Main
ピアノを続ける理想的な方法

何事をやるにつけても、どうやってモチベーションを維持するかを考え続けなければ長続きしないものです。

今考えてみると、辻井伸行君の場合はその意味ではすごく理想的な状況が展開していました。いつも目標というものがあって、目的を持たないでピアノを弾いていた瞬間は少なくとも12年間なかったと言えます。
小さい頃は、毎回新たに挑戦する曲はいつもワクワクするものだったし、小1で小さなコンクールを受けた経験の次には、数段階もレベルの高いコンクールに挑戦したりしました。でも、コンクールはそれでいったんおしまい。あとはコンサートの経験、とりわけ小6からのリサイタル経験は毎年続けてきました。また、海外での本番の経験。それもいろんな国へ行きました。きっかけは決まったものではなく、その都度さまざまでした。もちろん、まだプロとしての仕事ではなく、次々に新しいチャレンジをして経験を増やしていったということです。行く場所も違えば、そのたびに気持ちはワクワクします。
また、中2の時にはオーケストラとの共演を行うようになり、新しい指揮者との出会いやプロ奏者との共演が始まりました。また、作曲や即興演奏への試み、トークコンサートの経験。そして小学生の時からのテレビ出演。しかも、時には収録ではなく生放送での演奏を経験します。
そのように、気を抜く暇もなく次々と新しい挑戦が出てきました。まったく隙間がありませんでした。これはある意味で上達への理想的な環境だったと思います。
その延長線上でのショパンコンクールへの参加。これさえも、最年少での出場という設定が自らのモチベーションを持続するのに大きな役割を果たしたと思います。どの挑戦も、もし違った形だったら気が抜けてしまったり、新鮮さを感じられないこともあっただろうし、飽きが来ることも考えられたと思いますが、彼の場合はそのようなことはなく、ピアノを続ける環境にはとても恵まれていたように思います。また、家族や周りの人によるモチベーション持続への協力もあったでしょう。

何かを本気で求めるのなら、こういう理想的状況を無理にでも自分で作ることがとても大事なように思います。もちろん忙しすぎたり、自分に負荷をかけ過ぎるのも良くないと思いますが、少なくとも、やる気がなくなったり、暇だと感じるような隙があってはいけないと思います。常に本気を出して励むためには、そのことが好きであること(勉強だったら好きになること)も重要ですが、目標を持つことや志を強く持つこと、そして「モチベーションを持続させるための工夫」に尽きると思います。

ピアノの勉強は自分との戦いのようなところもありますが、できるだけ楽しく続けていきたいものです。自分自身のことを考えると、本当は人と一緒に演奏する「コンチェルト」や「室内楽」をやりたくて、というか、そういうのが楽しそうなので子供の時はそれを励みにピアノをやっていたことをふと思い出しました。ところが、音大に入る頃には、知らず知らずのうちに、ソロで高みを目指すことが目標になっていきます。そしてピアニストというものは一度は孤立していく運命にあるのですが、やはり音楽は人とのふれ合いが原点ですよね。

さて明日は地元での例年のピアノ発表会があります。
→詳細はこちら(ゆかりブログ)

多くの人が真剣に取り組んで何かを披露する場所では、必ず良い刺激に満ち満ちていると思います。ぜひ皆さんご参集ください!

雑記 : 20:41 : comments (x) : trackback (x)
9月に入って最初の講演

今日は東京で講演(+ピアノ演奏)の本番がありました。
FUJITSUのファミリ会主催の「エグゼクティブセミナー」というもので、場所は明治記念館でした。ここには初めて来たと思います。
集まった方たち数百人のほぼすべてが経営・管理者層の人ということで、このような場所でお話をさせていただくというのはまだ私自身は1~2度しか経験がなかったのですが、いつもと違う雰囲気の場所で自分にとっても刺激的な場でした。

私はピアニスト辻井伸行を育てたという経験からのさまざまな感動秘話(?!)を中心に話すことになっていましたが、共通することと言えば、富士通は世界No.1のスーパーコンピュータの開発ということを目指して成功を収めたということと、同様にコンクールで世界一になって現在活躍している辻井君がどのようにしてそうなったのか、というあたりのことかと思います。
私は富士通のスーパーコンピュータ『京』の話にも少し興味があったので、第1部でお話しされた『京』の開発に最前線で携わったという伊東広樹氏の講演を会場で聴かせていただきました。お話を聴いて、会社の中での人の生かし方とか才能を持った人の発掘の難しさを知りつつ、さまざまな正しい判断をされた人たちが確かにいたこと、また、人を育てたりNo.1を目指して努力することの意味がよく分かりました。やはりずいぶん共通するものがあるのだなということも分かりました。

今日はこのような本もプレゼントに頂きました。さっそく読ませていただこうと思っています。



交流会にも参加させていただき、先ほど帰ってきたところです。



雑記 : 22:15 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<  2013 - 09  >>
COUNTER
total:2386289
today:1113
yesterday:1011
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX