厚い本、値段は一見高いように思えるけれども、ピアノ弾きにとっては価値から考えたら安いものだと思います。知ることは自信につながりますし。

雑記 : 18:51 : comments (x) : trackback (x)
「音楽の新しい学び」フォーラムに参加

昨日はとても勉強になるイベントに参加しました。
ちょうど場所が東京音大ということもあったのですが、普段から気になっているテーマだったので足を運んでみました。

これは、3つの音楽大学(神戸女学院大学、昭和音楽大学、東京音楽大学)合同の企画で、「音楽の新しい学び」フォーラムと題され、「社会に飛び出す音大生たち」という副タイトルがついていました。
まず、音楽と社会の接点を見出すことを目的とした各大学の特色ある取り組みが発表されました。この3大学は、それぞれ「音楽によるアウトリーチ」、「アーツ・イン・コミュニティ」、「アクト・プロジェクト」という教育プログラムで、科目として授業に組み込んで取り組んでいます。

そして後半は、「音楽・ひと・コミュニケーション」というタイトルのパネルディスカッションによって、この問題を皆で考えていこうというスタイルでした。


各大学からの充実した資料

「アウトリーチ」という言葉は、他の分野でも最近言われ始めているのは知っていましたが、まさに音楽の分野でも今の時代に必要とされている考え方だと思いました。神戸女学院では、もう6~7年も前からこれを実践してきていたのですね。

やはり音楽を専門にやっている人は、音大の学生たちなども含めて、自分から積極的に行動していかなくてはいけない時代だと感じます。必要なものを提供する、あるいは何が必要なのか、何が大切なのかを知ること。それを伝えていく。人と音楽を結びつける。そして、社会に対して音楽家はどうあるべきか、ということも、学生時代から考えることはとても大切ですね。

先日書いたこととも重複しますが、音楽を学ぶこと、スキルを上げることも大事ですが、それを発信していくことやマネジメント能力。これはどの分野においても必要とされることでしょうが、音楽の分野においても特に最近は重要視されていると思います。これを組織的に、つまり大学のような場でもこのようにきちんと意図を持って教育していくこと。一つの意識改革でもあると思いますが、このような活動が音楽関係者たちの間で共通認識となって、今後大きく広がっていくと良いなと思いました。

雑記 : 12:51 : comments (x) : trackback (x)
最近の言葉の話

音楽用語には、日本で通用しているものと外国で慣用的に使っているものには差がある場合があります。ほとんどの音楽用語はイタリア語から来ていますが、例えば、同音をつなぐという意味で使われる「タイ」はなぜか英語で、この意味ではこれのみが通用しています。(「レガート」は別の使い方をするので。)
こういう統一されていないさまざまな外国語の音楽用語を分け隔てなく受け入れている日本人は本当に柔軟ですよね。

例えばドイツ語圏では、他の音楽用語が原語のまま通じたとしても、「タイ」は絶対に通じません。それとは逆に、ドイツ語圏でシンコペーションのことを「シンコペ」(“コ”にアクセント)と言うのですが、これは略しているのではなく、フランス語なのです。これは英語のsyncopatedにあたる言葉です。いくつかの用語には、このようにフランス語の単語を借用するのが慣用的なのです。なぜと言われても分かりませんがそうなっています。考えてみれば、日本では「シンコペーション」というからこれも英語ですね。楽語関連ではもう全部がイタリア語だと思っていましたが。

最近、レッスンしていた学生が、偶然「シンコペーション」のことを「シンコペ」と言っていた(ように感じた)のを耳にしたことを思い出しました。「えっ?!」と、日本では通じないはずの「シンコペ」はもう日本の若いピアノ学習者たちも言うのだろうか??と不思議になりました。この言葉は略して言わないのが通例なのです。ひょっとしたら、フランス、又はドイツ語圏に留学経験のある先生方が思わず使ったりしていたのがそのまま普通に流通したのか、それとも、ただ他の言葉でもよくあるように「略している」だけなのか…、その真相は分かりません。

たしかに語尾を省略するというのは、最近の口語の日本語では完全に普通の現象になってしまっています。100%を「100パー」などと言ったりするのはよく耳にしますが、最近気になったのは、先日レッスン中に学生にある質問をした時のことです。
「あれ、ぺダルはそこは踏み替えてないの?」と訊くと、
「いえ、踏みっパーです。」
そういう言い方まで現在はありなのですか。(笑)もちろん「踏みっぱなし」という意味ですよね。いや、ビックリしました。

そういう言葉があるのなら、「シンコペ」が普通になっていたとしても、もう不思議ではないかもしれませんね。

雑記 : 23:42 : comments (x) : trackback (x)
24のプレリュード解説仕上げ

ずっと準備してきていたカプースチン「24のプレリュード」新版の出版への作業もやっと今日、自分的にはひとまず一段落!とりあえず解説原稿を仕上げましたにぱっ 長かったー。明日あたりを締め切りと約束しているので、なんとか滑り込めそうな見込みです。明日いっぱいかけて全体を見直してなんとか入稿できそうです。

全音版が絶版になっていたので、新たに出さなくては市場的に困るということで、編者としては二度手間のようなことになってしまいましたが、プリズムから続けて出版されることになりました。カプースチンファンがすでに大勢いる現状では、やはり出版を止めることはできないということで私も頑張りました。でも、なぜ全音さんはいとも簡単にカプースチンの版権を手放してしまったのでしょうね。もったいないというか、せっかく良い楽譜を作ったのに…しくしく まあきっと理由はいろいろとあるのでしょうけれども。

「8つの演奏会用エチュード」もすでに先月には編集を完了していますので、私のところに定かに情報は届いていませんが、今月あたり発売となる頃でしょうか。
とにかく今は2冊の解説を書き終えてホッとしています。この2点の楽譜は全音版をもとに編集されていますが、解説はどちらも今回プリズム版用に書き替えました。特に、各曲解説部分は現時点の視点も入れて、新たに書き下ろしました。プレリュードのほうは、これから気の遠くなるような楽譜の校正作業もずっと続いていくのですが、数ヵ月後には店頭に並んでいることを期待したいと思います。

また皆さんからのご感想・ご要望をお待ちしています。

カプースチン : 15:53 : comments (x) : trackback (x)
音楽家の使命

頼近さんのトークは私にとっても刺激になりました太陽
彼女が現在コンサートプランナーをしているいきさつには、ロストロポーヴィチと小澤征爾の「キャラバンコンサート」がきっかけになっているというのです。なんと、第1回目のキャラバンコンサートに彼女は同行していたというのです!
普段まったくクラシック音楽を聴く機会などない人たちが住んでいる場所へ演奏を届けに行くという、この奇抜なアイデアはもちろんロストロポーヴィチが始めたものですが、これは彼の音楽への熱い思いが原点になっているのでしょう。音楽を伝えること、多くの人と音楽の素晴らしさを分かち合う瞬間に頼近さんも居合わせたというわけでしょうが、やはりこれが音楽の原点ですよね。

「自分が素晴らしいと思うことを人にも伝えたい」という自然な感情から行動するのは、音楽家に限らず、あらゆる芸術に携わる人には共通でしょう。いや、芸術というものに限らず何でもそうかもしれません。

音楽家の使命としては、次の3点を考えなくてはいけないと思いました。
1つ目は、まず良い音楽を創ること、あるいは良い音楽を見つけること、選びだすこと。創造の原点です。作曲家はもちろんのこと、演奏家にとっては自分が共感する音楽を選び出すこと、また、その場にふさわしい音楽を演出すること、それらを創造できるような能力を磨くことも大切でしょう。才能ある創造者を発掘することもここに当てはまります。

2つ目は、そのような音楽を実際に演奏できるようになること。または発信できるようになること。演奏に磨きがかかればそれを人に伝えることができます。音楽を再生する能力、また適切な表現力で人の心に訴える演奏ができること。また、そのような能力を持つ演奏家・音楽家を育てる先生の仕事もここに含まれるでしょう。

3つ目は、それを伝える場所や機会を作ること。人と音楽をつなぐこと。感動的にそのような場を作ること。もし良い音楽があって良い演奏家がいても、それを伝える手段がなければ何も始まりません。イベントを創り出すことができる力も大切ですし、演出する能力、音楽の持つ力を増幅させるアイデアも大切です。音楽を楽しく紹介することのできる能力、音楽とそれ以外のものを結びつける能力もここに含まれるでしょう。

考えてみると、これら3点の間に無限の仕事が生まれそうです。音楽家であれば、この中のどこかにきっと自身の存在意義を見出しているでしょうし、現在音楽を専門に学んでいる音大生たちにも、これらの中に無限の仕事の可能性があることに気がつきます。やるべきことは無限にあります。


頼近さんからは大きなパワーを頂きました!

雑記 : 22:40 : comments (x) : trackback (x)
頼近さんとのセッション

今日は広島で本番がありました。
府中町社会福祉協議会の30周年記念イベントで、頼近美津子さんと一緒にトーク(!)と演奏をするということで、頼近さんの講演会なのに私がお邪魔するなんて良いのだろうか、という気持ちもありましたが、張り切って行ってまいりました。

前日夜に会場入りして、設営中の会場でピアノのリハと頼近さんとの初の打ち合わせ…といっても、少々楽しくて喋りすぎてしまい、肝心の明日のトークのやりとりについては何も決まらないまま翌朝を迎えることに。
ピアノは、たしかヤマハのC3と聞いていたはずだったのですが、実際にステージにあったのはフルコンでカワイのEX。これは嬉しかったのですが、会場の大きさ(1000席弱)や響きを考えて、演奏曲も急遽一部変更することに。頼近さんはとても柔軟なので、こちらもかなり柔軟な体制で…。

とはいえ、結局細かい打ち合わせはほとんどなく本番の時間になりました。
さすがは頼近さん、落ち着いて素晴らしいトークを展開。講演は手話の同時通訳なども入っていました。私は舞台袖にいて、トークが始まってから自分がいつ呼び出されるかまったく読めずにドキドキしていました。(笑)
実際には、思っていなかったタイミングで不意を突かれる形で呼び出されて私は紹介され、その後も次々に不意を突かれました。つまり本人たちにも何が起こるかわからない。これがまた楽しいとも言えるのですが。
ショパンの「小犬のワルツ」のエンディング部分を弾くというパフォーマンスをやってみよう、という話が出たのは本番が始まる15分くらい前だったと思うのですが、もういきなり「音楽はイメージで解釈はいろいろ変わるのです。例えば、川上先生、まず小さな可愛らしい犬の感じだとどうなりますか?」と振られて、「うぅぅ、そう来ましたか。自分は大きな犬のほうをやりたかったのだけどな(笑)」とか思いながら、頼近さんのペースに乗せられたりしていました。

前日夜にお渡ししたばかりの辻井伸行君のお母さんの新しい著書を、朝までには読破してしまい、その内容をも踏まえてのトーク。本をふと見ると付箋だらけ。さりげなくすごいスピードの情報処理能力を持っておられるのですね。

結局、私はラヴェルの「ボロディン風に」とショパンを2曲弾きました。
府中町の社会福祉協議会の人たちはとても親切で良い人ばかりでした。スタッフやボランティアの人たちもすごい団結力です。本当にお世話になりました。短い時間でしたが、とても充実した素晴らしい時間を過ごさせていただきました。
頼近さん、どうもありがとうございました!

雑記 : 23:32 : comments (x) : trackback (x)
秋のひとコマ

先週は栃木方面へ。

友人の車で日光へ行きました。
東照宮へも。観光地のような場所には普段あまり来ませんが、ここも20年以上も来ていなかったでしょうか…。

 

先週あたりは、季節も一番良い時期だったかもしれません。
とにかく人が多かったです。
新鮮な空気がとても嬉しかったし、良い息抜きになりました四葉





 

庭園や植物園にも行きました。
自然を贅沢に満喫できたひとときでした。







 

雑記 : 09:32 : comments (x) : trackback (x)
気がつくと寒い時期が…

つい先日「暑い夏だ!」などと書いていた気がしますが、気がついたらもうこんなに寒い季節になってしまいました。旭川出身という経歴も、もう最近はまったく役に立っていない状態です。つまり寒さがこたえるのです。
それにしても、私のまわりは風邪も引かずにみんな元気ですねにこっ

ブログの更新をせずに1ヵ月と20日間も経ってしまいました。
考えてみると2002年夏から6年以上にわたって書き続けてきましたが、こんなに長く穴を開けてしまったのは初めてでしょうか。でも書かなくても全然生きていけることがわかったし、まったく充実した日々を過ごしていたので、もうこのまま終ってしまおうかとも思っていました。

だいたい、同僚というかピアノを弾くことを専門にしているような人はブログをまめに書くような人は少ないようです。パソコンでメールを書いたり受けたりしているという人の比率自体も、他の職業や仕事に携わる人と比べると低いように思います。考えてみるに、やはりパソコンに向かうと無駄に時間を使ってしまうのですね。目も疲れてしまいますし。よほど文章を書くのが好きな人、ネット上でコミュニケーションを取るのが好きな人以外は、「こんなことをやっている時間があるなら練習しなくては!」と思ってしまうのが人情というか職業的に当然の発想となるのでしょう。

というわけで、ブログを書き続けるならそれなりになんらかの意義を見出していなくてはとても続くものではありません。まあ気分だけで書いている人もいるでしょうし、ブログは誰でもできることだから人それぞれ違う意味を持っているのでしょうけれども…。ホームページに書いていた時代から含めると6年以上も続けてきたのだから、もう少し新たな行き先を模索してみても良いのかもしれません。

雑記 : 11:52 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<  2008 - 11  >>
COUNTER
total:2336493
today:74
yesterday:1126
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX