Main
学校をハシゴ?!

ずっと以前から一度訪れたいと思っていた埼玉伊奈学園総合高校にやっと行くことができました。今回は、大学を通して依頼される形で公開レッスンの仕事が入ったのでした。ピアノの私以外に声楽の先生とトランペットの先生の3人で。

東京音大に入って来る生徒、それも自分が担当した学生で伊那学園高校の出身者はたくさんいたし、吹奏楽部が強いというのは噂に聞いていたけど、正式に「音楽科」があるわけでないのにピアノ科でも専門のレベルをそれほどまでに保っているのはどういうシステムによるのだろう?と思っていました。伊那学園に着くと、「ここか!」と、ちょっと感動はありました。実際には、その謎を究明する暇もなく、レッスンの授業が終わると慌ただしく帰ってきてしまって残念でした。せっかく行ったのに学校をちゃんと見学したかったです…。

そして今週は北海道へ行くのですが、旭川の中学校での演奏会というのも突然加わりました。旭川は言ってみれば地元でもあるのですが、最近はご無沙汰することが多くなっています。
今回、予定では飛行機を降りて1時間後には演奏しているというリスキーなスケジュールです。飛行機が遅れないことを祈ります。そして、中学校を出た後は夕方まで真面目に市内のヤマハの練習室かどこかで過ごしながらその翌日の母校の高校主催のイベントに備えようかな、と思っています。懐かしの旭川市民文化会館大ホール。高校の合唱部時代から、ピアノの演奏会やら地元オケとの共演やら一番思い出の多いホールです。そこで私が講演会&演奏会をすることになっています。

その翌日は札幌に移動してコンクールの仕事です。
その後もまだまだ続きます…。

雑記 : 21:04 : comments (x) : trackback (x)
音大生の就活について考える

最近、ピアノ科の学生も大学3年(4年ではなく!)になるとそろそろ就活を始めるというケースをよく聞きます。もちろん、ピアノ科(「ピアノ演奏家コース」も含めて)出身者すべてがプロのピアニストになるわけではないでしょう。だから、就職ということを考えるのもわかります。ただ、以前と比べて何かが明らかに変わってきているという感じを受けます。

大学3年くらいになると、周りがそうだから、なんとなく焦って自分もそうしなくてはいけない気持ちになるのかもしれませんが、なにがなんでも卒業後すぐに職を得なければいけないという焦りを持っている人が多くなったような気がします。
これは現在の世相も関係しているでしょう。日本の経済が低迷しているこの状況をすぐに救うことはできないかもしれませんが、日本人全体の考え方が「守り」の姿勢に入っているというか、見えない危機感のようなものをなんとなく持っている人が多いように思います。そんな中、音楽を職業にして食べていくなどは「高望み」でしかない、という考え方を持つのもわかる気はします。

ただ、音楽で食べていくことはモーツァルトやベートーヴェンの時代でも難しかったことです。そりゃ稼ぐだけを考えるならば、最初から音楽などを専門的にやっていこうなどとは考えないのであって、そうした勉強を続けているということは、まったく違う目的と価値観を持ってやっているわけです。だから、もちろん現実を見ることは大事だけれども、あまり周りに振り回されるのは良くないと思います。自分が心底やりたいと思うことは何か、それを追求していくべきだし、やはり自分が喜びを持って続けていけること、努力していけることの方向に道を選ぶべきではないかと思います。

せっかくピアノ科に入ったのなら、やはりやれるところまで一生懸命がんばってみて、最終的にピアノや音楽を通して身につけたスキルや経験、あるいは知識というものを武器にして世の中に出ていくこと、もちろんそれを仕事にしていき、音楽を通して世の中に何をしていきたいのかを考えて、そのための行動を一つずつ具体化していくことが大事だと思います。
もちろん現実は厳しいこともあると思いますが、それはきっとどんな職業を持っている人でもそうだと思います。だとすれば、自分が長くやってきた音楽で、そういうことを実現していこうと思えることは、とても恵まれたことだし、幸せなことだと思うのです。先のことをまったく考えないのも困りますが、学生の時は自分が今やっていることについて必死に取り組まなくてはいけないと思います。

雑記 : 19:00 : comments (x) : trackback (x)
大阪で講演会

昨日は、大阪の開明中学校・高等学校というところで、「才能の見つけ方、伸ばし方」という題で講演をしてきました。



会場は学校の体育館です。



終了後にお世話になった皆さんと記念写真を一枚

メインであるはずの私の姿はほとんど見えないですが(笑)、ちゃんといるはずです。初めて訪ねた学校でしたが、本当に皆さん暖かく迎えてくださって感激しました。また、ステージにピアノも用意してくださり、演奏も披露することができました。

こうして話をさせていただくのは、自分としても辻井伸行君との12年をあらためて振り返って思い出す良い機会にもなります。11日のNHKの放送で伸行君が自分で24歳だと言っているのを聞いて、あらためて自分の中でかなり長い間、時間が止まっていたことに気がついたりしました。もう高校卒業から考えると6年目になるのですよね。自分が何を教えてきたのか、あらためて考えるきっかけになりました。

ところで、昨日その学校の校長先生らと話している時に、辻井君がどのくらいスゴイのか、本当のところはよくわからない、スゴイというのはわかるけど、一体どれくらいスゴイのかはわからない、とおっしゃられたので「なるほど、そういうものかな」と思いました。たしかに専門家でなければ、彼はテレビにはよく出るし本当にスゴイと思うのだけど、ピアニストとして彼が実際にどれほどの人なのかわからない、と思う人もいるかもしれません。そのくらい、彼は自然体でスゴイことを次々とやって見せているとも言えます。プロ中のプロであると言ってもいいでしょう。

彼についてはまだ謎が多すぎるのだと思います。その部分については、まだいくらでも話を続けなくてはいけないのかもしれません。

雑記 : 16:56 : comments (x) : trackback (x)
一昨日の番組の感想

10/6夜のBSフジ「辻井伸行×チャイコフスキー」は録画して観ることができました。演奏会をそのまま流すのかと思っていたら、彼のロシア演奏紀行をまとめたもので、サンクトペテルブルクの映像は終始美しかったし、普段なかなか行けない場所を辻井君が訪ねた貴重な映像も多かったのですごいなと思いました。こういうのを見るとロシア、特にサンクトペテルブルクへ行ってみたいと思った人はたくさんいたのではないでしょうか。

番組中、ロシアの民族音楽を聴かせるレストランでの映像がありました。辻井君がロシアの民族衣装を着て、歌を歌う人と一緒にバラライカを弾いているシーンがあって、即興的にやっていると思われたその演奏を聴いて「こりゃスゴい!」とビックリしたのですが、実は後ろで二人羽織になってプロの人の手が弾いていたというのには参りました。完全に騙されてしまいました。

しかし最後にクリンのチャイコフスキーの家で辻井君が弾いた演奏、これはチャイコフスキーに捧げた即興演奏ということだったのですが、これはとても良かったです。彼はロシアで聴いたばかりの「カチューシャ」や、チャイコフスキーの「白鳥の湖」のメロディーの一部を巧みに取り入れて即興を展開していました。こういう場での要求に十分満足に応えられるというところは彼の特異な点です。こういうところは、ディレクターさんにとっては辻井君ならではの番組を制作できる醍醐味ですね。

この番組中で、ムソルグスキーの「展覧会の絵」の元となった絵のオリジナルを所有している博物館を訪ねたり、なんとチャイコフスキーの一つしか存在しない(?)というエジソンの蓄音機による肉声の録音を聴かせるなど、最近はドキュメンタリータッチの番組でもいろんな点で高い付加価値をつけようとしてくれるのは嬉しいことです。

さて、先日お知らせした辻井伸行が出演するNHKの「ゆうどきネットワーク」は10月11日(木)NHK総合16:50~放送予定ということです。こちらもお楽しみに!

雑記 : 21:36 : comments (x) : trackback (x)
今夜8時からBSフジで

たった今連絡があってわかったのですが(未チェックでした!)、今夜20時00分からBSフジで辻井伸行&ゲルギエフのコンサートのTV放映があるようです。今年の夏にサンクト・ペテルブルクでチャイコフスキーのコンチェルトを弾いた時のコンサートを収録したものかと思います。要チェックですね。

彼はいよいよ忙しい日本国内コンサートツァーが始まるところです。
どこかで会えるかな…。

雑記 : 08:30 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2012 - 10  >>
COUNTER
total:2337114
today:695
yesterday:1126
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX