Main
神戸で録音本番

昨日の日曜日、兵庫県立芸術文化センターにて、とある大がかりな録音セッションに参加してきました。このホールはまだ新しいのですが、私は5年前に演奏で来たことがあります。懐かしい感じがしました。







詳しくはまた書きたいと思いますが、昨日は地元の小中学生の合唱団とのセッション、そしてこの日までに私自身が編曲を間に合わせたばかりのピアノ・ソロも演奏しました。
大ホールのステージにて、一日中ずっとテレビや新聞などマスコミの取材陣がずっと見守る中での録音で、緊張を解く暇もないまま最後は私のソロの録音が終わるのを待って無事に終了。
お疲れさまでした。
本とCDが来月に発売される企画です。また告知したいと思います。

録音が終わって、ゆっくり充実した気分に浸る時間がほしいところでしたが、私は翌朝も早いので打ち上げを断念して一人で新幹線へ。本当にすみません。さすがに悲しかったですが仕方ないですね。スケジュールの組み方をもっと緩やかにしなければいけないと思います。

雑記 : 20:58 : comments (x) : trackback (x)
珍しい休日…しかし

ブログを書く頻度が最近少し少なくなってきました。
読んでくださっている方が多いのに申し訳ないと思っています。

数日前から喉をやられてしまって、実はまだ声が出ない状態です。
こんなことになったのは数年ぶりのことです。辛いものですね。
ここ数週間のエネルギーの放出量が、自分の持っている総量を越えてしまったためだろうと想像しています。これほどダウンしたのは約2年前以来。早く回復しなくてはいけません。

来月の頭には、東京交響楽団コンサートマスターの大谷康子さんと5回ほど共演できるのが楽しみです。ようやく連絡がとれて軽く打合せ。たぶんほぼそれでおしまい。これで演奏会当日は素晴らしい演奏ができるでしょう。お互いに(特に大谷先生が)メチャクチャ多忙な状況から見て、合わせは多くて1回でしょう。本番では何曲も演奏させていただくことになると思いますが、その中でも驚きは、カプースチンのヴァイオリン・ソナタをおそらく抜粋で演奏するだろう(現在の予定)と思われること。楽譜はまだ製本に回している最中とか?!さすが百戦錬磨の超プロの発想ですね。こちらも燃えてしまいます。私などはもう何度も弾いているのだから、楽譜が目の前に置いてさえあれば練習しなくともすぐ完璧に弾けなければいけない世界です。まあ当然ではあります。

クラシックの演奏家は、創造性においてはジャズなどの演奏家に負けている部分もあると思うので、せめて既存のレパートリーに関してはもう何でも来いという感じでなければやっていけないでしょう。新曲や新しく開拓する作曲家でない限りは、室内楽の曲などはかなり限られていますので、コアな数十曲を手の内にしていれば、あとは楽譜があれば常に数百曲くらいは演奏できる状態を維持することができるはずです。これが現代のピアニストとしてはプロとしての最低限の努力ですね。ただ、「楽譜なしで弾く」というパフォーマンスについては、別途考えなくてはいけない要素があります。

余談ですが、明日発売の『ムジカノーヴァ』7月号の「レッスン密着レポ」のコーナーで私のレッスンが取り上げられてしまいました。編集陣はわざわざ東京音大のレッスン室まで取材に来てくれました。どうやらp.26~p.30に載っている模様です。私もこれから読みます。

雑記 : 11:58 : comments (x) : trackback (x)
誕生日もあっという間に

最近私はいろんなものに書いたり言ったりしているのですが、今の時代は、とても忙しくて時間が足りないと感じている人が多いと思いますが、その中でも特に若い人はじっくりと一つのことに取り組む根気がとても大事だと思います。それと同時に、マルチ人間であることも求められる時代ですから、専門性が高くても良いのですが、やはりトータルな判断ができなければどんな職業についても本物の力にはならないということを痛感します。

今の時代は小さな子供たちも忙しいですが、勉強や自分の好きなことにじっくり長い期間とことん取り組んでほしいと思うし、それと同時に、あまり自分の能力を限定しないで多くのことに興味関心を持って、広い視野を持ったリーダーがたくさん出てきてほしいものです。

また、気持ちのコントロールも大事ですね。気持ちは体調にも関係してきます。いろんなことにめげずに、こういう時だからこそ物事に対して積極的な気持ちを持続する工夫をしなくてはいけないでしょう。

確かに忙しい毎日ではあります。
今必要なこと、将来に必要なこと、私も合わせて数十もの仕事を同時にやっているような毎日ですが、充実しているという意味ではありがたいことです。インプットとアウトプットのバランスを崩さずに(子供時代はインプットがメイン)、大人になって仕事を持つとすべてを同時に、しかも責任をもってこなさなければいけないのです。学生を卒業すると同時に、その厳しい生活は始まると思っていて良いでしょう。

さて、来週6月9日(木)はNHKさいたまFMラジオの「日刊さいたまーず」(18:00~18:50)に出演する予定です。うっかり忘れないようにしなくては。

それから3月中にNHKテレビの『名曲アルバム』のために演奏を収録しましたが、こちらはまだ6月の番組情報にも入っていないようなので、来月以降の放送になるのでしょうか。わかり次第、情報をアップしたいと思っています。

さて、それから辻井伸行君の番組の再放送があることがわかりました。

BS朝日『世界の辻井伸行 奇跡の扉を開いた10年の軌跡』(再)
6月5日(日)21:00~22:54

BS朝日の番組はとても良いので、まだ観ていない人には是非観ていただきたいです。

「辻井君の『コルトナの朝』が好き」と言ってくる人をよく耳にします。みんなどこで聴いているのでしょう。曲名もたしかに良いですね。ところで、辻井君は8月に公開される映画『神様のカルテ』のテーマ曲の作曲も手がけましたね。すでにこちらも演奏済みのようで、自作集のCD(7/27発売予定)にも収録するそうです。映画は東宝系で8/27公開ということ。私よりも、周りの人のほうがよく知っていてびっくりします。

雑記 : 08:59 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<  2011 - 06  >>
COUNTER
total:2337114
today:695
yesterday:1126
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX