Main
ピアノ学習のメソッド

先日の音楽高校でのミニ講演会で辻井伸行君を12年間指導してきたことなどについても少し話したのですが、そのあとコーディネートしてくれたプロデューサーの人と話していて、やはり辻井君の指導で一番興味を持つことは、どうやら「メソッド」に関すること。つまり、彼にピアノを教えていくにあたって「どの教材をどんな順序で勉強したのか」ということらしいのです。私は一言、「実は彼にはチェルニーとバッハはほとんど使いませんでした」と、一番ポイントとなる部分を話したのですが、まさにその部分にものすごく興味を持たれていました。

これまで何かの取材の折りにも話したことはあるのですが、辻井君の指導に私は意図的にバッハとチェルニーを避けました。特に初期においてですが。やはり譜読みには時間を使いますから、特に練習曲の譜読みに使う時間は極力抑えなくてはいけません。音楽的に深く得るものがある曲だけにして、あとはすべてカット。そしてバッハは、やはり目で楽譜を追いながら頭で理解する楽曲が多いですから、時間とともに消えていく音を耳で追って楽譜に書いてあることを数学的・理論的に理解するのは大変です。ですので、そのようなものは労力ばかり使うので避けました。フーガのようにポリフォーニーが複雑で頭を使うものはもっと後になってから学んでも遅くないと思いました。同様に、テクニック的なものを身につけるために必ずしも機械的なエチュードも必要ないと判断しました。
その全体的なメソッドに関しては、他の人に使えると思われる部分も多いのでいつか詳しく公開したいと思っています。

だいたい現代の忙しい時間の流れの中で、ピアノの練習といえどもやはり無駄な時間を使うことは避けなくてはいけません。子供だって勉強しなくてはいけないことはとても多いし、時間は無限にあるわけではありません。だから、ピアノ学習の教材も山ほどありますが、その中から本当に良いものだけを効率的に与えていかなくてはいけません。普通の勉強においても、参考書や問題集は山のようにありますが、それらを全部やるのではなく、本当に良い問題が厳選された問題集1冊を何度も繰り返してやったほうが難関校に受かる確率が高いと聞きますから、ピアノの勉強も同じだと思います。いろんな曲集や練習曲などが山のように存在しますし新刊楽譜もどんどん出版されるのですが、もちろん全部をやる必要はなく、その中から厳選して系統的に勉強していくほうが絶対に有利です。教材の中にはあまり意味のないものや、一部しか使えないと思われるものもけっこう溢れていると思います。

さて辻井伸行君ですが、本日4月30日(金)13:20よりテレビ朝日系『徹子の部屋』にお母さんと出演するようです。そして、明日5月1日(土)19:00からの『徹子の部屋』の35周年記念番組にも出るそうです。こちらはサプライズもあるかも?!
それから、5月7日(金)のTBS『金スマ』に伸行君のお母さんが出演するそうですが、『金スマ』の制作局はこの番組の件で私の自宅へも取材に来ましたからきっと私もVTRで出ることでしょう。こちらもお楽しみに。

雑記 : 11:02 : comments (x) : trackback (x)
飛び回っております

慌ただしく4月が過ぎてしまいましたが、毎日が充実しています。
睡眠時間だけは8時間を確保している限り、いくら忙しくてもなんとか働き続けることができます。先週、実は一時ダウンしそうになったのですが、なんとか働き続けながら復活しました。

さて、今週は大阪府立夕陽丘高校の音楽科で公開レッスンをしてきました。
この学校へ実際に行ってみてわかったのですが、話に聞いた通りすごくレベルが高い教育をしていました。学生音楽コンクールの全国大会出場者もたくさん出ているということですが、その理由が少しわかる気がしました。きっと優秀な先生も揃っているのでしょうが、やはり環境や教育方針が違うなと感じました。著名な演奏家や教授に年間を通じて何度か来てもらい、レッスンは特定の人というわけではなく、全員が受けられるようにしているというのです。まずこれにびっくりしました。


この日レッスンをした二人
(曲はショパンのバラード2番とシューマンの『アレグロ』)

ホールは広く、そしてフルオーケストラが乗れるような大きなステージに、ピアノはスタインウェイを含むフルコンが2台。設備が充実しています。
また、ウィーンへの研修旅行があり、生徒たちは全員が向こうのプロの演奏家や教授たちにレッスンを受けることができるというわけです。音楽を専門に勉強している高校生としては申し分のない教育環境ですね。そして、やはりそういう人たちと接してみて、本気でやっている人が多いためか話が通じやすいという感覚も得ました。私も良い勉強になりました。
短い時間でしたが、とても楽しい時間でした。



雑記 : 21:27 : comments (x) : trackback (x)
プロモ映像アップ

私のカプースチン新譜のプロモーション映像が日本アコースティックレコーズ(NAR)のホームページにアップされました。
動画はこちらから→http://www.narrecords.com/

CDリリースはまだ少し先なのでちょっと気が早い感じではありますが、映像には先月行ったばかりの栃木県のコスモスホールでの録音風景も入っています。
ヴァイオリンソナタのテイク1、フルートソナタは終楽章のラスト部分もテイク1が公開されていて、ちょっと生々しいですがこれが録音した時の模様です。そして、「シンフォニエッタ」(連弾)は、これもテイク1から第3楽章が一部公開されています。

これまでの自分のCDは6枚ともピアノソロでしたから、今回はやっぱりいろんな楽器があって楽しいです。オールカプースチンでもバラエティに富んでいるので、何度聴いても飽きないCDになるのではないかと期待しています。

皆さんよろしくお願いいたします。

カプースチン : 09:23 : comments (x) : trackback (x)
忙しさの中で癒される瞬間

ここ最近、一度に多くのことを平行してこなすための術を開発中です。
特に今は、これまでよりも明らかに仕事が多方面に多くなり、本当の意味での充実した幸せを感じています。ただ、時間の使い方においてはますます厳しさを極めているのが現実です。

さて、CDのリリースはまだまだ先ですが、編集は始まっています。
編集中から少々興奮気味です。その訳は、本当に今回の収録曲がすべて傑作で素晴らしい音楽だからです。自分がやっているのであまり言うのも宣伝みたいですが、カプースチンには本当に癒されます。

特にフルートソナタの終楽章の最後の部分は耳から離れません。もう、カッコよすぎて興奮して何も手につかなくなってしまいます。終楽章の最後3ページほどですが、テーマが何度も繰り返されながら盛り上がり、突然ト長調になってG音の連打による8ビート上でフルートがテーマの続きを吹くところが圧巻です。もう病みつきになります。本当に幸せな気分になります。
そしてなんと今気がついたのですが、ヴァイオリンソナタの終楽章にも、これとまったく同様に最後に突然ト長調で8ビートに変わるところがあって、ここだけ聴くと姉妹作のようです。
しかしどこからこんな音楽的着想が沸き起こるのか、私にとってはここだけ見てもカプースチンの天才性を一生探求する価値があります。

考えてみれば、カプースチンとの出会いは本当に大きかったと思います。やはり新しいもの、特に新しい価値を持つ可能性があるものを常に求める気持ちを持って生きることに損はありませんよ。私が保証します。この喜びは何にも替えられません!

今年の大学の卒業生には、昨年に続いて、私がこれまで出版したカプースチンの楽譜(数えてみたら10点も出版していた!)から好きなものを1冊、署名入りでプレゼントしました。皆さん喜んでくれて嬉しいです。どんどん演奏してください。

雑記 : 18:15 : comments (x) : trackback (x)
もうすぐ新年度始まる

4月に入っていよいよ忙しくなりそうです。

東京は桜も咲きましたね。
昨日は、朝からビデオクリップの撮影やテレビ局の取材で一日気の抜けない日でした。さらに夕方の出版社との打ち合わせの時にはすべてのエネルギーが切れていたという感じです。

撮影では外でTVカメラを回されるシーンもあり、雨がやんだあとの桜の下を歩いたのは気持ち良かったです。



さて、私も5月2日(日)にラ・フォル・ジュルネ(丸ビル1F)でカプースチンのフルートソナタを共演することが大塚茜さんのブログで公開されました!
こちら→http://angel.ap.teacup.com/akane_o/
今年のラ・フォル・ジュルネのテーマはショパンなのでもちろんショパンも弾きます。(ショパンをフルートと?!)

ハードなCD録音を経て、演奏者(特に私?)の技術はさらに磨かれました。
皆さん、どうぞお越しください。

雑記 : 21:50 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<  2010 - 04  >>
COUNTER
total:2511855
today:124
yesterday:830
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX