Main
ドイツの音大から

現在、我が大学にハノーファー音楽大学のピアノ科から交換留学生が来ています。ここ数年間、年に一度の割合で3週間ほどの短期留学で1人ずつ来るのですが、今回は私もレッスン担当の一人として指導しています。

今来ている留学生は、ハノーファー音大の私の尊敬する教授の門下の一人で、今回選ばれて来た大学2年生。向こうで1ヶ月後にリサイタルも控えているということで、大きなレパートリーを持ってきました。ある意味、ドイツの音大で勉強している学生の代表として来たわけですが、よくよく聞けば、「門下生が30人ほどいる中、ヨーロッパ人は私だけ」とのこと。「あとは韓国人がたくさんと次に中国人、あと日本人も少し…。」つまり門下生はほとんどアジア勢で、この感じはドイツやオーストリアにおいては、どの音大でもあまり大差はないのでは?というのが現状だと思います。特にピアノ科の学生は実際はこんなところです。
「門下生も全員よく知っているわけではありませんし…」とか言っていました。「だって、韓国人は一緒に集まって韓国語で喋っているし、ドイツ語できない人がほとんどだし。」状況はとてもよくわかります。日本の音大の状況とはもちろんまったく違います。国際的と言えばそうなのですが、状況は上に書いたとおりです。ハノーファーで勉強しているのに彼女は門下で唯一貴重なドイツ人というわけなのです。

演奏レベルは決して低くありませんでした。かなり良い方ではないかと思います。
いつも思うのですが、外国人(特に欧米人)のレッスンをしていると、レスポンスがあるのでとてもレッスンしやすいのです。そして、必ずどんな子も、性格は違えども自発的な表現力を持っています。だから話も通じやすく、会話はおおむね楽しいものになります。
日本の学生へのピアノのレッスンでは、えてしてこちらからの一方通行で、言葉が通じているのかどうかもわからない時さえあります。また、表現力も弱い人が多いので、すべてを教え込まなければいけないような感覚に囚われることもあります。この違いは何なのでしょうね。日本の子も、小学生くらいの時はみんなけっこう自分を主張したり、自分の好みを言ったり表現したりする力が決して無いわけではないと思うのに、いつの間にかだんだんそのような力が消えていってしまうような気がします。

まあ面白い子供もときどきいることはいますから、そういう時はとても嬉しくなります。日本では自己主張の強いタイプは生意気とみなされますが、私はそういう人のほうがどちらかと言えば好きかもしれません。だって、結果として生意気なままではやはり生きていけませんから、誰でもどこかでバランスをとるようになるでしょう。でも、もとより表現したい意欲がなければどうにもなりませんので。

例えば今日はショパンのバラードとノクターンを弾いてくれたのですが、そのドイツの子の演奏では、ある部分を意図的にfとかpで、あるいは音色に違いを感じて弾いているのが伝わってきます。楽譜に強弱記号が書いてあるかどうかということとは関係なく、「自分はこんなふうに感じている」ということが音として強弱表現としても現れてきます。ところが、日本の学生にはすべてがmfとかmpで、すべての音を均質な音量で単に並べているだけという演奏をする人がいます。どうしてそうなっちゃうのかな、と思うのですが、本当によくあるのです。

また、欧米の学生たちは、楽譜には書かれていないことでも良いアイデアをちゃんと持っていたり、あるパッセージをどんな種類の音で弾きたいかという意志をはっきり持って音を出すとか、日本人の特質にはあまり見られないものをたしかに持っているのです。そのあたりは、もちろん生まれた国の違いと言ってしまえばそれまでですが、やはり音楽の捉え方の原点に何か違うものがあるように思えてならないのでした。

雑記 : 21:57 : comments (x) : trackback (x)
「しあわせ運べるように」ピアノソロ

一度ブログで紹介しましたが、私が編曲に携わった「しあわせ運べるように」のピアノソロ版の演奏の動画がノーカットでYoutubeにアップされました。
こちらです↓
http://youtu.be/bspHFVjTRvM
以前アップされたバージョンよりも音がクリアで綺麗に聴こえます!

この曲は本来は合唱で歌われる曲ですが、ピアノソロで演奏したのがこの映像です。
このたび、楽譜もアスコムからピースで出版されることになりました。
発売まではあと2週間くらいでしょうか。

この曲、あっという間に1~2日で書き上げた編曲なのですが、自分でも気に入っています。
この映像が6月に初披露(=初録音)した際のものですが、この時にはこの曲の原曲の作曲者である臼井先生も聴いていたので、私の編曲がどんなふうに感じられるかとても心配しながら弾いたのを覚えています。でも思わぬ好評をいただいたのでホッとしました。

この曲の持っている前向きなメッセージからして、ピアノソロもかなり力強い感じの曲想に仕上がってしまったなと感じていました。でもあとから聴いてみると、けっこう癒される感じもあって不思議に思いました。それがこの曲の本当の魅力なのかもしれないと思います。

雑記 : 21:52 : comments (x) : trackback (x)
カワイ表参道で公開レッスン

今日は珍しくピアノの公開レッスンで朝早くから表参道へ。
なんだか表参道が久しぶりです。

今日の生徒さんは5人。
今日出てきた曲目はバッハ、ベートーヴェン、ショパン、ブラームス、ドビュッシー。「エリーゼのために」からショパンのバラードや最晩年のマズルカまで、けっこうバラエティに富んでいたかもしれません。



人前では元気でやっていますが、体の中身はかなり疲労状態です。まあ毎日のことですが。


公開レッスン終了後、ショップでミニピアノを発見!

今日は帰宅後もレッスンです。

雑記 : 21:30 : comments (x) : trackback (x)
カーネギーホールお疲れさま!

webニュースなどを見ると、辻井くんのカーネギーホールのリサイタルは無事に終わったようです。新聞やテレビなどで観たという人も周りにけっこういたので、ニュース等でも報道されたようですね。

私は今回は仕事が忙しすぎてニューヨークまで駆けつけることはできませんでした。本人からも是非来てくださいと言われていたのですが…。
でも日本でちゃんと気にはしていました。今回のカーネギーホールデビューにはテレビ局もきちんと取材に行ったようだし、少なくともNHKとテレビ朝日はそれぞれ年末年始のゴールデンタイムにちゃんと枠をとってあって、今回の演奏の映像も含めた特集番組を放送するようです。

実は辻井くんから今回の演奏会大成功の報告の電話をいただきました。いやあ嬉しいものですね。辻井親子は時差ボケも長いフライトもいつも全然大丈夫なのです。
それにしてもこれからのスケジュールも聞けば大変なものです。来月もまたヨーロッパですし、年明けにはサントリーホールでの2日連続のリサイタル。5月にはロンドンでの公演も決まったとか。その間を縫って、日本でも演奏活動が続くわけです。現在大活躍中といったところですね。

電話ではけっこう長話をしてしまいました。

雑記 : 08:49 : comments (x) : trackback (x)
カプースチンのウェブサイト

今日の東京は12月の寒さということです。
ニューヨークはどうだろうか。

記念すべき辻井伸行君のカーネギーホール・デビューの日です。
アメリカ時間ではリサイタルの日付は11月10日(昨日)ではありますが、いよいよというあたりですね。先日NHKホールで会ったときに本人から「先生~ぜひ来てください」と言われていましたが、結局行けませんでした。
昨日などはウィーンから知人ピアニスト(アヴォ・クユムジャン)が大学に公開講座に来たので出席したりしていました。この時期さすがにアメリカに往復する時間は忙しくてありません。とても残念でしたが、でもテレビなども取材に行っていると思いますし、やがてニュース等で朗報を聞くことができるでしょう。
日本から応援しています。

世界でのカプースチン普及度の話の続きですが、ついにカプースチンのオフィシャルウェブサイトを作った人が出てきました。他のピアニストのサイトなどをいくつか作っている方で、「ファンページを拡大したもの」という位置づけにしてはなかなかのコンテンツを持っています。
以下がURLです。
http://www.nikolai-kapustin.info/

アンゲロフが今月末、2台ピアノと打楽器のための作品104を演奏するとか、誰々がピアノソナタをどこで演奏するとかの生の情報も随時更新しているようです。実は私も彼からの大規模なインタビューに早く回答しなくてはいけないのですが…。もう他の原稿とかいろいろ追われていて追いつきません。

サイトをざっと見ただけですが、さすがにまだ作品リストに新作ピアノソナタは更新されていないようです。カプースチンのピアノソナタは実はすでに20曲に達しているのです。
それにしても、彼の創作パワーは本当にすごいですね。

腕前がそれほどではなかった人が、カプースチンを練習するとテクニックが格段に上がるという現象があるので、やはり曲の魅力がモチベーションを高めるのでしょうか。カプースチンのエチュードは、誰でもいつかは必ず挑戦するレパートリーになっていくと良いなと思っています。

カプースチン : 07:47 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<  2011 - 11  >>
COUNTER
total:2265769
today:678
yesterday:1003
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX