Main
大晦日となりました

昨夜のNHKの辻井くんの番組を拝見しました。
番組では、もちろん先月のカーネギー・ホールでのリサイタルも取り上げられていましたが、今回は彼の作曲活動の部分にスポットが当てられていたという意味で、珍しいというか、ある意味初めての試みだったと言えるでしょう。秘密だった部分もあったかと思います。

カーネギーで彼が演奏した映像としては、アンコールの自作品「ジェニーへのオマージュ」作品1のみに限り、そのことに関連して一番重要だと思えるのが小学6年生の時の台湾のリサイタルでのアンコール曲なのですが、その映像を初放映したあたりにもディレクターのK氏のこだわりが感じられました。あの演奏は(一部でしたが)辻井くんのこれまでの数多い番組の中でも初めて公開されたと思うのです。さすがです。というのは、彼が今回アメリカの作曲家フォスターのメロディーを用いて作曲したことに、明らかにあの10年前の台湾のリサイタルで経験したことが繋がっているからです。

既存のモチーフを使っての作曲が彼にとって難しいこととは思えませんが、今回の番組で加古隆さんから与えられた作曲法のアドヴァイスの中の「左手を封印する」という言葉にこだわり続けたのも、ひょっとしたらK氏のこだわりではなかったかと私は推測しています。(笑)
つまり作曲するのに、ギリギリの状態に追い込むまで彼に左手の伴奏を弾かせなかったのはディレクター氏ではないかと。決して「ヤラセ」ではなかったと信じていますが、私には伸くんを見ていて少々痛々しくは感じました。
それでも、すべてを肯定的なプロセスとして自分のものにしてしまう伸くんの手腕には相変わらず感動してしまいます。終わり良ければすべて良し、というか、逆にそのプロセス自体が必要なドラマだったようにさえ見えました。さすがはK氏という言い方もできるでしょうか。

さて、話は変わって年明けのカプースチンイベントですが、まずお伝えしているように1月7日(土)にヤマハ池袋店でpiaNAによるデュオがあります。そして翌月には、2月5日(日)にカワイ表参道『パウゼ』にて、オールカプースチンのコンサート形式のイベントを行います。この日は、ピアノ協奏曲や未発表の初演曲も含めたプログラムになる予定です!
詳しくはまたお知らせいたします!

カプースチンの楽譜は、今回の『シンフォニエッタ』のほかに、来月さらに新刊として「ピアノ協奏曲第4番」や「6つの小品(作品133)」がプリズムから次々と発売されます。最新のプリズムのチラシに新情報がたくさん載っておりました。チラシは1月7日にヤマハでもお配りしたいと思います。現在のところ、カプースチンの楽譜出版ではまだ日本が世界を大いに引っ張っていますね。この勢いでこれからも発信していきたいと思います。

それでは、今年もあとわずか数時間になりました。
どうぞ皆さん、良いお年を!!

雑記 : 19:05 : comments (x) : trackback (x)
辻井伸行カーネギーホールライヴCD発売!

先月カーネギーホールでデビューしたばかりの辻井くんの音源がもう発売になったとは早いですね。私の手元にも届きました。このCDの発売は12月28日だと思います。



私もこれから聴かせていただくところですが、アンコールの1曲としてアメリカの聴衆の前で初披露したという「ジェニーへのオマージュ」作品1もちゃんと入っています。楽しみですね。

ちなみにこのリサイタルの音源と映像が、1ヶ月ほど遅れてDVD、ブルーレイでも売りだされるようです。すごいものですね。

また、テレビの番組でも紹介されるはずです。
早くも12月30日にNHKで50分ほどのドキュメンタリーでカーネギー・ホールでの模様も流されることでしょう。放映はおそらく12月30日の21:00~21:50(NHK総合)。
この番組は最初27日に放送と告知されていたのですが、30日に放送されるというのが最終的な情報だと思います。

また、年明けて1月1日(元旦)にはBS朝日にて2時間の番組でカーネギーでのライヴ映像を存分に堪能することができるでしょう。こちらの放映時間は、1月1日の21:00~23:00だったと思います。

是非チェックしておいてください。

雑記 : 20:22 : comments (x) : trackback (x)
1月7日のイベント情報

新年早々となりますが、カプースチンの新刊楽譜出版を記念して、ヤマハ池袋店の1F店頭スペースでのイベントが企画されました。

詳細は以下です↓
2012年1月7日(土)のイベント
(ヤマハ池袋店イベント案内のページより)

この日は、piaNAに出演をお願いしました!
piaNAとは、西本夏生さんと松本あすかさんのスペシャルなピアノデュオ。スペインからちょうど帰国中の西本さんと、自身のオリジナル楽譜を出版したばかりの松本さんのお二人。なんと、カプースチンのピアノデュオ作品をすべて手中にしているという二人です。しかも、最新のカプースチンにまつわる隠された情報を持っているようで、この日に私はすべてを明らかにしたいと思っています。

私は、当日はナヴィゲーターとして、このイベントをカプースチンファンの期待を裏切らない面白いステージにできるよう努めたいと思います。
カプースチンファンの皆さん方とも久しぶりの再会となりそうですね。
皆さん、この日にぜひお集まりください!
入場無料です。

カプースチン : 20:28 : comments (x) : trackback (x)
カプースチン『シンフォニエッタ』発売!!



ついに、ニコライ・カプースチン作曲のピアノ連弾版『シンフォニエッタ』作品49の楽譜がヤマハミュージックメディアより発売になりました。あと数日で店頭にも並ぶ頃かと思います。

ずいぶんお待たせいたしました。YouTubeに音源がアップされてからというもの、楽譜の問い合わせが私のところにも断続的に世界中から寄せられていまして、出版社にはずいぶん働きかけをしておりました。そしてこの度、ようやくプリズム制作、ヤマハ出版で日本での発売が実現しました。これまでのプリズム制作の他のカプースチンシリーズと同様、この楽譜も作曲者自身の校訂が入っており、世界的に信頼のおける版が出来上がりました。人気の高い曲ですので、日本での楽譜出版が実現して本当に嬉しいです。

この「シンフォニエッタ」は、カプースチンの作品の中では、特に親しみやすい曲だと思います。腕に自信のある人なら中学生でも弾けるでしょう。
この2年ほど、この曲の楽譜を手に入れたいとアメリカやカナダ、イギリスなど世界中のピアニストたちから私にもメール等で何本も問い合わせがありました。すごいと思ったのは、今年の夏、私がイタリアのペルージャへ行っていた時、私が滞在するホテルのフロントにまで私宛の手紙が届いていて、「シンフォニエッタの楽譜の手に入れ方を教えて下さい」と書いてあって、これにはビックリしました。北欧に住んでいるピアニストからでしたが、そこまで熱心にこの曲にアクセスしたいと思っている人がいることを知って驚きました。
私自身は、作曲者本人から楽譜をもらって演奏していた特殊な状況でしたから、早く一般にも楽譜が広く公開されることを願っておりました。楽譜の問い合わせにはすべて丁寧に対応してきたつもりでしたが、とにかく楽譜が手に入らないことにはどうにもならないな~と考え続けていましたので、本当に良かったです。

今回の「シンフォニエッタ」はカプースチンの人気曲ですから、大きく広がってほしいという願いを込めて、楽譜出版記念イベントを行う予定です。さっそく1月と2月に楽しい企画を準備しています。いずれブログでも詳しく告知したいと思います!多くのカプースチンファンが集える機会になればと思っています。

カプースチン : 08:35 : comments (x) : trackback (x)
明日も休みなし

さて明日は、大坂狭山市で私が講演をすることになっているのですが、そのイベントの告知ページが見つかりました。

明日のイベント

なるほど人権週間ですか。はたしてそのような内容にふさわしい話ができるかどうか…。
はなはだ不安はありますが、明日は日帰りで大阪へ行ってまいります。
最近ちょっと睡眠不足気味です。

雑記 : 22:50 : comments (x) : trackback (x)
Music Fest Perugia 2012



今年の8月に参加したペルージャ音楽祭のことはブログにも書きましたが、世界から集まってくる若い音楽家たちに好評らしく、ここ数年で音楽祭はさらに発展中の模様です。
早くも、来年2012年の夏の開催が決まり、ホームページが更新されました。

以下です↓
ペルージャ音楽祭2012

トップページで見られるものを含め、今年の音楽祭の様子が編集された動画がいくつかアップされています。私の生徒たちもいくつかの動画に写っているようです。動画を見ると、とても楽しかったことが思い出されます。
コンサートだけで20回、レッスンは毎日。あれほど充実した音楽三昧の日々を過ごすことはそうそうできないと思います。

セミナー中のレッスンの模様を元ピティナのスタッフ菅野恵理子さんが取材してくれて、ピティナのホームページに載せてくれました。私などが語るよりもうまくまとめてくださっているので、もう一度そのページをリンクしておきます。以下です↓
http://www.piano.or.jp/report/04ess/itntl/2011/08/12_12997.html

それにしても、ペルージャの音楽院の前で菅野さんに会ったときはビックリしました。まさか、初めて来た知らない外国の場所でよく顔を知った日本人と会うとは思ってもいなかったので、内心かなり感激しました。ピティナから派遣されて、一人でヨーロッパの5つほどの音楽祭を取材に来たということで、すごいなと思いました。

菅野さんとはピティナのコンペティションでも昔からお世話になっていましたが、それ以外にも偶然出くわすというパターンがとても多いのです。彼女は英語が堪能でフットワークも軽く、どこで会うか予想のつかない人です。たしか私が昨年ラ・フォル・ジュルネで演奏したときにも突然現れて、取材をし始めるというシチュエーションがありましたし、初めてお会いしたのは北海道のコンクール審査においてだったような気がします。たしかその時は通訳としてでした。日本人にはない国際的な感覚をお持ちなので、ピティナにはこんな人もいるのか、と思ったものです。そういう意味でも私の尊敬するレポーターの一人です。

今年の夏、日本から行った我が門下生たちは、英語がままならないとはいえずいぶん積極的に外国人の友達を作ったようで、来年も絶対に行く!と意気込んでいる人ばかりです。
まあ一応また来年も私は正式に招待されたので、どうしましょうか、また行きましょうか。日本人ばかりが増えると困るのではないかなとも思いますが。

雑記 : 19:39 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<  2011 - 12  >>
COUNTER
total:2311261
today:60
yesterday:781
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX