Main
ピアノとピアニストの話題

なんとも予期せず、ホロヴィッツが晩年ずっと使っていたあのスタインウェイに出会ってしまいました。まさか日本で出会えるとは!





まぎれもない、あのホロヴィッツの楽器です。
晩年のレコーディングで聴ける、あの魔法のような音色がこの楽器から生み出されたわけです。私が以前この楽器を触ったのは、たしか20年ほど前にウィーンにいる時だったと思います。この楽器を見ると、どうしてもなぜかスクリャービンが弾きたくなってしまいます。実際に少し弾かせてもらいましたが、なんとも言えない感慨に浸ってしまいます。

さて、来週に迫った2/5(日)のオールカプースチンの演奏会。
チケットは有り難くもほぼ完売となりました。当日券はおそらく出ないと思われるとのことです。座席数がそれほど多くないためご迷惑をおかけします。
このシリーズはまだまだ続けていくつもりで、内容もいつも新しいものに更新していきますので、今後もどうぞよろしくお願いいたします。

ロシア出身のアレクセイ・ヴォロディンが来日していて東京オペラシティでも1月25日にリサイタルをしたそうですが、アンコールを5曲も弾いてその中にカプースチンのエチュードOp.40-7をサクッと入れるあたりはなかなかやりますね。アムランを彷彿とさせます。
マリンスキー劇場での昨年のリサイタルでも、シューベルトからカプースチンのソナタまで平気で並べてしまうという、10年前にはありえなかったようなプログラミングを実現していて、しかも完璧に弾きこなしているというのはすごいです。

こちらはマリインスキーでのインタビューとカプースチンのピアノソナタ2番の演奏の一部です↓
http://www.youtube.com/watch?v=BDET7Kf7-1w

先日の武蔵野市民文化会館でのリサイタルでも、アンコールにショパンだけを3曲弾いたそうですが、その選曲もそうですし、演奏においてもただカプースチンのような難しい曲を技巧的に弾くだけではないロマンティックな旧来のピアニズムをしっかり持ったピアニストであるということです。最近のピアニストの進化には驚くべきものがありますね。

雑記 : 21:36 : comments (x) : trackback (x)
カプースチンのウェブサイト紹介

そのオランダの知人という人が、種を明かせば最新のカプースチンのホームページを作成したその人です。カプースチンの作品リストほか、録音CD、楽譜等の出版物、世界における最新の演奏会情報がほぼ網羅され、また、私もインタビューに応じましたが、カプースチンを弾くピアニストたちとのインタビューもサイトに掲載され始めました。

ピアノ協奏曲第4番を世界初演したL.アンゲロフや、チャイコンでカプースチンの変奏曲を弾いて2位になったソン・ヨルムさんへのインタビューなどは興味深いです。コンクール入賞では話題になってインタビューはたくさん受けるでしょうが、カプースチンの話題に特化した質問は普通はあまりないと思われるので、とても面白いです。彼らのカプースチンとの出会いや思いなどを初めて知ることができました。変奏曲op.41をあれだけ完璧に弾くソン・ヨルムさんが、今興味を持って取り組んでいる曲がベートーヴェンのディアベリ変奏曲などというあたりは、すごく面白いですね。ある意味、この2曲は対極にあるような曲だと思うのです。調性の変化が少なく、冗長にも感じられる可能性のあるあの長大なベートーヴェンの変奏曲。それに対して、めまぐるしい調やハーモニーの変化を伴うカプースチンの変奏曲。超古典的と超現代的な2つの変奏曲を一人の同じピアニストが「自分の好きな作品」として取り入れている点が興味を引きます。

このサイトは、ファンページではあるもののカプースチン本人も公認のサイトなので、プロの演奏家たちも含めて、世界のカプースチンファンたちを繋げる役割を持つサイトになりつつあります。世界中に発信するには私のブログだけでは限界がありますので(日本語ですし)、そういう意味からいってもとても助かります。もうすでに主要なピアニストたちにインタビューを実現させているだけでも十分尊敬に値すると思います。

11月頃に一度ブログでも紹介したのですが、今一度リンクを貼っておきます。
http://www.nikolai-kapustin.info/

このブログのリンク欄にも「カプ公式サイト」としてリンクを入れておきましたので、ご利用ください。

カプースチン : 09:40 : comments (x) : trackback (x)
カプースチンにも報告?!

先週1月7日のイベントはとても反響が良かったのですが、その後カプースチン本人までが次の私たちの2月5日(日)のイベントに興味を持ってくれているようです。
オールカプースチンプログラムであることはチラシを見て分かったようなのですが、「どの曲を誰が弾くのか教えてくれ。私は知りたい…。」とか言ってきたので、すぐに教えてあげました。でもなぜそのチラシを持っているのだろう?!

実はオランダの私たちの共通の友人がチラシを送ってくれたということなのですが、そのオランダの友人はなぜそのチラシを持っているの??もちろん私はこのブログでしか告知していないのです。
…なんのことはない、彼は私のブログを見つけてこのコンサートのことを知り、カプースチンへのメールに添付して教えたということなのでした。
今はgoogleなどweb上の翻訳機能も充実していて、いろんな外国人が日本語もかなり正確に読めてしまうようです。いや参りました。このブログももう日本人だけが読んでいるわけでは決してないのでした。そこまで熱心なカプースチンファンが世界中にいるということが嬉しいです。

先日、piaNAの二人が自分たちは「遠距離連弾」をしていると言っていましたが、今頃はもう西本さんはスペインに帰ってしまっているのでしょうね。
日本で企画するイベントにも、なんとか世界のカプースチンファンやカプースチン本人に遠距離参加してもらえる方法はないものでしょうかね。テクノロジーがここまで発達したのだから何かできそうな気はするのですが…。

カプースチン : 22:19 : comments (x) : trackback (x)
ヤマハ池袋店ありがとうございました!

今日のお昼のイベント、無事に終了しました。
piaNAのお二人、聴きに来てくださった方々、ヤマハ池袋店のスタッフの皆さん、どうもありがとうございました。

カプースチンの連弾楽譜『シンフォニエッタ』の発売記念として、松本あすかさんと西本夏生さんによるシンフォニエッタの生演奏をお届けしました。


本番直前のリハーサル風景

トークの中で、彼女たちが昨年秋にカプースチンを訪問したというエピソードを聞き出すことがやっとできました。私自身も知らなかったことがたくさんあって、その先の話については、ステージ終了後に私は質問攻めにしてしまいました。(笑) ステージ上でもそうでしたが、彼女たちのトークはとても面白いものでした。
まだまだお話をしたいくらいでした。

アンコールでは、不意打ちで店内のアップライトピアノ2台を使わせていただき、2台ピアノのための『マンテカ・パラフレーズ』op.129を演奏していただきました。お客さんに囲まれての演奏で、最後まで熱演でした。


「マンテカ」の演奏中。
演奏者がどこにいるかわからないほど聴衆に囲まれている。



サイン会にもたくさんの方が並んでくださいました。
今日はたくさんのカプースチンファンたちと触れ合うことができました。
piaNAのお二人は、特にお疲れさまでした。明日も明後日も続けて本番が入っているとのこと。大忙しですね。今後もご活躍を応援しています。

カプースチン : 17:07 : comments (x) : trackback (x)
明けましておめでとうございます

2012年、明けましておめでとうございます。



新年のご挨拶が遅れてしまいましたが、皆さん、そろそろ平日モードでしょうか。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末年始はじっくり充電するつもりでしたが、9万字の原稿をアウトプットして、英単語を2千語ほどインプットしたところ(体に)で終わってしまいました。

そして、気がつくとヤマハ池袋のイベントは明後日に迫りました。

そして、ちょうど一ヶ月後のカワイ表参道のカプースチンのイベントのチラシも出来ております。この日のプログラムも盛り沢山です。


クリックすると大きい画像で見られるはずです。

年初からカプースチンで少々お騒がせしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

雑記 : 20:00 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<  2012 - 01  >>
COUNTER
total:2389985
today:239
yesterday:868
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX