Main
バイエルの謎



とても面白い本です。
「バイエル」は、ピアノの初歩の手ほどきの教材として長らく日本で使われてきたけれども、本当に多くの人に長年愛されてきたというバイエル像と、ある時期から次第に貶されてきたバイエル像。今、ピアノ指導者はバイエルをどう捉えたら良いのか。さまざまに編集されている「バイエル」は、今でも売れ続けている楽譜の一つであることは間違いないはずです。
バイエルという作曲家は誰なのか?

この本を読めば、一体バイエルとは何だったのか?ということがとても深くわかりますし、なにより本の構成が見事です。推理小説を読んでいるような謎解き的な面白さを演出しているところが素晴らしい。バイエルでよくぞここまで研究をしてくださり、多くの謎を解明してくれたことか。まさに本のタイトルも『バイエルの謎』(安田 寛著 音楽之友社)。誰も知らなかった事実を、この本でかなり明らかにしてくれたと言えるでしょう。

この本が出たお陰で、少なくとも今後は皮相なバイエル議論だけはなくなることと思います。内容の種明かしをしたいほどですが、そうすると今後の読者に謎解きをする楽しさがなくなってしまうので言えませんが、ただ内容にはなかなか深いものがあると思います。
最後のほうで、これまで誰も解きえなかった「バイエルがなぜ多くの日本人に愛されてきたか?」という結論のようなものを導き出しているところにも感動しました。まさかそこまでの洞察がなされるとは…。バイエルの謎解きをしながら、さまざまな他の問題にも関心が移っていきます。ここまで詳しく調べてくださった著者には心から感謝です。やはり、何かを知りたいと思ったらここまでやらなければいけないでしょう。

雑記 : 18:07 : comments (x) : trackback (x)
旭川東高主催の講演会~楽しいひとときでした!

昨日は、北海道旭川市民文化会館の大ホールにて、自分の母校でもある旭川東高校&PTA主催の文化講演会の講師に招待されて、一つ大きな本番を無事に終えてきました。その様子が今朝の北海道新聞の記事にもさっそく取り上げられたようで、とても嬉しいです。



会場は1500人規模のホールですが、私が幼少の頃から存在しているホールですので、もう何十年にわたって自分も本番をやってきているステージです。ただ、そのステージで「講演会」をするというのは初めてではありましたが、講演1時間、ピアノ演奏30分、そして第3部には客席からの質疑応答に答えるという形の約2時間半という時間は楽しくてあっという間でした。
聴衆は東高の全校生徒840人に教職員・保護者など合計約1000人余り。最後の質疑応答では、現役の東高生が会場から面白い質問をたくさんしてくれて、とても盛り上げてくれました。聞き手というか第3部の司会役には、私が現役の音楽部時代からお世話になっている先輩の水野先生(現音楽部顧問兼指揮者)が買って出てくださったということもあり、上手な進行で質問者は立て続けに十数人にも上りました。それもみな気の利いた質問ばかりで、笑いもあり、私自身も答えるのがとても楽しかったです。

母校の生徒たちに向けて講演をさせていただき、このような形で現役の後輩たち(生徒さん)と直接対話をさせていただける機会などは滅多にないし、というより、ひょっとしたらこんなことは最初で最後かもしれないと思うと、非常に貴重な企画だったなあとあらためて思いました。こんな機会を与えてもらって本当に良かったと思います。

100周年記念イベントにも呼んでくださった母校の東高、そして今回もお世話になった水野さん、そのほかこの講演会を成功に導いてくださった関係者の方々に深くお礼を申し上げたいと思います。どうもありがとうございました。



北海道へ来るとカピバラはどこにでもいます。

雑記 : 09:21 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<  2012 - 11  >>
COUNTER
total:2337113
today:694
yesterday:1126
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX