Main BACK >>
初演は楽しい?!

前々回のブログで紹介したJoshua Chandra君の新曲「グランド・ワルツ」の楽譜は本人によって公開されました。なかなか良い演奏会用の作品なので、興味のある人は以下の彼のサイトからダウンロードしてみてください。ほしい人はどなたでもどうぞ!、とのことですので。

http://www.joshuachandra.com/

"Works"のところから入って、曲名のところをクリックするとpdf.ファイルでダウンロードできます。
私が「あの日の演奏すごく良かったですよ。本当におめでとう!ぜひ近いうちに楽譜を読んでみますね。」と言うと、「アジアで初演してもらえることを思うと今からワクワクします。」という彼らしいコメントでしたが、楽譜の冒頭にけっこう長い序文があって、作曲の経緯などが書いてあるのですがその内容もとても興味深くて面白いです。一端の作曲家になりきって書いているあたりが好きですね。すでに彼はコンポーザー=ピアニストの道を歩み始めたと言っていいでしょう。

初演といえば、私はいよいよカプースチンのピアノ協奏曲第6番の譜読みに取りかかっているところです。この曲は世界のどこでもまだ演奏されてないので楽譜しか頼りになるものがなく、譜読みはなかなか大変な作業です。オケスコアとピアノ譜の両方を持っていますが、手書きですので不確かな音やリズム、作曲者の書き間違い(あるいはそうではない?)と思われる箇所、読みにくい箇所など数十箇所ほどはありそうです。もう演奏会本番の日は2013年3月12日(紀尾井ホール)と決まっているのですが、はたして間に合うのだろうか、と思いたくなるほど難しそうです。ちなみにこのコンチェルトの作曲年は1993年です。

先日6月にカプースチンのピアノ協奏曲第4番を弾いたのも日本での初演ではありましたが、アンゲロフが数年前に世界初演をしてくれていて音源が存在したからずいぶん楽でした。今度はまったくどんな音楽さえわからないので、作曲家の意図を解読しながら音を読んで作り上げていく、しかも、それを初めて演奏するオーケストラともその作業をある程度一緒にしていかなくてはいけないでしょう。先日のように「リハ1回だけ」で本番を迎えることはさすがに不可能な気がしています。とにかく、今のところまだ全体像がわからない状態でやっている(新曲なので仕方ない)わけですが、ひょっとしたら凄い曲かもしれません。そんな曲が20年間も放置されていたのですから、作曲家はどんな思いなのでしょうかね。とにかく、新しい曲を一曲一曲公開できることは演奏家にとっては本当に楽しいことです。

雑記 : 12:35 : comments (x) : trackback (x)
カワイ名古屋で講座

まだイタリアを少し引きずっているのか、アイスの誘惑から逃れられません。新幹線の中で「東海道新幹線のみ限定新発売!」というのを見てしまったためみかんアイスを購入。これまではバニラと抹茶の2種類しかなかったのです。(笑)
しかも、みかんアイス専用のお手拭きまで付いてくるというのが私には信じられません。(笑)



それにしても、もう移動することに少し疲れ始めています(@_@)

実はブログにもどこにも告知するのをすっかり忘れていたのですが、今日の午前はカワイ名古屋でピアノの公開講座がありました。まずは、来てくださった皆様、本当にありがとうございました。
今日はロマン派の演奏へのヒントを中心に内容を進めましたが、時差ボケはないものの自分的には少々元気がなく、はたして大丈夫だったでしょうか。
でも、今日の公開講座はピティナにも登録されていたということで、聴講者が感想を提出することになっているということで、それをもらって読んで客観的に読むことができる機会があったので嬉しかったです。


今日のモデルレッスン生をやってくれた丸山凪乃ちゃん

そう、あの牛田智大君とジョイントコンサートをやった子です。二人は同い年かな。テクニックもあり、ある部分とても大人な演奏をします。今日はショパンのノクターンを2曲弾くと聞いていたのですが、「レント・コン・グラン・エスプレシオーネ」とリストの「ラ・カンパネラ」を弾いてくれました。
それにしても12歳でもうパリに勉強に行くというのだから凄いですね。フランス人になっちゃうのではないかな。
世界に羽ばたくピアニストになることを期待してしまいます。

雑記 : 19:52 : comments (x) : trackback (x)
イタリアのセミナーの余韻

今回のペルージャ音楽祭では、外国からの生徒たちにたくさん会いましたが、その中から印象深かった人を紹介してみたいと思います。

セミナーを通じて目立った人は何人かいました。最初の日からいきなりカプースチンのエチュードを鳴り響かせていたCharles Lu君なども気になっていましたが、アメリカから来たJoshua Chandra君が最初から私にはかなり目立っていました。見かけは欧米人っぽくないので国籍は詳しくは知らないのですが、魂や精神は明らかにアメリカ人のそれで、もちろん完璧な英語を話すのですが、その喋り方や風貌は私の表現で言えば「東大ピアノの会」あたりにいそうなタイプで、最初からある種の親近感を感じていました。

彼は、初回のエチュード・コンサートでタウジヒの演奏会用エチュードOp.1のNo.2を弾きました。多くの人がショパンなどを弾く中、彼は「すごい良い曲。だけどたぶん誰も知らないだろうな。僕の演奏でびっくりさせてあげよう」というような感じで張り切っていました。なかなか積極性のある奴だな、面白いかもしれないと興味を持ちました。ちなみに、この曲はたしかに珍しい曲だしあまり誰も弾かない曲ではあるのですが、日本では音楽之友社から高久暁さんの校訂で楽譜が出版されています。

たまたま今回、このJoshua君のレッスンをする機会に恵まれ、そのタウジヒのエチュードの奏法や表現にかなりアドヴァイスしたり、彼が9月にアントン・ルービンシュタインコンクールを受けるために準備しているという数々の曲をたくさん聴かせてもらいました。彼は、コンクールを受けに行くということを皆に宣伝してアピールしているし、ちょっと自分に酔っている感じもあって、私はこういう性格の人はとても好きです。

そして彼は、ちょうどそのレッスン当日の夜の演奏会の最後に自作のグランドワルツ(?)を披露したのでした。しかも、エチュードコンサートの時も、弾く前に一言喋って自意識過剰なアピールをしたのが印象に残っていたのですが、この時も「それでは皆さん、今日この演奏会の最後を飾るのは僕の自作の曲、この曲を弾くのはアメリカ以外の地で今日が初演となります…」というような感じで挨拶をして、大げさに演奏を始めていました。自分の曲だからということもあるだろうけれども、とても素晴らしい演奏を聴かせてくれました。作曲の才能もあると思います。

昨年は、Mauricio Arias君というピアノ協奏曲を作曲しているという人をブログで紹介しましたが、彼はその後、その曲を実際に公の場で初演したようです。その演奏がYoutubeにもアップされています。そして今年は、このJoshua君みたいな才能に満ち溢れた若者もいました。きっと彼も将来大きなアーティストに育っていくのでしょう。世界で大活躍している姿がすでに目に浮かびます。

ほかに、初日に私に声をかけてきたと書いたLei Li君も自作曲を演奏して披露していました。彼は一足先にペルージャを経ったのですが、2日後に彼ら一行6人が中国へ帰る時に、たまたま電車乗り換えのために私がローマの空港に立ち寄った時に偶然会って、感動の再会をしたりしました。お蔭で彼らとの記憶がさらに定着しました。今回、中国や台湾から来た人たち、またインドネシアから来た参加者たちともかなり仲良くなりました。

日本から連れて行った私の生徒たちも、そんな人たちとたくさん友だちになって帰ってきました。同じピアノを一生懸命やっているという共通点だけで、世界の多くの仲間たちと親しくなれるって素晴らしいですね。
今回は、ピアノの参加者は120人ほどはいたようですが、私が実際にレッスンできたのはたぶん50~60人くらいです。すべての人と深く触れ合うことはできませんでしたが、でもすべてはとても楽しい経験でした。


今回レッスンした場所の一つSan Martino

雑記 : 22:02 : comments (x) : trackback (x)
ローマから東京へ

ローマではヴァチカンへ行きました。
今回はどうしてもヴァチカン博物館へ入りたかったので、どんなに行列が長くても並ぶつもりでいましたが、やはりすごい人の数でした。今の時期は観光客もピークなのでしょうか。世界中からよくもこれだけの人がヴァチカンを訪れに来るものだと思いました。


ヴァチカン博物館の入り口

中はかなり広いのですが、人の多さで前に進めないような状況もありました。それでも、ミケランジェロの『最後の審判』があるシスティナ礼拝堂へもちゃんと入れて、結局5時間以上もヴァチカンにいました。この人混みに囲まれながら、自分一人しかここにいないような感覚を持って礼拝堂の天井を眺めたり、時間の感覚は一瞬なくなったような気がしました。ここはやはり博物館・美術館としての価値も高く、一日では満足に堪能することはできません。






ヴァチカン博物館出口への螺旋階段

ローマにはパンテオンやコロッセオなど、2000年規模の歴史を語るものがたくさんあります。イタリア全土がそうなのでしょう。ヨーロッパの中でも、ギリシャやイタリアはそういう意味でちょっと特別な価値がある気がします。

今日無事に帰国しましたが、アムステルダムで乗り換えた便でちょっとしたハプニングがありました。飛行機の中にすべての乗客が乗った直後に、機内のアナウンスで機長の酸素マスクに不具合が見つかったとかで、その修復・交換作業に45分ほど要するのでそのままお待ちください、というものでした。ところが、1時間経ってさらにアナウンスがあって、あと30分ほどかかるといいます。かなり不安になりましたが、結果的には無事に交換作業は終わって1時間半ほどの遅れで離陸しました。11時間以上のフライトで成田空港には1時間半遅れで無事につきました。

それにしても東京のこの暑さはローマより暑い。なんですかこれは!(@_@)
でも日本食は美味しい。(これまでの3週間、トマト味とチーズ味しか食べてないので、梅しそ味が異様に美味しく感じる。)

雑記 : 18:54 : comments (x) : trackback (x)
イタリアより第7号

この音楽祭期間中、結局ピアノのProfessorたちは全員リサイタルをしました。
たった今、Alexander Korsantiaさんのリサイタルを聴いて来ましたが、彼の「エロイカ変奏曲」はなかなか迫力があってすごかったです。各々のヴァリエーションの後に、楽譜にはないパッセージや橋渡しの部分を付け加えて効果的なまとまりを作って感動的でした。

昨日のレッスンでE.デルガード先生にカプースチンのOp.40-3のエチュードを持っていったという金子さんに聞いたのですが、なんと彼女の前の外国人の子が同じ曲をレッスンしてもらっていたということです。すごい偶然というか、カプースチンはかなり流行っているのですね。(笑) いったい何人の先生がカプースチンのレッスンをしなければならなかったのでしょうか。そして今日もまた違うマスタークラスでカプースチンのエチュード(Op.40-1)を弾いていた新たな子を発見しました。私としては、そのようなレパートリーをどの先生もきちんとレッスンしてくれるということが嬉しいです。(ちなみに、私自身がカプースチンの曲をレッスンしたのは1回だけ。)

外国ではいろいろ面白いことがあります。
2日前のコンチェルトの演奏会はけっこう大きな会場だったのですが、外からの出入りがけっこう自由な感じのホールでした。ショスタコーヴィッチのピアノ協奏曲の2楽章が始まる直前に、なんと大きな灰色のフサフサの毛の犬がノソノソ入ってきてステージ上のオーケストラの中に舞い込んだのです。会場は騒然。しかも、その犬はオーケストラの管楽器の団員の椅子の下に潜り込んだまま、誰にもどうすることもできない状態になりました。私は楽屋にいたので状況がよくわからなかったのですが、演奏者たちもどうにもできないまま、犬と同居したまま(笑)オーケストラは最終楽章までそのまま演奏続行するというハプニング。この話、そんな事が本当にあるのか?と思うほど面白いことだと私は思うのですが、でも指揮者のDan Wen Weiはけっこう怒っていたようです。(当たり前か。) その後、休憩時間にリードをつけて犬を会場の外に出すことができたので皆ホッとしたのでした。(あれだけ居座った犬は、ようやく機嫌を直して出ていきました。)


Ilana Veredさんの愛犬。上の話とはまったく関係ありません。(笑)

楽しいイタリア滞在も残り僅かになってきました。「ずっといたい!」と言っている生徒も多いのですが、この経験をなんとか日本に帰っても生かしていきたいものですね。



雑記 : 02:11 : comments (x) : trackback (x)
イタリアより第6号

昨夜のショパンリサイタルを終えた横山幸雄氏は普通に元気に起きてきて、門下生たちと朝食。その場にお邪魔しました。


横山門下の皆さん


真正面の横山氏をアップ(笑)

だんだん日本での生活というものを忘れかけてきました。
このセミナーでの毎日の過ごし方ですが、まず早い人は朝8時から練習開始。10時から13時45分まで個人レッスンの時間。そして、午後は15時から17時半までマスタークラス(公開レッスン)で、必ず数人の先生のレッスンが毎日あります。聴講自由。
それ以外の空いている時間帯は、みんな練習室を探して、音楽院とホテルに設置されている各部屋など行ったり来たりして空いているピアノを探して放浪します。(笑)
今回はピアノの生徒だけで100人近くいるのではないでしょうか。

夜は演奏会が二段階になっていて、毎日18時開始の演奏会と21時開始の演奏会の2回あります。昨日のように、生徒たちによる演奏会と、声楽科のイベントでオペラと、そして横山氏の4時間連続の演奏会が同時にあるようなこともあります。

こちらでの刺激は何にも代えがたいものがあります。ヨーロッパにいるだけでもちろんすべてが違うのですが、いろんな国の人と交わることであらゆる個性に出会えるというか、外国の人たちと一緒に話をしたり音楽をしたりしていると自分の視野がグングン広がっていきます。それと、こちらではたくさんのハプニングがあるので、思うとおりにならないことが多すぎて、もうだんだんどうでも良くなってくるというか、人間がとてもタフになります。これがけっこう大事なことではないかとも感じます。細かいことで怒ったりすることがだんだんバカらしくなってくるのです。すべて笑って許してしまえるような性格に変わっていきます。(笑)




カフェタイム。右はティラミス。美味しすぎる!

雑記 : 04:12 : comments (x) : trackback (x)
イタリアより第5号

連日けっこう忙しく、ブログの更新もなかなかできませんでした。

今回、昨年と違う点の一つは、中国からも先生が二人招聘されていることで、中国人の生徒がかなり多いことです。そのうちの一人、Dan Wen Wei氏はシドニー国際ピアノコンクールの審査員でもあります。彼はまた、今回コンチェルトの指揮も振ります。
中国人はアメリカなどで勉強していてそちらから参加する人も多いのですが、今年は中国からダイレクトに来ている人も多いです。

レッスンではいろんな国から来た生徒を教えることになりますが、それはなかなか面白い経験です。普段とは違う視点、もっとさまざまな広い視点から見ることを自然に要求されるので、こちらもいろいろと鍛えられます。でも、生徒の方からいろんな反応があるのでとても楽しいのです。

ところで、カプースチンのレパートリーは昨年よりもかなり普及度が高いと感じます。先日ブログに書いた中国からの男の子以外にも、アメリカから来た男の子がエチュードOp.40-1を毎朝練習していて結局エチュード・コンサートで披露したし、やはり他のコンサートでは外国の女の子がエチュードOp.40-3を弾いていました。私は一昨日のリサイタルではOp.66-2を披露しました。我が日本の金子泉さんはコンサートでOp.40-5、6、7の3曲を弾きました。

昨日発覚したのですが、横山幸雄氏がなんとペルージャでもショパンの全曲ギネスコンサート(短縮バージョン)を今夜行なうということです。短縮プログラムでも延々5時間は続くであろう今日の「ギネス・リサイタル」は、18時から始まる予定です。
プログラムは、12のエチュードOp.10全曲から始めて、Op.25のエチュードも24のプレリュードOp.28も全曲。ソナタも2番と3番の両方。その他諸々の大曲すべて入っています。
昨日フランスへ行ってペルージャに帰ってきたばかりの彼が今日練習しているところにたまたま出くわしましたが、ショパンの「マズルカ風ロンド」をさらっていました。あれ?その曲、今日のプログラムに入っていませんよね。面白い人です。

(今日は写真はありません。ケーブル忘れたため。)
(アイス屋で更新。私が入ると特製のコーヒーフロートを持ってきてくれます。)

雑記 : 00:05 : comments (x) : trackback (x)
イタリアより第4号

連日忙しく過ごしていますが、やっぱり今年は参加者の数がかなり多くて顔と名前がなかなか覚えられません。



今回はこのホテルを本拠地にして、プライベートレッスンと公開レッスン、そしてほぼ歩いていける距離に位置するいくつかのコンサート会場で連日コンサートが行われます。

先日はオケとのリハが入る予定と書きましたが、その後予定はどんどん変わっていきます。私のコンチェルトのリハは当日まで持ち越されてしまいました。生徒が弾くコンチェルトもあって曲の数がとても多いのです。オーケストラのメンバーはハンガリーのリスト音楽院の卒業生たちです。この音楽祭のためにペルージャに来ています。



リハの時間も限られているため、タイトなスケジュールで、コンサートの曲目が当日になって変更されるようなことが日常茶飯事になります。
なんと私が今夜弾くはずだったモーツァルトのKV595のコンチェルトは、音楽祭最終日に変更になりました。それがわかったのが、なんとリハがあると思っていた時間の30分前。弾く気満々でリハに来たのですが、それを知ってさすがにショックで少し戦意喪失しました。というわけで、突然時間が浮きました。そんなことでもなければこの2~3日はブログを書く暇もないほど忙しい毎日でした。

イタリアの街を歩きながらふと我に返ると、やっぱり別世界ですね。このペルージャの町は特に古い歴史を持っていますから、中世の雰囲気がいたるところに残っています。今日昼食を食べたところは、その店の奥に観光客が歩いて入っていく場所があったので何かと思ったらエトルリア人の洞窟というものでした。こういったものがそこら中にあるのです。



雑記 : 23:28 : comments (x) : trackback (x)
ペルージャ音楽祭2012始まる


メインストリートを歩いていたらさっそく音楽祭のポスターを発見

しかし今年のペルージャはけっこう暑いですね(^.^;
やっぱりイタリアはイタリアです。朝晩は涼しいのですが。


昨日のコンサート第一夜では、エドアルド・デルガード先生のリサイタルでした。
彼は今年の6月に東京にも来たのですが、その時のコンサートは行けなかったのでここで聴けて良かったです。彼の得意としているピアソラやヒナステラは特に良かったですね。


今年の門下生の参加者たち

これから毎日ハードなスケジュールが待っています。
私だってけっこうハードで、昨夜突然、7日のコンチェルトのためのリハーサルが今夜8時過ぎからやることを知らされ、一瞬焦りましたがまあいつものことです。時差ボケから立ち上がって元気に弾くしかないですね。そして明日は午前中にレッスン5人、午後はマスタークラス(公開レッスン)で5人。1人を除いてすべて初対面の外国人なのでけっこう気を遣います。自分の練習ができるのはそれ以外の空き時間のみ。空いているピアノの部屋を探して時間を惜しんで練習するというのは生徒たちとまったく同じです。今回音楽祭期間中、コンサートは30回(昨年は20回)あります。

雑記 : 20:27 : comments (x) : trackback (x)
ペルージャへ

ローマ空港からペルージャ行きのバス乗り場を探すだけでとても苦労するのがイタリアです。断りもなく(笑)、昨年とは別の場所にバスが止まっているのです。たまたま運良くバスが出発する直前にその場所を見つけ、同時にその場所にMichel Levin氏(ピアニスト)の顔を見つけ、感動の再会。次々とペルージャへ行く仲間たちも集まってきたので安心してバスに乗りました。ここから所要時間が約3時間半。



東京からアムステルダムを経由してローマに着くまでに16時間。そこからさらに行くので、ずいぶん遠くに来たといえばそのとおりです。

ところで、バスに乗ってさっそくすぐ中国人の男の子(音楽祭に参加する生徒の一人)に話しかけられました。なんと彼は私が編集した全音のカプースチンの楽譜を手に持ち「Professor Kawakamiですよね?僕、カプースチンのプレリュードをやっているんです。あなたに会いたくて来たんです」と言ってくるので本当にびっくりしました。目を輝かせて、サインをほしいというのでバスの中でその楽譜にサインを書いたりしましたが、カプースチンの24のプレリュードから21番と22番をコンサートで弾いて聴かせてくれる予定になっているとのこと。Amazonで買った(たぶん中国で)というその楽譜の奥付けをさり気なく見ると、第1版第1刷と書いてあったので、Amazonにはまだ出版直後の在庫があったということでしょうか。今年の4月に手に入れた楽譜ということで、第1刷は逆に珍しいと思いました。そんな参加者が来ているとは想像さえしていなかったのでとても楽しみになってきました。



というわけで、今年もペルージャに来てしまいました。時差が日本とは7時間あって本当は眠い時間なのですが、今日はこれから全体の参加者の顔合わせをするGeneral Meetingがあります。明日からいよいよ忙しい充実したレッスンとコンサートの毎日が始まります。
今回もすごい参加者たち(講師も生徒も)が世界中から集まっているようで、とても楽しみです。ドキドキしてきました。ざっと見たところ、いろんな先生のコネクションで日本人も多く参加しているようだし、アジア人の参加者も昨年より明らかに多そうです。

雑記 : 00:19 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<  2012 - 08  >>
COUNTER
total:2446126
today:55
yesterday:1104
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX