Main BACK >>
ピアノデュオコンサートはもうすぐ

2台ピアノも体力勝負ですが、カプースチンのヴァイオリンソナタも精神力と体力勝負です。今日はダブル合わせ、コンサート二つ分の合わせをやりました。それにレッスンもありましたから、けっこうフル回転ですね。



9月30日のピアノデュオ本番までは1週間を切りました。
練習もいよいよ佳境に入ったところです。
30日の会場はカザルスホールですが、今回はけっこう久しぶりです。ここは思い出の多いホールなのですが、このカザルスホールが来年3月で閉鎖というニュースを今年に2月頃に聞きました。本当に残念なことですね。個人的には、最後のお別れといった気持ちでのコンサートです。

このコンサートのチケットですが、今回はイープラスのみ取り扱いということで、少々不便をおかけしています。あとは当日券ということになります。お問い合わせは、アコール・ヴィブレ→accordvibrer@gmail.comまでよろしくお願いします。

クラシックのスタンダード曲も、知られざる名曲も、どちらも思い入れたっぷりです。頑張って良いコンサートを実現したいと思います。

9月30日コンサート情報


雑記 : 21:54 : comments (x) : trackback (x)
カプースチン新譜

昨日9月21日にリリースされたばかりのCDです。
私の手元にも届きましたのでさっそく紹介します。



CDのタイトルはなんと《カプースチン》。
奏者は西江辰郎(Vn.)+ジュゼッペ・アンダローロ(P.)。
約1年前のライヴ録音です。
第1曲目にカプースチンのヴァイオリンソナタOp.70が収録されていて、ほかにクライスラー、チャイコフスキー、ラヴェル。
さっそく聴きましたが、この二人、ソリスティックな表現も生かしながらバッチリ息が合っていますね。カプースチンのヴァイオリンソナタの魅力を余すところなく伝えていると思いました。

ライナーノートには、カプースチン自身からのメッセージと曲目解説が載っていました。すごいですね。ゆっくり堪能したいと思います。

カプースチン : 18:24 : comments (x) : trackback (x)
第12回ピアノ発表会が無事終了!



毎年の恒例となっている和光市でのピアノ発表会。
もともと私たちがこの近くに住んでいたことがきっかけで、このホールで始めたのが今まで続いているのでした。
10年ほど前には私たちもピアノデュオでここでコンサートをしたこともあります。



さて昨日は皆さん本当にご苦労様でした。
この時期、インフルエンザ騒ぎで学級閉鎖や学年閉鎖になった学校も身近にあって心配していましたが、昨日の発表会に向けては生徒さんたち各自ちゃんと体調管理に気をつけて全員が出席できました!本当に良かったです。

皆さん元気に名演を繰り広げていました。


一人一人の本番にかける意気込みが本物で、それがとっても嬉しかったです。飛躍的な成長が感じられた人もいたと思います。このような機会はやっぱり大切ですね。

私と家内は昨日は演奏もしていないのに、帰宅後ぐったりバタンでした。
私ももう夜まで自分が練習する力はもう残っていませんでした。どうしてだろう?
何にエネルギーを使っているのか自覚がないのですが、この日だけは必ずヘトヘトになってしまうのでした。

昨日弾いた皆さんは一区切りですね。珍しく連休が続きますし、ご家族もゆっくり休まれると良いでしょう。一息ついたら、新しい気持ちでまた新しい曲に向かってください。
お疲れさま。

雑記 : 20:10 : comments (x) : trackback (x)
明日はピアノ発表会

いよいよ明日は和光市サンアゼリアでピアノ発表会です。
第1部は午後1時30分開演、第2部は2時45分開演です。
プログラムは、→「ちょっとひと息ゆかりブログ」の中に掲載しています。

今朝友人が情報をくれたのですが、昨日9月18日付の読売新聞の夕刊に辻井伸行君のテレビCM、CDやDVDなどを含んだ全面広告が載っていました。CM関連のところで紹介してあった私と写っている写真には、京都で金閣寺を背景にして撮った懐かしいものが使われていて私もびっくりしました。これは私が頂いたフォトブックには使われていない写真です。知らない情報は嬉しいものですね。

昨日お知らせした「シンフォニエッタ」の第1楽章ですが、画像を一部修正したためYouTubeのアドレスが変更になりました。
新しいのはこちらです→
http://www.youtube.com/watch?v=BxSLPBydszE

昨日お知らせしたアドレスは近いうちに削除されるそうです。
ご迷惑をおかけしてすみませんでした。

雑記 : 22:07 : comments (x) : trackback (x)
「シンフォニエッタ」Op.49がYoutubeにアップ!!

カプースチン作曲のピアノ連弾のための作品「シンフォニエッタ」Op.49の一部がYouTubeで聴けます!
たった今、アップされたと報告がありましたのでさっそくお知らせします。
こりゃなかなかの名曲ですヨ!

・第1楽章はこちら→http://www.youtube.com/watch?v=BxSLPBydszE
 (演奏=川上ゆかり&川上昌裕)

・第3楽章はこちら→http://www.youtube.com/watch?v=4UvujnZ_H7I
・第4楽章はこちら→http://www.youtube.com/watch?v=ZMHYzFjuNfY
 (演奏=石井理恵&森 浩司)

どちらもライヴ収録です。
第1楽章は、私たち夫婦の演奏で。
そういえばこの曲、やったのでしたね。すっかり忘れていました。川上デュオの音源、初登場です。

第3・4楽章は、今年8月の《カプースチンの響宴》の時のライヴで、このブログでもたびたび紹介した石井さんと森君の演奏。

昨年は、これを私が石井さんと2台のピアノでやりましたが、作曲者自身によれば演奏は連弾でもどちらでも良いということです。このOp.49はひょっとしたらヒットするかもしれませんね。

カプースチンの2台ピアノ作品の楽譜はまだ現時点ではどれも出版されていませんが、いよいよマンテカ・パラフレーズOp.129が今年の11月頃に出版される予定です!
それに続いて、是非ともこのOp.49、そしてこの9月30日に初演予定のOp.30も、合わせて早いうちに出版できるよう働きかけていきたいと思っています。

カプースチン : 22:39 : comments (x) : trackback (x)
2台ピアノでの練習

今日は、30日に一緒に弾くN氏と2台ピアノの合わせ。
ブラームスの「2台のピアノのためのソナタ」を全楽章やっただけでもうヘトヘトでした。これ、大曲ですね。
プログラムのすべての楽譜を準備してきていたものの、あとはモーツァルトを軽く楽しく1回弾くだけが精一杯。ほかにまだメトネルやカプースチンもあるのですが…。

実は今日、合わせの前にちょっとしたハプニングがありました。行きの電車の中で本を読むのに夢中になっていたためか、大切な楽譜の入ったヤマハのバッグを網棚の上に置き忘れて電車を降りたのでした。すぐに気がついて、忘れ物を届け出たので20分後には途中駅に保管してあることがわかって取りに行ったのですが、もし出てこなかったとしたら大切な楽譜はすべて紛失、(楽譜を無くして)貴重な合わせの時間も無駄にして、最初からコピーと製本のし直し…などということになっていたかもしれませんでした。あー、気が遠くなる。

9月30日のこの演奏会の企画をしてくれているのは東京音大の大学4年生の渡辺さんです。



演奏会の企画や運営、小学校や福祉施設でのコンサートほかさまざまなアウトリーチ活動など、音大の授業の一環でこのような考えによる動きも最近は出てきました。それとは別に、彼女は仲間たちとアコール・ヴィブレという組織を作って、2年前から独自に活動を始めました。学生たちでここまで多様な活動を計画して実行できているケースはまだ少ないと思います。マネジメントの仕事や新しい発想による企画など、どんどんこれからさらに発展していくことを願っています。(ブログも立ち上げているようですね!)

雑記 : 22:14 : comments (x) : trackback (x)
山響楽器中山店で講座

今日は、先日つくばへ行った時と同じ時刻に家を出て、カプースチンの講座で横浜(中山)の山響楽器店へお邪魔しました。



ここで公開講座をさせてもらうのは2度目です。
2階にステージ付きのホールがあり、演奏会ができてしまうほどの大きさを持っています。講座が終わった後は、聴講に来てくれていたピアノの先生方は続けて講師会(?)のような集まりをこのホールで行っていました。勉強熱心な楽器店なのですね。



1階は楽譜と楽器などの売り場。
今日はカプースチンのプリズム版の「8つの演奏会用エチュード」と「24のプレリュード」をテキストにしましたが、プリズム社からすでに何点ものピアノの楽譜が出版されてけっこう充実してきています。ここにひととおり揃っている「柿色シリーズ」は、少しマイナーな作曲家までたくさん網羅されていて、ピアノの世界も飽食の時代になったなと感じます。

さてさて、先日始まった「フォトブック」のCMですが、多くの方から連絡を頂いて嬉しいものですね。でも私はまだ見ていなくて、偶然目にする機会はいつ来るのだろうな、と思っているところです。
そうこうしていたら、伸行君のファンという方からわざわざメールを頂きまして、私のヴァージョンのCMが放映される番組の情報を得たと教えてくれました。
以下の番組です。

・9/16(水)テレビ朝日系列 「徹子の部屋」 13:20~13:55
・9/18(金)   〃    「さよならが言えなくて」 20:00~21:48

あくまで予定ですから、変更もあるかもしれないとのことです。
お知らせくださった方、どうもありがとうございました!

雑記 : 22:25 : comments (x) : trackback (x)
2つの楽章からなる協奏曲Op.30

この曲は、この9月30日にカザルスホールで演奏する予定のカプースチンの作品です。今回は、4手のための編曲版を演奏しますが、もとはオーケストラのために書かれた曲でまだ世界のどこでも演奏されていません。

ついに先日、作曲者自身によるオーケストラ用に書かれた原曲スコアを手にしました。演奏する前に届いて本当に良かったです。



それにしてもすごいスコアです。
1ページ30段(!)の楽譜で、全ページそのまま30段分の楽器パートが続いていきます。通常は音の少ないところで演奏していないパートは五線が省略されるケースが多いのですが、この曲はほとんどすべての楽器が常に必要というわけなのです。
オケのスコアはやはりピアノ用の譜面の数十倍の情報量がありました。これに目を通しておくのと通さないのとでは雲泥の差だと思いました。

例えばハープやギターが入っていること、そしてカプースチンらしくビッグバンド風にドラムやピアノも入っている編成です。打楽器にはドラムだけでなくティンパニやトライアングルも使われるし、木管・金管楽器だけではなく弦楽器セクションもしっかり使われている…と、まあ言ってみればフルオーケストラです。こんなことも楽譜を実際に目にしてみなければ分からないことです。
例えばこのメロディーはオーケストラでこの楽器で演奏されている、というのがわかると、ピアノで演奏する場合の奏法もまったく変わってきます。聴いた印象もガラリと変わるでしょう。
それにしても、まだ誰も演奏していないというのに、どうしてこんなに綺麗に清書されたスコアだけが存在しているのか…。

このスコアを参照して、今回演奏するピアノ版の楽譜にオリジナルの楽器の割り振りを書き込みました。けっこう大変な作業でした。
カプースチンはオーケストラと活動していた時代にオーケストレーションを独学ですべて学んだと言っていましたが、この楽譜を見てそのスキルは本当にすごいと思いました。
もう一つ言えば、ピアノ4手用の編曲もあらためて見るとすごく精緻に出来ています。本当に頭の良い人なのですね。

カプースチン : 22:28 : comments (x) : trackback (x)
富士フィルムのCMが昨日から

辻井伸行君が出演するテレビCMが昨日9月12日から始まりました。
フジカラーの「フォトブック」のCMで、なんと『先生ありがとう』と題したフォトアルバムに私との思い出の写真の数々が出てくるというものです。とっても嬉しいですよね。でも秘蔵の写真というか、私自身がこれと言って選んだ写真ではないので、ちょっと気恥ずかしいものもあります。

このCMは、辻井君の自作自演のピアノ演奏が流れる中、彼のインタビューを挟みながら撮られています。フォトブックを1枚ずつ繰りながら写真が公開されます。
実は2つのヴァージョンがあって、「先生」というのは一人は私、そしてもう一人は指揮者の佐渡裕さんです。それぞれ30秒のCMで、これは12月までの約3ヶ月間流れるので、いつかテレビで目にすることもあるかもしれません。私も忘れていたのですが、さっそく昨日「もう見ました!」と言ってきた人がいたので、予定通り放映されていることがわかりました。偶然見た人はまたぜひ教えてください。

さて、辻井君本人は、いよいよアメリカツアーが始まろうとしています。そろそろ出かける時期でしょうか。そして日本に帰ってきたら、すぐに今度は日本全国ツアーが始まります。今年は大忙しですね!


この夏、ちょっと食べ過ぎの(?)伸行君と

雑記 : 12:25 : comments (x) : trackback (x)
カプースチンから小包が!

ロシアから荷物が届きました!



ニコライ・カプースチン氏からです。
今日の郵便物は開ける前からちょっと興奮していました。
というのは、その中には作曲されたばかりの新曲が入っているはずなのですが、そのうちの2曲はなんと私に献呈される作品だと聞いていたからです!

開けてビックリ!



お願いしていた書類がいろいろ入っています。新曲も清書されてちゃんと入っていました。新しい作品が4曲入っていましたが、すべてピアノ・ソロのための曲のようです。Op.137からOp.140までの番号が振ってありますが、最初の2曲には確かに「Masahiro Kawakamiに献呈」と自筆で書いてありました!



こんなこと考えてもいなかったので、本当に光栄なことだし、なんだか夢みたいです。Op.138の冒頭には“presto”と書いてありますあうっ
これまた難曲なのでしょうね。

カプースチン : 22:42 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<  2009 - 09  >>
COUNTER
total:2311257
today:56
yesterday:781
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX