Main
カプースチン「マンテカ・パラフレーズ」発売!

最近、ブログの調子が悪くて、アクセスが一時に集中するたびにアクセスカウンタが勝手にリセットされることがあるらしく、手を焼いていました。今後もまた起こるかもしれませんが。
それから、それが関係したのかどうかわかりませんが、なぜかブログに記事の新規投稿や画像アップなどすべてできない状態になってしまって困っていました。今日はずっと格闘していましたが、やっと復旧したようです。ブログの管理は本当に大変ですねあうっ

さて、長らくお待たせしていたカプースチンの2台のピアノのための作品、「ディジー・ガレスピーの『マンテカ』によるパラフレーズ」Op.129の楽譜が、本日プリズムから出版されました!明日あたりにはそろそろ店頭にも並ぶでしょうか。



この作品は2006年に作曲されたばかりのまだ新しい曲です。
演奏はこちら→http://www.youtube.com/watch?v=sH3yTG8sQFc
(曲の途中まででカットされていて本当に申し訳ありません。)

この映像がYouTubeにアップされてから、世界中から楽譜の出版を望む声が寄せられていました。直接私のところにも、外国でピアノデュオ協会を運営している人とか海外のピアニストなどから何件も楽譜の入手を求める問い合わせがあって対応に困るほどでした。今回出版が実現して本当に良かったです。

この度の楽譜出版の編集にはまた私が携わりましたが、作曲者本人の解説と運指、そして今回は、ジャズピアニストの坂元輝さんからの解説の寄稿も入り、さらに2台の奏者用に楽譜が2部入っているというなかなかの豪華版(自分で言うのもなんですが)です。出版物としても充実した良いものができたと自負しています。手に取って見ていただければわかりますが、楽譜としては珍しい装丁となっていて、出版社さんにとっても満足のいく作品となったことでしょう。

演奏すれば5分に満たないほどの曲ですが、曲は最後まで隙がなく中身の濃い作品です。もっとも、カプースチンの作品はすべてがそうだと言ってもいいくらいではありますけれども。
ピアノアンサンブルのレパートリーは、楽譜出版の分野ではかなり少ないと言われているので、そういった意味でも貴重な曲が出版できたと思います。たくさんの人に演奏してもらえると嬉しいです。これに続いて、次はシンフォニエッタOp.49の楽譜などが待たれています。名曲はまだまだ続きます。

カプースチン : 20:47 : comments (x) : trackback (x)
カプースチン演奏の映像

最近あまり気にしていなかったのですが、Youtubeをたまにチェックすると実にさまざまな人がカプースチンを演奏しているのにびっくりします。作曲家カプースチンは、すでに世界でもメジャーになりつつあることがわかりますね。

珍しいものとしては、『ヴァイオリンとピアノと弦楽オーケストラのための協奏曲 Op.105』(2002年作曲)を見つけましたが、この曲はまだほとんど誰にも知られていないことでしょう。映像はモスクワのラフマニノフホールで2005年に演奏されたもので、曲も演奏もなかなか良いですね。こんな貴重な映像が今年の夏にアップされていたとは。

第1楽章↓
http://www.youtube.com/watch?v=dA6MkWP71GA&feature=related
第2楽章↓
http://www.youtube.com/watch?v=yA0-uWlCS1I&feature=related

特筆すべきは、第2楽章のほうの映像の最後にカプースチン本人が出てくることです。演奏終了後の拍手の中、作曲家がステージ上に現れて客席に挨拶をするわけですが、公にほとんど顔を見せることのないカプースチンが見れるという点でこの映像の価値は高いですね。

ついでに同じ頃にアップされた私自身の演奏から。
ヴィオラとピアノのためのソナタOp.69から第2楽章です↓ 
http://www.youtube.com/watch?v=e21JOFYPdqk&feature=related
この曲は3楽章からなりますが、私はこの楽章が一番癒されます。

そろそろカプースチンをとりまく国際的なイベントも起こってくるかもしれませんね。

話はまたガラっと変わりますが、今月行われていた第7回浜松国際ピアノコンクールもやっと終わりましたね。結果も出たようです。今回の優勝者は韓国の15歳(?!)の男の子。(しかも私と同じ誕生日とは!笑)
今年のコンクールでは、ファイナルに残った6人のうちなんと4人が韓国人、1人がロシア、1人がフランスです。日本人はどうして通らなかったのだろうか。ちょっと複雑な気持ちですね。

カプースチン : 20:06 : comments (x) : trackback (x)
朝から晩まで…

ここ4~5日間というもの、早朝に家を出て夜遅く帰宅するという日々を過ごしていました。
特に昨日と今日は、ショパンコンクールinASIAの予選の審査員の仕事があって、一日に10時間以上もかかるような長丁場ですからなかなか大変でした。2日間で一つの地区のすべての部門のカテゴリーを審査したことになります。つまり小中学生から高校、大学、一般、コンチェルト、アマチュア部門まで全部聴きました。久しぶりにコメントを書く手が震えました。(つまり腱鞘炎になりそうということ。)

久しぶりのコンクール審査でしたので楽しく聴きましたが、一番辛いのは、参加者のレベルが高くて(それ自体は良いことなのですが)、明らかに水準以上の演奏をしている多くの人たちを本選に通してあげられないことです。私が関わった地区では、小学3・4年生部門でそれがもっともはっきり感じられたように思います。とても高いレベルでした。選曲も演奏も。みんな本物のピアニストです。

さて話は変わりますが、昨日だったか、辻井伸行君がヴァン・クライバーンコンクールを受けて優勝した時の映像がドキュメンタリーで放送されたらしいですね。初めての情報もいろいろあったようですが、ここでお知らせするのを忘れていました。

次に近い彼の関連番組ではTV朝日の放映が来週にあります。こちらは「4000日密着取材」という、過去からずっと彼のことを親身に理解して追いかけてくれたディレクターの貴重な映像が編集されて放送される番組のようです。それにしてももう4000日になるのですよね!ちょっとビックリですが、約12年ほど、そう、考えてみれば彼が小学3年生の時からずっと目を離さずに取材を続けてくれたことになります。本当に長い間お世話になっています。私も感謝している次第です。
こちらの放送は11月30日(月)『報道発ドキュメンタリ宣言』19:00~です。かなり過去の映像も出てくることと思いますので、私も楽しみにしています。恥ずかしいものも出てくるかもしれませんが。

雑記 : 23:57 : comments (x) : trackback (x)
新しいパソコンのこと

買い替えて1ヶ月が過ぎましたが、まだ新しいパソコンに慣れ切っていません。
一番わからないのが、シャットダウンせずに休止状態やスリープにすると、いったんは休止するのにすぐに勝手にオンになってしまいます。更新プログラムをインストールするという時はそうなるのは理解していましたが、どうもそれが理由ではないようなのです。

そして、やっとスリープ状態から勝手に立ち上がる理由は1ヶ月以上経ってやっと気がつきました。マウスを動かしたら立ち上がるのですね。そんなこと、どこにも書いてないような気がするのですが…(^_^.) 知りませんでしたよ。でも「休止状態」からときどき勝手に立ち上がるのは未だに謎です。

それに、せっかく大きなディスプレイにしたのに、どのソフトでも表示される文字は小さくなったような気がします。特にIE上では顕著で、自分のブログの文字が以前より小さくなって読みにくくなりました。たぶんこの最初からこの大きさだったのですね。ブログのフォントはやはり読みやすいほうが良いので近々大きくするつもりです。設定が難しいようなので、まだちょっと時間がかかるかもしれませんが。でも改善したいと思っています。

Vistaだからかどうかわかりませんが、すでになにかと不便があったり不可解なことも起きているので、だんだん嫌になってきました。(笑)
というわけで、ついにWindows7に乗り換える決心をして申し込み完了したところです。
いろいろ評判を聞いて弱気になってしまったところもありますが、結果的に1ヶ月しかもちませんでした…。

雑記 : 21:50 : comments (x) : trackback (x)
挑戦するピアニスト

このタイトルで本を著したのは、本職は数学の教師、そして最近ピアニストとしての活動も注目されている金子一朗さん。サブタイトルに「独学の流儀」とあるように、ある意味本当にご自身の努力と工夫でピアニストへの道を同時に切り開いた方です。

私は、彼がまさにその道に入るアクションをかけ始めたあたりで2度ほどお会いする機会があったことが縁で本も最近読みました。なるほど、やはり幼少の頃から類まれな音楽環境にあったということを知って納得がいきました。数学の先生であることから、さすがに数学的で論理的なアプローチでピアノ演奏を考え、練習法についても独自に編み出したその方法を披露しています。和声など楽曲を詳細に分析することで、頭をよく使って曲を自分のものにするというプロセスを通して演奏の質を高めたようです。練習時間の制限が著しい中で、実際あそこまでの演奏ができるということに驚異を感じる人もいるのではないでしょうか。
教員はとても忙しいお仕事だと思いますが、でもそんな両立が可能だということを教えてくれたという意味で、現代のさまざまな職業を持つ人たちの生き方の参考になるような気がしました。

もう一人、私が知り合った若手の異才で内藤晃君というピアニストがいます。彼は中学生の時から私の所へ来るようになりましたが、そのきっかけとなるキーの作曲家はラフマニノフとメトネルです。ラフマニノフを好む仲間たちに囲まれた場で、たしかそこで私がたまたま弾いたメトネルによって新しい出会いがあったのです。
彼は最近2枚目のCD(チャイコフスキー、ヤナーチェクetc.)をリリースしたばかりですが、1枚目のCDは「プリマヴェーラ」(メトネルの曲)と題したCDでした。音楽を感じる感性が強く、まず自分の出したい音があってそこから演奏が生まれるというタイプのピアニストです。だから説得力のある演奏をします。

彼は昨年から、ピティナの「名曲喫茶モンポウ」で連載を始め、独自の視点でいろんな作曲家の名曲や、まだあまり演奏されていない珠玉の作品を取り上げて文章で紹介しています。

彼のリサイタルは来週11月15日(日)に津田ホールで行われます。きっと聴衆をまたうっとりと彼の音楽世界に引っ張っていってくれることでしょう。

雑記 : 22:53 : comments (x) : trackback (x)
体力づくり

高校生までは体育の授業があるから黙っていても体力は鍛えられるけれども、大学生あたりから意識的に体を動かすことをしないと運動不足になってしまうでしょう。
というわけで、今日は大学生を巻き込んで卓球に燃えました。(笑)

ピアノをやっていて一番辛いと思うのは、本番でステージに出る前からプレッシャーでへとへとに疲れてしまっている時。体力のなさを痛感する時です。最後まで弾ける気がしない。上手く弾こうという気も失せる。良い演奏ができるかどうかのカギを握っているのはやはり体力のみだ!と痛感する瞬間でもあります。毎日のピアノの練習よりも定期的な体力づくりのほうが絶対に大切だと確信してしまうのです。だいたい、ステージ上で集中力を持って難曲を弾きこなす体力があれば、大概のことは何でもできそうな気がします。

体力は普段からよほど意識していないと維持できません。ピアノを弾くのはスポーツ選手並みのことです。ですが、ピアノを毎日必死で練習したとしても、体力の消耗はしますが体力をつけることはできません。だから、やはり別に時間をとって体を鍛えなくてはいけないのです。多くのピアニストの一致した意見でしょう。

私もジムに通っていた時期も長かったし、今年は毎月数回は水泳にも行っていますが、これで足りているという実感はありません。スポーツクラブも黙々と通うのはやはり限度があるのですよね。ライフスタイルとしては、ほかにも修行のように黙々とやることが多いのです。外国語の勉強を一人で黙々と勉強する。あるいは、ジムに行ってトレッドミルに乗って黙々と一人走る。帰ってきてピアノの練習も一人で黙々とする…。ずっとこのように一人でやっていてもあまり楽しそうではないですよね。(笑)

というわけで、卓球は楽しいですし、手を怪我する可能性も低いですし、ムキになって勝負するから知らないうちに体力が鍛えられる、などという点が良いです。本当は定期的に続けていきたいと思っていますが、そのための時間を捻出しなくてはいけません。(ちなみに卓球大会が実現したのは今日がほぼ一年ぶりのことでした。)

最近は10代でもエチュードを2曲ぐらい続けて弾いたら疲れてもう弾けない、などと言う若者もいるので、若い頃からもう気をつけなくてはダメです。(笑)
あらゆる意味で、疲れない体を作ることですね。
精神力も体力も意識的に鍛えましょうにこっ



雑記 : 22:02 : comments (x) : trackback (x)
最近のカプースチン新譜情報など

10年前はまだ作曲家カプースチンの名前など誰も知らなかったのに、今では演奏する人もかなり増えて、もう全部はとても追えない状況になってきています。
さて、最近耳に入ってきた話題から二つ。

一つは、サックス四重奏のための作品で楽譜が出ているという情報。演奏会でカプースチンの曲を取り上げている、それもピアノ曲でよく知られているあの「8つの演奏会用エチュード」op.40を編曲して演奏したのがサックスの浅利真さんです。楽譜がフォスターミュージックからこの10月に出版されたということです。
こちら

ピアノ奏者以外の演奏家にこのようにカプースチンが注目され始めているのはとても嬉しいことですね。

それから、デビューCDにもカプースチンのエチュードを取り上げた松本あすかさんですが、2枚目のCDがこの11月6日に発売ということで、こちらにも1曲カプースチンのオリジナルが、それも2台ピアノのための「マンテカ」op.129が録音されています。
一人で多重録音したということで、これまた興味深い演奏になっていますね。一部は視聴で聴くことができます。
こちら

「マンテカ」によるパラフレーズOp.129は、私も何度かこれまでに演奏し、楽譜出版の要望もあったのにずっとお待たせしておりましたが、いよいよ今月末にプリズムから出版されます。カプースチンの現時点で唯一の2台ピアノ作品で、楽譜も充実したものを提供できるよう現在編集中です。ピアノアンサンブル・ファンにはきっと喜んでいただけるものになると思います。どうぞお楽しみに~。

カプースチン : 20:24 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<  2009 - 11  >>
COUNTER
total:2386280
today:1104
yesterday:1011
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX