Main
ピアノの先生は必要?

ピアノの先生の仕事とは何だろうか?と考えることがあります。
ピアノは一人でも練習できることはできるし、楽譜が読めるならば弾ける人にとっては先生は必要ないのでは?という考えもあるかもしれません。
逆に、ピアノを教えている先生にとって、生徒に何を教えなければいけないのか、教える内容に圧倒的な価値が含まれていなければレッスンを授ける意味がないですから、そのあたりについて考えてきたことを書いてみたいと思います。

ピアノの先生不要論を説く前に、私は以下の3つの点においてピアノの指導者はやはり必要ではないかと思います。逆に、指導者としてはこの3点についてよく勉強しておくと良いと思います。レッスンで、よく弾ける生徒に対してもう言うべきことがないと感じられる場合も、下の2番・3番の点に関しては限りなく勉強の余地があると言えると思います。

1.奏法に関すること(基礎)
2.奏法に関するさまざまなノウハウ(専門的なこと)
3.楽曲の背景知識や解釈に関すること


この3つは、どの楽器の指導者にも共通するものかもしれません。
楽器の勉強を続けるということには、もちろん精神的なことに関する指導も大きなものがあるかと思いますが、それを抜きにして、まず技術的なことについて考えれば上の3つが大きいと思います。

まず、1番目の「奏法に関すること」。これはどんな楽器をやるにしても、最初はまったくゼロの状態からやるわけで、手ほどきが必要になります。多くの場合、小さな子供に教えることから始まりますからこのことは当然です。
楽器の扱い方、音の出し方、知識的・経験的の両方から楽器に慣れていくプロセスがあります。また、楽譜の読み方の指導もあります。これについても基礎的なことだけでも多くの量があります。楽譜の読み方には、楽譜の解釈に関する知識も必要です。指使いも、基礎的なことだけでもある程度の経験を積まなければいけないし、タッチや脱力の技術も基礎的な指導事項に入るでしょう。

2番目の「奏法に関するさまざまなノウハウ」ですが、これは基礎から始まってさらに発展的な部分です。学ぶ曲が難しくなってくると、技術も高度で多様になってきますし、曲によって特別の奏法が出てきたりもします。また、ピアニストや専門家の立場から見てより良い奏法のアドヴァイスも出てくるし、上手く弾くための奥義みたいなものもさまざまあるでしょう。例えば、装飾音やトリルの扱い方も難しいものです。また、いろんな演奏家の映像を観て勉強したり、専門家同士の知識の交換から得られる情報まで含まれますから、この部分に関してはかなり深いものがあると思います。このように、楽譜を一人で見ただけでは得られない情報がやはりあります。

3番目の「楽曲の背景知識や解釈に関すること」では、楽譜を離れた勉強が必要です。作曲家の伝記や著書を読んだり、曲の解釈についてのさまざまな専門書を読んだり、あるいは演奏家や音楽学者による研究についても勉強するべきことがたくさんあります。また、ある曲が作曲された経緯について知ると、演奏解釈や音楽の感じ方に違いが出てきますし、留学して外国の作曲家の生まれた場所や育った場所、あるいはその国特有のものなどを勉強して初めて見えてくるものもあります。指導者は、そのような知識の中から生徒に教えるべきことがたくさんあります。

このように、ピアノの先生には専門的に教えなくてはいけないことだけでも大きな役割があると思います。
上の3つに関して言えば、生徒が独学しようと思ってできる部分もかなりあると思いますが、これらは経験が多いほど深くなっていく部分もありますから、先生が生徒の何十倍も勉強していれば、指導すべきことは無限に出てきます。

この上で、楽器に向かう姿勢(精神的なこと)や本番の迎え方。また、楽器を続けていくことの意義、音楽を演奏することの意味やその素晴らしさなどをどのように伝えていくかということ。あるいは、ある音楽についてどう思うか、どんな音楽活動をして何を目指したいのか、など、職業としてプロになるかならないかは別として、指導者は生徒たちに大きな影響を与えていくことになります。

ピアノ指導者のあり方を少し考えてみました。
いつかもっときちんとまとめてみたいと思っています。

ピアノ練習のヒント : 20:12 : comments (x) : trackback (x)
ピアノが弾けないという人の悩み

ピアノが上手く弾けないと言う人は、99%の人が結局のところ「指が思うように動かない」ということらしいです。音楽的にどうのこうのと言う前に、そこで引っかかっている場合が多いということです。

コンスタントに毎日ピアノを練習していない人や、長じてからピアノを始めた人などは、指が思うように動かないと感じている人も多いと思います。あるいは、そうではなくてちゃんと毎日練習しているのに、不器用なために動かないという人もいるかもしれませんが。

コンクールを聴いたりしていると、結局のところ、上位に入賞するピアニストたちはみな手先が器用です。音楽性ももちろんあるでしょうが、指先と耳が研ぎ澄まされている。だから、指が発達していなければ音楽的にどうこうという前にコンクールでは認められないというわけでもあります。これは音楽的には良いとか綺麗事を言ってもダメなようです。
このことは小さなコンクールでも子供のコンクールでも同じであって、音の粒が揃っていなかったり、音が抜けたり、間違った音が弾かれていたり、しょっちゅうつっかえたり…、こういうことはまだ指ができていないので仕方ないのだろうと審査員も気を遣ってコメントではあまり指摘しないことが多いのですが、結局楽器の演奏には正確さはとても大切なことです。

指が思うように動かないという悩みは、ピアノ演奏においては特に克服しなければいけない最重要事項です。管楽器ならばこれほどの超絶技巧は指に要しませんから、少なくとも指に関してはなんとかなるというか、特に大きな問題にはならないでしょう。(カプースチンのフルートソナタなど、超絶技巧の室内楽もあるにはあるでしょうが。笑)

あと、指が異常に発達していなくてはいけないと思われる楽器奏者はヴァイオリン奏者などでしょうか。こうして考えてみると、ピアノやヴァイオリンは指に関してはかなり高度な要求をされる楽器ですよね。人間って考えてみると本当に器用なことやってます。ピアニストやヴァイオリニストに超人的な人が出ると、やはりすごい人は天才と言われたりします。

ピアノを上手く弾きたい人は、どうして弾けないのかと悩む前に、やっぱり指の使い方を整えようと一度は試みてみること、スポーツ選手のように毎日の「規則正しいトレーニング」という意識も持っていると良いでしょう。そして指先の感覚を研ぎ澄ますことが大事だと思います。同時に「音」へのこだわりというか、自分の出す音の「響き」を常に聴くこと。

さらに、ピアニストにはこの「繊細さ」と同時に、体育会系の「タフネスさ」とを合わせ持っていなくてはならないのです…。

ところで…、今年のショパンコンクールもいよいよ終盤ですね。

ピアノ練習のヒント : 22:49 : comments (x) : trackback (x)
充実したコンサートでした

旭川市民文化会館大ホールでのコンサート、無事に終了しました。
関係者の皆様、本当にどうもありがとうございました。そしてお疲れ様でした。
会場は1500人ほぼ満席でしたし、あれだけたくさんの人が関わるコンサートは企画も運営も大変だったことと思います。大成功に終わりほっとしています。

コンサートの前日、いつも利用させていただいているヤマハ旭川店音楽教室で練習室を3時間確保しましたが、その前にちょうど母校の旭川東高がホテルから歩いて1分のところなので練習中の音楽部にお邪魔してきました!この日は朝8時半から練習?!
現役の1・2年生たちにお会いできて嬉しかったです。もちろん顧問の水野先生のお陰で訪問できたのですが。



手前にあるのは旭川東高のオリジナル愛唱歌集。東高らしい珍しい曲も入っていたので、「1冊ほしいな」とねだったらプレゼントしてくれました!ありがとうございました!!



正面に見えるのが旭川市民文化会館。このアングル、なんと懐かしい。
懐かしの文化会館に出入りできて不思議な気分でした。
すべてが昔のままなので、楽屋への道順も慣れたものです。
本番はソロ、オーケストラ、コンチェルトという内容で、トークも含み2時間強のコンサート。大ホールでの満員のお客さんを前にすると、さすがにエネルギーも沸いてきますね。

演奏会終了後は、さすがに地元ですから恩師や高校時代の友人など、皆さん楽屋に来てくれまして、こんなのは久しぶりでちょっと感動でした。写真がないのは残念ですが。(例によって、また撮るのをすっかり忘れていました。)

本当に皆さんありがとうございました。


戦利品(?)
旭川はお菓子も美味しい(#^.^#)

ところで、JR旭川駅は1週間ほど前に生まれ変わってオープンしました!
場所も少しだけ移動してまったく新しくなっていました。





雑記 : 09:14 : comments (x) : trackback (x)
もうすぐコンサート本番

ここで告知するのを忘れていましたが、近々出演するコンサート情報です。
もう明後日となりました。

2010年10月17日(日)14:00開演
旭川いのちの電話 開局30周年チャリティーコンサート
於:旭川市民文化会館大ホール

このコンサートにメインゲストとして出演します。

プログラムは、まず私のピアノソロで、
・シューマン:アラベスク 作品18
・カプースチン:即興曲 作品66-2
・平井康三郎編:幻想曲「さくらさくら」
・ショパン:華麗なる大ワルツ 作品34-1
・ショパン:別れの曲
・ショパン:英雄ポロネーズ

そのあとオケの曲の演奏があって、最後に
・ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番 ハ短調
です。

地元旭川フィルとのコラボとしては、17年ぶりの2回目。
演奏する旭川市民文化会館大ホールは1500席以上の大きなホールですが、とても響きの良いホールです。たぶんピアノの音が美しく聞こえるはずです。
このホールは小学生時代の時から演奏会を聴きに行ったり、また高校時代には合唱コンクールや合唱祭での思い出、大学生以降はまたいろんな演奏会に出演したりと、とても多くの思い出が詰まった場所です。

それでは旭川の皆さん、お会いできるのを楽しみにしています。

雑記 : 08:21 : comments (x) : trackback (x)
文字どおり「休憩室」に

ブログを更新せずにかなり空いてしまいました。
その間も、アクセスカウンタを見ると毎日少なくとも500~600人以上が見に来てくださっていたようで、本当に心が痛かったのですが、ここのところネットから離れていることが多かったです。(メールはかろうじてやり取りしています。)

というわけで、ブログのタイトル通り、「休憩」しようという気持ちになったのがやっと今日だったというわけです。私は今、また北海道にいるのです。(笑)
北海道にでも来ないとブログを書く気分にならなかったというわけですが、そのくらいほぼ休みなく働いていました。かなり元気に。

いうわけで、つかの間の休息。
仕事で来たのですが、北海道の空気を吸うとテンションはやはり変わります。気持ちいいし、空気がしっくりきますね。やっぱり自分が北海道に生まれたっていうのは偶然でないのではないかなという気がしてしまいます。

それにしても今日羽田から乗った飛行機は機体がかなり小さくてなんか怖かったです。こんなのはちょっと久しぶりでした。
数年前にワルシャワとモスクワ間を飛んだ時の緊張感を思い出しました。
そのことをブログに書いたのも覚えています。
このページ↓ですが、けっこうなつかしい。2004年4月3日のブログです。
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/pianistas/diary2004_4.htm
この日記でも「長らく更新できなくてすみません」とか似たようなことを書きつつももう8年以上も書き続けているのですから、我ながら呆れてしまいます。(笑)

聞くところによると、仙台―札幌間でも最近けっこう小さな飛行機に乗って、揺れが激しくて怖かったという人もいました。座席数を減らして、一日の回転数(便数)を増やすということを国内でも航空会社はやっているのでしょうか。まあそれも便利ではあるのですが。

今週はまだ何度も飛行機の移動がありそうです。
ブログは、忙しい気持ちから一瞬開放された時にまた書きたいと思います。
読んでくださる方がいる限り、簡単に閉業してはいけないですね。

雑記 : 21:05 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<  2010 - 10  >>
COUNTER
total:2443473
today:160
yesterday:1031
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX