Main
鹿児島にて

今日はなんと鹿児島に来ています。

40年以上も前から続いているという九州公私立大学音楽学会という学会があり、私は明日、場所は鹿児島女子短期大学で記念講演をすることになっているのです。
おもに九州在住の大学教員、それももちろん音楽専門の先生ばかりが集まっているということで緊張するかなと思っていたのですが、一日目からとても楽しく盛り上がり、私はすっかり安心してしまいました。とても楽しいメンバーたちです。本当はきっと皆さん偉い人たちなのでしょうが…。

1日目の今日は、午後に各先生方の演奏や研究発表が数時間もぶっ続けで行われたとのことで、本番を終えた皆さんによる夜の交流パーティーは大いに盛り上がっていました。





私は最初は異邦人のように振舞っていたのですが、実は大学の同門の先輩がいることがわかったり、ウィーンと縁が深い人や共通の友人がいる人がたくさんいて、すっかりくつろいでしまいました。



そして最後にみんなで合唱までするとは!
この仲間たち、私はとても気に入ってしまいました。



さて明日は講演会場にピアノもあるということをお聞きしましたが、どうしましょう。喋るのか、弾くのか。自分の本業がだんだんわからなくなってきました。

雑記 : 21:49 : comments (x) : trackback (x)
最近のカプースチン普及度

知らないうちにカプースチンは本当に有名になったものですね。

友人からの知らせで知りましたが、GT5という家庭用ゲーム(車のレースゲーム)のオープニングムービーにカプースチンのエチュード0p.40-3が採用されているということです。そんな時代になりました。もうそこまで当たり前に作品が普及しているというのは、作曲家も感慨ひとしおでしょうね。
ちなみに下のURLです↓
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20111012_483062.html
絵をクリックするとカプースチンの音楽とともにムービーが流れます。

来週11月6日には、東京オペラシティのリサイタルでソン・ヨルムさんがカプースチンの「変奏曲」Op.41をプログラムに堂々と入れています。

もう世界中のピアノ弾きでカプースチンを知らない人はいなくなりました。
イタリアへ行った時に、私の生徒やカナダからの若者が弾いていたのを見てイスラエルの先生が興味を示し、すでにソナチネやピアノソナタなど自分の生徒に与えて弾いているようです。

そういえば先日も、ピアニストの菊地裕介さんと審査で一緒になった時に、「あ、この間カプースチンのフルートとピアノのためのソナタOp.125を弾きましたよ」などと言っていましたし、ほかに、カプースチンに会いに行った(?)という人まで現れています。(本当かな)

先日我が家に、近々出版する予定の楽譜の校正紙がきちんとモスクワから戻ってきました。カプースチンはきっとお元気でいらっしゃることと思います。

カプースチン : 09:22 : comments (x) : trackback (x)
ピアノ曲のレパートリー

考えてみれば、ピアノ曲のレパートリーほど常に変遷し続けているものもないのではないかと、ふと思いました。現代作曲家の新曲が新たに増えていくという当たり前の現象に加え、200年前に作曲された曲が新たにこの時代に復活してくるとう現象もあります。

40~50年ほど前に作曲され、埋もれていた作曲家の作品が少しずつ知られるようになってくる、というのはよく考えられる現象でしょう。聞いたことのなかった作曲家の名前が時とともに知られ始め、気がつくとすでに若い人たちも当然のように知っているということがあります。
また、もともと存在していたものなのに、ある時まで誰も知らず、なぜかある時期に突然ポピュラーになっていくという現象もあります。

全然関係ありませんが、「アルパカ」や「カピバラ」という動物の名前を知らない人は今ではいないかもしれませんが、こんなのも、ごく最近になってポピュラーに知られるようになった動物だと思うのですが…。ちなみにカピバラのほうは、我が家でも数年前から可愛がっています。(意味不明)

さてそんな中、カプースチンは現代作曲家の中でも急速に有名になった稀有な例かもしれません。最近は大学の私のレッスン室の真上の部屋からは、毎週決まった時間に2台ピアノの「マンテカ パラフレーズ」Op.129が激しく聞こえてきますし、先日も、連弾曲の「シンフォニエッタ」Op.49の楽譜の入手をどうしたら良いかの問い合わせがまたありました。この曲は、予定ではいずれもう出版されると思います。
カプースチンの「変奏曲」作品41を、今年のチャイコフスキー・コンクールで2位になったソン・ヨルムさんが弾きました。その見事な演奏をYoutubeで観ることができるまでになってしまったのですから、時が音を立てて流れているのを感じますね。
そういえば辻井君も、ちょうど先月彼女と共演したはずですが、彼もカプースチンのエチュードを14歳で弾いたし、二人は現代の若手ヴィルトゥオーゾです。

ピアノのレパートリーでは、近年になって編曲モノや変わり種の作曲家の作品など、新たに出てきたものもありましたし、楽譜も新しい曲がどんどん出版されたりしていますが、ちょっと不思議な現象としては、200年前のチェルニーやフンメルのピアノ協奏曲なども現代になって普通に聴けるようになったということです。フンメル、チェルニーといえばベートーヴェンからショパンにかけての時代です。200年も経ってからいきなり登場しているわけで、これはバッハの曲が100年以上経って発掘されて真価が認められたとか、マーラーの曲がマーラーの死後50年経ってから復活したとかいうのと比べてもちょっと異常な感じはします。現代というのはきっとそういう時代なのですね。埋もれていたものがいくらでも復活する可能性があるということがわかります。
これはピアノのレパートリーという特殊な世界だけのことなのか、ほかにも似たような分野があるのかどうか。あるとしたら、古いものが尊ばれる芸術の分野でしかあり得ないでしょうが…。

ただ、ピアノのレパートリーは無限に増え続けてはいますが、やはり時間とともに淘汰されていくし、飽きられるスピードも早い時代だから、よく演奏される曲=未来に残っていくレパートリーということで考えると、ピアノ曲事典は少なくとも10年ごとに書き換えられなければいけないでしょう。内容は10年ごとにかなり変わっていくと思います。ただ、こんなに膨大な数のピアノ曲があるにも関わらず、世界のピアニストやピアノ弾きのレパートリーは、意外にも同時代においてはかなり共通であるのも不思議といえば不思議ですが。

雑記 : 23:24 : comments (x) : trackback (x)
10月になりました/NHK名曲アルバム

あっという間に寒い季節になってきました。

振り返ると、9月はブログを2回しか更新していないことを発見しました。ちょっと怠惰でしたね。
イタリアに居る時にはやはり時間の経過の仕方が違うのか、日本に帰ってきても悠々とした時間を過ごそうと思っていましたが、なかなか現実はそうはいかないものです。
もう一つは、今ちょうどいろんな原稿を書く締め切りがあるのに、そちらを書かずにブログばかり更新していると思われるわけにもいかず…私の中にそういう微妙な心理が働いている可能性もあります。
こんなことは、書くことを専門にしている物書きのプロにとってはいくつも同時進行できるのでしょうが、そうでない私は、編集者の方々への返事を出さずにブログばかり楽しそうに書いていると思われるわけにはいかないのでした。キリの良い時にしか書けないというか…。
でも、あまり気にしないでブログなんてどんどん書いていくと良いのかもしれません。

さて月が変わったところで、NHKテレビ『名曲アルバム』のホームページに10月の放送曲目が更新されました。
ほとんどの曲は、文字通りの「名曲」というかよく知られている曲ですが、今月はその中にスクリャービンの『炎に向かって』という曲が楽しみです。
実は、この曲は私の演奏で収録されています。
ぜひご覧いただければ嬉しいです。
やっとロシアものが出てくる季節になったか、という感じです。
『名曲アルバム』では、音楽と共に映像が背景に流れますが、この曲ではモスクワのスクリャービン博物館やロシアの風景など、実際にNHKが現地まで撮りに行った貴重な映像で、私自身も初めて観るので、音楽と映像の融合がどんなふうに仕上がったのかとても楽しみです。

1ヶ月の間、その月に選曲された8曲ほどが数回ずつ放送されます。
『炎に向かって』の放送日は7つほど。
情報はこちら↓
【NHK名曲アルバム~10月の放送曲目~】

雑記 : 11:38 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<  2011 - 10  >>
COUNTER
total:2289294
today:429
yesterday:734
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX